女性からアプローチされる男性心理とは。男が嬉しいアプローチ方法で成功を掴もう!

草食系男子が増えて、男性から告白してくれることが少なくなった昨今。好きな人に、女性からアプローチしようか悩んでいる人は多いはず。今回は、女性からアプローチする時の男性心理や嬉しい本音を大公開!さらに、女性から告白するメリットとデメリットも解説していきます。片思い女子必見ですよ!

女性からアプローチって、してもいいの?

女性からアプローチされた時の男性心理

最近は「草食系男子」といわれる、いわゆる消極的な男性が増えてきました。もし好きな男性がいた場合、自分からアピールしようか迷っている女性もいるかもしれません。

この記事では、女性からアプローチしたときの男性心理や本音、女性からアプローチすることのメリット、さらには思わず男性がキュンとしてしまうようなアプローチ方法をご紹介します。


女性からアプローチするのって迷惑?気になる男性心理や本音とは

女性からアプローチするとなると、「引かれてしまうのではないか」「男性のプライドを傷つけてしまうのではないか」といった男性心理を考える女性も多いかもしれません。

ですが実際には、女性からアプローチされれば男性も嬉しさを感じることがほとんど。上手なアプローチであれば、思わずコロッとなってしまう男性も少なくないでしょう。

とはいっても、いくら好きだからといってガツガツアプローチしすぎた場合、「なんだか怖い」といった男性心理が働くことも。思わず避けてしまう可能性もあるので注意が必要です。


女性からアプローチするメリット、デメリット

女性からアプローチすることで嬉しさを覚える男性も多いですが、一方でデメリットがまったくないわけではありません。場合によっては、アプローチしたことで男性に避けられてしまうことも。

ここでは、女性からアプローチすることのメリットやデメリットについて解説します。


女性からアプローチするメリット

たとえ男性があなたにあまり好意を持っていなかったとしても、女性から「好き」だと言われたら嬉しいもの。女性からアプローチされて舞い上がってしまう人もいます。

ここでは、女性からアプローチすることのメリットを解説していきます。


メリット1. 男性に意識してもらえるようになるため、付き合える可能性が高まる

女性からアプローチすることで、男性はアプローチした女性と付き合えるか検討してくれるので、付き合える可能性が高まります。

想いを寄せている男性に異性として興味を持ってもらえないとき、アプローチしなければ片思いのままで終わる女性も多いはず。

自分から「好きなんです」などと積極的にアプローチすることで、「もしかしたら自分のことが好きなのかもしれない」と思うようになり、付き合うことに発展する可能性も高いです。

【参考記事】はこちら▽


メリット2. 自分が本当に好きな男性を選択できる

アプローチせずに男性から言い寄られるケースもあるかもしれませんが、自分が本当に好きな男性が言い寄られるとは限りませんよね。

男性からアプローチされる姿勢でいる方が楽ですが、自分が好きでない限り楽しさを感じることも少ないでしょう。

一方、女性からアプローチする場合であれば、自分から好きな男性を選べるので夢中になりやすいです。自分が好きな人と両思いになれれば、これ以上嬉しいことはないはず。


メリット3. 自分の行動や頑張ってアプローチした事に誇りや自信が持てる

自分が好きな人と結ばれてアプローチが成功したとき、自分から行動を起こしたことで付き合えるようになったと思うので、自分を誇らしく思うでしょう。

もし女性からアプローチしなければ、その恋が実らなかった可能性も考えられますよね。

たとえ好きな男性にアプローチして恋が実らないケースでも、想いを言葉にして伝えた自分に対して褒めてあげたくなるはず。いつまでも待っているのではなく、ときには自分の幸せに自分で責任を持つことも大切です。


女性からアプローチするデメリット

上記のように、女性からアプローチすることでさまざまなメリットがあります。ですが、デメリットがまったくないというわけではありません。ここでは、女性からアプローチするからこそありがちなデメリットについてご紹介します。


デメリット1. 男性は基本「追いたい派」なため、人によっては引いてしまう

基本的には、男性は自分から告白して想いを伝えることにプライドを持っている人が多いです。そのため、女性からアプローチされることでプライドが傷ついてしまい、場合よっては引いてしまうこともあるかもしれません。

特に好きの度合いが強くなり、メールや電話を何度もするようなケースは注意が必要。思わずうんざりしてしまう男性も多く、お付き合いできずに片思いのままで終わってしまう可能性も考えられます。


