好きな人が冷たい理由とは?自分にだけ冷たい男性心理&対処法を解説

気になる人や好きな人が冷たいと感じる瞬間ってありますよね。そこで今回は、どうして自分にだけ冷たい態度をとるのか、冷たくする男性心理を解説すると共に、好きな人に冷たくされた時の上手な対処法をレクチャーしていきます。「嫌われてるかも?」と落ち込んでいる女性はぜひ参考にしてくださいね。

好きな人の態度が冷たいと感じている女性へ。

好きな人が冷たい理由

好きな人がいるけれど、いつもなぜか冷たい態度を取られてしまうのでどうしたらいいのかを知りたい、そう考えている女性は多いです。

せめて友達から始めたいと思っても、つれない態度をされ続けると辛いですよね。

今回は、冷たい態度をとる男性の心理や理由を解説した上で、冷たくされた時の対処法や脈の有り無しの判断方法についてご紹介します。


自分にだけ冷たい態度をとる男性の心理とは

好きな人から優しくされたいと思っても、実際には冷たい態度を取られて疑問に思うことはあります。

特に自分に対してだけ冷たい態度でいられると、悲しいしショックを受けるものです。

なぜ男性が自分にだけ冷たい態度を取るのか、その心理についてご紹介します。


男性心理1. 気があるのを女性にバレたくないと思っている

男性は、好きな女性に自分が好意を持っていることを悟られるのが恥ずかしいと思う傾向が強いです。

本当は仲良くしたい、自分に注目してほしいと思っているにもかかわらず、その気持ちを知られたくないと考えています。恋愛に関して男性は主導権を握りたいため、自分のペースで相手の女性にアプローチしたいのです。

そのため、好きでいることが相手にバレないよう、わざとそっけなくしたり意地悪をすると言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. クールに装うほうがかっこいいと思っている

本当は相手の女性に対して好意を持っているものの、できるだけ冷静な自分を見せたいと考える男性は多いです。

特に、今までの恋愛で好きな女性に優しくしたのに、振り向いてもらえなかった経験をしたことがある男性は、その失敗から「クールに接する方が男らしくかっこいいと思われる」という心理が働いている傾向にあります。

女性に優しくするのは、恋人として付き合うようになってからにしようという考えを持っている可能性もあるでしょう。


男性心理3. 単純に相手に対して好意を抱いていない

友人として付き合うのはいいけれど、彼氏として付き合う気はない場合、男性は相手に対して冷たい態度を取ることがあります。

既に恋人がいる、他に好きな人がいる、今は恋愛をする気になれないといった気持ちがあると、相手に異性として意識されると困るのです。

中途半場に優しくすると相手に期待を持たせてしまいますから、あえて冷たい態度を取って諦める方向にもっていこうという心理が働いています。

【参考記事】はこちら▽


好きな人が冷たい5つの主な理由は?

なぜ好きな人が自分に対して冷たい態度を取るのか、考えても分からず戸惑う女性は多いでしょう。

嫌われたのかもしれないと思うと、悲しい気持ちが消えないものです。好きな人はなぜ冷たい態度を取るのか、考えられる5つの理由をご紹介します。


理由1. 意識している女性だと接するのに緊張するから

相手の女性に好意を持っていて、むしろ異性として意識しすぎているために冷たい態度を取る男性はいます。

嫌われたくないという思いが強すぎて、緊張しているあまり、相手の女性の前で無口になり冷たい印象を与えてしまうのです。

相手の女性に冷たくしているつもりは男性本人にはなく、単に気持ちを表現するのが苦手なタイプと言えるでしょう。


理由2. 女性の前ではかっこつけたいから

男性は基本的に、女性から尊敬されたいという気持ちを持っています。

「彼ってかっこいいよね」「大人っぽくて素敵!」と言われたいのです。

男性らしいかっこよさや大人っぽさとは、クールに振る舞うことだと考えているため、女性の前に出るとあえて冷たい態度を取ります。

冷たい態度によって女性の気を引けるだろうと勘違いして駆け引きをしているつもりなのです。


理由3. プライドが高く、好きな人前では素直になれないから

本当は好きだという気持ちがあっても、自分からその雰囲気を出すと負けたような気になるという男性は少なくありません。

プライドが高いため、好きになるのは女性からであってほしいのです。

女性が自分のことを好きだという確信がつかめてからであれば、優しく接してもいいと考えていますが、自分の気持ちを先に知られてしまったら主導権を握られたように感じて抵抗があります。できれば相手の女性に追いかけてほしいのです。

