頭がいい人の考え方や会話の特徴|本当に頭がいい人になる勉強方法4つ

男性も女性も、頭がいい人って憧れますよね。本当に頭がいい人には、どんな特徴があるのでしょうか。今回は、頭がいい人の考え方・会話・性格・話し方の特徴を大公開!さらに、仕事も恋もうまくいく頭がいい人になるための勉強方法までレクチャーしていきます。頭がいい人になりたい男女は必見です!

頭がいい人になりたいですよね。

頭がいい人の特徴

学校でも職場でも、頭が良くて仕事ができる人っていますよね。男性女性問わず、憧れている人は多いはず。では、本当に頭がいい人はどんな特徴があり、どんな考え方をするのでしょうか。

そこで今回は、頭がいい人の考え方から好きなタイプの異性まで、さまざまな角度から頭のいい人を解明していきます。


本当に頭がいい人の特徴を完全ガイド!

頭のいい人の特徴

頭のいい人とは、いったいどんな人なのでしょう。実際、頭のいい人にはどんな特徴があり、どんな考え方をするのでしょうか。

ここでは、頭のいい人の特徴を考え方と会話、性格と話し方の4つに分けて詳細に解明していきます。


頭がいい人の「考え方」に関する特徴

頭のいい人の考え方を知ることで、一歩でも頭のいい考え方に近づきたいものですが頭のいい人の考え方には、いったいどんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、頭のいい人の考え方の特徴を5つに分けて解説していきます。


考え方の特徴1. まずは全体を捉えて、そこから論理的思考をする

ほとんどの人は、物事を考えるとき言葉尻や常識にとらわれてしまいます。しかし、頭のいい人の考え方は、最初に事象や物事を客観的にみて全体像をまず把握し、どのような原因でどのような経緯をたどったのかを知ろうとします。

一般的な考え方には、主観や個人の感情などが入ってしまうのが常で、そのため、事象の本質を見逃し失敗することが多くなります。その点、論理的思考では、主観を排除しそれらを分析し、方法や法則を導き出すため結果的に成功することになります。

【参考記事】はこちら▽


考え方の特徴2. 情報はそのまま取り入れず、自分で真偽を確かめてから取得する

頭のいい人の考え方は自分で真偽を確かめる

様々な情報があふれている中、多くの人は情報を鵜呑みにしてしまいがちです。しかし、頭のいい人はそれらの情報は鵜呑みにせず、一つ一つ正しいか正しくないかをしっかり吟味して、その後で、自分の知識として消化します。

頭がいい人は世間の一般常識に惑わされることがなく、彼らの考え方はまず、常識を疑うことから始まります。

マニュアル化されているものや定石とされているものをそれらの情報が本当に正しいかを最初に検証し、その中から取捨選択し知識や技能として取り入れているのです。


考え方の特徴3. 時間を大事にしており、タイムマネジメントを重要視している

頭がいい人の考え方の中には常に時間をどう効率よく使えばいいかという時間的コスパの思考が存在します。時間を無駄にせず効率のよい上手な使い方を目指しています。

そのため、タイムマネージメントを重要視し、やるべきことに対する時間配分を的確に把握し進行させます。

やるべき目標を達成するためには時間を有効活用しなければならないわけですが、頭がいい人は時間の使い方が上手です。

【参考記事】はこちら▽


考え方の特徴4. 目先にとらわれず、常に数手先を見越して行動に移すよう日頃から心がけている

頭のいい人の考え方は目先に拘らす数手先を見る

頭のいい人には先見の明と類推能力が備わっていると考えられます。頭のいい人は、何事に関しても、今、すべきことの指標は常に数手先にあると考えます。

そのため、日頃から目の前のことにとらわれることなく、数手先を見越して行動に移すよう常に、心がけるようになります。 頭のいい人の上記のような予測して先回りする、先を見越して行動するという考え方は、リスク管理という面でも役に立ちます。


考え方の特徴5. 何事も計画を立ててから取り組むのを好む傾向にある

頭がいい人は、自分の能力を理解した上で自分にあった的確な計画を立てられるため、何事も計画を立ててから取り組むのを好む傾向にあります。最初に目標やゴールを定め、今やるべきことと道筋を決めていきます。

その際は、目の前の損得だけで行動することはなく長期的な展望を踏まえて行動します。一見、得にならないことでも長期的に見ればみれば有利と判断すればすぐ行動に移します。

