男が惚れる“あげまん”の特徴&あげまんになるのに必要な方法とは

男の運気を上げる、あげまんになる方法とは?今回は男性に人気のあげまんの特徴はもちろん、あげまんになる方法を徹底レクチャーします。最後には、あげまんの芸能人(女優)やさげまんとの違いなど幅広い内容 を公開します。あげまんの意味をしっかりと把握していきましょう!

男性に選ばれるのはいつの時代もあげまん。一体どんな女性?

あげまん女性の特徴を大公開

一緒にいる男性の運気をあげるあげまん。いつの時代も成功を収めた男性の陰には、あげまんが潜んでいたと言われるほど。女性陣は、出来ればこのあげまんサイドで居たいですよね。

成功する男性と付き合う確率が上がり、彼女にしたい&結婚したい女性に選ばれるので目指したい女性像の一人でしょう。そこで今回はあげまんの特徴やなる方法まで、女性のを輝かす情報をお送りしていきます。


そもそも、「あげまん」とは?

そもそも「あげまん」とは?

そもそもあげまんとは、どんな女性のことを意味するのでしょうか。

あげまんは、運気が上がっているさまを表す言葉[1]で、主に付き合った男性の運をあげる女性のことを指して使われる。より良い巡り合わせにする女性を「あげまん」、不運な巡り合わせにする女性を「さげまん」と称する。

出典: Weblio辞書

あげまん女性自体がポジティブで幸せ体質な女性という意味になりますね。幸せ体質は、付き合った男性にも伝わって成功に導いていきます。

生まれながらにして彼女たちは先天的に幸わせ体質なのか、それとも後天的にそうなっていたのか気になるところですね。この後に詳しくレクチャーしていきます。


男の運気を上げる!「あげまん」の5つの特徴

続いては、あげまん女性の行動や振る舞いについて紐解いていきます。あげまんが対人面、恋愛面でどのように振舞っているのか普段の自分と比較しながらチェックしていいきましょう。どんな女性があげまんと称されるのでしょうか。


あげまんの特徴1. 自分1人で抱えこまず周りを上手く頼る

仕事で悩んだり嫌なことがあると、1人で塞ぎ込んで溜め込んだ末に爆発。長女気質な女性、頑張り屋さんな女性ほどつい感情を押し殺す人が多いでしょう。でも、これって自分をすり減らしているだけでストレスが増えるだけ。

あげまんは、1人で抱え込まず周りを上手く頼ります。苦手な作業があれば、得意な人に頼んで上手くやる方法を学んだり、出来ないことはハッキリ出来ないと断ったり。弱みを見せるのが上手いので、つい周りも助けたくなるんですよね。


頼り上手なあげまんは、男性に自信を付けるのが上手い

男性の得意な所はとことん頼るあげまん女性。家電に強い男性なら、代わりに組み立てて貰う。計算が早い男性なら「これって計算合ってる?」とチェックして貰う。男性って自分の得意分野を頼られると悪い気はしないです。むしろ、頼られて嬉しいと思うもの。

無理難題をふっかけるのはただの我儘ですが、得意なことを頼れば相手に自信を付けさせることに繋がります。あげまんへの一歩は、頼り上手になれるかどうかかもしれません。


あげまんの特徴2. 質問上手で話ししやすい雰囲気を持っている

あげまんは、会話中の気遣いも抜群。いかに自分が面白い話を提供するかももちろん大事ですが、それ以上に相手が話しやすいように質問をして、リアクションを取るように心がけています。

「最近、雰囲気変わりましたよね。何か良いことあったんですか?」とこんな感じで、YESかNOで答えが出る質問をせず、相手に話させる質問をしてそこから会話を広げていきます。雑談力の高さもあげまん特有の特徴になります。


聞き上手なあげまんは、良き相談相手。

楽しい会話が出来るあげまんですが、相談相手として選ばれることも多いです。女性からは、プライベートの相談。男性からは、仕事の相談。「この人なら、きちんと聞いてくれそうだな」と信頼感を持たれている証拠でしょう。

ただ、楽しい会話をするだけでなく真剣な話も出来る相手というのは心強い存在です。相手の気持ちに沿って話が出来る女性は、職場でもプライベートでも頼りにされるでしょう。