【参考記事】はこちら▽


理由4. そっけない態度や意地悪をして相手の気を引きたいから

男性の中には、好きな女性に対してわざと冷たく接するよう意識して行動するタイプがいます。

相手の女性のことが気に入っているものの、女性は自分を気に入ってくれているかよく分からないため、反応を見たくて意地悪をしたり冷たくしたりするのです。

「今までは優しかったのにどうして?」と女性に思わせて気を引く、いわゆる駆け引きをしている状態だと言えます。

【参考記事】はこちら▽


理由5. 脈なしなのを女性に理解してほしいから

相手の女性が自分のことを好きでいるようだと察したものの、その気がないため冷たい態度を取るという男性は少なくありません。

恋人がいる、他に好きな人がいるなど、女性に好かれてアプローチされても困る場合は、特別に優しく接する理由がないからです。

相手が嫌いではないものの、恋人や好きな人に誤解されたくないため、はっきり態度に出して、相手に諦めてもらおうという意図があります。

【参考記事】はこちら▽


好きな人が冷たい時の上手な対処法をレクチャー

好きな人から冷たくされると、悲しいだけでなく切ない気持ちでいっぱいになるものです。

しかし男性側に冷たい態度を取りたくなる理由があるのかもしれませんから、上手に対応したいですね。

好きな人が冷たい時にはどうしたらいいのか、上手な対処法についてご紹介します。


対処法1. まずは女性側から積極的に話しかけるようにする

好きな人が冷たい態度で接してくる場合、自分のことを嫌いであるとは限りません。

プライドが高い男性は、本当は好意を持っていてもそれを悟られたくなくてわざと冷たくしている可能性があるからです。

こういう時は下手な駆け引きはせず、男性に直接話しかけていくといいでしょう。もし徐々に反応がやわらかくなってきたら、好きな気持ちの裏返しだと分かります。


対処法2. 直接会えない場合、こまめにLINEで連絡をとってみる

冷たい態度を取る好きな人と物理的に距離が離れていると、冷たくされる理由がなかなか聞けずやきもきするものです。

例えば、職場は一緒でも男性が出張がちであまり直接会えないなど、会話をするチャンスが少ないなら、LINEを使って連絡するのもいいでしょう。

LINEだと顔が見えない分緊張しないため、コミュニケーションがとりやすいはず。「お疲れさま!」などと当たり障りのないメッセージを送ってみて、反応を伺ってみて。


対処法3. 悩み相談を口実に食事へ誘ってみる

好きな人が冷たい態度を取り始めたのが最近なら、女性側からアプローチしてみるのも一つの方法です。

今までは普通に会話をしていたのであれば、男性が自分に好意があり、意識しすぎてそっけなくなっている可能性があります。

「今仕事で悩んでるの、アドバイスもらいたいんだけど、ご飯でもどう?」などと、気軽な雰囲気で食事に誘ってみましょう。冷たい態度のままながらもOKしてくれれば、脈ありだと判断できます。


対処法4. 冷たい態度をされても嫌な顔をせず、笑顔で接するのを意識する

以前は優しかったのに、最近急に好きな人が冷たい態度になってしまったのなら、あえて何もしないでいるという方法もあります。

男性は基本的に一つのことしか対処できない傾向が強く、仕事が忙しすぎたり、職場の人間関係で気になることがあったりすると他のことに気が回らないためそっけなくなることがあるのです。

彼に対して何か失礼なことをした覚えがないなら、いつも通り変わらず笑顔で接していればそのうち優しい態度に戻る可能性はあるでしょう。


対処法5. 相手を上手に褒めて、機嫌をよくしてあげる

好きな人が冷たい態度になってしまうと、正直ショックではあります。ただし、男性が気を引きたいためにわざと冷たく接しているという可能性はゼロではありません。

彼を好きな気持ちが変わらないなら、自分から話しかけてみましょう。

「最近営業成績がすごく上がってるね、頑張ってるんだ」などと上手に褒めると、機嫌がよくなって緊張が薄れ、普通に会話をしてくれるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


冷たい態度をとる好きな人が脈ありか脈なしか見極める方法

好きな人から冷たくされると、「もしかしたら嫌われたのかも」と不安になるものです。

しかし、相手の男性が好意を悟られたくないためにわざと冷たくしていることもあります。

冷たい態度を取る好きな人にアプローチした場合、脈ありなのか脈なしなのかを見極める方法をご紹介します。


見極め方1. LINEや会話で男性から質問を投げかけてくる

好きな人が冷たい態度を取ってくるとしても、何らかのアプローチがあるのであれば脈ありの証拠です。

例えば直接話している時に質問をたくさんしてきたり、男性の方からLINEで質問を投げかけてくるといったことがある場合、男性が興味を持ってくれているととらえていいでしょう。

