目を合わせてくれない男性の心理とは?男性の本音を見抜く方法を解説

会話をしていても、目を合わせてくれない男性に対して、嫌われてるのかつい気にしてしまいますよね。そこで今回は、目を合わせない男性の心理や理由から、男性の本音を見抜く方法を解説!さらに、目をそらせる男性と距離を縮める方法や目が合った時に好印象を与える方法も紹介していきます。

目を合わせてくれない男性っていますよね。

目を合わせてくれない男性の心理や特徴

目を合わせてくれない男性って、何を考えているのかわからないですよね。

もしかして怒っているかもしれないし、自分のことが嫌いなのかもしれないなんてマイナスのイメージが沸いてしまうもの。

職場でも目を見てコミュニケーションが取れないと、支障が出てしまう場合もあります。

今回は、そんな目を合わせてくれない男性の心理や、特徴などを紹介していきます。上手な対処法も併せて紹介していきますので、ぜひご覧ください。


もしかして嫌われている?目を合わせてくれない男性の心理とは

視線が合わないと、どうしてだろうと気になってしまいますよね。男性が目を合わせようとしないのには、どんな理由が隠されているのでしょうか?

目を合わせてくれない男性の隠された心理をいくつか紹介していきます。


男性心理1. 特に何も考えていない

どうして目を合わせてくれないんだろう、気付かないうちに私が何かしちゃったのかな、なんて悶々としてしまうのは意外と無駄な時があります。

目を合わせないことに特に理由がなく、なんとなく目を合わせていないだけの男性もいるからです。

目を合わせて話すという習慣がない人も、何の理由もなしに視線を合わせることがありません。


男性心理2. 好きな人を目前にして緊張している

嫌いだから、怒っているから、なんてネガティブな理由で目を合わせないのではなく、真逆のパターンも存在します。

好きな女性と話す時に緊張してしまい、目を合わせることができなくなってしまう男性もいるのです。好きだからこそと言えますね。

目を見て話すなんて恥ずかしくてできないし、余計に緊張してしまうため、ついつい目をそらしてしまいます。


男性心理3. 興味が無いので、視界にわざと入れないようにしている

そもそも、好きでもないし嫌いでもないし、相手に対して全く興味がないというパターンもあります。

相手の女性に対して何の興味も沸かないから、自然と視線も向いていかないし、目を見て話すということもありません。

良くも悪くも特別な感情を抱いていないため、視界に入れる理由もないので、目が合うことがないのです。


男性心理4. 後ろめたい気持ちがあるため、目を合わせないようにしている

相手に対し何か隠し事をしていると、どうしても気まずい感情が大きくなってしまい、目を見て話すことができなくなります。

視線を合わせると、見透かされてしまうような気持ちになるし、自分自身ドキッとしてしまい居心地が悪いのです。

そのため目を合わせないように、自ら逸らしてしまっているという心理があります。


男性心理5. 集中しておらず、頭では全然違うことを考えている

とりあえず話はしているのだけれど、ぼーっとして上の空になってしまうと、自然と目線も違う方へと向いていきます。

相手と話すことが嫌なのではなく、ただ違うことを考えてしまっているのです。

会話の内容が興味のないことだったりすると、集中することも出来なくなってしまうので、つい目を合わせて話すことができません。


目を合わせてくれないのはなぜ?視線が合わない男性の主な理由

男性が目を合わせてくれないのには、実は理由があるのです。マイナスなイメージばかりかと思いきや、実は意外な理由が隠されている場合も。

ここからは男性が視線をそらしてしまう理由をいくつか紹介していきます。


理由1. 意外とシャイボーイで目があうのが恥ずかしいから

恥ずかしがり屋の男性にとっては、相手の目を見て話すということが、とてもハードルが高いのです。

失礼なことだと理解していたとしても、目を合わせることを恥ずかしく感じてしまうため、ついつい視線を逸らしてしまいます。

恥ずかしくて動揺してしまうくらいなら、相手と目を合わせないようにして会話をしようと無意識な行動の場合があります。

【参考記事】はこちら▽


理由2. 警戒心が強く、自分の本音を悟られたくないから

どうしても目を合わせてしまうと、自分の隠された本音を見透かされてしまっているようで居心地が悪く感じてしまうものです。

元々警戒心が強く、自分を隠してしまうような男性にとって、目を見て話すということはできるだけ避けたいこと。

