精神的に強くなりたい人へ。心が強い人の特徴&メンタルを鍛える方法を解説!

何事にも屈しない心を持って、精神的に強くなりたいですよね。そこで今回は、精神的に強い人の特徴から弱い人の特徴、メンタルを強くする方法をレクチャー!さらに、心を強くした時に刻んでおきたい名言やおすすめの本も紹介します。強い心を作りたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

メンタルを鍛えて、精神的に強くなる方法をレクチャー

心が強い人の特徴&メンタルを鍛える方法

精神的にもっと強かったなら、ぜんぜん違う人生を歩めたかもしれないと思うことがあるという方は多いはず。精神的な強さを持っていない人は、精神的な強さをいつも発揮している人に憧れるものです。

この記事では、精神的な強さを手に入れたい方のために、メンタルが強い人と弱い人の特徴を大公開!また、メンタル面での強さを得るための実際的な方法を紹介していきます。


どんな人なの?精神的に強い人の12の特徴

精神的に強くなりたいと思った時、手っ取り早いのは既にメンタルが強い人たちの特徴を真似することです。そこでまずは、精神的に強い人の性格・行動・言動を見ていきましょう。


精神的に強い人の「性格」の特徴

まず、精神的に強い人の性格面での強さの秘訣を、いろんな特徴からピックアップして見てみましょう。自分とは違った性格を持つ人のメンタルの強さを学び、恋愛や仕事に役立てましょう。


精神的に強い人の性格1. 他人からの評価を気にしない

メンタル面での強さを持つ人は、自分で自分の行動や発言を上手に肯定して認めたり、間違ってしまったことを潔く認めて改められる能力があります。

他人からの評価が気になってしまい、自分のしたいような行動ができなくなるということがないのです。

他人からの評価ではなく、自分で正しいと思うことを行えるのが、メンタルの強い人の性格の特徴といえます。


精神的に強い人の性格2. ポジティブな考え方が定着している

強いメンタルを持つ人は、失敗してしまうと大変な結果になってしまうかもしれないというシチュエーションでその性格が際立ちます。悪い結果になってしまう恐れにあまり気を向けずに、どんな状況でも成功する方向へのイマジネーションを大きく持てるのです。

常にポジティブな考え方を持って堂々と難局に立ち向かえるのが、強い精神力を持つ人の大きな特徴です。

【参考記事】はこちら▽


精神的に強い人の性格3. 些細なことを気にしない

強靭なメンタル力を持つ人は、より大きな視点を持って、自分が取り組んでいることの進捗のぜひを推し量れる能力があります。メンタルの強い人は、些細なことにはあまり惑わされずに、全体として良い方向に進んでいるのかどうかで、物事を判断できるからです。

細かいことはある程度切り捨てて考えられるというのが、メンタルの強い人の特徴です。


精神的に強い人の性格4. 失敗=成長と捉える

メンタルの強さを持つ人は、何もしないで進捗できないよりも、失敗したとしても何かを学べたという方をよしと考えます。メンタルの強さゆえに、挑戦することに大きな意義を持つと考えるのでしょう。

失敗にくよくよしていじけてしまうのではなく、失敗によって自分が成長できたとか一歩前に進めたと考えられる性格が、メンタルの強さの秘訣なのです。


精神的に強い人の性格5. 他人に対して優しい

些細なことにいちいち大げさに反応しない人は、対人関係でも人はそれぞれ違うということをわきまえて接することができます。他人の細かな失敗を見るよりも、払っている努力を見られるのです。

ちょっとした意見の相違に目くじらを立ててしまうことなく、いつでも他人に対して優しく振る舞えるのが、メンタルの強い人の性格的な特徴です。


精神的に強い人の性格6. 責任感がある

メンタルの強い人は、自分に求められていることを把握する能力があります。仕事でなんらかのトラブルがあったとしても、些細なことは気にせずに、どのように事態を進捗させていけるかということを冷静に考えられる強さがあるのです。

責任感があるので、状況を客観的に説明して理解を求めたり、関係する人たちに対して必要な連絡を取ったりできるのです。


精神的に強い人の「行動や言動」の特徴

強いメンタルを持つ人たちの行動や言動からも、たくさん学べることがあります。自分がメンタル面で強くなるには、実際にメンタルの強さを持つ人の行動や言動から学んでいきましょう。


