あからさまに避ける男性の5つの心理|避けられた時の革命的な対処法とは?

あからさまに避ける男性の心理について詳しく知りたい女性へ。今記事では、あからさまに避ける男性の心理から、避けられた時の対処法まで詳しくご紹介します。

あからさまに避ける男性の5つの心理|“ごめん避け”と“好き避け”どっち?

あからさまに避ける男性の心理

「職場で男性に避けられてる気がする…」

「あからさまに避けるけど、これってごめん避け?」

普段意識していない男性が相手だとしても、あからさまに避けられるとつい気になってしまいますよね。

分かりやすくわざと避けているのは、男性のごめん避けなのか好き避けなのか…。

ここからは、あからさまに避ける男性の心理について解説していきます。


避ける男性の心理1. 目が合うだけでも恥ずかしい

男性が女性を避けるのは、そもそもシャイな性格であったり、女性経験が少ないことから、「恥ずかしい」という心理によって起こるケースがほとんどです。

特に、相手に好意を持っている場合は顕著に表れる傾向があります。言わゆる「好き避け」ですね。

このタイプの男性は、話すだけでなく目が合うだけでも恥ずかしいので、本当は避けたくなんてないのに咄嗟に避ける行動をしてしまいます。


避ける男性の心理2. どう話したり接すればいいのかが分からない

人見知りだったり、女性経験が少ない男性は、女性との接し方がわからないためにあからさまに避けることがあります。

会話で失敗するのが怖いから、なるべく関わらないようその場から逃げるように避けてしまうのです。

好き嫌いは関係なく異性と話すときに生じる心理なので、避けられてもあまり気にしないことが大切です。


避ける男性の心理3. 好きな気持ちを隠したい

あからさまに避ける男性の心理は好きな気持ちを隠したい

男性は相手のことが好きな場合、気持ちを悟られたくないために露骨に避けてしまうこともあります。

好きな人に自分の気持ちを知られたり、職場で噂が広まって「相手に迷惑をかけたらどうしよう」と思って関わるのを恐れているのです。

でも好きな気持ちは隠しきれないので、

  • あなたが見ていない時はジッと見つめてる
  • 避けるくせに近くにいる
  • 仕事になると急に関わってくる

など、隠れた脈ありサインを出していますよ。


避ける男性の心理4. 好きじゃないし、むしろ嫌いだから関わりたくない

男性に避けられるのはあなたのことが好きじゃないからで、「関わりたくない」「話しかけないでほしい」といった心理から起こるケースも少なくありません。

明らかに嫌そうに避けられたり、興味がないような分かりやすい態度をされている場合は嫌い避けなので、もちろん脈なしであなたのことが嫌いと考えるのが無難です。


避ける男性の心理5. 好意を感じているけど、気持ちには応えられない

あなたが男性に好意を持っている場合、相手はあなたの気持ちに気付いているかもしれません。

しかし、相手ははっきり断って傷つけたくないという心理から、あえて距離を置こうとしている可能性があります。いわゆるごめん避けという状態。

特に同じ部署など職場内で今後も関わりがある場合は、脈なしということを気づいてもらうためにわざと分かりやすく避けてきますよ。


男性に避けられた時にすべき“革命的な対処法5つ”

男性に避けられた時の対処法

「好きな人に避けられてるんだけど、これはもう諦めたほうが良いの?」

「避けられずにコミュニケーションをとる方法が知りたい」

男性に避けられると不安になったり凹んだり、悩むことが多いでしょう。それが気になる男性ならなおさらですよね。

避けられたら焦って追いたくなってしまうと思いますが、あからさまに避ける男性への対応を間違えると、さらに距離を置かれる可能性があります

そこでここからは、男性に避けられた時の対処法について解説するので確認してみましょう。


避けられた時の対処法1. まずは、LINEを送ってみる

避ける男性がもし好き避けだった場合、直接会話するよりもLINEなどの間接的なコミュニケーションなら照れずにやり取りしてくれます。

そのため、男性に避けられて不安を感じているなら、思い切ってLINEを送って反応を見てみましょう

「おつかれ!今日元気無さそうだったけど大丈夫だった?」

といった内容から始めてみて、LINEでの会話が続いたり、盛り上がったりしているなら好き避けしていた可能性があるので、関係を前に進められるチャンスです。

逆に、LINEでも会話が進まない、返信がそっけないなど場合は脈なしの可能性が高いので、諦めるか別の対処法を試してみましょう。

【参考記事】はこちら▽


避けられた時の対処法2. 共通の友達や知人に相談して、彼の本音を聞いてみる

避ける原因がどうしてもわからない場合は、共通の友達や知人に相談してみるのも一つです。

避ける男性と仲の良さそうな人に、「◯◯さん、最近冷たいんですよねー。」と話しかけたり、「◯◯さん、私のこと何か言ってませんでしたか?」と聞いてみるのが良いでしょう。

避ける男性のことをある程度理解している人であれば、避ける原因またはアプローチの方法について効果的なアドバイスを得られるかもしれませんよ。


避けられた時の対処法3. 一旦、距離を置いて様子を見る

男性に避けられた時の対処法は距離を置く

避けられる原因として、あなたのことが苦手で嫌がられていたり、しつこいと思われている可能性もあります。

そのため、自分の嫌な印象が消えるまで一旦距離を置いて、様子を見てみることも大切です。

「なるべく自分から話しかけない」「LINEを送りすぎない」など、程良い距離感を再形成することでマイナスの感情が薄れ、普通に接してくれるかもしれませんよ。


避けられた時の対処法4. しつこい行動は一切NG!少しずつ距離を縮める

避ける男性は警戒心が強い傾向があるため、一気に距離を縮めようとする人には「馴れ馴れしい」「しつこい」といったマイナスな印象を抱きます。

ちょっと強引なところがあるなど、自分に心当たりのある方は、少しずつ距離を縮めることを意識することが大切です。

  • 最初のうちは敬語で話す
  • なるべくプライベートなことは質問しない

など、慎重にコミュニケーションをとることで、マイナスな印象は感じず自然と仲良くなっていけるでしょう。

LINEであればじっくり言葉を選んでから送りやすいのでおすすめです。LINEに慣れてきたら、直接会話に移行してみるのが良いでしょう。


避けられた時の対処法5. 脈ありを確信したら、積極的にアプローチする

避けられてる原因が好き避けだと分かった場合は、女性のほうから話しかけたり、LINEをするなどして積極的にアプローチしましょう。

脈ありであれば断られることもないので、思い切ってデートに誘ってみるのも手です。

好きな人にアプローチされれば男性も嬉しいと感じるし、自分の本音を打ち明けようと思ってくれるでしょう。

ただし、積極的にアプローチするのは相手の気持ちが分かったケースのみです。あなたに対して特に好意を抱いていない場合は、かえって逆効果になるので要注意。

【参考記事】はこちら▽


あからさまに避ける男性の心理を見抜いて、正しく対処してみて。

避ける男には根気が必要

避ける男性は人見知りであったりコミュニケーションが苦手なケースが多く、打ち解けるにはある程度の根気が必要です。

実際に避ける男性と関わっていると、冷たいと感じたり、傷ついたりすることも多いでしょう。

でも、避けられている理由は“嫌いだから”だけではありません。諦めるのはまだ早いですよ。

職場やプライベートで円滑な人間関係を築くためにも、ぜひ本記事で学んだことを実践してみてください。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事