【参考記事】はこちら▽


頭がいい人の「会話」に関する特徴

頭のいい人の会話に関する特徴

頭がいい人の考え方の特徴は、まねしたくてもなかなか真似のできない特徴が多そうでしたが、頭のいい人の考え方の5つの特徴は納得のいくものでしたでしょうか。

ここでは、頭のいい人の会話に関する4つの特徴を1つずつ解説していきます。


会話の特徴1. 難しい言葉を使用せず、なるべく分かりやすい言葉で端的に述べてくれる

本当に頭がいい人は、論理的思考ができるため論旨に矛盾がなく明確で簡潔な会話ができます。

頭がいい人との会話の特徴は、会話の相手のレベルに合わせて難しい言葉を使用せず、なるべく分かりやすい言葉で端的に述べてくれることにあります。

頭がいい人との会話では本人が物事の本質を理解することが得意ですので、内容が難解でも、相手が理解できるように要点を絞り説明できます。そのため、頭がいい人の話は分かりやすいのです。


会話の特徴2. 抽象的な話をしても、要約して「つまり◯◯って認識でOKですか?」と聞いてくれる

頭のいい人は抽象的な話を要約する

頭のいい人は会話の相手の話の要点をまとめるのが上手く、最初によく聞いて、その後,抽象的な話になっても要約して「つまりあなたの言いたいことはこれこれですね」と確認します。

頭のいい人は、会話の中で自然に相手の理解と自分の理解が合っているかどうかを確かめています。

頭がいい人は、聞き上手であり相手の話に耳を傾け、相手は一番何が言いたいかを読み取る事が得意です。頭のいい人の会話の特徴は話の要点をおさえ、確認する作業を会話の中で自然にできることです。


会話の特徴3. 自分に自信があるため、周囲の意見に流されたりしない

頭のいい人は自分自身の確固たる考えを持っています。そのため、周りの意見に左右されることがありません。

常日頃から頭のいい人は、自分一人で物事を解決し、行動することに慣れているため、人の意見を気にすることはないのですが、だからと言って耳を傾けないということではありません。

周囲の意見はしっかり参考意見として受け止めますが、自分に自信があるため周囲の意見に流されることがないのです。


会話の特徴4. 知識が豊富で話していて勉強になることが多い

頭がいい人のほとんどは知能が高く、知的好奇心が旺盛なため、知らない事をそのままにすることは、ほぼありません。そのため、どんなジャンルの話題を振られてもついていけるだけの知識と機転を持っています。

頭がいい人との会話は相手の人に、知識が豊富で話していて勉強になることが多いと感じさせます。その博識さで、さまざまに派生する会話を広げられるのは頭のいい人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


頭がいい人の「性格」に関する特徴

頭のいい人の性格の特徴

頭のいい人の会話にもなるほどと、感心させられる特徴がいくつもありました。では、頭のいい人の性格にも何か特徴的なものがあるのでしょうか。

ここでは、頭のいい人の性格に関した3つの特徴について解説していきます。


性格の特徴1. 好奇心が旺盛で、何事に対しても「なぜ?」と疑問を抱く習慣がある

頭がいい人の特徴的な性格の1つは、気になる出来事や小さな疑問をそのままにしておくことができないということがあげられます。

元来、頭がいい人は知的好奇心が旺盛で日常、普通の人たちが何気なく見過ごしてしまうような些細な出来事にでも「なぜ?」と疑問を持つのが習慣づいています。

頭がいい人は疑問を持てば、そのままにしておくことはせず、自分が納得するまで調べて追及していきます。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴2. プライドが高く、頑固な性格の人も多い

頭がいい人の中には、人の意見を気にせずたった一人で我が道をグイグイいくタイプも少なくなく、変わり者とみられることもあります。

また、彼らは自分自身を信じる気持が強いためプライドが高く、頑固な性格の人も多いのです。しかし、それらあまりマイナスには働きません。

なぜなら、プライドの高さが失敗を許さず、少々の無理難題でも持ち前の能力の高さでクリアできることの方が多いためです。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴3. キチッとした性格で、段取りや事前の準備にまで抜かりがない

