アクティブな人の“13の特徴”|性格や心理の共通点と積極的になる方法を解説!

アクティブになりたい人へ。本記事では、アクティブな人の特徴と心理から、アクティブな人になるメリットまで大公開!アクティブになる方法も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

そもそも『アクティブ』とは?どんな意味?

アクティブとは?

アクティブ(active)とは、自分から積極的に行動する様子を指します。

対義語はパッシブ(passive)となり、消極的で受け身な姿勢のことです。

アクティブな人はポジティブ思考を持っており、臆することなく自ら新しいことにチャレンジをする傾向に。

仕事やプライベートでも、いつも笑顔でどっしりと構えています。


アクティブな人の特徴|積極的な人に共通する性格や行動のあるあるとは?

「アクティブな女性に憧れるけれど、共通点はあるの?」

「アクティブな人の特徴は?」

アクティブな人という言葉は知っていても、具体的にどのような特徴があるのか気になりますよね。

まずは、アクティブな人の特徴をまとめてご紹介します。

男性女性問わずアクティブな人ならではの特徴をまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。


特徴1. 考える前に行動する

アクティブな人は、くよくよ悩んだり考えたりして疲れる時間が無駄だと考えています。

頭の中で試行錯誤するよりもまずは行動し、実際に体験することに価値があると考えるのです。

仕事や勉強でもまずは実際に挑戦し失敗や改善を繰り返すことで、自分なりの方法や適切なスタイルを掴んでいきます。

アイディアが浮かんでから行動に移すまでの時間が短いため、着実に経験や実績を積み成長していく姿は、アクティブな人あるあるです。


特徴2. ポジティブな思考を持っている

物事を悲観的に捉え不安や心配に支配されるよりも、ポジティブ思考のほうがいいと考えています。

ポジティブ思考になると気持ちが安定するので、いつでも笑顔で余裕のある印象に。

また、失敗を恐れないので「何とかなる」「大丈夫」が口癖。

楽天的に物事を捉えて、仕事や趣味などどんどんチャレンジしていきます。


特徴3. 好奇心旺盛である

視野が広く、様々なものに興味や関心が持てるアクティブな人。

自分から勉強をしたり挑戦したりすることが自然にできるところが特徴です。

  • 仕事に関係のないセミナーや資格
  • 友達が楽しそうにやっている趣味

などに、自分が興味や関心が持てることに果敢にチャレンジ。

その結果、幅広い知識や実績を持ち合わせるようになり、思わぬところで役に立つことが多々あります。


特徴4. 向上心が高い

アクティブな人には、現状維持という考えがありません。常に上を目指す目標を立てて、成長し続けたいと考えています。

テストでいい点数を取れたとしても「次はもっと上が目指したい」と更に高い目標を掲げるのです。

仕事では上の役職を目指したり受注、社内評価のアップを目指して能動的に動きます。

その結果、成長が止まることがなく、効率よく目標に近づくことができるのですね。


特徴5. 負けず嫌い

アクティブな人は負けん気が強いので、常に闘争心を燃やすことがしばしば。

自分なりに努力をしたのにも関わらず評価されなかったり他の社員のほうが評価が良かったりすると「どうして?」と落ち込みます。

ただし、これで終わりではなく、反骨心が強いところもアクティブな人ならでは。

自分が勝たないと済まない負けず嫌いな性格を発揮し、他の人よりも自分が上に立てるように一生懸命努力をします。


特徴6. 責任感が強い

アクティブな人は、中途半端に投げ出すことができない真面目な性格をしている傾向があります。

そのため人一倍責任感が強く、課せられた業務や課題を遂行するためにならどんどん前に出て自ら行動するところが特徴です。

例えば、上司から仕事を任せてられた時には「しっかりと業務を果たせるように頑張ろう」と気合いを入れて、最後までしっかりとやり遂げます。

そのため、頼りがいがあり大きな仕事を任されることも多いです。


特徴7. ノリがいい

フットワークが軽く誰の誘いに対しても嫌な顔をしないで応えるので、男性女性問わず周囲からは「ノリがいい人だな」と思われることが多いです。

アクティブな人は様々な経験や挑戦が自分の成長につながることを知っているので、あえてフットワークを軽くしています

上司から飲みに誘われると、断ることが少ないのはアクティブな人ならではのあるある。

どのようなことも経験へと変えていきます。


特徴8. 探求心が強い

アクティブな人は、上辺の情報や知識に振り回されることがありません。

好奇心旺盛で探求心を持ち合わせており、納得するまで自分の知識になったとは思わないのです。