デメリット2. 自分からガツガツいきすぎると、良いように遊ばれるリスクがある

女性からガツガツ猛アタックしたとき、男性によっては「この子と遊んでみようかな」と思う人もいるかもしれません。

中には女性から猛アタックされたことをいいことに、「あいつ、俺のことが好きらしいんだよね」と調子に乗ってしまう男性も。

そうなって遊ばれてしまったら、女性は非常に傷つくでしょう。「アプローチなんてしなければよかった」と、場合によってはトラウマになる可能性もゼロではありません。

【参考記事】はこちら▽


デメリット3. 失恋した時の心理的ダメージが大きい

「告白は男性からしてほしい」と考えている女性も数多くいます。

好きだという気持ちが抑えられずアプローチしたとき、普段告白し慣れていないだけに、「フラれてしまった」と男性より喪失感を感じてしまいがち

女性からアプローチして失恋したときは、それだけ相手のことが大好きだったということ。告白は必ずしも成功するものとは限りません。最悪フラれるという覚悟を持っておく必要もあるでしょう。


男性がキュンとする女性からの上手なアプローチ方法

せっかく女性からアプローチするのであれば、思わず男性が惚れてしまうようなアプローチがしたいですよね。ここでは思わず男性がキュンとしてしまうような、女性からの上手なアプローチ方法を解説します。ぜひ参考にして、意中の男性の心を掴みましょう。


アプローチ方法1. 職場の人なら、まずはプライベートで食事や飲みに誘ってみる

もし意中の男性が職場の同僚であれば、「仕事終わりに食事に行きませんか?」「ちょっと飲みに行かない?」などと誘ってみるのがおすすめ。仕事終わりであれば、職場が同じなので男性も気兼ねなく行きやすいです。

実際に飲みに行く、もしくは食事をするときは、あまりおしゃれすぎないようなお店を選びましょう。「いいお店に行って相手に気に入ってもらおう」と張り切っても、男性はびっくりして引いてしまうかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


アプローチ方法2. 二人で食事や飲みに行ける仲になったら、相手の好きなタイプや恋愛状況について探りをいれる

食事に誘って二人で行けるようになったら、「彼女はいるのか」「好きな人はいるか」「どういう女性がタイプか」など、普段職場では聞けないようなことを聞いてみましょう。

相手の恋愛について知ることで、「こういう人が好きなんだ」とわかると同時に、自分がどのようにアプローチすればいいのか参考になるはず。もし「彼女がほしい」と思っているなら、アプローチする絶好のチャンスですよ。


アプローチ方法3. 会話は基本聞き役に徹し、しっかりと相手の目を見つめてうなずきながら聞いてあげる

二人きりで食事をしたりお話をするときは、女性ばかり話さないことが大切です。女子会などでは、「こういうことがあってさ〜」とさまざまなことを話したくなりますよね。

しかし、意中の男性とのデートの場合、あまりにも自分が話すぎると、相手の男性が疲れてしまうことも。片思いの相手との会話では聞き役に徹して、相手の目を見つめたりうなずいたり、リアクションをとってみましょう。

男性もしっかり聞いてくれている感覚を持つので、より自分のことを話したくなります。職場の話など、共通の話を振ってみるのもおすすめ。

【参考記事】はこちら▽


アプローチ方法4. 聞くだけでなく、男性のことを積極的に褒めて自尊心も満たしてあげる

上記のように男性の話を聞くことも大切ですが、ただ聞いているだけでなく、「すごいね」「そういうところ尊敬する」など、相手を褒めてあげることも意識してみてください。

男性は基本的に褒められると嬉しい生き物。自尊心が満たされて嬉しい気持ちになります。「しっかり話を聞いてくれる人なんだな」「もっとしゃべりたくなるな」と思うようになり、自然とお互いの仲が深まりますよ。

【参考記事】はこちら▽


アプローチ方法5. 聞き上手、褒め上手になるだけでなく、デート中は常に笑顔を心がける

どれだけ褒めていたり聞いているような素振りがあっても、笑顔がなければ相手は不気味に感じるかもしれません。

男性が、「自分のことが嫌いなのかな…」と勘違いしてしまう可能性もゼロではないでしょう。

常に笑顔で明るく振る舞うことで、「この人と一緒だと元気がもらえるな」と感じて、異性としての気持ちが芽生えるかもしれません。とびっきりの笑顔は、相手の心にもグッとくるはずです。

【参考記事】はこちら▽


アプローチ方法6. 直接だと断りづらいため、デート中に「今度は◯◯行きたいな」と次の段取りを決める

LINEやメールであれば、「次は〇〇に行きませんか?」と送ったとき、相手の顔が見えないので「仕事で忙しいから厳しいかも…」などと断りやすいですよね。

ですがデート中に、「今度は〇〇行きたいな」とあえて次の約束をとりつければ、相手が目の前にいるのでなかなか断りづらいはず。

直接次のデートの段取り決めに成功することで仲も深まり、こんな風に何度かデートを重ねれば、付き合う仲に発展するかもしれません。


アプローチ方法7. 何度かデートを重ねて距離を縮めたら、告白して交際を申し込むだけ!