【参考記事】男性の相談相手になるのはいい女の証拠とも言えます。▽


あげまんの特徴3. 貰いたがりではなく、与えるのが好き

恋愛が上手くいっていない女性に多い口癖があります。それは、「彼氏が〜してくれない」。「彼氏が連絡してくれない」、「奢ってくれない」から終いには、「結婚してくれない」。完全に貰いたがり屋が多いです。

あげまん女性の口癖は、「彼氏に美味しいご飯食べさせたい」、「ゆっくり休んで貰いたい」、「次の誕生日はサプライズしたい」。そう。「彼氏に〜したい」と与えたがり屋なんです。「〜してくれない」と求める女性よりも、「〜してあげたい」と献身的な姿勢を貫く女性は健気で可愛いですよね。


与えるのが好きだから相手に見返りを求めない

「尽くしたら、その分何か欲しくない?」と回収したい心理が働くのも人間の性。でも、あげまんって自分が相手に尽くしたことをすぐ忘れちゃうんですよね。尽くした行為は、過去のこと

だから、「あの時やってあげたじゃん?」と押し付けがましい態度は取りません。自分が好きでやった行為だから、別に見返りを求めていないのでしょう。このサッパリした対応に器の広さを感じますね。

【参考記事】逆に計算つくされているしたたかな女の特徴をレクチャーします▽


あげまんの特徴4. 愚痴や妬み話が大嫌い

あげまんの嫌いなことは、愚痴や妬み話。女性が2人以上いると、つい仲間意識で愚痴を言ったり妬み話をすることも珍しくないでしょう。でも、結局その時間ってその場で発散してスッキリしているように見えますが…。実際は「上手くいっていない現状報告 と「他人の話」に時間を割いているだけで何も進歩していないんですよね。愚痴を言い合うのは、あげまんにとって時間の無駄という意識が強いでしょう。


「どうしたら良くなるか」解決策を考えるのがあげまん

逆にあげまんは、「仕事が上手くいかない!じゃあどうするか」と前向きに解決策を考えます。現状に不満がある、納得していないのなら好転させないといつまでもそのまま。

愚痴を言う時間よりもとことん自分と向き合う&不安なら周りに相談して少しでも自分をアップデートできるように努力出来るのがあげまん女性です。


あげまんの特徴5. 男性と一緒に成長しようと前向き

経済力や人格が完璧という男性を選ぼうとする女性が大半ですが、あげまんは全く持って逆。むしろこれから伸びていく男性、個性が際立つ男性を選んでその人と一緒に成長しようと二人三脚を目指そうとします。

年収や肩書きにとらわれず、その男性の個性を尊重して一緒に成長して自分自身も高めようと前向きな思考を持っているんです。


一緒にいるけれど、程よい距離感を保てるのがあげまん

あげまんは、その先のことも考えて「どうやったら彼氏と楽しく過ごせるか」、「旦那さんといい関係を維持できるか」常に前を向いています。だから、馴れ合いをしないようにいつも感謝の言葉を言ったり、相手の良いところを見つめ直しています。

相手と程よい距離を保てるようにメンテナンスを欠かさないのがあげまんです。「親しき中にも礼儀あり」という考えが根付いているのかもしれませんね。

【参考記事】まだまだ見たい方はあげまんの特徴の完全版を要チェック!▽


周りを幸せにする「あげまん」になる7つの方法

ここからは、あげまん女性になる方法についてレクチャーしていきます。好きな男性と長くいい関係を保ちたい、もっと生活の質をあげるように基礎力を鍛えたいという女性は必見です。あげまん度をあげる秘訣は、普段見落としてしまうある行動に隠されていますよ。


あげまんになる方法1. スルー力を磨く

スルー力が高い=あげまん力が高いと言っても過言ではありません。日々生活していれば、仕事で上手くいかないことや想定外のことが起こってきます。人からダメ出しを受けることもあるでしょう。

そんな時にぜひ「ま、こんな日もあるか」とスルー力を身につけておくと良いでしょう。スルー力が高ければネガティブなことも引きづらず、切り替える力も高くなりまよ。


あげまんになる方法2. 彼氏や旦那さんにねぎらう言葉をかける

褒め上手になるのも大事ですが、まずは「ありがとう」や「お疲れ様」とパートナーにねぎらいの言葉をかけましょう。簡単な一言ではありますが、意外と言うのを忘れてしまう一言でもあるので、できればこまめに伝えていきたい言葉です。

