両片思いの特徴とは?両片思いになる原因&両思いになる方法を解説!

両片思いという言葉を知っていますか?今記事では、お互いに好きなのになかなか発展しない両片思いの状態になる原因を解説すると共に、両片思い診断を大公開!自分が今している恋愛が、両片思いの状態かどうかを確かめてみてくださいね。

両片思いってどんな状態を言うの?

両片思いになる原因&特徴・両思いになる方法

お互いに好意を持っているのに、なかなか進展しない両片思い。この恋愛をどうにかしたい!と思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、両片思いの特徴や両片思い診断、そして両片思いの友人や職場でのあるある話をまとめてご紹介します。

勇気を持って一歩前進すれば、恋人関係になれるはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。


両片思いとは?「両片思い」の意味を分かりやすく解説!

両片思いとは、お互いが「片思いだな」と思っているだけで、本当は両想いである状態です。どちらかが勇気を出して告白をすれば恋人関係になれるのですが、なかなか進展しないで片思いのような状態が続いています。

また、両片思いとは「もしかしたら両思いかも」という雰囲気はありますが、確信が得られないままとなっているところも特徴です。


両片思いになってしまう6つの心理や原因

ここからは、両片思いになってしまう6つの心理をご紹介します。お互い好意を持っており、LINEなどで頻繫に連絡を取っているのに前進しない両片思い

どのような原因があるのか、確認してみてくださいね。


心理や原因1. お互いが恋愛経験が少なく、進め方が分からない

男性女性ともに恋愛経験が少ない場合、どのように次のステップに進んだらいいのか戸惑ってしまうことがあります。

「告白をしたところでどうしたらいいんだろう」「なんて言えばいいのか分からない」と思っているうちに、両片思いの状態が続いてしまうことが。

お互いに気持ちがあるのにも関わらず、片思いのようなやりきれなさを抱えてしまうことが原因です。

【参考記事】はこちら▽


心理や原因2. シャイで恋愛に積極的になれない

恋愛に奥手の場合、自分から行動を起こすことは至難の業。男性か女性のどちらかが引っ張ってくれればいいのですが、どちらも奥手だと先に進むことができません。

お互いが「好意を持っている」という雰囲気を出してはいるものの、確信に迫ることができないことが原因。その結果、平行線上の関係をダラダラと続けてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


心理や原因3. 恋愛を進めるきっかけを伺っている

お互いが好意を持っていることは何となく掴んでおり、恋愛に発展させるきっかけを待っている可能性もあります。このタイプはロマンチックな人が多く、二人の間にロマンチックな出来事が起こらないものか待ちわびている可能性が。

また、クリスマスや誕生日などの記念日に合わせて、恋愛を進展させたいと考えていることもあります。このような原因から、今すぐには両片思いが解消されないことが多いです。


心理や原因4. 忙しくて2人になる時間が取れない

お互いがそれぞれ仕事などで忙しく、二人きりになる時間が確保できないことも原因の一つです。恋人なら無理にでも時間を作るようにお互いが歩み寄れますが、両片思いの状態ではそうはいきません。

お互いがそれぞれの気持ちを探っている段階なので無理に誘うことができずに、LINEだけ続いているということも。次のステップへと前進しない状態が続いています。


心理や原因5. 今の関係を壊したくない

恋人となり付き合うことになると、片思いの時とは違う義務感や責任感を覚える人もいるでしょう。お互いの距離感もぐっと近くなり、お互いを優先した予定や行動を取らなければならないことも。

そのため、両片思いの状態のほうが居心地が良いと感じている場合も。このままの関係を崩したくないから前進しない、というケースも考えられます。


心理や原因6. 既婚者であったり、既に恋人がいる

相手のことが好きではあるけれど、現段階では恋人がいたり既婚者であったりする場合もあります。お互いに好きという気持ちはありますが、次のステップに進むには様々な障害を乗り越えなければなりません。

それが分かっているので、両片思いの状態のままお互いを思っているほうが、トラブルも起こらずに幸せだと考えています。


あるあるな15個の特徴から両片思いを診断!

