好きな人に嫌われた時の対処法│男が嫌いな女性の行動やLINEの特徴とは

好きな男性に嫌われたかもしれない女性へ。今記事では嫌われたかもと思うタイミングや、嫌われやすい女性の特徴、嫌われた時の対処法など詳細にレクチャーしていきます。男性の好き避けや、ただ不機嫌や体調不良のパターンもあるため、必見です!

好きな人に嫌われたかも…と感じる瞬間ありますよね

好きな人に嫌われた

「あれ、いつもと態度が違う?」など、好きな人に嫌われたかも…と思ったことは、男性女性問わず一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

はっきりと理由を説明できないけれど、何だかモヤモヤして不安になってしまいますよね。そこで今回はなぜ好きな人に嫌われたと感じてしまったのか、原因と対処方法についてご紹介していきます。

【参考記事】男性が女性に嫌われた場合こちらをチェック▽


女性が「好きな人に嫌われたかも?」と感じるタイミング

まずは嫌われたかも?と思う瞬間についてレクチャーしていきます。ふとした男性の行動や仕草、LINEやSNSでの返信など細かい所までみていきましょう。


「行動」や「仕草」で感じる嫌われたかもしれない4つのこと

ではまずは男性の行動や仕草から、見ていきましょう。


1. 話を振っても無視される

デート中、話を振ったのに無視されてしまった…。こうした瞬間は、多くの人が「好きな人に嫌われたのでは」と不安になるタイミングでしょう。

単に上の空で話を聞いていなかったのと、あからさまに無視をされる態度とでは受ける印象が大きく異なりますよね。無視をされた原因がわからず、モヤモヤしてしまうことも。

デート中ならまだ、大丈夫かもしれませんが、普段の会話で無視されてしまうと不安は増幅します。


2. 話題をすぐに切り上げようとする

話を切り上げようとする行動も、「好きな人に嫌われたかも」と思うタイミングのひとつ。おざなりな態度からは愛情を感じられません。冷たさすら感じてしまいますよね。

「機嫌が悪かっただけ?それとも嫌われた?」という不安感で心がいっぱいになってしまいます。話を聞いてもらえないことに苛立つ人もいるのではないでしょうか。


3. 否定的な言葉が多い

何を言っても否定される返答ばかり。こうした調子の会話は、男性・女性ともに「嫌われた?」と感じてしまう瞬間ではないでしょうか。

好きな人からの否定語は受け取るだけでも辛いものですよね。言葉自体は強くなくても、態度や仕草から否定されていることを感じたことがある方もいるでしょう。モヤモヤと悲しさでいっぱいになってしまう接し方ですね。


4. 目を合わせてくれない

これまでは普通だったのに、目を合わせてくれなくなった。こうした態度の変化に気づいた瞬間も、「好きな人に嫌われたのかも」と思ってしまうものでしょう。

目を合わさないといった無言のアピール。面と向かって不平不満をぶつけられるより、かえって堪えてしまいますよね。何か原因があるなら言って欲しいと思う方もいるでしょう。


好き避けしている可能性も

好きな人に嫌われたわけではないケースも存在しています。それは、相手が「好き避け」をしている場合です。

好き避けとは、相手のことが好きなあまり、態度や仕草がぎこちなくなり、結果として避ける行動を取ってしまうこと。男性女性を問わず、恋愛慣れしていない人に多く見られる態度・行動です。

態度はぎこちないけれど関わろうとはしてくれているなど、相手の様子をよく見てみてくださいね。

【参考記事】好き避けする男の心理状態とは?▽


「SNS」や「LINE」で感じる嫌われたかもしれない4つのこと

FacebookやTwitter、インスタグラムといったSNSツールはもちろん、メッセンジャーアプリ「LINE」での対応でも嫌われたかも…と思う瞬間はありますよね。4つの項目をチェックしてみて。


1. 遊びや食事に誘っても「忙しい」が理由で断られる

SNSやLINEでのやり取りでも、「好きな人に嫌われた?」と思う瞬間があります。そのひとつが、度重なる誘いへの拒否です。

遊びや食事などデートのお誘いをしても、毎回「忙しいから無理」と断られてばかり……。

「好きだったら代案を出すとか、断り方を工夫してくれないものかなあ?」と思う人もいるでしょう。SNSやLINEといった文字上のやり取りだからこそ、より嫌われたと感じてしまう瞬間です。


2. 返事が「了解」「うん」などそっけない

返事はくるものの、その内容がすべて「うん」「わかった」「了解」と一言だけ。スタンプや絵文字もなく、そっけない印象を与える返事です。

普段からこのようなやり取りをしている相手であれば、嫌われたかもしれないと不安にならないでしょう。あるときを境に態度が変わるため、「あれ?」と思ってしまうのですよね。


3. LINEが既読スルーまたは、未読スルーされる

LINEを送っても既読スルー、さらには未読スルーされてしまうのは、原因がわからなくても「ああ、嫌われたんだろうな」と思ってしまう態度です。

既読スルーの場合、なかには「いや、だってそのLINEでやり取り完結してたから」と弁明する相手もいるでしょう。特に男性の場合、マメにLINEやSNSでのコミュニケーションを取らないのは珍しいことではありません。

