彼女に作って欲しい手料理ランキングTOP10!男性が選ぶNo.1とは?

彼女や妻に求める条件として上位にあがる『家庭的な女性』。その代表的な例が料理ができる女性ですよね。今記事では、男性が彼女に作って欲しいと思う手料理ランキングを大公開!彼氏からもっと愛されたい女性は、おすすめの手料理や料理する時の注意点をぜひ参考にしてみてくださいね。

男性が彼女に作って欲しい料理があるってホント?

彼女に作って欲しい手料理ランキングTOP10

彼女ができたら美味しいレストランでデートをするのも良いですが、たまには手料理も作って欲しいと思いますよね。彼女の手料理というのは、特別なもの。彼女が初めて自分のために作ってくれた手料理を覚えているという男性も多いです。

今回は、男性が選ぶ彼女に作って欲しい料理を、ランキング形式でご紹介します。大好きな彼氏が喜んでくれる手料理を作りたいけど、何を作ろうか迷ってしまうという女性も必見です。


男性が彼女に作って欲しい手料理BEST10を大公開!

「男はつかむなら、まず胃袋をつかめ」と昔から言われる通り、彼女が美味しい手料理を作ってもらって嬉しくない男性はいません。

男性が喜ぶ彼女に作って欲しい料理は何でしょうか。今回は、男性のハートも掴める手料理をランキング形式でご紹介します。


男性が彼女に作って欲しい手料理【第10位】 ロールキャベツ

肉のタネをキャベツで巻いて美味しく煮込むロールキャベツ。手間はかかりますが、初心者でも美味しく作れるお料理です。 柔らかく煮えたキャベツと、ジュワッと染み出す肉汁がたまりませんよね。

体もほっこり温まる煮込み料理なので、特に冬場はおすすめ。お肉と野菜が一緒に食べられ、男性が喜ぶ料理です。

ロールキャベツはアレンジも豊富なのも魅力の一つ。トマト風味、コンソメ風味、ホワイトソース、デミグラソース、和風だしなど、彼の好みを教えてもらいましょう。


男性が彼女に作って欲しい手料理【第9位】グラタン

アツアツのグラタンも彼女に作って欲しい料理の一つ。あまりレストランでは選ばないメニューだし、冷凍のものは小さくて物足りないので、彼女に手作りしてもらえると嬉しいようです。出来立ての手作りグラタンを一緒に食べると、幸せな気分になれそう。

グラタンのポイントはホワイトソース。ホワイトソースを美味しく作れるだけで、お料理上手を印象付けられます。具材はチキン、エビ、ベーコン、お野菜など何でもあり。冷蔵庫にあるもので手際よく作れたら、彼氏も感激してくれそうですね。


男性が彼女に作って欲しい手料理【第8位】豚の生姜焼き

ビタミンB1がたっぷりの豚肉に、食欲を増す生姜をプラスした豚の生姜焼きは、疲労回復や夏バテにも効くスタミナ料理。白米と一緒にがっつりお肉も食べたいという、食欲旺盛な男性にも人気のメニューです。

フライパン一つでサッと作れるので、時間がない時に彼女に手際よく作ってもらえたら嬉しいですよね。付け合わせのキャベツやトマトなども忘れずに、バランス良く食べてもらいましょう。


男性が彼女に作って欲しい手料理【第7位】肉じゃが

家庭料理のイメージが強い肉じゃがも、彼女に作って欲しい料理の一つ。旨みがしっかり染み込んだジャガイモと柔らかくホロホロになったお肉は、なんだか懐かしい味。心も体もほっと温まります。家庭や地域によって味が微妙に違うのもまた良いですよね。