ここからは、両片思いの特徴から両片思いであるかどうかを診断してみましょう。両片思いの二人には雰囲気が似ているなどの特徴があります。

「今、両片思いかも!」と思っている人は、ぜひ診断結果を参考してみてくださいね。


両片思いが友人関係の場合のあるあるな特徴

ここからは、両片思いの状態の友情関係となっている場合のあるあるな特徴をご紹介します。

異性の友人と同じような特徴のある状態になっている場合、両片思いの状態かもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。


あるある1. 明らかにカップルの雰囲気で話をする

両片思いの二人は、客観的に見ればカップルに見えるような雰囲気になっていることが多々あります。お互いの呼び名が愛称になっていたり、距離感が近かったりすることも。

また、二人でいると他の人を寄せ付けないような幸せオーラが出ていることもあります。カップルだと思われても仕方ない雰囲気となっているところが、両片思いならではのあるあるです。


あるある2. 何かと2人で行動している事が多い

ふと気がつくと、二人で過ごしている時間が多いというのも両片思いの特徴です。傍にいて居心地がよく、お互いのことを理解しているので、ちょっとした用事やご飯にも手軽に誘ってしまいます。

また、一緒にいる時間が長いので親近感を覚えており、一緒にいることが当たり前のように感じてしまう瞬間も。特別な友人のような関係になっているところもあるあるですよね。


あるある3. 趣味や価値観がぴったりと合う

両片思いの二人は、一緒にいて楽しいと感じていることがほとんど。その理由として、共通の趣味があることが多いです。興味のある話題で盛り上がれるので、話が尽きることがありません。

また、価値観が合い同じような物の見方ができるところも大きな特徴。意見の食い違いが少ないので、ストレスが少ないところもあるあるです。


あるある4. 理由なくLINEの連絡が続く

両片思いの場合、離れている時でもお互いのことを傍に感じていたいもの。そのため、特に用事がなくてもLINEやメールで連絡を取り合います。スタンプだけでもやり取りを続けることができ、返信が返ってくることに喜びを感じられるところも特徴。

LINEなどで連絡を取り合うあまり、付き合ってはいないのにお互いの生活スタイルを熟知しているケースも多いです。


あるある5. 何かあれば真っ先に好きな人へ報告をする

自分の身の周りで起こったことは、好きな人に報告したくなりますよね。例えば、試験に合格したり新しい洋服を買ったりした時には、両片思いの相手に真っ先に知らせます。直接言えない時は、LINEやメールで連絡することも。

自分の気持ちや行動を好きな人と共有することで、二人の仲はぐんと深まるはず。どんな時でも、お互いの出来事を真っ先に知っているところも両片思いあるあるです。


あるある6. 「いつになったら2人は付き合うの?」と周りから言われる

客観的に見ても相性がよく、ベストカップルのような雰囲気のある両片思いの二人。

周囲からも「いつ付き合うの?」「カップルになったほうが良いよ」とせかされることが多いです。そう言われて、二人とも嫌な気分にはならないはず。

そうは言われても、なかなか恋人関係に持っていくことができずに、両片思いを継続しているところもあるあるですよ。


あるある7. 友達になってから時間が経っている

お互いのことを知り尽くしており、阿吽の呼吸となっている両片思いの二人。友人としての関係が長い場合が多く、だからこそ「好きだよ」「愛してる」などの告白ができずにいます。

