【30代の恋愛マニュアル】年齢を重ねると恋が難しくなる7つの理由

20代の頃と比べて恋愛が難しいと感じている30代の方へ。今回は、30代の男性と女性が恋愛を難しいと感じる心理を徹底解説していきます。また、異性が魅力的と感じる30代の特徴や異性からモテるコツまで詳しくお教えします。いくつになっても素敵な恋愛ができるように、参考にしてみてくださいね。

30代になっても恋をし続けたいですよね。

年齢を重ねると恋が難しくなる7つの理由

30代になって恋愛が難しいと感じている人も少なくないのではないでしょうか。

これまでの経験から恋愛に慎重になる人や、結婚や人生など大きな視点で考えるあまり恋愛に踏み出せない人もいるかもしれませんね。

今回は、恋愛に悩む30代の男性女性に向けて、年齢を重ねると恋が難しくなる7つの理由を徹底解説。

さらに、20代にはない30代の恋愛における7つの魅力や、30代でもモテる人になるための10個のコツについてもお伝えします。


30代の恋愛の悩み!30代になると恋愛が難しくなる理由を恋愛心理から解説

「30代になってから何だか恋愛が上手くいかない」と、モヤモヤした気持ちを抱えて過ごしている人は多いのではないでしょうか。

ここでは、30代になると恋愛が難しくなる理由を恋愛心理から紐解いていきましょう。


恋愛心理1. 「結婚が前提」という壁が大きすぎて慎重にならざる得ない

ただ恋愛を楽しんでいた20代とは違い、30代では結婚や人生など大きな視点から恋愛を考えるようになります。

特に女性は結婚だけでなく出産を意識するようになるため、相手の男性を経済力などの条件から選ぼうとする傾向が強くなることも。

30代の恋愛では、「好き」という恋愛感情よりも、結婚後の生活や損得勘定を考えて相手を見定めようとします。

そのため、好意を抱いた相手であっても、気持ちのままにアプローチするのではなく、理性的に相手を判断しながら慎重に距離を縮めていきます。


恋愛心理2. 今までの恋愛で裏切られた経験があり、トラウマを抱えている

恋人の浮気や裏切りなどの辛い出来事を経験した人は、立ち直るのに多くの時間を要します。

その出来事がトラウマとなり、「二度と同じ気持ちを味わいたくない」と、恋愛に躊躇する30代女性は多いようです。

そのため、自分のことが好きだという相手が現れたとしても、「どうせいつか心変わりしてしまう」「結局は裏切るのではないか」と疑ってしまいます。

過去の経験からネガティブな心理状態に陥り、恋愛を怖いと思ってしまうのです。


人を本気で好きになることが怖いと思ってしまう

心から人を愛すれば愛するほど、裏切られた時のショックは大きくなるもの。

疑うことなく純粋に想っていたからこそ深く傷つき、恋愛に対する恐怖心が芽生えてしまいます。

そのため、人を本気で好きになることを無意識に避けるようになります。


恋愛心理3. 恋愛にもメリットデメリットを求めてしまい、頭でっかちになりやすい

恋愛だけでなく、仕事や人生においても経験豊富な30代。様々な経験をしている分、何か行動を起こすときに損得勘定で動きがちです。

せっかく素敵な出会いがあったとしても、相手の肩書や、自分が求める条件を満たしているかどうかに気を取られてしまうこともしばしば。

30代では「恋愛で失敗して無駄な時間を過ごしたくない」という気持ちが強くなるため、感覚よりも理性で考えてしまうのです。


男性であれば、「この女に奢っても・・・」みたいな損得勘定が働く

デートの際、気に入っている女性や、好みのタイプの女性には全額奢り、付き合うつもりのない女性には割り勘、という男性もいます。

付き合うつもりのない女性に奢るのは無駄だと、損得勘定で考えているためです。

デート代を奢るのは、「いいところを見せてアピールしたい」という心理の表れだと言えるでしょう。


恋愛心理4. 恋愛経験から相手の行動や心理が読めてしまい、消極的になりやすい

10代、20代で色々な恋愛経験を積んできた30代は、恋愛の知識がある程度頭に入っています。

LINEやメールから相手の反応を読み取るのに慣れているため、脈あり脈なしの雰囲気を察知するのが得意

相手が自分にあまり興味を持っていないことを感じ取ると、気になっている相手だったとしても、サッと身を引いてしまいます。

30代になると恋愛で失敗して時間を無駄にしたくないと考えるようになるため、頑張ってアプローチすることが少なくなります。


恋愛心理5. 年齢を感じる外見に自覚があり、恋愛に対しての自信を失っていく

人生全般から考えれば30代はまだまだ若いと言えますが、20代の頃と比べると肌や体に老化を感じる人も多いのではないでしょうか。

ふと鏡を見たときに、顔のシワやほうれい線などに気付きショックを受けた経験がある人もいるかもしれませんね。

肌の衰えやボディラインの崩れを自覚すると、「こんな姿の自分を好きになってくれる人はいるのだろうか」とネガティブな気持ちになり、恋愛に対して臆病になってしまいます。