精神的に強い人の行動や言動1. 見栄をはらず、ありのままの自分を見せる

メンタルの強い人は、自分の間違いを隠蔽したり、自分の状況を隠したりすることはありません。見栄をはることなく、いつでもありのままの自分を表現するのです。

相手に過小評価されてしまうということへの恐れを感じることなく、自分ができなかったことを素直に認められるという特徴があります。

それによって、他の人からの信頼を勝ち得たりできるのが、強いメンタルを持つ人なのです。


精神的に強い人の行動や言動2. 気持ちをすぐに切り替える

メンタル面での強さを持つ人は、失敗してしまったことをくよくよ考えるより、成功に至るために次にどんなことをしないといけないのかということに思いを向けられます。

失敗してしまったというショックな事実からすぐに気持ちを切り替えて、立ち向かっていくための行動に目を向けられるのです。積極的な気持ちの切り替えができるのが、強い精神力を持つ人の特徴といえます。

【参考記事】はこちら▽


精神的に強い人の行動や言動3. 自分に「大丈夫」と言い聞かせている

メンタルの強い人は、心配なことがあったとしても、自分にブレーキをかけません。逆に、自分が成功している将来を明確にイメージできるのが、メンタル面での強さの秘訣の一つでしょう。

いつでも、失敗を恐れることより、自分を応援したり、自分に「大丈夫」と言い聞かせたりして、ポジティブな思考ができるような言動をすることに徹するようにできるのが、強くなるためには必要であることを明示しています。


精神的に強い人の行動や言動4. しっかりストレス解消をしている

メンタル面での強さを示すには、不安な思いを打ち消していかなければなりません。そうするとストレスが大きく溜まってしまうということがあり得るでしょう。

しかしメンタルの強さがあれば、ストレスをしっかりと解消する手段を心得ているので、ストレスをためることなく、不安な状況に立ち向かえられます。メンタル面での緊張をほぐす方法が自分の中で確立されているのが、メンタルの強さとして表れるのです。


精神的に強い人の行動や言動5. 好奇心旺盛で、積極的にチャレンジしようとする

失敗を恐れない気持ちが、いろんな行動にあらわれます。何事にも積極的にチャレンジしてみて、その結果から学ぼうという意欲があるのが特徴。

失敗する恐れよりも、持っている好奇心を満足させることの方がとても重要と感じられる能力があり、果敢にいろんなことをやってみようとするのです。ポジティブな言動は、メンタルの強さの証といえるでしょう。


精神的に強い人の行動や言動6. 筋トレをしたりと、日頃から運動する習慣がある

メンタルの強い人は、メンタルの強さが求められるシーンで、積極的な言動ができるように気持ちをスタンバイさせておけます。このように気持ちを高めるための日ごろの努力も大切なんです。

運動を日ごろから生活に取り入れておくことで、気分がリフレッシュされたり、気持ちを明るく保てます。筋トレをしたり、定期的な運動に取り組むことは、メンタルの強さを持つための第一歩といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


反対に、精神的に弱い人の特徴とは?

精神的に強い人の特徴を理解できたら、次に精神的に弱い人の特徴を見ていきましょう。自分に当てはまっている部分がどこなのかを把握しておくことで、改善方法に役立てられますよ。


精神的に弱い人の特徴1. 愚痴や弱音を言いがち

メンタル面での弱さを露呈してしまう人は、たくさんの言い訳をしてしまうという特徴があります。起こってしまったことに関する自分のミスを認めることができず、他人の愚痴を言ったり、弱音を吐いてしまうのです。

多くの場合に、責任感を持って自分で解決していくという選択肢を持っておらず、道半ばで挫折してしまうのが、メンタル面の弱さの特徴といえるでしょう。


精神的に弱い人の特徴2. 責任逃れをしてしまう

メンタルの弱さが、失敗した時にも顕著にあらわれます。自分の責任で失敗したということを潔く認めることができず、責任を逃れるための口実を探してしまうのです。

問題の解決を図ろうとせず、消極的な対応を繰り返してしまいます。また、なるべく自分の評価が下がらないようにしていろいろと策をこうじてしまうのが、メンタルの弱い証拠なのです。

【参考記事】はこちら▽


精神的に弱い人の特徴3. 自分のことを責める癖がある

責任逃れと逆の反応でメンタルの弱さを示してしまうこともありえます。問題が発生してしまった時に、解決する方法を積極的に探していくかわりに、自分が犯してしまった失敗から思いを切り離すことができず、いつまでもくよくよしてしまうのです。