今更この関係をどうしたらいいのか分からずに、両片思いを続けている場合も。友達として相性がよく長い間一緒に過ごしてきているところも、両片思いのあるあるです。


あるある8. 一緒にいても良い意味で気を使わない

友人としての付き合いが長い両片思いの二人は、一緒にして居心地が良いことが多いです。気を遣うことがないので、素の自分で接することができます

そのため、疲れている時や落ち込んでいる時でもその姿をさらけ出すことができ、気兼ねなく会うことが可能です。

どのような状態でも二人でいられるところも、両片思いの二人のあるあるですよね。


あるある9. 相談事があれば親身になって話を聞いてくれる

両片思いの二人は、お互いに好意を持っているためお互いのことを大切にしたいと思っています。悩みや相談事があれば納得いくまで聞いて、不安やストレスが和らぐように努めます。

また、親身になって話を聞いてくれるので、お互いのことを信頼し合っているところも特徴。困った時に頼りになる存在だと思っているところも、両片思いのあるあるです。


あるある10. 社交的な性格なのに恋愛になると奥手

両片思いの二人は、社交的で明るい場合が多いです。しかし、恋愛となると奥手で次のステップにはなかなか進めません

「この関係が崩れたらどうしよう」「今までの二人に戻れなくなるのかな」などと、考えてしまいます。とは言え、このままの状態からは脱したいという気持ちも。

その結果、いつまでも両片思いのままになっていることも多いです。


両片思いが職場関係の場合のあるあるな特徴

ここからは、職場で両片思いになっている二人のあるあるな行動や特徴をご紹介します。忙しい二人は、少しでも傍にいたいと感じているもの。

似たような行動を取っていないかどうか、チェックしてみてくださいね。


あるある1. ふと目が合うことが多い

職場関係で両片思いの二人は、二人で過ごせる時間が限られています。そのため、職場で見つけるとついつい目で追ってしまうことが。お互いが同じ気持ちで視線を送っているため、目が合ってしまうことも多いです。

ふとした瞬間に片思いの相手から視線を感じて、ドキッとしてしまうことも。職場ならではの両片思いあるあるですよね。

【参考記事】はこちら▽


あるある2. 帰りの時間を合わせている

少しでも一緒に過ごしたいという気持ちから、一緒に帰路につけるよう心がけているのも、職場での両片思いあるあるです。どちらか片方が早く終わっても、相手の仕事が終わるのを待つこともしばしば。

今日の仕事の話をしながら、一緒に過ごすのは至福のひと時。ストレスや疲れも吹き飛び、お互いの存在に癒されるところが特徴です。


あるある3. ランチタイムは一緒にご飯を食べている

お昼の休憩を一緒に過ごせる職場の場合は、一緒にご飯を食べるようにしている場合も多いです。1日のうちで一緒に過ごせる時間を確保できることは、とても幸せなこと。

少しでも近くにいたいという気持ちの表れです。二人きりになれることは少ないかもしれませんが、両片思いの二人を含んだグループでランチを過ごしているところも、あるあるですよね。


あるある4. さりげなく相手の仕事を手伝う

職場で両片思いの二人は、仕事中も互いのことを気にしていることが多いです。どちらか片方が多くの仕事を抱えている場合は、さり気なく手伝うことも。

お互い好意を持っているので、「少しでも力になりたい」「困らせたくない」という気持ちがあります。

また、二人で力を合わせて仕事ができることにも、嬉しさを感じているという一面があるところも特徴です。


あるある5. 仕事に関係のない話が多い

興味のある相手のことを、知りたいと思うのは当然のこと。特に、職場で出会った両片思いの二人は、職場以外での相手のことを知っておきたいと考えます。そのため、仕事に関係のない話が多くなってしまうことも。

仕事以外のことでも自己開示ができるところは。お互いが心を許してる証ですよね。LINEなどでも仕事以外の話で盛り上がることが多いです。


両片思いの関係を前に進めて両思いになる方法

最後に、両片思いの二人が一歩前進をして恋愛関係になる方法をご紹介します。今の関係を脱却したい!という人は要チェックですよ。

男性女性問わず簡単に実践できる方法ばかりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


方法1. 恋人が欲しいということを公言する

両片思いから抜け出すには、相手に「恋人が欲しい」ということを分かってもらうことが大切です。恋人が要らないと思われていたら「今の関係のままでも大丈夫だな」と思い、両片思いを継続しようと思われているかもしれません。

