恋愛に向いてない人の特徴|恋をするメリットと前向きにな気持ちになる方法を解説!

恋愛に向いてないと感じる人へ。本記事では、恋愛に向いてない人の特徴から、恋をするメリットまで大公開!前向きにな気持ちになる方法も解説していきます!

恋愛に向いていない人と感じる人の割合は?

恋愛に向いてない人の特徴

付き合えない相手ばかり好きになってしまったり、付き合えても恋愛関係が長続きしなかったり。

「自分は恋愛に向いてないのではないか?」と悩んだことって誰しもあるはず。

あるアンケートによると、「自分が恋愛に向いていると感じるか?」という質問に、4割以上の人が「向いていない」と回答したそうです。

10人中4人以上が自分は恋愛に不向きと感じている計算になり、恋愛に苦手意識を持っている男女が大変多いことが分かります。

そのため、自分だけが悩んでいると思いすぎないようにしてください。


「恋愛に向いていない」と感じる瞬間は?

「付き合ってもすぐに別れてしまう自分は、恋愛に向いてないのかな」

「周りの友達はみんな恋愛してて幸せそうだけど、恋愛している自分は想像できない」

友達や同僚が恋バナで盛り上がっている時に、会話の輪にうまく入れず疎外感を味わった経験がある方も多いはず。

一体どんな時に自分は恋愛に向いていない、と感じるのでしょうか。

ここからは、「恋愛に向いていない」と感じる瞬間を紹介します。


瞬間1. 仕事にやりがいを強く感じている時

自分の好きな仕事ができて充実している時は、恋愛よりも仕事の優先順位の方が高くなり、より多くの時間と労力を仕事に注ぎたくなります。

例えば、

  • なりたい職業につけて一生懸命修行している最中
  • 仕事で大きな成果を出して昇給や昇進という形で認められた時

など、自分にとって大切なのは恋愛よりも仕事だと感じるでしょう。


瞬間2. 一人でイベントを過ごしても平気だった時

自分の誕生日やクリスマスなどのイベントが近づいてくると、恋人がいないと「寂しい」という心理になりやすいもの。

しかし、恋人がいなくてもイベントを楽しく過ごせた時「別に恋人がいなくても平気」という気持ちになります。

  • 自分の誕生日に友達が盛大にお祝いをしてくれた時
  • クリスマスに実家の家族と集まって、ワイワイと家族水入らずの時間を楽しんだ時

など、自分には恋愛は必ずしも必要じゃないと感じます。


瞬間3. 一人の時間が充実している時

没頭できる趣味がある人や一人で過ごす時間が好きな人は、恋人と四六時中一緒にいることがストレスになることも。

  • 何もやる気が出ない週末、家で一人でぐうたらと過ごしている時
  • 誰にも気兼ねすることなく映画を夜中観たり、プラモ制作やクラフトで何時間も費やしたりする時

などは、恋人がいないからこそ可能な時間。

一人でも充実した時間を過ごせるので満足してしまいます。


瞬間4. 友人の恋愛話を聞いて羨ましくなかった時

恋愛したい気分の時は友達の恋バナが羨ましく聞こえますが、そうでない時は友達の恋愛話を聞いていても全く羨ましく感じません。

例えば、

  • 友達の彼氏や彼女の話を聞いていて、「自分なら疲れるな」と思う時
  • デートでどこかへ行ったという話を聞いても、格別楽しそうには聞こえなかった時

など、他人の恋愛話を聞いても羨ましく思えない時は、「自分は恋愛に不向きだな」と感じる瞬間です。


瞬間5. 異性と二人で過ごすのが面倒に感じた時

友達との時間が楽しくて充実していると、異性と二人きりで過ごすのがめんどくさいと感じることもあるでしょう。

例えば、

  • 異性がいる場では緊張してしまい上手く喋れない時
  • 異性と共通の話題が見つからずに会話が盛り上がらない時

など、異性に気を遣うのがめんどくさいと感じ、「同性の友達が一番楽!」と思ってしまうのです。


瞬間6. 恋愛で大きな失敗をした時

恋愛がうまく行っている時は恋愛の向き不向きなど考えないものですが、辛い失恋を経験すると恋愛に対する自信を失ってしまうもの。

  • 恋人に浮気をされたり二股をかけられたりした時
  • 付き合っていた恋人から「別れたい」と一方的に別れを告げられた時

などの失恋体験はトラウマになりがち。「恋愛に向いてない」と落ち込んでしまう瞬間です。


瞬間7. 恋人の存在が邪魔に感じた時

恋人といる時間は大切ですが、恋人がいなければもっと自由にできると感じることもあるでしょう。例えば、

  • 仕事が忙しくて、恋人との時間を作ろうと無理をするのが疲れる時
  • 恋人との時間を優先して、自分の趣味の時間がなかなか取れない時
  • 友達と飲んでいて帰りの時間を気にするのがめんどくさいと感じた時