恋愛心理6. 恋をしている自分を客観的に見るのが恥ずかしい

好きな人のこと想ってドキドキしたり、好きな人と話せただけで幸せな気持ちになるのは、いくつになっても変わらないものです。

しかし、30代になると「いい大人なんだから」という気持ちが芽生え、恋愛にのめり込む自分をみっともないと思うようになる人もいます。

そのため、気になる人が現れたとしても、つい気持ちにブレーキをかけて気のない素振りをしたり、必要のない駆け引きをしたりすることがあります。


恋に盲目になっている20代を馬鹿にしつつも、羨ましく思う

30代になると、恋愛に結婚や人生を重ね合わせるため、「後先考えず恋に夢中になるなんて合理的でない」と考えるようになります。

そのため、恋愛に慎重になったり、相手を理想や条件で選んだりすることが増えていきます。裏を返せば、恋する気持ちの赴くまま恋愛に没頭できなくなってしまったということ。

30代の心の中には、恋に夢中になる20代に憧れや嫉妬の気持ちがあるのです。


恋愛心理7. 駆け引きをすることが当たり前になってしまい、ストレートに感情を出すのが恥ずかしい

人は様々な経験を経て歳を重ねていくと、素直になることが難しくなっていきます。

プライドや自尊心を傷つけられたくないという気持ちが強くなり、相手を試すような駆け引きをすることも。

また、素直な言葉を口にするのが恥ずかしくて、意地を張ってしまうこともしばしばあります。30代になると、「好き」だと一言伝えることが、とても難しく感じられるものです。


30代という年齢を武器に!20代にはない30代の恋愛における7つの魅力

30代には30代ならではの素敵な魅力があることをご存知でしょうか。

「もう30代だし」と、30代をネガティブに捉えるのはもったいないですよ。

ここでは、20代にはない30代の恋愛における7つの魅力について解説していきます。


魅力1. 経済力や経験に裏打ちされた落ち着きから、包容力を感じる

30代ならではの包み込むような優しさは大きな魅力です。恋愛や仕事など様々な面で多くの経験をしてきたからこそ、気持ちに余裕が生まれ、いつも穏やかでいられるのでしょう。

ちょっとしたことで怒らない、相手を思いやる気持ちを忘れない、というような大人の態度は、男性からも女性からも魅力的に映るもの。周囲の人に安心感を与える存在は、とても好感度が高いです。

【参考記事】はこちら▽


魅力2. 知識や経験の豊富さからくる、ボキャブラリーの多さで相手を楽しませることができる

楽しいことだけでなく辛いことなど、色々な経験を重ねてきた30代。自分の経験や体験を生かして、話を盛り上げることが得意です。

また、具体的な体験談や持っている知識を元に、時には悩んでいる人にアドバイスをすることも。

思わず笑ってしまうような失敗談などの楽しい話はもちろん、仕事や人生について深い話ができるのも、経験豊富な30代だからこその魅力です。

【参考記事】はこちら▽


魅力3. 相手の心理を読み、細やかな気配りができる

困っている時や落ち込んでいる時、それに気付いて声をかけてもらえるだけで、何だか少し気が楽になった経験はないでしょうか。

過去に色々な経験を重ねてきた30代は、周囲の人の状況や気持ちに敏感。そっと気持ちに寄り添ったり、さりげなく配慮したりするなど、相手の負担にならない距離感で控えめに気にかけます。