また、「恋人が欲しい」と公言することで、他の人に取られてしまうかもしれないという危機感を与えることもできます。


方法2. 休日は暇をしていることをアピールする

両片思いの相手と二人きりになったことがない場合には、デートに誘える状態であることを伝えることも方法です。「今週末は空いているよ」「休日は暇な時が多いかも」などと、一人で過ごしていることをアピールしましょう。

二人きりでデートに行けるきっかけを作れたら、関係が前進するかもしれません。まずは、両片思いを脱却するチャンスを作りましょう。


方法3. 恋バナをして恋愛観を探る

両片思いではあっても、お互いに両思いであるという確信がありません。そこで、恋バナをして互いの恋愛観を探ってみるのも一つの方法です。「好きなタイプは?」「付き合ったら何をしたい?」など、話してみるといいでしょう。

既婚者や恋人がいる場合は、このままでいいと思っている可能性もあります。

これから先どのような関係になりたいのか知るためにも、あえて恋バナを振ってみることがおすすめ。


「好きな異性のタイプ」を聞かれたら相手の特徴を伝えて好意を察してもらう

恋バナをしている時に、相手から「好きなタイプは?」と聞かれたら、分かりやすい相手の特徴を伝えてみましょう

「いつも傍にしてくれる人」「仕事を遅くまで手伝ってくれた人」など、相手が「自分かも!」と勘づくことのできる特徴を挙げることがポイント。

相思相愛であることがわかれば、また一歩前進するかもしれません。


方法4. 友人に相談して背中を押してもらう

長い間友人関係のままで恋人関係に進展しない場合は、共通の友人に手伝ってもらうのも一つの方法です。特に、お互いが奥手の場合はタイミングが掴めず、いつまで経っても現状維持のままとなってしまうことも。

友人に背中を押してもらい「両想いの可能性がある」と分かれば、安心して行動に出ることができるかもしれません。


方法5. あえて他の異性の話をして嫉妬させる

両片思いが続けられたのは「誰にも取られない」という安心感があったから。そのため、他の異性の存在を覗かせることで、焦りや不安を覚えて行動に出てくれるかもしれません。

「昨日、○○君に手伝ってもらったよ」「○○って優しいよね」などと、あえて話題に出してみるのも一つの方法です。独占欲を抱いて、「この関係をどうにかしないと」と感じてくれるはず。


方法6. 異性としてのギャップを見せる

傍にいる機会が増えると、異性としての魅力を感じにくくなります。そこで、異性としての魅力を覗かせるのも一つの方法です。

普段とは異なるファッションをしてみたり香水をつけてみたりと「いつもとは違う」「魅力を感じる」と思ってもらえるようにしましょう。

異性としての魅力を感じることで、「今すぐ手に入れたい」という気持ちも高まるはずです。

【参考記事】はこちら▽


方法7. 気軽にデートに誘ってみる

どうしたらいいのか分からないと悩むことが苦手な人は、思い切ってデートに誘いましょう。両片思いだからこそ、相手に用事がない限り断られる可能性は低いはず。

二人きりで過ごす時間ができることで、恋バナやこれから先のことを話す時間が作れます。「ご飯行かない?」「気になっている場所があるんだけど」など、手軽に誘ってみるといいですよ。


両片思いの状態を脱却して、素敵な恋愛を始めましょう。

今回は、両片思いの原因や両片思いの診断、そして友人や職場での両片思いあるあるをまとめてご紹介しました。両片思いの二人は、ちょっとしたきっかけで恋人関係になれるチャンスを持ち合わせています。このまま諦めてしまうのは、もったいないですよね。

ぜひ、両片思いを脱却する方法を実践して、両思いである幸せを感じてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事