本音をさらけ出すほど、心を開いていない場合も、無意識に目をそらしてしまうということがあるようです。


理由3. 好きな人と目が合うと緊張するので、あえて好き避けをしている

好きすぎるがゆえに、相手の女性と目を合わせて話すことができなくなってしまう男性もいます。

好きな女性の目を見るのも恥ずかしいし、ドキドキして何を話していいか分からなくなってしまうのです。

そんな様子を、相手の女性に気付かれてしまうのも嫌なので、ついつい目をそらしてそっけない態度をとってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


理由4. 相手に対して怒ってるから、目を合わせようとしていない

自分だけが怒っている場合は、目が合ってしまうことで不満の言葉を漏らしてしまうのが嫌だから。

相手に対してイライラしているから、目も合わせたくないと思って、わざとそんな態度をとってしまっている場合もあります。

また、今は怒っているから話しかけるなという思いを、目を合わせないことでアピールしています。


理由5. 目が合ってもどう対処すればいいか分からないので、合わせないようにしている

一度目が合ってしまうと、そこから目をそらすのも変だし、どうしていいか分からなくなってしまいます。

それならいっそのこと、初めから目を合わせなければ気まずい思いもしなくていいと思っているのです。

特別な感情があるわけでもなく、目が合ってしまった後の対処法がわからないため、そっけなく視線をそらしてしまっています。


目を合わせてくれない男性の本音を見抜く方法

目を合わせない理由がわからな今までは、こちらからも話しかけにくくなってしまうし、どうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。

どうにか目を合わせてくれない理由を探りたい方のために、おすすめの方法を紹介していきます。


見抜き方1. 自分から話しかけてそっけない態度をとるか反応を伺ってみる

どんな話題でもいいので、自分から会話をして、相手の男性の態度をよく観察してみましょう。

男性の目線がどこに向いていたとしても、そっけない態度をとっているのなら、脈なしの可能性があります。

相手の男性に笑顔もなく、どう見ても会話に乗り気でなさそうな場合、相手の男性は迷惑に感じてしまっているかもしれません。


見抜き方2. 相手の目を見つめた時に照れくさそうな反応を示すか

目を合わせていなかったとしても、誰かにじっと見つめられていたら、嫌でも視界に入りますよね。

その時の男性が照れくさそうな態度をとっているようなら、女性に対し、怒っているなどの理由はなさそうです。

脈なしの場合は、見つめられることも嬉しく感じることはないので、分かりやすくチャレンジしやすい方法です。


見抜き方3. メールやLINEなど、オンライン上でのやり取りでは優しいか確認してみる

直接コミュニケーションをとるのではなく、LINEやSNSでやりとりをしてみてください。

面と向かって話さない場合は感じも良く、LINE上で優しい態度をとっているようなら普段は恥ずかしがっているだけの可能性があります。

女性の目を見て話すことに抵抗を感じ、うまく感情を表現できていないだけなので、嫌われているわけでもなく、怒ってるわけでもないのです。


目を合わせてくれない男性と距離を縮める3つの方法

とっつきにくいと感じてしまうかもしれませんが、実は目を合わせてくれない男性と距離を縮めることは可能なのです。

ここからは、どうにか距離を縮めたいと感じている方のために、効果的な方法を紹介していきます。


距離の縮め方1. 目が合った時に微笑んでみる

たまたま男性と視線が合った時は、どうしようと動揺するのではなく、自然に優しく微笑んでみましょう。

目を見ることが苦手な男性は、優しい女性なのかもというポジティブなイメージを受け取り、少しずつ心を開いていきます。

相手から先に優しく微笑んでもらえることで、緊張がほどけていき、警戒心が薄れていくのです。


距離の縮め方2. メールやLINEで、まずは男性との距離を縮めてみる

どうしても直接コミュニケーションをとるとぎこちない場合、無理に話すのではなく、LINEやメールなどのツールを駆使して、様子を伺ってみることをおすすめします。

直接でなければ普通にやり取りができる男性なら、緊張しないでリラックスしながらコミュニケーションをとることができるので、少しずつ距離を縮めていくことができるのです。

