2017年8月27日

彼女にしたら苦労する?嫉妬深い女性に共通する6つの特徴

嫉妬深い女性の特徴を女性目線より紐解きます。自分に自信がなかったり、相手を心から信用できなかったり。嫉妬に走る女性は、物事をネガティブに捉えがち。相手を本気で思うなら、根気強く向き合って、円満な関係を築きましょう。

女性の嫉妬に頭を抱える男性へ。

嫉妬深い女性に苦労する男性

女性の嫉妬って適度になら可愛いですが、あまりにも酷いとストレスに感じてしまうもの。最初は愛されている証拠だと思って甘くみていると、彼女の嫉妬心がエスカレートする恐れも。
そこで今回は、嫉妬に狂う女性の6つの特徴を女性目線より詳しく解説していきます。なぜ必要以上に嫉妬してしまうのか?心理や特徴を理解すれば、上手な対処法が見えてきますよ。


嫉妬深い女性の特徴1. 常に特別扱いされていたい

嫉妬深い女性は自分が大好き

承認欲求が強い女性は、嫉妬心も比例して強い人が多く見受けられます。そのため、恋人や好きな人に対して「常に自分の事が大好きで、大切にしてくれる人」そんな前向きな理想を抱きがち。だからこそ、好きな男性が他の女性と仲睦まじい姿を見ると、必要以上に腹立たしく思ってしまうのです。

【参考記事】メンヘラ気質な女性との上手な付き合い方とは?▽


嫉妬深い女性の特徴2. 心配症で、不安を感じやすい

嫉妬深い女性は心配性

嫉妬深い女性は、基本的に心配症な性格の人がほとんど。人よりも不安になりやすい分、男性の細かい言動・行動に反応してしまうのでしょう。日頃からちょっとしたことで悩んでしまう女性は嫉妬心も強い可能性があるので、軽はずみなアドバイスをしないよう気をつけましょう。

【参考記事】心配症な女性は、安心感を与えてあげるのが効果的▽


嫉妬深い女性の特徴3. 自分に自信がない

嫉妬深い女性は自分に自信がない

【2. 心配症で、不安に感じやすい】に付随していますが、自分に自信がない女性も嫉妬深い傾向にあります。少しでも連絡頻度が落ちたり、素っ気なくされたりするだけで彼氏の浮気を心配してしまう女性も少なくありません。男性から「愛されている」という確信が持てないから、嫉妬に狂ってしまうのでしょう。

【参考記事】男性側も自信を持てば、女性の束縛も上手に対処できるはず▽


嫉妬深い女性の特徴4. 妄想癖がある

嫉妬深い女性は妄想癖がある

女性が嫉妬の感情を繰り広げる大きな要因の一つに、妄想癖が挙げられます。ポジティブな妄想ならまだ良いですが、嫉妬深い女性は基本的に被害妄想ばかり。仮に男友達と遊んでいても、
「もしかしたら女性と会っているんじゃないか?」
そんなことを考えたりしています。想像力が豊かな女性ほど被害妄想も加速するため、被害者意識が強い女性にはくれぐれもご注意を。


嫉妬深い女性の特徴5. SNSのヘビーユーザー

嫉妬深い女性はSNSヘビーユーザー

嫉妬深い女性は、彼氏のSNSを1日に何度もチェックします。コメントなどで他の女性と絡んでいる所を見られると、後に詰め寄られる恐れが。もし相手が日頃からSNSをチェックする人の場合、こまめに履歴を消す。もしくは、SNSの更新頻度を減らすなど対策を練ることをおすすめします。


嫉妬深い女性の特徴6. 感情のコントロールが苦手

嫉妬深い女性は起伏の差が激しい

嫉妬深い女性は感情の起伏が激しいです。従って、本当は相手を信じたいのに不安が上回ってしまい、自分の感情をつい相手に押し付けがち。自分の感情を上手くコントロール出来ない女性は感情の浮き沈みも激しいので、相手のペースに飲まれないよう十分に気をつけましょう。

【参考記事】起伏の差があまりにも激しいと、それは“メンヘラ女”の確率が高め▽


嫉妬深い女性は、基本的に自分が重いと気付いていない。

嫉妬深い女性はほとんどが無意識

嫉妬深い女性は、自分が束縛をしたり、嫉妬していたりすることに気付いていません。そのため、まずは相手の不安を取り除くことに尽力しましょう
また、「嫉妬してる◯◯の顔ってすごく怖い。俺、そんな顔見たくない。」と諭してみるのも効果的。彼女の良心に訴えることで、自分を抑えようと改心してくれるはず。相手を心から大切に思うなら、真摯に根気強く向き合い、良好な関係を構築してくださいね。

【参考記事】彼女の元彼トークには、男性も妬いたほうが効果的かも?▽

【参考記事】知らぬ間に、自分もソクバッキーになっていないか注意しましょう▽

【参考記事】日頃から束縛が激しいカップルは、基本的に長続きしないもの▽

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。