頭のいい人はきちっとした性格で段取りに手を抜かない

頭のいい人には、時間を大事にする合理的な人が多く、効率よく時間の配分ができるため、物事の段取りや事前の準備は抜かりなく進行していくのが普通です。

頭がいい人には、無駄を嫌いキチッとした性格の人が多いのですが、彼らは仕事や物事を始めるとき、その時点から逆算して道筋を決定し、ゴールを目指していきます。

適切に時間配分され物事は進行していき、最短距離でゴールにたどり着くことができます。


頭がいい人の「話し方」に関する特徴

頭のいい人の性格にもなるほどと、感心させられる特徴がいくつもありました。では、頭のいい人の話し方には何か特徴的なものがあるのでしょうか。

ここでは、頭のいい人の話し方に関する3つの特徴について解説していきます。


話し方の特徴1. 説明が分かりやすく、プレゼンが非常に上手い

頭がいい人は筋道を立てて論理的に、自分の意見を相手に伝えることができます。特に相手に伝えたいことを的確に伝える必要のあるプレゼンが非常に上手です。これは、頭がいい人の話し方の特徴によるものです。

彼らは、論旨を明確にしたうえで重要な点を要約して簡潔に話すことが得意です。それらの説明が分かりやすく、論理的で納得のいくものであるため、プレゼンにも説得力が増すのです。

【参考記事】はこちら▽


話し方の特徴2. ロジカルに物事を述べるため、裏付けもあって話の説得力が高い

頭のいい人の話し方の特徴は説得力が高い

頭がいい人は論理的思考ができるため、もともと物事に説得力を付けて説明することが上手です。相手に伝えなくてはいけないことの要点を簡潔に説明ができるのです。

その際、誰もが納得できる説明をすることができるのは、論理的思考から導き出された答えは明白であるという確かな自信があるからです。

さらに、頭がいい人の話し方の特徴であるロジカルに物事を述べることで、裏付けもあり話の説得力が高くなります。


話し方の特徴3. 時間を大事にする人なため、長い話もコンパクトにまとめて話してくれる

頭がいい人は時間の使い方がうまく、時間をとても大事だと考えています。そのため、時間を無駄にしない事を常に意識しています。

時間を無駄にしないのは単純に、スピードの問題というよりは、頭がいい人は時間に対するコスト意識が高いと考えられます。

時間を大事にする人が多い頭のいい人たちの話し方には特徴があり、余分な時間や手間を省き、長い話もコンパクトにまとめて話します。

【参考記事】はこちら▽


頭がいい人は、仕事もデキる人が多い!その理由とは?

頭のいい人は仕事の出来る人も多い

頭がいい人の性格や会話のいろいろな特徴はとても興味深いものでしたが、頭がいい人は、仕事に関しても、非常にデキる人が多いようです。

ここでは、頭がいい人がどうして仕事がデキるのか、そのデキる加減を5つピックアップして紹介していきます。


理由1. 記憶力が高く、一度教わった事を素早くマスターできる

集中力が高いと記憶力が上がり、必然的に理解力も増すことになりますが、頭のいい人はもともと記憶力が優れているため、相乗効果で記憶力も集中力もさらに高くなり理解力も増します。

高い理解力が備わることで、様々な知識を手に入れる事ができさらに、一度手に入れた知識はしっかりと刻みこまれ自然に身に付きます。

その結果、頭がいい人は一度教わった事を素早くマスターできることになり、仕事がデキる事につながります。


理由2. 高い集中力を兼ね備えており、いつでも最高のパフォーマンスを発揮できる

頭がいい人は仕事などで、ここ一番というときに抜群の集中力を発揮します。彼らは、プロジェクトや重要な案件になればなるほどそれらに没頭して行き、より高い集中力を見せます。

一般的に見ても、誰でも物事に取り組むとときには集中することで、物事の本質をよく理解でき、よい成果をあげることができるのですが、頭のいい人の集中力は群を抜いているため、いつでも最高のパフォーマンスを発揮できる力があります。


理由3. タイムマネジメントが徹底しており、きちんと時間内に終わらせるため仕事が早い

頭のいい人はタイムマネージメントがしっかりとして仕事が早い

頭のいい人は「今なすべきこと」を設定したタイムマネジメントを徹底することで、そのつど設定した目標に合わせ時間を配分し、時間内に仕事を終わらせます。

仕事が早い人、仕事ができる人と称される人は、おおむねこのタイムマネジメントが上手な人です。

さらに頭がいい人はタイムマネジメントと効率性やプライオリティ(優先順位付け)を重視します。そのため、頭がいい人は仕事を効率良く終わらせることができ、仕事が早いと評価されることになります。