玉ねぎ、牛肉、ジャガイモだけのオーソドックスな肉じゃがも良いですが、ニンジンやサヤエンドウも入れると彩が良くなります。


男性が彼女に作って欲しい手料理【第6位】パスタ

パスタも彼女に作って欲しい料理の一つ。手軽に作れてボリューム満点なので、食欲旺盛な彼氏が喜ぶメニューです。

じっくりコトコト自家製ソースを作っても良し、さっと冷蔵庫の中にあるもので作っても良しの万能メニューです。美味しいパスタのコツは何と言っても茹で時間。アルデンテになるようにしっかり時間を測りましょう。

懐かしいナポリタンから、お肉たっぷりのミートソース、和風パスタに、カルボナーラなど、種類が豊富なのも魅力。いろいろな味に挑戦してみてくださいね。


男性が彼女に作って欲しい手料理【第5位】鶏のから揚げ

男性に人気の高い鶏のから揚げ。居酒屋でも必ず頼むという男子は少なくありませんよね。冷めても美味しいのでお弁当でも定番です。

味付けさえしっかりしておけば、揚げ物の中でも比較的簡単に美味しくできるメニューです。サクッとジューシーに揚げるコツは、高温で揚げ始め、お肉が浮いてきたら中火に落とすこと。油を使うのが苦手な人は、熱風で揚げ物を作れる「ノンフライヤー」で作ってみましょう。


男性が彼女に作って欲しい手料理【第4位】味噌汁

和食に欠かせないお味噌汁。メインメニューではないものの、出汁のしっかり取れた美味しいお味噌汁を作れる女性は、家庭的という印象が高まります。家庭や地域によって出汁の種類や味噌の種類が違い、奥が深いもの。

男性に人気の高いのは、豚汁のような具材たっぷりのお味噌汁。和食を作る時には、美味しいお味噌汁も一緒に作ってあげましょう。


男性が彼女に作って欲しい手料理【第3位】オムライス

オムライスも男性が喜ぶ手料理です。ケチャップライスとフワフワのオムレツが絶妙で、子供の頃から大好きという男性が少なくありません。卵をふんわり綺麗に仕上げるのは意外に難しく、慣れていないとなかなか上手くいかないもの。

オムライスを綺麗に仕上げるコツは、よく熱したフライパンに卵液を流し込んだ後、フライパンを揺らしながら菜箸を使って素早くかき混ぜること。オーソドックスなケチャップ味も良いけれど、洋食屋風にデミグラソースをかけても美味しいですよ。


男性が彼女に作って欲しい手料理【第2位】ハンバーグ

家庭料理の定番ハンバーグも、彼女に作って欲しい料理の一つ。ボリュームたっぷりの肉料理なので、お肉好きの男性も満足してくれます。

作り方はシンプルながら、ふっくらジューシーに仕上げるのには、それなりの腕が必要です。和風ソースでさっぱり仕上げたり、デミグラソースでレストラン風に仕上げたりとアレンジも豊富なのも魅力ですよね。

美味しく仕上げやすいのは牛と豚の合い挽き肉です。つなぎの玉ねぎは細かくみじん切りにして、飴色になるまでじっくり炒めると甘みも増して美味しいハンバーグに仕上がります。


男性が彼女に作って欲しい手料理【第1位】カレー

手軽に作りやすく男性にも喜ばれる手料理といえばカレーライス。野菜や肉がごろっと入ったカレーは、家庭料理の定番ですよね。市販のカレールウを使っていても、オリジナルの隠し味があるという家庭も少なくありません。

カレーをなめらかに作るポイントは、ルウを入れいる時に一旦火を止め温度が下がってから入れること。強火のままルウを入れると、ダマになってしまいがちなので気をつけて。


彼女の手料理に対する男性の本音とは

彼女が手料理を振る舞ってくれる時、男性は一体どんな感想を抱くのでしょうか。心から嬉しいと思ってくれているか、まずいと思われていないか、いろいろ気になりますよね。

ここからは、彼女の手料理に対する男性の本音をご紹介します。


男性の本音1. 作ってくれるだけでありがたいし、嬉しい

彼女とデートする時に、毎回外食だと疲れるしお金もかかります。たまには家でまったり過ごし、彼女の手料理を食べるのも良いですよね。

彼女が手料理を作ってくれるというだけで、男性は嬉しく思うもの。料理の上手い下手、メニューなどはあまり関係なく、自分のために時間をかけて料理を作ってくれるということだけで、純粋にありがく感じます。

