嫌い避けの特徴とは?好き避けとの見分け方&嫌われた時の対処法を解説!

脈ありサインとして男性も女性も好き避けがあると言いますが、嫌い避けとの違いは何かわりにくいですよね。そこで今記事では、嫌い避けと好き避けの違いから嫌い避けの特徴と見分け方を徹底レクチャー!また、好きな人に嫌い避けされた時の対処法も併せてお教えします。

好きな人に「嫌い避けされているかも?」と感じている方へ。

嫌い避けの特徴

ある特定の人から「なんとなく避けられている気がする」と感じたことがありませんか?

女性でも男性でも、自分が好意を持っている相手であればもちろんですが、そうでもない相手であっても、誰かから避けられていると感じたらショックですよね。

そして避けられている理由にも、嫌いだから避けられる「嫌い避け」、そして逆に好きだから避けられる「好き避け」があるのをご存知でしょうか?

今回は、自分が避けられている理由はどちらなのか気になっている方のために「嫌い避け」について深くご紹介していきます。


そもそも「嫌い避け」とは何?

「嫌い避け」とは、言葉の通り嫌いだから避けられている状態のことを言います。

避けられていると感じても、それが勘違いだったり、ただの人見知りな相手だったりすることもありますよね。

しかし、「嫌い避け」をされている場合は相手の態度がはっきりとしているので、「嫌い避け」されていることは自分でしっかりと自覚できるでしょう。


「嫌い避け」と「好き避け」の違い

嫌われてしまって避けられている「嫌い避け」と「好き避け」は、全く意味が違うものです。

「好き避け」は、嫌われて避けられているのではなく、逆に好かれているから避けられている状態を言います。

好き避けをしてしまうのは、シャイな人、特に男性に多いのですが、好きな相手だからこそ恥ずかしくて、相手の目を見て話せなかったりすることがありますよね。そんな行動のことを「好き避け」と言います。


「嫌い避け」と「ごめん避け」の違い

「嫌い避け」と近い意味で使われることも多いですが、実は違うのが「ごめん避け」です。

「ごめん避け」とは、ある人が自分に好意があることを知ったけれど、「自分はその人の想いに応えることができない」といった理由から、勘違いされないように相手を避けることを言います。

「ごめん避け」の場合は「嫌い避け」のように、相手が嫌いだから避けるのではないのです。

「あなたの気持ちには応えられなくて、ごめん!」といった意味合いで避けることを言います。

【参考記事】はこちら▽


嫌い避けの主な特徴とは

嫌い避けと似たような言葉である、「好き避け」や「ごめん避け」の違いを理解していただけたかと思います。

ここからは、嫌い避けについて、特徴を詳しくご紹介していきます

「嫌い避けされているかも?」と思っている方は、自分の状況を確認しながら見ていってくださいね。


特徴1. そもそも視線を合わせようとしない

嫌い避けの場合は、女性も男性も、視線の中に相手が入ることすら嫌がるので、視線を絶対に合わせようとしないのが大きな特徴。

少しでも相手の顔を視界に入れたくないぐらい、相手を避けようとしているのです。そのため、視線が合うことはまずありません。

万が一、視線が合ってしまったとしても、嫌な顔をされてしまったり、無表情で速攻視線を外されたりします。


特徴2. 職場で会っても最低限の挨拶しかしてくれない

嫌い避けをされている相手が職場の人だった場合は、もちろん無視するような大人気ないことをする人はまれ。

中には挨拶すら返してくれない人もいますが、多くの場合は顔を合わせれば挨拶はしてくれます。

しかし、最低限の挨拶を交わすだけです。嫌い避けの場合はぶっきらぼうな態度を取るのはもちろん、世間話などに応じてくれることはまずありません。


特徴3. できる限り視界に入らないよう距離を置かれる

嫌い避けをしている人は、嫌いなことをアピールしているわけですから、避けている相手を視界にすら入れたくないのです。

そのため、視界に入れないよう距離を持って座ったり、ひどい時には背中を向けられたりするでしょう。

職場の場合、わざわざ嫌い避けをしている相手のそばを通りたくないので、遠回りして行くこともあります。


特徴4. 二人っきりになるのを拒まれる

嫌い避けをしている相手とは、とにかく関わりたくなくて、コミュニケーションを取ることを嫌がりますから、二人っきりになるというのは絶対に拒まれてしまいます。

大勢の中の一人としては関わることが許せても、嫌い避けをしている人からすると、一対一で関わることはあり得ないのです。

しかし、相手が女性の場合は、男性と二人きりになることを避けられたからといって、全部が嫌い避けとは限らないので、見分ける必要があります。


特徴5. LINEを送っても既読無視をされる

そもそも、嫌い避けをしている相手にはLINEやSNS、連絡先を教えないことが多いです。それでもLINE交換が成立し、LINEのやりとりが可能な関係になっていても、平気で既読無視をされてしまいます