【参考記事】はこちら▽


理由4. 常にどうやれば生産性が上がるかを考えており、仕事スピードが常に進化し続けている

頭のいい人は、常にどうやれば生産性が上がるかを考えながら、優先順位をつけて計画を立てています。そうすることで、仕事は抜けや漏れがなく、期日通りに仕上がるのですが、さらに頭のいい人は最も効率的なタイムテーブルを組みます。

頭のいい人の頭の中ではいつでも仕事の優先順位付けがされており、時間帯ごとの効率的で適切な仕事の振り分けができます。その結果、仕事のスピードが常に進化し成果が上がります。


理由5. 仕事内の業務に優先順位をつけており、大事な仕事から確実に捌いていくのが上手

頭がいい人が仕事の効率が良い理由は、色々とありますが、最大のポイントは優先順位をつけることができるからです。

頭がいい人は、仕事内の業務に優先順位をつけており、納期や作業ボリュームなどの考慮すべき業務内容をその都度、優先順位を確認しています。

頭のいい人は、「今やるべきこと」と「今日すること」を取捨選択して、大事な仕事から確実に捌いていくのが上手いため、仕事がデキるのです。

【参考記事】はこちら▽


頭がいい人の恋愛観はどんな特徴があるの?

頭のいい人の恋愛観の特徴

頭がいい人は仕事がデキることがよくわかりましたが、頭がいい人はどのような恋愛観を持っているのでしょうか。

興味のあるところですが、ここでは頭がいい人を男女別に分けて、彼らの好きな異性のタイプを考察していきます。


頭がいい男性の好きな女性のタイプ

頭がいい男性は、どのような恋愛観を持ちそして、どんなタイプの女性に惹かれるのでしょう。普通の男性の恋愛観とは違っているのでしょうか。

ここでは、頭がいい男性の恋愛対象となる、好きなタイプの女性を紹介します。


1. 料理上手で家庭的な女性

頭がいい男性の恋愛観は普通の男性と比べても特別というわけではないようです。特に料理上手で家庭的な女性が好きなのは、ほとんど普通の人と変わりません。ただ、その理由には頭がいい人のプライドが関係していることも多いようです。

頭がいい男性は女性から、筋が通っていないことで感情的に攻められ、反論されるとプライドが傷つきます。その点、家庭的な女性は従順な人が多く、反論などしないということも理由の一つかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


2. 天然でおっちょこちょいな可愛らしい女性

頭のいい男性の好きなタイプは天然でおっちょこちょいの女性

頭のいい男性は、いつも頭をフル回転させているため、女性に求めるのは癒しという男性が多いようです。天然でおっちょこちょいな可愛らしい女性なら、頭のいい男性の張り詰めた神経を休ませ、安らぎを与えてくれるかもしれません。

天然でおっちょこちょいな行動は、頭のいい男性の予想をはるかに越えて裏切ることが多いと想像できます。そのため、いつも前もって予測することに慣れている彼らにはとても魅力的なのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


3. 堅苦しい話や難しい話でも興味を持って聞いてくれる聞き上手な女性

頭がいい人は博識で知的好奇心も旺盛なため、頭がいい人との会話は話題が豊富な楽しいものになることが多いと思います。反面、仕事上では高いスキルが求められ、相手の話しや周りの話の要点を聞きとる作業のため、楽しさとは無縁だろうと思われます。

確かに頭がいい人は聞き上手なのですが、プライベートでは堅苦しい話や難しい話でも興味を持って聞いてくれる、聞き上手な女性を求めています。頭のいい男性は、話しやすく聞き上手な女性を求める傾向にあるようです。

【参考記事】はこちら▽


頭がいい女性の好きなタイプ

頭のいい人女性の好きなタイプ

頭がいい男性が惹かれる女性は、普通の人とほとんど違いがないようにも見えましたね。では、頭のいい女性はどんな恋愛観を持ち、どんなタイプの男性に惹かれるのでしょう。

ここでは、頭がいい女性が好む男性のタイプを紹介していきます。


1. 自分のスペックと見合った高学歴な男性

頭のいい女性も頭のいい男性と同じく、論理的思考の持ち主が多く、理性的で穏やかです。彼女たちは精神的にも自立しているので男性に外的要素を求めることは少ないようです。その代わり、仕事ができることやキャリアへの意識という内面的要素を求める傾向にあります。