何度か意中の男性とデートや連絡を重ねて「だいぶ仲良くなったな」と思ったら、いよいよ告白タイムです。

やはり男性においても、LINEなどで「好きです」と言われるより、女性と同じく直接言われるのが嬉しいですし、成功もしやすいでしょう。

直接告白するのは、非常に勇気が必要ですよね。ですが女性から「好きです、付き合ってください」と直接言われたら、男性は嬉しすぎて舞い上がるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


女性からアプローチする際に気をつけておきたい注意点

片思いの男性と付き合いたいと思い、自分からアプローチしようと思うけど、アプローチ方法に迷っている人もいるかもしれません。アプローチするのはいいことですが、気をつけてほしいことも存在します。

最後に、女性からアプローチする際に気をつけてほしいことをご紹介します。


注意点1. あまりにも女性からガツガツしすぎると、男性サイドが引いてしまうので注意する

「相手に振り向いてほしいから」といって、LINEなどで連絡を取りまくるなど、猛アタックしすぎないよう注意しなければなりません。

控えめすぎると相手に気づいてもらえないケースもありますが、積極的になりすぎることで、思わず相手が引いてしまう可能性も。

控えめではないけど積極性も感じない、さりげなさを感じるようなアプローチができると、告白しても成功しやすいでしょう。


注意点2. 思いのほか男性がすぐに好きになってくれた場合、満足して冷めたりするのをやめる

女性からアプローチしているときは、「なんとしてでも振り向いてもらいたい」と気合いが入りますよね。そうしたアプローチが実り、相手の男性がすぐに自分を好きになってくれたら嬉しいはず。

そこで注意しておきたいのが、相手が好きになったからといってそれで満足しないこと。付き合うことに満足してしまい、しまいには冷めてしまう可能性もゼロではありません。

付き合っても関係性は続くので、彼をもっと好きになる努力をしながら、より良い関係性を築きましょう。


注意点3. 男性が好意に気付き、下心で誘ってきた場合はしっかりと見極めて断る

女性からのアプローチに敏感な男性も多いですが、女性経験が豊富な男性などはすぐに気づくでしょう。もしかしたらその好意を逆手にとって、下心で連絡をとってくる可能性もゼロではありません。

そうした気配を感じたときは、一度立ち止まって冷静に見極めることが大切です。見極めたうえで「下心があるな」と感じたときは、潔く断りましょう。

下心のある誘いに乗ると自分が辛い気持ちになる可能性が高いですよ。

【参考記事】はこちら▽


注意点4. 男性はプライドが高いため、他の男性と比較するような発言は避ける

男性は基本的にプライドが高い生き物です。「前の彼氏が〇〇でさ〜」「昔こういう人と付き合って、」などの発言を聞いたとき、相手の男性は傷ついてしまい、アプローチも成功しにくくなるでしょう。

男性の前では、他の男性と比較するような発言はご法度。「あなたにしか興味がありません」といったことをさりげなくアピールすることで、男性のプライドが保たれて嬉しく感じるはずです。


最近では、女性からアプローチして結婚に至るケースも増えている

今の時代、女性からのアプローチがきっかけで結婚するカップルも少なくなく、告白は男性がするものという常識がなくなりつつあります。

「好きな男性がいるんだけど、いつまで経っても付き合えなそう」と思っている女性は、ぜひ勇気を出してアプローチすると、最終的には結婚といった最高な展開が待っているかもしれませんよ。

女性からアプローチするのが恥ずかしいと思っている方は、ぜひ勇気を出してみてくださいね。


女性からアプローチして、自分の幸せをゲットしよう!

女性からアプローチしたときの男性心理や本音、女性からアプローチするメリットやデメリット、さらには男性がキュンとする女性からのアプローチ方法についてご紹介しました。

女性だから待つべきといった常識は、今の時代薄れつつあります。自分が幸せになるためにも、ぜひ女性からアプローチして素敵な恋を実らせませんか。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事