周囲を気遣うことに長けているため、職場では頼れる先輩として後輩に慕われることが多いのも30代の魅力の一つです。

【参考記事】はこちら▽


魅力4. 身なりやファッションがシンプルで洗練されている

30代になると、自分に似合うファッションが分かってくるものです。

肌感に合った服の色や、体をスマートに見せる服の系統を知ることにより、シンプルで無駄のないスタイルになります。

最新のトレンドを重視するのではなく、ベーシックな服を綺麗に着こなすファッションスタイルは、同性からも異性からもポイントが高いと言えるでしょう。


魅力5. 相手を束縛しない、自立した考え方を持っている

周囲と楽しく過ごす時間だけでなく、自分のための時間も大切にできる人は魅力的。

自分がやるべきことや好きなことに時間を取る必要性が分かっているので、恋愛でも相手の時間を奪おうとしたり、束縛したりするようなことがありません。

様々な経験を経てきた30代は、より良い関係を長く続けていくために、お互いを尊重し自立した関係を築いていくことが大切であると、「自立心」の必要性を理解しています。


魅力6. 過去に恋愛経験からデートプランを組むのも上手い

デートで相手との距離を縮めるためには、一緒に過ごす時間を楽しいと思ってもらうことが何より大切。そのためには、相手に喜んでもらえるデートプランを立てる必要があります。

これまで色々な恋愛やデートの経験を重ねてきた30代なら、デートプランを豊富に提案することができます。

相手の好みや性格に合わせて行き先を提案できるので、デートが成功しやすくなります。


魅力7. 本質的な視点を持っており、的確なアドバイスをすることができる

様々な経験をしてきた人は、人間性に深みが増します。経験した出来事を通して学び、広い視野で物事を考えられるようになるからです。

恋愛や仕事で悩んでいる人がいる時、「以前こんなことがあったんだけど」と具体的な例を出してアドバイスできるのは、経験豊富な30代だからこそできること。

ただアドバイスするだけでなく、悩んでいる人の気持ちに寄り添える優しさも持ち合わせています。


20代に比べ多くの人と接しているため、パートナーを見極める目に長けている

社会で人間関係に揉まれたり、上手くいかない恋愛に悩んだりした経験を持つ30代は、人を見る目が養われています。

「一見愛想が悪いけど根は優しい」「付き合ったら束縛しそうなタイプ」などと、出会った人の本質を推測するのが得意です。

恋愛に慎重になりすぎることがあるものの、失敗のない相手を選べるという大きなメリットがあります。

【参考記事】はこちら▽


30代でもモテる人になるために恋愛の10個のコツ

「20代と比べると30代はモテない」と決めつけてしまうのは、大きな間違いです。

ここでは、30代でもモテる人になるため知っておきたい恋愛のコツを10個レクチャーしていきます。

「30代になって恋愛が上手くいかない」「出会いを生かせない」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


モテるコツ1. 無駄な駆け引きをせず、素直な感情を言葉にすることを心掛ける

恋の駆け引きは時に恋愛を加速させますが、相手に誤解され、引かれてしまうことも多くあります。

実際は好印象を持たれていたのに、駆け引きをしたことが原因でフェードアウトされるなんて悲しいですよね。

30代になると、過去の恋愛経験からプライドや自尊心を傷つけられたくない気持ちが高まり、つい相手を試すような駆け引きをしがち。意地を張ったり、かっこつけたりせず、素直な気持ちで相手と向き合いましょう。

【参考記事】はこちら▽


モテるコツ2. 「結婚を前提」という固定概念にとらわれず、積極的に行動する

30代では、結婚を意識して付き合う相手を選ぶことは大切です。しかし、結婚を意識するあまり、理想や条件にこだわりすぎると、良い出会いを見過ごしてしまう恐れがあります。

「社交的な人だから結婚したらお金がかかりそう」「仕事熱心すぎて結婚向きじゃないかも」などと、出会った相手を初めから条件で判断してしまうと、いつまでたっても結婚はおろか恋愛も難しいでしょう。

もし出会いが訪れたら、「結婚相手」として相手を見るのではなく、まずは一人の人間として相手を知ろうとすることが大切です。


モテるコツ3. 恋愛する上で結婚することが目的ではないことに気付く

30代になると、周囲の友人たちは結婚して家庭を持ち、両親からは結婚のプレッシャーをかけられることもあるでしょう。

しかし、「もう30代なんだから、早く結婚しなければいけない」と、結婚を焦る気持ちが強くなると、新しい出会いや恋愛が義務のように感じられ、全く楽しめなくなってしまいます。

そもそも、恋愛の目的は結婚ではなく、幸せになることです。そして、結婚は恋愛の延長線上にある通過点に過ぎません。

自分が幸せになること」を大切にできると、自然と素敵な恋愛ができるはずです。


モテるコツ4. 自分の年齢や、相手との年齢差を気にしない

誰かを好きになった時、30代という年齢を理由に諦めた経験はないでしょうか。

「30代の自分なんて相手にしてもらえるわけがない」「年齢差がありすぎて上手くいくわけがない」などと決めつけてしまうのは、せっかくの恋愛のチャンスを棒に振るようなもの。