過剰に自分のミスを責めてしまい、積極的な進歩ができないのも、精神力が弱い人の特徴のタイプの一つといえるでしょう。


精神的に弱い人の特徴4. 繊細で何事も気にしすぎる

携わっているプロジェクトの全容ではなく、詳細なことについてのちょっとした決定にも、多大な時間をかけてしまうということがあります。自分が決定をしたことで何かが起こってしまった時の責任を取らされることを恐れてしまうのです。

繊細すぎて、決定が下せず、何事もテンポよく進捗させられないのが、メンタルが弱い人の特徴といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


精神的に弱い人の特徴5. 過去の失敗を引きずってしまう

失敗したことがある分野で、過剰に恐れを感じてしまい、その後にうまくこなせなくなってしまうというのも、精神力の弱さのしるしといえるでしょう。

過去に失敗してしまったことの記憶がトラウマ的に脳裏に残っており、どうしても積極的な思いを持てずにいるのです。

失敗を引きずってしまうのが、メンタルの弱さを露呈してしまっています。

【参考記事】はこちら▽


強くなりたい人必見!メンタルを強くする8つの方法

メンタル面での弱さを持っていたとしても、ちょっとした努力を続けていくことによって、強いメンタル力を身につけることが可能。ここからは、メンタルをより強くするための8つの方法について、一つずつ解説していきます。


メンタルを強くする方法1. なぜ強くなりたいか目的をしっかり定める

動機をきちんと持っていると、より目標を達成しやすくなります。目標達成への障害があったとしても、強い動機があれば克服する力が湧くからです。メンタル力を増強するという目標も同じで、動機をいつも確認しておくと良いでしょう。

精神的に強くなってどういう変化を経験したいかということを定めておくことが、メンタルを確実に強くする助けとなるはずです。


メンタルを強くする方法2. 失敗を恐れず、積極的に行動する

悪い結果になってしまうことを過度に思い煩っているなら、何も行動できず、メンタルを鍛えることにはなりません。いろんなきっかけに果敢に挑戦することで、精神的な成長を遂げられるでしょう。

メンタル面で強くなりたいなら、失敗を恐れずにいろんなことに挑戦し、積極的な気持ちを保って行動する必要があるでしょう。


自分一人では難しい場合は、周りに頼ることも大切

失敗を恐れてしまう性格は一夜にして直せるものではありません。徐々に自信を持てるようにしていくために、友人や家族の協力は欠かせません。

励ましてもらったり、応援してもらえるだけで、積極的な気持ちを培えるようになりますよ。


もし失敗しても、経験として次に活かす

メンタルで強くなりたいなら、失敗を積極的に捉えることも大切です。

「次回に活かせる貴重な経験を得られた」ということを喜ぶぐらいの感覚を持って、失敗を楽しむようにしましょう。失敗から学ぶことも自信を持つために必要です。


メンタルを強くする方法3. 心に余裕を持つ

精神力で強くなりたいなら、目の前で起こっている出来事に対して、いちいち大げさに反応してしまうのではなく、おおらかな気持ちを持って対応できるようにならなければなりません。心に余裕を持つようにするのです。

細かいことが気になってしまう気持ちを抑えて、物事の全体が前向きに進んでいるかどうかを的確に判断する能力を培いましょう。


メンタルを強くする方法4. 一日一回小さな目標を立てて行動する

メンタルで強くなるには、自分にとってもう少しだけ勇気が必要に思えるようなことを、積極的に強いメンタルをあらわして取り組めるかどうかを試してみることの繰り返しが大切です。

1日1日を小さな目標を達成しながら過ごすことで、より大きな挑戦にも取り組めるメンタルを持てるようになります。強くなりたいなら、一歩一歩確実に前進していけるように努力しましょう。


メンタルを強くする方法5. 当たり前なことでも感謝の言葉を口にする

メンタルで強くなるには、自分の思いをポジティブに保てるようにすることも大切です。ポジティブさを手に入れる簡単な方法として、感謝の言葉をいつも口にすることがおすすめです。

感謝を述べることを自分に強いるなら、相手の良い点を探す良い癖が習慣になります。辛いときにも感謝の言葉を探すなら、どんな時でもポジティブになるように自分をコントロールできるのです。