とはいえ、無視されているようでいい気持ちにはならないものですよね。好きな人なら返信はしてきますからね…。

【参考記事】はこちら▽


4. TwitterやInstagramのフォローを外される

SNSのアカウントをフォローし合っているカップルの場合は、そのSNSのフォローを外されることが「嫌われた?」と勘ぐりたくなる瞬間ではないでしょうか。

SNSの使い方は人それぞれ。フォローを外すことに対して頓着しない人であれば、嫌いになったわけではないのかもしれません。

ただ、付き合っていて一度はフォローしたのにも関わらず無言で外されるのは、不安になっても仕方がないですよね。


男性に嫌われる原因は?嫌われる女性の特徴を解説

嫌われたと感じたタイミングについてお伝えしました。ここからは、それは嫌われたしまうという原因にもなる女性の特徴をご紹介します。片思いの好きな人、大好きな彼氏から嫌われやすい原因はこちらになります。


嫌われる女性の「行動」や「態度」

次は、男性が嫌いになりやすい女性の行動・態度の特徴について考えていきましょう。普段、対面で見ている行動が原因になることが多くなります。


1. 人によって態度をコロコロ変える

たとえ彼氏に対しての態度が良かったとしても、彼氏の友人や店員など周囲に人に対して非礼な態度を取っていると、男性は冷めてしまいます。

普段ボロが出ないように気をつけていたとしても、こうした態度はポロッと出てしまうものです。

好きな人だけにいい顔をしていた場合、そこの本性が見抜かれていたかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


2. 女性らしからぬ下品な振る舞いをした

昔と比べ、現代は男性らしさ・女性らしさに縛られる必要がなくなりました。しかし、下品な行動を取る女性を見て引いてしまう男性は、現代でもいるものです。

スカートを履いているにも関わらず、大股を広げて座ったり、がさつな言葉使いをしてみたり。元から「そういう人」とわかっていればよいのでしょうが、あとから知る下品な一面は、気持ちが冷めてしまう原因のひとつでしょう。

【参考記事】はこちら▽


3. 仕事や趣味など、大事にしているものを否定した

好きな人だからこそ、公私ともに理解されたいと思うのは、男性・女性問わず自然なこと。男性が大事にしている仕事や趣味に対して、理解するどころか否定する女性はNGです。

否定どころか、上から目線でバカにする女性もいるでしょう。このような女性の態度は、男性がもっともカチンとくるもの。嫌われる特徴の最たるものといってもよいでしょう。


4. 男性のステータスばかりに目が行ってしまう

男性の出身大学・学部、勤務先。さらには年収といった諸々のステータスに惹かれて男性を好きになる女性も、男性にとっては好ましくない存在です。

ステータスに惹かれているということは、裏を返せばそのステータスがなくなったとき、見放すのではないかという不安に繋がります。自分自身を好いてくれる女性の方が好印象と思うのは当たり前ですよね。


5. ワガママを言い過ぎた

かわいらしいワガママであれば、男性にとって魅力に感じられるでしょう。しかし、コロコロ言うことが変わったり、理不尽な要求を突きつけたりするような過度なワガママは、いつか限界が訪れます

付き合い始めこそ許容してくれる男性もいるでしょう。そこに甘え、ワガママを重ねるのは危険です。「あ、もう無理」と男性の気持ちが変容する瞬間が訪れたとき、一気に嫌われてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


嫌われる女性の「SNS」や「LINE」

続いてはSNSやあらいんを通して「距離を置こうかな…」と思った女性の特徴をレクチャーしていきます。


1. しつこくLINEを送りすぎた

仕事中だろうが深夜だろうが、お構いなしに送られてくるLINE。ふとスマホを見たら通知が何十件もついている……このようなしつこいLINEは、男性が嫌う特徴のひとつです。

このようなしつこいLINEは、内容がないに等しいもの。男性は女性と比べ、意味のないコミュニケーションに苦痛を感じる人が多い傾向にあるため、より苦痛を感じてしまうのですね。

「未読が続いている時点で、忙しいのを察してくれよ」と思う男性は少なくありません。


2. 噂話や愚痴ばかりを話した

共通の友人や職場仲間の噂話ばかりを流す行動は、あまり好ましいとはいえません。送られてくるLINEやSNSで、根も葉もない噂話ばかりをしている女性は、男性からすると信頼できないと感じられてしまいます。

また、延々と愚痴ばかりを話す女性も、男性をうんざりさせてしまいます。愚痴の吐き方や頻度には注意したいものですね。


3. 重すぎたり、馴れ馴れしいLINEを送った

付き合っていない関係性で、あまりにも馴れ馴れしいLINEを送られると、「え、そこまで仲良くないけど」と思ってしまいませんか?それは男性でも同じこと。

まだ敬語で会話する方が適切な関係性なのに、グイグイ距離を詰めた馴れ馴れしいLINEを送られてくると、警戒させてしまうでしょう。

付き合っていないのに彼女みたいにLINEを送ったり、付き合い始めたばかりなのに結婚を意識したような内容の話ばかりをしたりするのも、男性を戸惑わせてしまう女性の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