その点から言うと、頭がいい女性の似合うのは自分のスペックと見合った高学歴な男性ということになりそうです。


2. 誠実で一途な男性

頭がいい女性は、性格が理性的なため、男女を問わず自分が望もうと望むまいと感情に流されない穏やかな付き合い方をします。そのため、グイグイと引っ張ってくれる男性や情熱的な男性より、どんなときにも変わらない誠実で一途な男性が似合います。

頭がいい女性は相手と上手な距離感を保ち、必要以上に踏み込むこともないため物足りなく感じる男性も出てきますが、誠実で一途な男性なら安心です。

【参考記事】はこちら▽


3. 育ちがよく、物腰の柔らかい謙虚な男性

頭のいい人女性の好きなタイプは物腰が優しい男性

信頼関係は、お互いが自立した考えを持ち、意見を尊重し合えたときに結ばれるものですが、頭がいい女性は自分の意見をしっかり持っていると同時に相手の意見も尊重します。

育ちがよく、物腰の柔らかい謙虚な男性も、頭がいい女性と同じように精神的に自立しているので、必要以上の期待を求めることもなく相手に依存せず、お互いに尊重し合える良い関係を築くことができます。穏やかなベストカップルと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


少しでも頭がいい人やデキる人になりたい!頭を良くなる勉強方法やコツとは?

頭が良くなるこつは読書

誰でもできることなら、少しでも頭がいい人やデキる人になりたいと望んでいます。頭が良くなる勉強方法やコツがあるのならぜひ知りたいものですよね。

頭のいい人たちの恋愛観の次は勉強方法やコツ。ここでは、4つの勉強方法とコツを紹介していきます。


1. 一番手軽でオーソドックスなのが「本を読むこと」

頭がいい人やデキる人になるためには、忙しい中だとなかなか時間をとるのは難しそうですが、一番手軽でオーソドックスなのが「本を読むこと」。つまり、読書です。

多くの著名人の情報の収集源は本からに違いなく、読書が重要なことは明白です。ネットなどの無料の情報で学ぶことを否定するつもりはありませんが、無料で提供されているものの中に自分自身本当に必要とする情報はそう多くはありません。

本には、出版されるまでに文献調査やファクトを集めるために多くの時間が使われています。せっかく、貴重な時間を費やすなら質の高い情報に触れましょう。

【参考記事】はこちら▽


2. タイムマネジメント能力を上げて、時間管理を徹底する

勉強方法としてタイムマネジメント能力を上げていく努力を続けると、常に優先順位を頭に置き、効率を考えながら仕事をする癖がつきます。

そうすることで、「今、すべき」仕事が明確になり無駄のない仕事運びが身につくはずです。

時間管理を徹底することで、生まれる効率化は時間的余裕と精神的余裕も生み、職場のストレスを減らすことにもなります。これは、仕事がデキる人や頭がいい人がやっていることと同じです。


3. 物事の重要度を見極める力を養い、優先順位をつけて重要度が高い順にこなす

頭のいい人は物事に優先順位をつけ重要なものからこなす

本当に頭がいい人の考え方の中に、常に優先順位、プライオリティを考える、というものがあります。仕事や勉強をするとき、この優先順位が正確に付けられる人は、とても要領が良いと評されます。

物事の重要度を見極める力を養い、正確に優先順位をつけて重要度が高い順にこなすことができるようになれば、仕事の効率は確実に上がりデキる人と呼ばれるでしょう。


4. 好奇心を強くもち、何事からも学ぶ姿勢を持ち続ける

頭がいい人は、自分が抱いた小さな疑問や気になることをそのままにしておくことができません。そのため、常に「なぜ?」と言う強い好奇心から、納得するまで追求していきます。そうすることで、新しい知識や情報を自分のものにしていきます。

好奇心を強くもち、何事からも学ぶ姿勢を持ち続けることで、さまざまなことを探求し、知識を深めることができるため、頭がいい人になる勉強方法としてはとてもよい方法です。


頭がいい人の特徴を真似して、自分に取り入れていきましょう。

頭のいい人の特徴を取り入れる

頭がいい人の特徴には納得と思うことがたくさんありましたね。ここでは触れることができませんでしたが、頭がいい人の顔の特徴もあるようです。知的な顔というような褒め言葉もあるぐらいですから、頭がいい顔という顔も存在するのかもしれませんね。

頭がいい人になりたいと思っている人は、今回ご紹介した内容を少しずつ自分に取り入れて、日常生活でもプライオリティとタイムマネジメント能力を上げて、ゆとりのある生活が送れるようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事