メンタルを強くする方法6. 悩み事を考える時間を減らす

メンタルで強くなるために、ネガティブな気持ちを持たないようにしましょう。ネガティブな思いは、自分か考えてがっくりしてしまうようなことが発端になりがちです。

ネガティブにならないためには、悩みごとについてくよくよ考えることを最小限に減らしてみることができるでしょう。

その代わりに、メンタル面で積極的になれるような考え方を取り入れられるようになるはずです。


メンタルを強くする方法7. 逆境を乗り越えてきた人と接する

メンタルが強くなるには、強いメンタルを発揮している人から秘訣を聞くことも役立ちます。

いろんな経験を通して逆境を乗り越えてきた人は、強いメンタルと自信を手に入れていることが多いです。どのようにしてメンタル面での強化に成功できたのかということを尋ねてみましょう。

その方もメンタル面で強くなりたいと思って鍛えたという過去があるかもしれず、経験談から大いに学ぶことができますよ。


メンタルを強くする方法8. 自分自身のことを信じてあげる

自己過信はよくないですが、メンタル面で強くなりたいなら、自尊心を持つことも大切。自分に対する自信が過度に小さいなら、積極的にやってみようという気持ちが起こりにくいものです。

無理矢理にでも「自分は絶対にやればできる」と言い聞かせて、自信を持って取り組んでみると、意外と出来ることに気づいて精神的に強く慣れる実感が湧いてくるはず。

【参考記事】はこちら▽


心を強くしたい時に刻んでおきたい3つの名言

メンタル面で強くなりたい時に、思い出して考えると効果がある名言があります。

ここからは、3つの有名な言葉を紹介します。自分にとっての壁に当たった時は、魔法の言葉を思い出して、立ち向かっていくようにしましょう。


名言1. 『現状維持では 後退するばかりである。』ウォルト・ディズニー

エンターテインメント界で大きな成功を収めたときに、ウォルト・ディズニーが言った言葉です。

成功を収めた後でも、常に変化し成長させていく必要が誰にでもあるということを教えている言葉です。

調子が良い時には、ついつい維持を図ってしまうものですが、そんな時こそ、次のステップへの変化を目指す良いタイミングであるということです。


名言2. 『人間の本当の強さは、何度転んでも起きあがれること。起きあがった回数と人間の強さは比例する』福島正伸

コンサルタント会社の代表である福島正伸が述べた言葉です。コンサルティングで訪問した先で行なった講演で、失敗を恐れずに強いメンタルを持って挑戦することを励ますために述べました。

失敗が怖いと感じてしまうことがあるとしても、この言葉を思い起こせるなら、失敗したとしても何かを学んで立ち上がることを決意できるでしょう。


名言3. 『ミスを恐れず、ミスしたら「精神力を鍛える機会を得た」と前向きに捉えて、怯まず挑戦して欲しい』藤田晋

IT企業の社長である藤田晋が、新入社員の入社式で祝辞として述べた言葉です。

会社の経営者にこんな言葉をもらえたなら、果敢に挑戦してみようという気持ちが起こり、メンタルが鍛えられ強くなりますよね。

「失敗したら怒られてしまうので、無難に過ごせるようにしておこう」と諦めるのではなく、挑戦してこそ、新たな自分が見えてくるのです。


もっと強くなりたい!心を強くしてくれる本をご紹介

本には自分が欲しい言葉た詰まっています。仕事でも恋愛でも、心が折れそうな時は精神力を鍛えてくれる本を参考にしてみましょう。


おすすめの本1. 『メンタルが強い人がやめた13の習慣』エイミー・モーリン(著)

メンタルが強い人がやめた13の習慣

メンタルで強くなりたいと思っても、自分ではどこが悪いのか気が付かないことがたくさんあります。この本では、メンタルを強くするために、やめるべき習慣を13項目も直接的に指摘してくれます。

強いメンタルを持つために、何度でも読み返して、自分に当てはめられるポイントがあるかどうかをチェックすることをおすすめします。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り』星 渉(著)

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

心が強い人たちが、どのような思考パターンを持っているのかということを詳しく解説してくれている本です。この本のアドバイスがなければ気付くことができないようなポイントがいろいろあります。

メンタルを強くできた人が行きつくのは、思い通りになる人生であるということも、強くなりたいという動機を高めてくれることでしょう。

Amazonで詳細を見る


日々の意識を変えて、屈強なメンタルを手に入れよう!

メンタル面で強くなりたいという切実な願いを満たすために、努力できるポイントがあります。恋愛においても、仕事においても、強いメンタルを必要とすることはたくさんあるものです。

失恋や仕事のミスを恐れることなく果敢に挑戦するなら、より強いメンタルをゲットできます。精神面の成長を通して、人生をより楽しく実りあるものとすることができるよう、日々の意識を変えていきましょうね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事