  • 分からない言葉があったらその場ですぐに調べる
  • 理解できなかった部分をメモして、後から自分で調べる癖がついている

というのは、アクティブな人ならではの性格。


特徴9. 自信を持っている

常に前向きで、生き生きとしているアクティブな人。

現状を把握してコツコツと努力することが、大切なことを知っています。

その積み重ねで自分に自信が持てるようになるので、堂々とした立ち振る舞いができますよ。

  • いつも笑顔で周囲に明るい印象を与える
  • 自分の意見や思いに自信があるので嘘や言い訳がない

というのは、アクティブな人ならではの特徴です。


特徴10. 情熱的である

アクティブな人は、自分の目標ややりたいことに対して情熱的です。

「どうしても実現させたい」という強い思いを抱えているので、一心不乱に努力ができます

その姿勢を見て周囲が感化されるため、周囲を巻き込みながら短期間でビジョンを実現。

行動力だけでなく熱意も持ち合わせているため、起業家や社長など周囲から一目置かれる存在となることも多いです。


特徴11. 精神力が強い

アクティブな人は、簡単に諦めない性格をしています。責任感が強いので、どのようなことがあっても途中で投げ出すことがありません。

これができるのは、強い精神力があるから。打たれ強く、ちょっとしたことではへこまない精神力を持ち合わせています。

  • くよくよと弱音を吐かないで、目の前の課題に一心に取り組む
  • ミスや失敗があっても気持ちを切り替えて、最後まで取り組める

というのは、アクティブな人ならではです。


特徴12. ストイック

自分自身に厳しく、甘えや弱音を吐かないところもアクティブな人の特徴です。

妥協をしてその場をやり過ごすのではなく、常に向上心を持ち自分の中のベストを尽くします。

例えば、上司から依頼された仕事を同僚が妥協して行っていたとしても、アクティブな人は手を抜かずに常に全力投球。

気持ちや行動をコントロールして律することができるため、積極的に行動をしていきます。


特徴13. 健康に気を遣っている

能動的に行動するためには心身の健康が重要

そのため、無理をしないで食事や運動、疲れる前に休むなどの生活習慣に気を遣っています。

  • 就寝時間と起床時間が決まっており規則正しい生活をしている
  • 休日はジムやスポーツ系の習い事をして、定期的に運動をしている
  • 健康管理のためにサプリメントや体にいい食べ物を取り入れている

というのは、アクティブな人のあるあるです。


アクティブな人の心理|能動的な人が考えていることを解説!

アクティブな人の特徴が分かったところで、アクティブな人が普段どのようなことを考えているのか気になるところ。

ここからは、アクティブな人の心理をご紹介します。身の回りにいるアクティブな人はどのようなことを考え行動しているのか、チェックしてみましょう。


心理1. 何か行動していないと落ち着かない

アクティブな人は、じっとしていることや何もしないことが苦手

ちょっとでも自発的に行動することで「何かあるかもしれない」という心理が働いています。

考えるよりもまずは行動が習慣化しています。


心理2. 経験が全て!

アクティブな人は自ら行動することで、経験や知識などお金では買えないものを手に入れられることを知っています。

そのため、失敗や成功問わず経験すること自体に価値があると考え、自ら率先して新たなことに挑戦します。

新たな習い事や資格取得など、常に経験を積めることをし続けていることが多いです。


心理3. 新しいことをやってみたい

挑戦すること自体に価値があると捉え、やってみないと分からないと考えています。

そのため、未だ挑戦したことがないことへの不安がありません。

知らない情報や知識も主体性を持ち情報収集をして、自分の成長へとつなげていきます。


心理4. 将来に繋がるかも?

アクティブな人は、些細な経験や知識も未来につながると考えています。

今すぐ役立たないことでも将来的に仕事をする上で、必要な知識となるかもしれません。

無駄なことはないと思い、どのようなことも自らチャレンジができます。


心理5. ストレス発散をしたい

一つのことに集中し無心になって取り組むと、無駄なことを考える隙がありません。

アクティブな人にとっては、目の前のことに没頭することがストレス発散になるのです。

ストレスを発散しスッキリした状態で、また前向きに取り組みたいという心理が働いています。


心理6. 現状に不安や不満を感じている

アクティブな人は、現状に満足していないことが多いです。「今の状況を抜け出したい」という思いから、積極的に学んだり行動したりします。

現状に不満があるから諦めるのではなく、現状を変えていけるよう向上心を持って取り組むのです。


アクティブな人になるメリット|主体性のある人が仕事や恋愛で得することは?