少なくとも嫌われているわけではありませんから、自信を持って接することが大切です。


見極め方2. こちらがLINEの返信を止めても、男性から再び連絡が来る

好きな人から冷たい態度を取られていると思っても、接点があるうちは嫌われてはいません

例えば職場で顔を合わせれば話しかけてくる、電話やLINEをしている、そういった関係なら悲観する必要はないのです。

LINEをしている時、自分の方から返信を止めても男性から連絡してくるようなら、脈ありと考えていいでしょう。


見極め方3. 男性から食事や飲みに誘ってくれる

好きな人がそっけない態度を取ってくると、どう対応したらいいのか分からないという場合もあるでしょう。もう彼のことを諦めるべきかと悩む女性も多いです。

しかし、男性から「今度食事にでも行かない?」とお誘いがあるなら脈ありと見ていいでしょう。

好意があるからこそ食事や飲みに誘うのですから、諦める必要はありません。

【参考記事】はこちら▽


見極め方4. 髪型やネイルなど、些細な変化にも気が付いて褒めてくれる

好きな人が冷たい態度を取る場合、自分に対して全く関心がないのかどうかをチェックするのも一つの方法です。

例えば普段おろしている髪をアップスタイルにしたり、ネイルの色を変えたりした時、男性の反応が何もなければ残念ながら脈なしと言えます。

しかし、「今日は髪あげてるんだ」「ネイル変わった?」などと気づいてくれたら、関心を持ってくれている証拠ですから自信を持ちましょう。


見極め方5. 好きな人や彼氏の有無など、恋愛話をしてくる

好きな人に冷たくされて不安だとしても、嫌われていると決めてしまうのは早いです。男性が自分に対して恋愛に関する話をしてくるかどうかで、脈ありか脈なしかを判断できます。

そっけないながらも「彼氏はいるんだっけ」などと聞いてくるなら、好意を持っていてアプローチしていいかを探っている証拠。

逆に彼氏の有無を全く気にしていないなら、関心を持たれていないと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きな人が冷たい時にやってはいけないNG行動

好きな人が冷たい態度を取られて不安になるのは、自然なことです。

ただし、不安のあまり感情に任せて行動した結果さらに状況が悪化することがありますよ。好きな人が冷たいとしても避けたいNGな行動を3つご紹介します。


NG行動1. 自分も負けじとそっけない態度で返す

好きな人から冷たくされて傷つくのは誰しも同じです。しかし、やり返すかのように自分も男性に対してそっけなく接するのはあまりいい方法とは言えません。

もし男性が、好意を悟られないためにわざと冷たくしていたとしたら、「嫌われたかもしれない」と傷ついて本当に気持ちが冷めてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります


NG行動2. 「なんで冷たい態度をとるの?」と感情的になる

好きな人が冷たい態度を取ってくると、その理由が知りたくなるものです。しかし、気になるからとはいえ、感情的になっては逆効果です。

好意を持っているけれど恥ずかしい、過去の自分の言動に怒っている、他に好きな人がいてアプローチされないようにしているなど、男性にも冷たくする何らかの理由があるはず。

どうしても理由を聞きたいなら、冷静になって聞くよう努めましょう。


NG行動3. 相手の気持ちも確かめないうちに諦める

男性が冷たい態度を取るからといって、嫌われたとは限りません。基本的に男性はプライドが高いため、単に素直になれないだけということもあります。

男性の本当の気持ちを確認しないまま勝手に諦めて距離を置くと、男性は「アプローチするつもりだったのに」とショックを受けるかも。

自己判断せず、男性にさりげなく冷たくする理由を聞いてみるといいでしょう。


好きな人が冷たいと思ったら、脈なしサインを見極めてみて。

好きな人がいる、けれど冷たい態度を取るのでどう対応すればいいか迷う、そんな女性はたくさんいます。

つい男性と仲良くなることを諦めてしまいがちですが、思い込みで距離を置くとせっかくの恋のチャンスを逃してしまうかもしれません。

この記事を参考に、男性が冷たい態度を取る理由を理解して、自然な形で男性といい関係を築けるヒントをつかんでくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事