ちょっと失敗してしまったって、「まずい」なんて言わずに喜んで食べてくれますよ。


男性の本音2. 盛り付けはともかく、味は美味しい

一人暮らしの彼氏の家で作る場合は、お料理に似合う食器がないことも多いので、綺麗に盛り付けるのも難しいことがありますよね。彼女に手料理を作ってもらった時、見た目が良いかどうかというのは、あまり気にならないようです。

彼女が心をこめて作ってくれたお料理なら、見た目はともかく、何でも美味しく感じます


男性の本音3. 回数を重ねるごとに美味しくなってるので、素晴らしいと思っている

彼女は料理下手よりも料理上手の方が良いですよね。最初はぎこちなく料理を作っていた彼女が、だんだん上手に料理を作ってくれるようになると、男性はとても嬉しく感じるもの。

回数を重ねて前よりも手際よく上手にできるようになったり、難しいレシピに挑戦したりする姿を見ると、自分のために努力してくれているのだと感激してしまいます。


男性の本音4. リクエストしたものを作ってくれるのは非常に嬉しい

好きな食べ物をリクエストできるのも、彼女の手料理の良いところ。彼女から「今日は何を作って欲しい?」とリクエストを聞かれて、嬉しくない男性はいません。

特に一人暮らしの場合、普段は外食やコンビニばかりで、手作りの家庭料理の温かみがたまらないという男性も多いですよね。

自分が食べたい料理を手作りしてくれる彼女の存在は心から嬉しいと感じるものです。


年代によっても好みの味は異なる?年代別のおすすめメニューとは

食欲旺盛な20代の男性ならがっつりとした肉料理、40代の男性ならどちらかというとさっぱりとした料理を好むなど、男性の年代によっても食べたい料理は変わってきます

ここからは男性の年代別に、彼女に作って欲しい料理をご紹介します。メニューを決める参考にしてみてくださいね。


20代男性が好む手料理のメニューとは

20代の男性はまだまだ食欲旺盛。ボリュームがあって味の濃いお料理が好きで、子供に人気の定番メニューがそのまま20代の男性の人気メニューにもなっています。

そんな20代の男性が彼女に作って欲しい料理は、オムライスやカレーライスのようにご飯と一緒にがっつり食べられるお料理です。また、から揚げなどの揚げ物も人気があります。


1. 王道の人気を誇る「オムライス」

20代の男性に人気が高いのが、洋食屋さんの定番メニューでもあるオムライス。子供の頃にお母さんによく作ってもらっていたという男性も多いですよね。ただ、デートの時は恥ずかしくて注文しずらいメニューでもあるので、彼女に作って欲しい料理にランクインされています。

懐かしさを狙うならデミグラソースでおしゃれなオムライスよりも、ケチャップ味がおすすめ。仕上げにケチャップでハート形やメッセージを描いてあげると、彼氏も喜ぶでしょう。


2. ご飯がすすむ「カレーライス」

年代に関係なく彼女に作って欲しい料理のトップを飾るカレーライス。特に、20代男性はカレーが大好きです。

シーフードやチキンカレーも美味しいものですが、20代男性にはがっつりお肉の入ったカレーライスを作ってあげましょう。お鍋一つでできるので、一人暮らしのお部屋でも作りやすいのも魅力ですよね。