長く連れ添ってきたパートナーだからこそ、ねぎらいの言葉はきちんとかけてあげて。


あげまんになる方法3. 愚痴の言い合いや傷の舐め合いはやめる

もし貴方があげまんを目指すなら、女子会で愚痴の言い合いや傷の舐め合いは極めておすすめしません。むしろ、ストレス発散して自分の気分を切り替えるか、悩んでいるなら人に相談して解決策を見つけることに重きをおきましょう。

どうやって時間を使っていくかは、個人の自由ですが問題解決する癖をつけた方がもっと日々の生活が楽しくなりますよ。


あげまんになる方法4. 好きな男性の肩書きよりも内側を見つめる

相手の肩書きや年収というラベルに恋をするうちは、あげまんとは言えないでしょう。そして、相手もそれを望んでいないです。遊びの恋愛ならそれでも通用しますが、もし本当に好きな人を作って長続きする恋愛をしたいなら、見るべき所は相手の内側です。

好きな男性がどんな性格なのか、恋愛に何を求めているのか、一緒にいたい女性はどんなタイプなのか。相手の内側を知ってからぜひ恋に落ちて下さい。そうすれば、出だしからあげまんになれますよ。


あげまんになる方法5. いつも上機嫌でいられるようにセルフコントロールを

あげまん女性は、ニコニコ笑顔で溢れる人ばかり。その理由は、上機嫌でいられるようにセルフコントロールを徹底しているから。1日24時間を出来れば不機嫌でダラダラ過ごしたくないですよね。

上機嫌でいた方が会社の人や彼氏にも優しく接することが出来て周りにも良い影響を与えられるでしょう。


感情を一定にするには生活のルーティン化が欠かせない

簡単に不機嫌にならない方法は、安定し精神状態をキープすること。感情を一定にするには、生活のルーティン化を徹底することが欠かせません。

毎日、朝起きたらゆっくりコーヒーを飲んでから出勤。好きな音楽を聴きながら朝風呂など。別に特別でも何でもないのですが、このちょっとした習慣で気持ちも落ち着いてシャキッとしてきますよ。


あげまんになる方法6. 仕事は恋愛のように愛情深く

常に成長を目指すあげまん。あげまん女性に多いのは、自分の仕事に誇りを持っていること。仕事をする時間を平均8hだとしたら、1日の1/3以上時間を仕事に費やしていることに。

だとしたら、「この仕事好きだな。やりがいあるな」と感じていた方が楽しいはず。まるで、恋愛をしているように「この人のこういう所好きだな」と一緒の感覚で。もし貴方が自分の仕事に満足していなければ、「どうやったら仕事を好きになれるかな」と恋愛のように少し粘り強く仕事と向き合ってみて。


あげまんになる方法7. 恋愛は仕事のように信頼関係を

「好きの賞味期限は3年」と言われるのが恋愛あるある。その3年を越しても彼氏と仲良い関係を続けている、旦那さんと仲良しなあげまん女性が意識していることは“信頼感”。

同じ職場の人と何年も仕事ができるのって、お互いに信頼感があるからだと思います。恋愛でも同じ。一瞬のドキドキやときめきを演出するのっていつか飽きがきます。それよりも、「一緒にいて落ち着くな」と相手から信頼されることが大事。


「貴方なら大丈夫だよ」と肯定できる人は信頼関係を結べる。

人は、自分を肯定してくれる人に安心感と信頼感を抱く生き物。パートナーと信頼関係を結ぶなら、「貴方なら大丈夫だよ」という一言は大きいでしょう。

年齢を重ねれば重ねれば重ねるほど、経験が増えて臆病になっていく人が多いのですがその中でも近くで「大丈夫だよ」と肯定してくれる相手が側に居てくれたら、何倍も力を発揮できますね。

成功を収めた経営者やスポーツ選手の実績の裏には、常に「大丈夫だよ」と声をかけ続けたパートナーの習慣があったのかもしれません。


芸能人で名高い“あげまん”女優とタレント。そのエピソードとは?