4. 許可なくSNSで相手の写真を載せてしまった

楽しいデートの様子をSNSに投稿したい!そう思う女性もいるでしょう。しかし、投稿の仕方には注意が必要です。

今は不特定多数の人が見るSNSにも平気で顔出しをする人が増えましたが、使い方は人それぞれ。中には顔を上げたくない人もいます。また、上げるのであれば許可を得てほしいと思っている人もいるでしょう。

こうした個々の事情を考えず、勝手に男性の写真をSNSにアップしてしまう女性は、嫌われてしまう対象です。

【参考記事】はこちら▽


好きな人に嫌われたときの対処法

嫌われたことが濃厚…っとなった時に諦めるのは簡単ですが、まだ対処法があります。しっかりと見つめ直すための7つの方法をお伝えします。


1. 好き避けではないか、確認する

相手の反応に敏感な人であればあるほど、「嫌われた」と思っていたことが杞憂である可能性も高まります。

まずは、好きな人の仕草や行動が、好き避けからきているものではないか確認しましょう。小さな勘違いが大きなすれ違いになってしまわぬよう、コミュニケーションをしっかり取ることは大切。

訊くことは勇気がいりますが、「怒らせた?」と確認してみてくださいね。ただ、確認もしつこく繰り返すと逆効果に。一度はっきり否定されたら、相手を信じることも大切です。

【参考記事】はこちら▽


2. 何が原因なのかを考えてみる

突然相手の態度が豹変したのであれば、何らかの原因があるはずです。対処法を考えるにも、その原因がわからなければ対応が決められません。まずは、「なぜ、好きな人に嫌われたのか」を考えてみましょう。

会話でのやり取り、LINEやSNSでの自分の書き込みやリプライ。意外なところに「これかも」という原因が隠れているかもしれません。


3. 何が原因なのかを本人に思い切って聞いてみる

自分自身で原因を考えるだけでは、悶々とするだけで何も思い至らないこともあるでしょう。ある程度振り返って考えてみても見当もつかない場合は、それ以上時間を費やす前に直接本人に尋ねてみるのもありですよ。

「好きな人に嫌われた」と思っているのは自分の勘違いで、ただ相手が仕事の多忙さや体調不良で不機嫌だっただけということも。尋ねてみる際は、遠慮がちな態度で訊いてみてくださいね。


4. ダメな部分がわかったら、すぐに直す

「しつこすぎるLINEがちょっと鬱陶しくて」「最近、ちょっとワガママが過ぎると思ってる」など、原因が判明したら、その後の対処法が何よりも重要です。

「ごめんね」「もうしないから」と言うのは簡単。口だけで終わらせず、態度で改善を見せましょう

変化が相手に伝われば、好きな人の心境を大きく変えられる可能性が高まります。嫌われる寸前だったとしても、逆転ホームランも可能です!


5. 共通の友人に相談してみる

共通の友人に、対処法について相談してみるのもひとつの方法です。特に、自分よりも好きな人と付き合いが長い友人がいれば、相手の性格を踏まえたアドバイスをもらえるかもしれません。

相談をする際は、くれぐれも悪口や愚痴に捉えられないようにしてくださいね。好きな人に責任転嫁しているように思われてしまうと、逆効果になりかねません。


6. 一度距離をおいてみる

原因がイマイチわからず、どうしたらいいのかわからない。そうした場合は、一度距離をおいてみるのも有効な対処方法です。

好きな人自身、自らの態度の変化に気づいていない可能性もあります。距離をおく時間を設けることで、自然と元通りになることも。

原因がはっきりしていない場合、下手に対処しようとすれば、かえって複雑にしてしまいかねません。自分からLINEを送るのも控えていると、案外向こうから「最近連絡がこないけど、どうしたの?」と連絡がくることもあるものですよ。

【参考記事】はこちら▽


7. きっぱりと諦める

好きな人に嫌われたことが確定しているのであれば、無理にジタバタせず、きっぱりと諦めるのもありでしょう。

もちろん、本当に好きな人に嫌われたのかどうか確認することは必要です。独りよがりな思い込みで関係性を終わりにしてしまうのは危険でしょう。

しかし、一度「あ、ダメなんだな」とわかれば、追いすがるのは諸刃の剣。ますます事態を悪化させてしまいかねないリスクも背負っているのです。

「仕方ない。次!」と思えるのも、強さのひとつの形ですよ。

【参考記事】はこちら▽


気をつけられるところは意識して、次の一歩を踏み出してみて

好きな人に嫌われたと感じる瞬間は、心が深く傷つけられてしまうもの。どうにかしたくて、かえって嫌われる行動を取ってしまう人もいるでしょう。

たとえ自分自身に非がなくても、好きな人に嫌われることは起こりえるもの。「縁」は自分ひとりだけの努力ではどうにもならないものです。

だからこそ気をつけられるところを意識して、今ある縁を大切にしたいものですね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事