また、肉食系の男性なら、トンカツやハンバーグを合わせても喜ばれます。さっぱりとしたサラダも付け合わせに作ると、好感度が高まります。


3. 嫌いな人はほとんどいない「鶏のから揚げ」

家庭料理の定番の味といえば鶏のから揚げ。カラッとジューシーに揚げたから揚げは、食欲旺盛な20代男性ならパクパクといくらでも食べられそうですが、お店で頼むと意外と量が少ないですよね。家で作る時には大量に作って好きなだけ食べられるので、20代男性に喜ばれます。

彼氏のお部屋で揚げ物をするのが難しいという場合でも、少量の油でも作りやすいから揚げならフライパンでも美味しく作れますよ。


30代男性が好む手料理のメニューとは

30代の男性が彼女に作って欲しい料理といえば、家庭的な印象を与えるお料理です。

結婚も意識するようになる年代だからこそ、味噌汁や肉じゃがなど、毎日の食卓に出されるような家庭的なお料理が喜ばれます。彼女が家庭的なお料理を美味しく作ってくれたら、「良いお嫁さんになりそうだな」って思ってしまいますよ。


1. 家庭の味を意識する「味噌汁」

「僕のために味噌汁を作ってくれませんか」というのがプロポーズの台詞になるくらい、味噌汁というのは温かい家庭をイメージさせるお料理です。

結婚を意識し始める30代の男性にとっては、味噌汁を美味しく作れる女性というのは好感度が高いです。逆に、味噌汁もまともに作れないとなると、幻滅されてしまうかも。

家庭や地域で味に差がある料理なので、彼の好みもしっかり掴んでおきましょう。


2. 手料理の鉄板メニューともいえる「肉じゃが」

20代よりも和食を好むようになる30代男性に人気なのが肉じゃがです。炭水化物とタンパク質を一緒に取れる万能メニューで、食べ応えがあります。他の和風料理と比べて味が濃いめなのも、男性が喜ぶポイント。ほっくりとしたじゃがいも、しんなり甘い玉ねぎ、ホロっと柔らかく煮えた牛の薄切り肉と、食材の旨みが凝縮されほっこり温まる家庭料理です。

肉とジャガイモを皿の中で分けて盛り付けると、見た目が綺麗になります。サヤエンドウやニンジンを入れて彩も加えてもおすすめ。


3. 人によって作り方が異なる「餃子」

中華料理の定番である「餃子」も、30代が彼女に作って欲しい料理の一つ。皮から手作りするのは大変なので、肉餡だけ作って皮を包むだけでも十分喜ばれます

餡に入れるお野菜や調味料は、家庭によってマチマチ。冷凍の餃子やラーメン屋で食べる餃子とも違った味で勝負しましょう。

餃子は一緒に包むという作業も楽しいもの。彼女が手際よく綺麗な形の餃子を作っている姿を見たら、感動してしまうかもしれません。


40代男性が好む手料理のメニューとは

仕事の付き合いなどで美味しいレストランで食事することも多い40代男性は、舌が肥えてるのでは?と思いがち。

しかし、40代の男性が彼女に作って欲しい料理では、煮物などの家庭的な料理が上位に上がります。

外で美味しいものを食べる機会も多い反面、手作り料理では洋食よりも家庭的な和食が人気なのです。


1. 和食好きな男性なら「筑前煮」などの煮物類

和食好きの40代男性が彼女に作って欲しい料理といえば煮物。一人暮らしの男性の場合、煮物を作ることはほとんどないので、彼女に作ってもらえると嬉しいようです。また外食が多い男性には、さっぱりとした煮物がことさら美味しく感じられます

煮崩れせずにしっかりと味の染みた煮物が作れる女性は、それだけで料理上手の太鼓判をもらえます。レンコン、ゴボウ、サトイモなど、根菜をたっぷり使った美味しい煮物を作ってあげましょう。


2. 魚を好んで食べるなら「サバの味噌煮」

40代の男性が好む魚と煮物を両方クリアする、サバの味噌煮も彼女に作って欲しい料理の一つ。難易度が高い印象がありますが、意外と簡単に作れます

さばの味噌煮に使うのは、中骨がついた「真さば」の切り身がおすすめ。骨から旨みが出て、味わい深い味噌煮が作れます。似ている途中でサバの皮が破けてしまわないよう、あらかじめ切り込みを入れておきましょう。