LINEでは既読がついてしまうので、それで連絡をしないことは相手には無視しているのはバレバレです。

それでも繰り返し無視をして連絡してこないのでしたら、嫌われていると考えて良いでしょうね。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 話しかけてもそっけない態度をとられる

こちらから話しかけたとしても、できる限り関わりたくないと思われているため、とてもそっけない態度をとられたり、無表情で感じの悪い対応をされたりしてしまいます。

向こうからは、もちろん話しかけてくることがほどんどないですし、話しかけても視線を合わせてくれない、「はい」「いいえ」など、必要最低限の返答しかもらえなかったりします。


特徴7. 職場のエレベーターで一緒になった場合、露骨に嫌な顔をされる

職場などのエレベーターは、ある意味密室です。そんな場所で嫌い避けをしている相手と一緒になった場合は、はっきりと分かるぐらい嫌な顔をされることがあります。

エレベーターでは、どんなに避けてたくて距離を取りたい相手が乗ってきたとしても、逃げ道がありませんよね。逃げられないので態度や表情に嫌な感情が現れてしまうのですね。


特徴8. 職場の飲み会など、大人数の場でも極力遠いところに座られる

出席するしかないような職場の仲間との飲み会の場でも、嫌い避けをしている相手のそばには決して座ろうとはしないでしょう。

背中を向けるような席に座るなどして、自分の視界の中に入らないぐらいの距離を取られてしまいます

特に大人数の中で自分だけ避けられているとなると、こちらもはっきりと嫌い避けされているのを実感できるかもしれませんね。


もしかして嫌い避け?好き避けとの正しい見分け方とは

「嫌い避けされてるかも」と思っている相手が異性だった場合、それは好き避けの可能性もあります。

あなたにとって気になる相手に避けられているのなら、それを見分けることはとっても重要ですよね。

ここからは、嫌い避けと好き避けの見分け方をご紹介していきます。


見分け方1. 話しかけた時に目を合わせてくれるか

嫌い避けと好き避けを見分けるために、まず知っておきたいのが話しかけたときの相手の視線

目をどう合わせてくれるかなど、相手の視線の向きで、嫌い避けと好き避けを見分けることができるのです。

相手が男性でも女性でも、同じような態度をしてくるので、注意してみてくださいね。


好き避けの場合

好き避けの場合、視線を合わせてくれないことがあっても、それは恥ずかしくて合わせてくれないだけ。

相手の本心は、「視線をしっかり合わせて会話をしたい」のです。なので、好き避けの場合は、会話をしていても、チラチラと視線が合うタイミングがあります。

または、何か言いたげにこちらを見ている、ということもあるでしょう。


嫌い避けの場合

嫌い避けの場合は、こちらが話しかけたことで、まず嫌な雰囲気を感じ取れます。

そして相手は「嫌いだから自分の視界にすら入れたくない」という心理が働くので、話しかけても視線を合わせてくれませんし、合ったとしても、すぐにそらされるでしょう。

人見知りで視線を合わせて会話ができない人もいますが、そういった態度とは違い、明らかに不快な態度を取られてしまうので分かるはずです。


見分け方2. 頼み事をした時にどのような反応をされるか

職場や学校で生活をしていると、どうしても何か頼み事をする場面があるかと思います。

そんな時の相手の態度でも、自分をどうして避けているのかを見分けることができるでしょう。これも、男性女性関係なく見分けが可能です。


好き避けの場合

好き避けの場合は、頼み事をしたとしても断られるということは、まずありません。

好きな相手から頼み事をされたら、誰もが断ることはしませんよね。自ら進んででも相手を助けたいと思うはずです。

そのため、好き避けの場合は、頼み事を快く引き受けてもらえるでしょう。

どうしても引き受けることができない場合でも、引き受けられない理由をしっかりと話してくれて、「手伝えなくてごめんね」と、心から謝ってくれるはずです。


嫌い避けの場合

嫌い避けの場合は、はっきりと断られてしまいます。嫌いな相手なので、断って嫌われても平気だという心理なのです。なので、迷うことなく断ってくるでしょう。

相手が手伝えるような状況だから頼んだとしても、何だかんだと理由をつけ、すっぱりと断られてしまいます。

それぐらい、相手には「関わりたくない」という、はっきりとした思いがあるのですね。


見分け方3. 二人っきりになるのを嫌がられるか?