これまでの内容で、アクティブな人の性格や心理が把握できたかと思います。

アクティブな人になってみたい、アクティブな人が羨ましいと感じた人も、多いのではないでしょうか。

ここからは、実際にアクティブな人になることでどのようなメリットがあるのか解説していきます。


メリット1. 高いモチベーションで物事に取り組める

アクティブな人は、何事にも前向きで責任を持ち取り組む姿勢が身についています。

真剣に取り組むと自ずと結果がついてくるため、自身や自覚が生まれるように。その結果、高いモチベーションをキープして仕事や趣味に取り組めるようになるのです。

「やる気が出ない」「面白くない」と感じることがなくなるので毎日に活気が出てくるでしょう。


メリット2. 貴重な経験を得ることができる

一人で悩み考えるよりも、まずは行動をして実体験を増やすのがアクティブな人のやり方。

様々なことに積極的に取り組むことで、貴重な体験に出会う回数が増えます

例えば、海外研修に行けるなど特別な経験ができるチャンスが増えるでしょう。

その結果、経験から得た知識や実績が蓄積され、成長へと繋がります。


メリット3. 多くの出会いがある

自分の部屋にこもっていては新しい出会いはありませんが、アクティブな人は好奇心旺盛で自ら様々な場所に出向きます。

そのため必然的に多くの出会いがあり、自分の人生にプラスになるでしょう。

仕事では思いもよらぬ出会いから、新たな人脈づくりにつながるかもしれません。

恋愛では運命の人と出会える確率が高くなるでしょう。


メリット4. 一緒にいると楽しいと言われる

アクティブな人の前向きな姿勢やポジティブ思考は、周囲のモチベーションを高める好影響を与えます。

特に社内のチームや恋人にアクティブな人がいると、一緒になって新しいことにチャレンジできるのです。

そのため「一緒にいて楽しい」「いろいろな経験ができてためになる」など、嬉しい言葉をかけてもらえます。


メリット5. 豊富な知識を得ることができる

アクティブな人は探求心が高く、一つの物事を深く考えたり観察したりする習慣がついています。

それだけでなく積極的に挑戦し自ら知識や経験を獲得しにいくため、自然と幅広い分野の豊富な知識が身につくのです。

蓄積された知識は仕事で活かせる可能性があるのはもちろんのこと、博識というだけでモテるようになるでしょう。


メリット6. 自分の好きなものや得意なものが分かる

人は誰でも本当に自分の好きなことや得意なことを、生まれたときから知っているわけではありません。

多くの実体験をすることで、自分に向いていることや苦手なことが区別できるようになります。

アクティブな人は経験が豊富なので、本当に自分の好きなことや夢中になれる趣味を見つけやすく人生を豊かにすることが可能です。


メリット7. 向いている仕事が分かる

経験や視野が狭いと、今行っている仕事が向いているだろうと捉えてしまいます。

多くの経験を通じて、自分に向いている仕事を判断できるところもアクティブな人ならではのメリットです。

自分の可能性を信じて成長を続けることで、本当にやりたいことや向いていることが把握でき転職や就職に役立てることができます。


アクティブな人になる方法|フットワークの軽い人になるために必要なことは?

「アクティブな人が羨ましいけれど、どうしたらいいのか分からない」

「今からでも羨ましいと感じるアクティブな人になりたい!」

ここまで読み、魅力のあるアクティブな人になりたいと思った人もいるはず。

そこで、ここからはアクティブな人になるための方法をご紹介します。

ちょっとしたコツを掴めば誰でもアクティブな人に近づけるので、ぜひ参考にしてみてください。


方法1. 全てのことをポジティブに考える

新たなことに挑戦する時に

「失敗してしまうかもしれない」

「損をするかもしれない」

と不安がよぎるかもしれません。

それでも、まずは挑戦してみようとポジティブに考える癖をつけましょう。

例えば、自分のレベルアップになるからやってみようなど、思い切って挑戦し経験値を増やしていくことが大切です。

挑戦した後にも「疲れる」「思ったような体験ではなかった」とネガティブに考えるのではなく、

常に「挑戦して良かった」と前向きに考えるようにしましょう。


方法2. いろんなことに関心の目を向ける

アクティブな人は新たな情報を獲得することに価値を見出しているので、同じように新たな情報や知識ができるようにすることが大切です。

そのためには、今まで興味がなかったことや苦手なことにも目を向けて関心の幅を広げましょう

  • 今まで読んだことのないジャンルの本を読んでみる
  • 新しい習い事を始めてみる

など、今までとは違うものに着目することが大切です。

関心を持ったら自分の知識や経験となるところまでは、頑張って追求してみてください。


方法3. 社交的になる

アクティブな人は自ら様々な場所に出向き、多くの出会いを経験していきます。

同じように自分の成長や今後の人生につながる出会いを増やすためには、社交的になるようにしましょう。

まずは、行動範囲を広げて新たな出会いを作ります

  • 今まで行ったことのないバーやレストランに行ってみる
  • 会社の交流会に参加してみる

ただし、だれ彼構わず出会えばいいというわけではなく、自分の成長につながる出会いを増やすことが大切です。


方法4. 常に目的を持って行動する

明確な目標や夢がない状態で何となく行動をしていても、成長や出会いなど思ったような結果に繋がりません。

「何のためにやっているんだろう」とモチベーションが低下するきっかけにもなるため、常に目標を持って行動することが大切です。

目的を持つことで、主体性が生まれ自発的に行動できるようになります。

ただし、目標は一度決めれば終わりではないので、常に今の自分に合うようにブラッシュアップをし続けてください。


アクティブな人を目指して、楽しい人生を送ってみて。

男性女性問わずアクティブな人は魅力的に感じるので、なりたいと思っている人は多くいるはず

それはアクティブな人が恋愛m仕事問わず主体性を持ち自ら行動し努力を重ねているからこそ、キラキラ輝いて見えるためです。

今回ご紹介したアクティブな人になる方法や特徴を参考にしながら、少しでも近づけるように工夫してみてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事