上手くいけば最終的には、面と向かっても仲良くすることができるようになります。


距離の縮め方3. 話す時は対面ではなく、隣に座るようにしてみる

真正面から目を見て話すということは、目を合わせてくれない男性にとって、とてもハードルが高いのです。

隣に座って会話だけを楽しむようにすれば、男性も会話の内容に集中でき、緊張することがありません。

目を見ると緊張してしまうので、まずは会話することだけに慣れるためにも、隣から話しかけてあげるように意識してみましょう。


反対に目が合った時に相手へ好印象を与える対処法とは?

せっかく目が合ったなら、そのタイミングで良いイメージを与えておきたいものですよね。

咄嗟に動揺してしまわないためにも、効果的な対処法を知っておくことが大切です。

いくつか紹介していきますので、無理なくできそうなものを探してみてくださいね。


対処法1. 好きな人の場合、笑顔で微笑む

目を合わせてくれない男性は、普段視線を合わせることのない女性の笑顔を見て、頭から離れなくなるはず。

普段気にしていなかった女性から、笑顔を向けられることがあったら、ついついドキッとしてしまうものですよね。

可愛い笑顔を焼き付けて、こんな女性の彼氏になりたいなと男性に思わせることができるようにチャレンジしましょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法2. 目上の人の場合、会釈をする

職場などで、目を合わせてくれない男性が上司だったりする場合は、ボーッと目を見つめていてはいけません。

目があったら軽く会釈をし、礼儀正しい良い女性なんだということをアピールしておきましょう。

上司の男性からの評判も上がり、目が合うことがなかったとしても、職場での信頼度はグッと高くなっていくはずです。


対処法3. 彼氏の場合、相手がそらすまで見つめてみる

彼氏とデート中に、ジーっと目を見つめてみましょう。脈なしだとか、嫌われているのかなどを心配する必要がありませんので、自信を持って挑んでください。

デートをしていて目を合わせることができれば、良い雰囲気にもなるし、思わず可愛いなと彼氏に感じてもらうこともできてしまいます。

彼氏から目を合わせてくれないのなら、自分から目が合うように仕向けてしまえば良いのです。


対処法4. 好きな男性と目があった時だけ、恥ずかしそうにそらしてみる

狙っている男性が目を合わせてくれない人なら、目が合った時は大チャンスなんだと考えてください。

その男性と視線が合った時にだけ、恥ずかしそうに目をそらしてみてください。あくまでも自然に行うのがポイント。

男性は自分だけというパターンにとても弱いです。自分だけ目が合った時恥ずかしそうな反応をする女性に対し、「自分に気があるのかな?」と少しずつ興味が沸いてしまうのです。


対処法5. 相手の興味を引きたいなら、目があった瞬間にそらすのも効果的!

逆効果じゃないかと思われがちですが、目を合わせてくれない男性と同じように、パッと目をそらしてしまいましょう。

どうして目をそらされたのか、怒ってるのかなど、男性は悶々と考え込んでしまいます。

良くも悪くも印象に残るので、まずはそこから始め、相手の男性に自分のことを覚えてもらえるようにしてみてください。


目を合わせない男性が気になる時は、好印象を持たれるよう対処してみて!

彼氏とのデート中や、職場で関わらないといけない男性が視線を合わせられないと、対処法に悩んでしまうものですよね。

目を合わせてくれない男性にも、目をそらしてしまう心理や、理由がちゃんとあることがわかりました。

上手な対処法を身につけることでグッと距離を縮めることはでき、難しいことでもありません。自分のできることから始めてみて、少しずつ好印象を残せるようにしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事