嫌われてもいいと考える人へ。他人からの評価を気にしないメリットとは

誰もが人から嫌われたくないと考えますが、中には「嫌われてもいい」と思う人もいます。今回は、嫌われてもいいと考える人の心理を徹底レクチャー!また、他人の目を気にしないことで得られるメリットもお教えします。さらに、嫌われてもいいと思うための方法もお教えするので参考にしてみてくださいね。

「嫌われてもいい」と考えられる人ってすごいですよね。

他人からの評価を気にしない方法

何をするにも周囲からの視線が気になって、本当にしたいことができない、そんな悩みを持っている人は少なくありません。

嫌われることへの覚悟ができると、怖いものがなくなって仕事や恋愛で違う結果が出る可能性はあるでしょう。

この記事では、周囲に嫌われてもいい覚悟や勇気を持ちたい人のために、周囲に嫌われてもいいと考える心理や方法を解説した上で、嫌われてもいい覚悟を持つメリットについてご紹介します。


周囲に嫌われてもいいと考えている人の心理とは

周囲に嫌われてもいいと考えている人の心理

男性でも女性でも、協調性を持って周囲とうまくバランスをとりながら過ごすのが良いと考える人がほとんどでしょう。

とはいえ、協調性を重視するあまり自分を抑えてしまうとつまらない毎日になってしまうのも確かです。

「そうなるくらいなら周囲に嫌われてもいい」と考えている人の心理を見ていきましょう。


心理1. 人のことは気にせず自分に素直でいたい

仕事でも恋愛でも、相手の気持ちを考慮することは大切です。自分1人で仕事や恋愛はできませんから、やりたい放題するわけにはいきません。

しかし、考慮し過ぎた結果自分らしさが失われてしまうのでは、仕事のやりがいや恋愛の楽しさを心から味わえないもの。

嫌われてもいいという思いには、自分がどうしたいのかを考えて素直に行動したいという心理が働いているのです。


心理2. 自分を理解してくれる人が数人でもいれば良い

周囲に嫌われてもいいと考えている人の心理で、自分を理解してくれる人が数人でもいれば良い

周囲から嫌われずにいようと意識しすぎると、そんなつもりではなくても八方美人の状態になってしまうことがあります。

誰にでもいい顔を見せていると、「あの人は結局どうしたいのか分からない」とかえって評価を落としてしまいかねません。

嫌われてもいい覚悟を持つということは、自分の信念を貫こうと決めることでもあります。

しかし、たとえ理解者が一人になったとしても迷わない、そんな心理のもと勇気を持って進みたいのです。


心理3. 無理に周囲へいい顔をする必要はないと考えている

職場で周囲のみんなにいい顔を見せることが、仕事をスムーズに進めるコツだと考えている人は多いものです。

しかし、人には真似ができないような実績を積み上げていくには、周囲に気を遣ってばかりではだめというのが現実。

無理に自分を押さえて周囲にいい顔を見せる必要はないという心理が働くと、覚悟ができてめざましい結果を出せるようになるものです。


「嫌われてもいい」と思えるようになる方法とは?