嫌い避けか好き避けか分からない相手は、二人きりになるシチュエーションがやってくると、よりはっきりと見分けることが可能になります。

これも、男性でも女性でも考えられる見分け方です。ぜひ自分の状況を重ねながら考えてみてください。


好き避けの場合

好き避けで避けられているのでしたら、相手は二人っきりになる状況を避けないはず。

恥ずかしさが勝ってしまう人も中にはいるかもしれませんが、好きな人と二人っきりになるというのは、ある意味お近づきになるチャンスでもありますよね。

なので、好き避けなら二人っきりを避けられることはなく、むしろ進んで二人きりになりたがるはずです。


嫌い避けの場合

嫌い避けの相手の場合は、二人きりになるシチュエーションは、何が何でも避けようとします。

複数で出かけるのすら嫌なのですから、二人だけになるという状況は、絶対に避けようとするでしょう。

あまりに露骨に、二人きりを避ける対応をされるとショックではありますが、「嫌い避けをされているんだな」と自覚できますよね。


見分け方4. 軽く相手に触れた時どんなリアクションをとるか

大勢で会話をしている時など、軽く体に触れてしまったりといった、ボディタッチをしてしまうことがありますよね。

こんな瞬間に、相手がどういったリアクションをとるのかで、好き避けか嫌い避けかを見分けることができるでしょう。


好き避けの場合

好き避けの場合は、軽く触れても全く嫌がるそぶりはしないはずです。逆に嬉しそうな態度をしたり、少し恥ずかしそうな態度をとったりすることがあるでしょう。

男性でも女性でも、好きな人から触れられて嫌な気持ちはしませんよね。

シャイな人の場合、顔が赤くなったりして、嬉しい気持ちが分かりやすく現れる人もいます。


嫌い避けの場合

嫌い避けされている場合は、露骨に嫌な対応をされてしまうでしょう。無表情に対応されるならまだ良くて、気が強い人の中にはジロリと睨みつけてくるような人もいます。

男性でも女性でも共通で、嫌いな人に体に触れられるのは、生理的に嫌だと感じてしまうものですよね。

嫌い避けをしている相手であれば、軽く触れられるだけでも嫌なので、それがはっきりと態度に出てしまうでしょう。


嫌い避けされている時の対処法をレクチャー

嫌い避けについて詳しく見てきましたが、好意を持っている相手はもちろん、なんとも思っていない相手であっても、嫌い避けの対応をされるのは、悲しいものです。

嫌い避けをしてくる相手との関係の修復方法など、こちらが出来る対応をご紹介します。


対処法1. ストレートに嫌な理由を尋ねてみる

嫌い避けをしてくるということは、相手には嫌いになる理由が何かあるはず。自分で考えてみても、どうしても理由が分からないのであれば、思い切って聞いてみるのも一つの方法。

嫌いな理由を知ることができれば、相手と関係を修復するきっかけになるかもしれません。もしかしたら、相手の勘違いから嫌い避けがはじまっている可能性もあります。

どうしても思い当たることがなく、相手と仲良くしたいと思うのでしたら、ストレートに尋ねてみましょう。


対処法2. 職場の場合、同僚や上司に仲を取り持ってもらう

こちらからの接触を全て避けられてしまうといった場合は、第三者に入ってもらうのも良いでしょう。

職場で付き合わざるを得ない相手から嫌い避けをされているのでしたら、同僚や上司などに相談してみるのも良いですよ。

直接話す必要がないので、相手も素直に話しをしてくれる可能性が高いです。そして、相手の思いをしっかりと聞き入れて、修復に向けて対応しましょう。


対処法3. 関わらなくても平気な場合、距離を置くようにする

職場の相手、学校の相手、いずれの場合でも、嫌い避けされても特に困ることがないのであれば、必要以上にこちらからも接触をせず、相手と距離を置くのも良いでしょう。

こちらから距離を置いて付き合っているうちに、相手から近づいてくる可能性も十分に考えられます。

あまり深く考えたり悩んだりせずに、嫌い避決してくる相手のことは考えるのはやめて、自分を信頼してくれる人との関係をしっかりと構築して行きましょう。


嫌い避けと好き避けの違いを明確にして、早めに対処していきましょう。

誰かから嫌い避けをされるのは、やはり良い気持ちはしないものです。

「なんとなく避けられているな」と思う相手がいるのでしたら、ご紹介した方法で嫌い避けなのか好き避けなのかを見分けてくださいね。

また、避けてくる相手の中には、嫌いでも好きでもなく、ただの人見知りという人もいますので、それも頭に置いておいてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事