世の中には、20代と30代のカップル、30代と50代のカップルなど、年齢差にかかわらず幸せな恋愛をしている人が多くいます。

恋愛をする上で大切なのは、年齢ではなくお互いの気持ちだと言うことをしっかりと理解しましょう。


モテるコツ5. いつまでも若々しくいるために、トレンド情報をキャッチしたり、外見を磨く努力をする

色々なことに好奇心が持てる人は、いくつになっても魅力的。気持ちの若さは、自然と外見にも表れてくるものです。

トレンドのファッションや人気のカフェなど、新しい情報に敏感でいると、年下から年上まで幅広い人と会話が弾み、恋のチャンスも広がります

また、30代でモテるためには体型維持も気にかけるべきポイント。引き締まった体や美しいボディラインは、異性からの注目を集めることでしょう。


モテるコツ6. 結婚している友人などと比較して焦ることをやめる

「早く結婚しないと」と焦る気持ちは、良い結果を生みません。結婚を強く意識するあまり、理想や条件で付き合う相手を選ぶと、「やっぱり性格が合わない」と結局上手くいかない可能性が高いです。

また、結婚を焦る必死さが相手に伝わり、引かれてしまうこともあるでしょう。同じ30代の友人たちが結婚していると、どうしても気持ちが焦ってしまうものですが、人生のペースは人それぞれ違うもの

「人は人、自分は自分」と思えるようになると、肩の力が抜けて素敵な恋愛を引き寄せられるはずです。


モテるコツ7. 恋愛を前向きな姿勢で取り組み、誰よりも楽しむという気持ちを持つ

ポジティブで笑顔の絶えない人は、周囲の人を明るい気持ちにさせます。

30代という年齢を理由に、恋愛に消極的になる人より、30代の自分に自信を持ち、恋愛に明るい気持ちで積極的に取り組む人の方が、ずっと素敵ですよね。

恋愛だけでなく、常に何かを楽しむ姿勢を忘れない人は、どれだけ歳を重ねてもキラキラ輝いて魅力的な存在です。

【参考記事】はこちら▽


モテるコツ8. 自分と時間を過ごしてくれている相手に対しての感謝の気持ちを忘れない

「時間」は限られているもので、「今」は二度と取り戻すことができません。つまり、誰かが自分と一緒に過ごしてくれることは、相手の貴重な時間を貰っているということになります。

うわべだけでない心からの感謝の気持ちは、自然と言動ににじみ出るものです。

例えば、短い時間のデートであっても、「今日は一緒に過ごしてくれてありがとう」と、お礼の連絡をすると相手からの印象がアップ。些細なことでも感謝の言葉を口にするのがモテるコツです。


モテるコツ9. 好きな人が年下の場合はあえて甘えることで、ギャップを作る

恋愛を進展させるためには、「ギャップ」を上手に使うことがポイントです。30代といえば、普段からしっかりしていて、振る舞いも大人っぽく落ち着いているもの。

もし、好きな人の前で、甘えた様子や子どもっぽい可愛さを見せれば、相手はそのギャップに思わずドキッとすることでしょう。

普段の大人っぽさから想像できない姿を見た相手は、「自分にだけ気を許してくれてくれたのかな」「意外と可愛い一面があるんだ」などと特別感を意識するはずです。

【参考記事】はこちら▽


モテるコツ10. 相手の多用な価値観を否定するのではなく、そのまま受け入れてみる

30代になると、自分自身の思考や価値観などがしっかりと定まってきます。

そのため、自分と考えが合わないと感じる相手に対して、どうしても否定的な態度を取ってしまいがちです。

ただ、価値観が異なる相手を切り捨てるのではなく、「そういう考えもあるんだ」と肯定的に受け止めると、人間関係の輪が広がります。多様な価値観を認められる人は、男性女性を問わず愛される存在となるでしょう。


30代の魅力を活かして、恋愛を楽しみましょう!

恋愛に悩む30代の方々に向けて、年齢を重ねると恋が難しくなる7つの理由、さらに、30代の恋愛における魅力や、30代でもモテる人になるためのコツを解説しました。

20代に若さという魅力があるように、30代には、積み重ねてきた経験や知識、包容力や優しさなど、30代だからこその魅力があるものです。

30代の今の自分に自信を持って恋愛を楽しめば、きっと素敵な未来が訪れるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事