嫌われてもいいと思えるようになる方法

職場の同僚や友達、好きな人など、誰でも周囲に大切にしたい人がたくさんいるもの。

しかし、そういった人たちに気を使いすぎて、本来の自分ではなくなってしまうと、嫌われてもいいから自分らしさを出したいと感じるのは自然なことです。

周囲に嫌われてもいいと思う方法についてご紹介します。


1. どんな人でも全員から好かれるのは不可能なことを知る

周囲に好かれながら自分らしい生き方をする、そんな人生を過ごせると理想的ではあります。

しかし実際には、好きでいてくれる人もいる一方で、批判したり冷たい目で見たりする人もいるのが現実。

つまり、周囲にいる人全員に好かれるのはそもそもできないのです。

そのことを知ると、嫌われることに不安を感じなくなって、自分の信じた道を進みやすくなるでしょう。


2. 周りの人のためでなく、自分のために生きてることを意識する

周囲の人たちを大切にし、思いやるということ自体は素敵なことです。

自分1人だけで生きていくことはできないのですから、我を通すだけでは大人とは言えません。とはいえ、周囲の人たちのために生きていくというのも実はおこがましいこと。

自分の人生は自分のものと割り切って生きる覚悟を持つと、嫌われることが怖くなくなるでしょう。


3. 人は人、自分は自分と周囲と比較する癖をなくすようにする

嫌われてもいいと思えるようになる方法で、自分と周囲を比較しない

これまでに周囲に気を使いながら過ごしてきていると、「嫌われてまで自分のしたいことなんてない」と思うかもしれません。

優しくしてもらったり、配慮を感じたりした経験があれば、なおさらそうでしょう。

しかし「あの人がこうしてくれたから」と気遣ってばかりいて、新しい挑戦に踏み込めないのだとしたらとてももったいないこと。

人と自分とは違うのですから、周囲と比較することはやめて自分らしさを大切にするようにしましょう。


4. 自分を理解してくれる人だけ大事にするのを心がける

できれば多くの人と仲良くしたい、衝突せずにやっていきたいと思うのは自然なことです。

ただし、無難に周囲と付き合っていこうという人は、人生もそれなりに無難なものになってしまうもの。

たとえ周囲と敵対したとしても、思いを貫き実行した人だけが自分らしい個性的な生き方をすることができるのです。

そのために理解してくれる人が友達数人になったとしても、その人たちだけを大切にする覚悟を持つことが大切でしょう。


5. 辛い時は、前向きになれる名言を見て自分を励ます

周囲に嫌われてもいいと覚悟して、自分の考えを貫いて行動していると、理解されずに辛いと感じることがあるでしょう。

信念を持っていても心が折れそうになることも少なくありません。そんな時でも勇気が出せるよう、自分の心に響く名言をいくつか知っておくのがおすすめ。

周囲に嫌われても自分のやりたいことをやり通した人が発した明言は、説得力があり励みになるはずです。


6. 嫌われても良いと思える人間関係に関する本を読む

嫌われてもいいと思えるようになる方法で、本を読む

男性でも女性でも、嫌われることを受け入れながら自分のやりたいことを続けるのはとても勇気が要ることです。

自分で決めたこととはいえ、悩みが深くなることもあるはず。そんな時は、本を読んで名言に触れたり行動のヒントを探すといいでしょう。

人間関係をテーマとした本を何冊か読むことで、嫌われてもいいと思う方法を知って覚悟ができるかもしれません。


おすすめの本①『嫌われる勇気』岸見 一郎、古賀 史健

嫌われることは何の心配も不安もいらないということを、心理学の視点から分かりやすく解説してあるのが『嫌われる勇気』です。

著名な心理学者・アルフレッド・アドラー氏の思想をもとに書かれていて、目的を達成するためには「自分が人としてこうありたい」と思う行動を取るべきだと書かれています。

人から嫌われることを恐れずに、自分の意思を貫く勇気が結果的に幸せになる方法だという内容で、名言も多く、読んだ後には嫌われてもいいのだと納得できる本と言えます。


おすすめの本②『嫌われても折れない〈自分〉をつくる101の言葉』諸富 祥彦

アドラー心理学に基づいた著者独自のメソッドと名言が散りばめられている本です。

自分らしい生き方がしたいと思った時や、辛いことが続いて絶望している時、恋愛をしてもっと好きな人に愛されたいと感じた時などに、どのように行動したらいいかというヒントと名言がたくさん紹介されています。

真剣に自分の人生を変えたいなら、周囲に嫌われてでも行動するのがひとつの解決法だということが腑に落ちる本と言えるでしょう。


おすすめの本③『「嫌われたくない」をどうするか?』榎本博明

「嫌われたくない」という心理にがんじがらめになっていることが、生きづらさを生んでいるとして、その解消法や心に留めておきたい名言、前向きに人生を生きていく方法が書かれている本です。

物事の受け止め方を変え、覚悟を決めて一歩踏み出す勇気を持つことが、一人でいることに不安を感じなくなると解説されています。

人からの評価を気にせず、嫌われることを怖れずに前を見て人生を歩くためのヒントがたくさん得られるでしょう。


嫌われてもいいと思うことで得られるメリット

嫌われてもいいと思うことで得られるメリット

周囲に嫌われてもいいという覚悟ができるまでは、いろんな不安があるものです。

今よりももっと生きづらくなるのではないかと考えるかもしれませんが、実は仕事でも恋愛でもメリットがたくさんあります。

嫌われてもいいと思うことで得られるメリットをご紹介します。


メリット1. 自分らしさを存分に出せるため、恋愛で異性からモテる

嫌われてもいいという勇気を持って毎日過ごしていると、好かれなければいけないという不安から解消されます。

自分がしたいことに集中できますから、気分が前向きになり笑顔も増えるでしょう。

そんな姿を見て「素敵な人だな」と感じる異性が増えると、注目されてモテるようになります。

モテるために頑張っているわけではないので、モテることを気にせずにいると、そんな自然体がまた魅力となりモテることにつながるのです。


メリット2. 周囲に気を遣いすぎないため、気が楽になる

嫌われてもいいと思うことで得られるメリットで、気が楽になる

自分のしたいことをすると決めたら、周囲からの評価は気にならなくなります。

自分がどれだけ目標のために頑張ったか、評価基準が自分に変わるからです。努力しがいがある日々を送れるようになるでしょう。

周囲に気を遣うことがなくなると、気持ちが楽になって、好きな人や友達から「変わったね」と褒められることが増えると嬉しいものです。


メリット3. ありのままの自分を理解してくれる人が増える

嫌われてもいいと思えるようになると、無理に取り繕う必要がなくなるため、職場で本来の自分で過ごせるようになります。

力が抜けたフランクな雰囲気を感じて、「こういう人なんだな」と丸ごと素の自分を受け入れてくれる人が増えてくるのです。

男性女性にかかわらず、異性から見て魅力的な人としてモテるようになるでしょう。自然体になることで理解してもらえる、モテるというのは素直に嬉しいと思えるはずです。


生きやすくするために、嫌われてもいいと思うことが大切ですよ。

生きやすくするために、嫌われてもいいと思うことが大切ですよ

周囲に嫌われたくないと考えている時は、自分を押し殺してしまいがち。周囲に合わせることが人間関係が上手くいくコツだと思い込んでしまうだけに、無理をしてしまうことも多いでしょう。

しかし、嫌われてもいいと思えるようになると、心の重りがふっと取れて楽になれます。

今の生活を変えたいと思っているなら、この記事を参考に、ぜひ自分らしい生き方をするために一歩踏み出してみてください。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事