浮き沈みが激しい芸能界。その中でも自分のキャリアを確立しつつ、パートナーの運気をあげる「あげまん」は潜んでいました。知名度の高い、あの女優さんのあげまんエピソードについてご紹介します。


芸能界のあげまん① 里田まい

夫である田中将大投手をメジャーリーガーに育てた名実ともにあげまんの里田まいさん。交際前は「お米の研ぎ方がわからない」と言っていたそうですが、アスリートフードマイスターという資格を取得して田中投手の健康を徹底サポート。献身的なサポートは、あげまん女性の鏡でしょう。


芸能界のあげまん② 菅野美穂

数々のドラマ、映画のヒロインを何役もこなした「あげまん女優」の菅野美穂さん。俳優の堺雅人さんと結婚後は、キャリアをセーブしつつ育児と旦那さんが仕事に100%集中できる環境作りを徹底しています。

長期撮影の旦那さんの為に、手作りのお弁当や着替えを持ってきたというエピソードは有名です。その結果「半沢直樹」、「リーガルハイ」、「真田丸」と堺さんの主演ドラマが大ヒットしました。意外と知られていませんが、芸能界のあげまんと言っても過言ではないでしょう。


芸能界のあげまん③ 北川景子

クールビューティーなルックスに高学歴。まさに才色兼備のあげまん、北川景子さん。仕事もバリバリとこなす彼女ですが、夫「DAIGOさん」の為に一肌脱ぐことも。

DAIGOさんがドラマの台詞が中々覚えられない時は、一緒に台詞を覚えるように手伝っているのだとか。この甲斐があってDAIGOさんの人気はうなぎ登り。多忙でも夫を支える姿に世のバリキャリ女性も脱帽でしょう。


あげまんとは真逆のさげまんの特徴とは?

あげまんを目指す女性陣は、出来れば避けて通りたいのがさげまんの道。さげまんとは、ズバリ一緒にいる男性の運気を下げる女性のこと。

さげまんと付き合ってから仕事の業績が落ちたり、不運が続く男性は実際存在しています。付き合う男性にマイナスのエネルギーを振りかざす「さげまん」にありがちな特徴とは?


さげまんの特徴1. 愛情から時間、物を全て男性から貰いたがる

「好きって言ってくれない」、「会ってくれない」、「プレゼントくれない」と言って相手に求める女性はさげまん女性。とにかく男性から愛情・時間・物を受け取りたい願望が強い傾向があります。

仕事を頑張る男性から見れば、「奪う女」にしか見えません。自分は何もしないのに、相手に求めがちな女性はさげまん予備軍かもしれません。


さげまんの特徴2. すぐに男性を疑う

彼氏から連絡が来ないと、「浮気してるの?」、「私に冷めた?」と心配する女性も残念ながらさげまん女性でしょう。逆にあげまん女性は「仕事で疲れたのかな」と相手を労わります。

相手を心配するのか、それとも相手を疑うのか。ここであげまんとさげまんの差は白黒ハッキリつきますね。疑い癖が強い女性は、束縛しやすいので結果男性も窮屈に感じて愛想を尽かしていきます

【参考記事】いつの間にか束縛をする彼女になっていませんか?▽


さげまんの特徴3. ダメ出しが多い

相手を思っての指摘は愛のある行為ですが、自分の感情に身を任せてダメ出しをするのはさげまんの可能性があります。

例えば、彼氏がデートで遅れると「いつも時間ルーズだよね」、彼氏が旅行のプランを早く決めないと「なんでいつも決めるの私なの?」とチクチク相手のことをダメ出しする人が多いです。相手のことをディスる発言が多ければ、多いほどさげまん度は高いと言えるでしょう。

【参考記事】残念な感じになってしまうさげまんの特徴を大公開▽


惚れた男と幸せになりたければ、あげまん体質になった方が断然良い!

あげまんの特徴から、なる方法までお届けしました。相手に何かして貰おうと受け身になるのではなく、与えることを惜しまないあげまん女性になった方が幸せの切符を掴み取りやすいでしょう。

惚れた男に幸せにして貰うのを待つのではなく、一緒に幸せを掴みとっていく。少しくらいアクティブでいた方が貴方の望む未来はすぐそこにあるかもしれません。アクティブでポジティブなあげまん女性になって、沢山の愛と幸せを手にして下さいね。


【参考記事】男が思う綺麗な女性の特徴について徹底レクチャー▽


【参考記事】モテる女の特徴も抑えておきたい記事になります▽


【参考記事】男が魅力になる色気のある女の特徴について大公開▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事