煮る前に霜降りをしておくと、サバ特有の臭みを抑えることができます。煮あがったサバの味噌煮には、シャキシャキの白髪ねぎも添えましょう。


3. サイドメニューだからこそ腕が分かる「きんぴらごぼう」

彼女に作って欲しい料理というとメインディッシュがほとんどですが、お料理上手の女性はサイドメニューもしっかり作れます。

特にきんぴらごぼうは、和食メニューの付け合わせの王道。和食を好む傾向が強くなる40代の男性が喜ぶお料理です。和食ご飯で後一品欲しいなという時に、手際よくきんぴらごぼうを作れる女性は家庭的な印象がありますよね。

きんぴらごぼうを美味しく作るコツは、食材の切り方。ささがきにするか、細切りするか、短冊切りにするかで、食感もかなり違います。彼の好みを掴んでおくと良いでしょう。


彼氏に手料理を振る舞う際に確認しておきたいポイント

いくら彼氏にサプライズで手料理を振る舞いたいと思っても、いくつか確認しておいた方が良いことがあります。

ここからは、彼の好き嫌い、食べられないもの、彼のキッチンにある設備や調味料など、手料理を振る舞う前に確認しておきたいことをご紹介します。


ポイント1. 好物を事前にリサーチしておく

普段から料理好きで自信のある女性ならまだしも、いきなり「○○を作って欲しい」と彼氏に言われても困ってしまいますよね。彼氏の好物はあらかじめ聞いておいて、レシピも探しておきましょう。

また、いくらレシピがあるからといって、ぶっつけ本番では失敗してしまうことも少なくありません。可能なら彼氏に振る舞う前に自分で作って練習しておきましょう。


ポイント2. 反対にアレルギーや嫌いな食べ物を聞いておく

一生懸命自慢の手料理を作ったとしても、彼氏が嫌いなものやアレルギーで食べられないものだと、お互い気まずくなってしまいますよね。彼氏の好き嫌いや、アレルギーの有無はあらかじめ聞いておきましょう。

また、家庭や地域で味付けや使う食材が大きく変わるものも要注意。彼氏が描いていたイメージと全く違う味のものが出てきたら、がっかりさせてしまうかもしれません。


ポイント3. 彼氏の家で作る場合、キッチンの設備や調味料や器具の有無を確認しておく

他所の家で料理を作るのは、いろいろ勝手が違うので難しいもの。特に彼氏が普段から料理をしないタイプの男性の場合、調理器具や調味料など、「普通の家ならあるはずのモノ」がないことも少なくありません。

「○○を作ってあげたいのだけど、フライパンはある?みりんはある?」など、必要なものは事前に確認しておきましょう。

あまりにも何もない場合は、必要な道具や材料を全部彼氏の家に持参するか、自分の家に来てもらうようにしましょう。


手料理を出す時は感謝の気持ちも添えてみて!

大好きな彼氏に手料理を振る舞う時は、日ごろの感謝を伝えるチャンスです。

「いつもご馳走してくれているから、たまには手料理を作らせて」などと大好きな彼女に言われたら、男性も嬉しいですよね。

お料理上手の彼女がいてくれて幸せと感じてもらえるように、腕を振るいましょう。


男性が喜ぶ手料理を作ってあげましょう。

今回は男性が彼女に作ってもらいたいと思う料理や、年代別のおすすめメニューをご紹介しました。全体的に手の込んだおしゃれな料理よりは、家庭的な味の方が人気のようですね。

彼女が自分のために手料理を作ってくれる時は、多少不出来でもその気持ちが嬉しいもの。お料理があまり得意じゃないという女性も、ぜひ積極的に手料理に挑戦してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事