などは、「恋愛に不向きなのでは?」と感じやすい瞬間です。


恋愛に向いていない人の特徴|共通点から自己診断してみよう!

「自分は恋愛に向いていない人なのか知りたい!」

「恋愛がうまく行かないのは恋愛に不向きだから?」

恋愛に向いている人と向いてない人は、何がどう違うのか分からないという方は多いはず。

そこで、ここからは恋愛に向いていない人の特徴を詳しく解説します。

自分が恋愛に向いてないのかどうか気になるという方は、ぜひ自己診断してみてください。


特徴1. 人見知りで一定の距離を保ちながら接する

シャイで内気な性格の人は、恋愛が苦手な印象。

人見知りなので初対面の人とはうまく話すことができず、心が打ち解けて親しくなるまでに普通の人の何倍も時間がかかってしまいます。

  • 合コンや飲み会で素敵だなと思う異性がいても、緊張して全く喋れない
  • ある程度仲良くなっても、相手の名前をさん付けで呼び、いつも敬語を使う

など、相手との距離がなかなか縮まりません。

そのため、せっかく知り合っても恋愛関係まで発展させるのが困難になってしまうのです。


特徴2. 仕事や友人関係などが充実している

自分の生活の中で恋愛よりも大切なものがあると、わざわざ恋愛する必要性を感じなくなってしまいますよね。

仕事、友達付き合いや趣味など、恋愛よりも優先したいものがある人は恋愛に不向きです。

  • 仕事が充実していて、恋愛している暇がないと感じる
  • 交友関係が広くて飲み会や合コンに誘われることが多く、恋人がいなくても退屈しない
  • 恋人と過ごすよりは趣味に没頭する時間が欲しい

など、恋人に使う時間がないと感じてしまうため、恋愛に集中できないのです。


特徴3. いつも決まった友人と遊んでいる

気の合う友達のグループが合って暇さえあれば集まって遊んでいるという人は、友達さえいれば恋人はいらないという心理に陥りがち

  • 週末には誰かの家に集まって飲み明かす
  • 仕事帰りに食事したい時、LINEをグループに送るだけで誰かが付き合ってくれる
  • 連休や年末年始には、友達グループで旅行に行くことがある

など、結束の固い友人がいれば恋人などいなくても楽しく過ごせるという理由で、わざわざ恋愛する必要がないと感じるのです。


特徴4. お金や時間は自分のことで精一杯

恋愛中は恋人のためにお金や時間を使うことが多くなりますが、余裕がない時は負担に感じることもありますよね。

  • 仕事が忙しくて恋人と会う時間を作るのが大変
  • 目標があって貯金をしている最中なので、デート代などの交際費が惜しい
  • 金銭的に余裕がなくカツカツの生活をしている

などの場合、日々の生活が自分のことで精一杯。時間的、金銭的な余裕がないのを理由に、恋愛に消極的になってしまいます。


特徴5. 異性に求める理想が高すぎる

周りから見たら申し分ない相手でも、理想が高過ぎて満足できない人っていますよね。

恋人に対して要求する条件が非現実的な人は、実際に目の前にいる相手の欠点ばかりが目についてしまいます。

  • 俳優やアイドルが大好きで、恋人にも芸能人並みの容姿やスタイルを求めている
  • 高学歴、高身長、高年収の、いわゆる三高狙いで、一つでも条件に欠けていると相手にしない

など、現実には存在しないような人を求めているため、なかなか恋愛ができません。


特徴6. 恋愛に依存する体質

恋愛をすると仕事や他の人間関係を投げ出してしまい、周りが見えなくなってしまう人もいるでしょう。

恋愛に依存する度合いが高い人は、両親からの愛情不足などが原因で人より「愛されたい」という心理が強くなっているのです。

  • 恋人が他の異性と喋っただけでも嫉妬する
  • 恋愛中は恋人との約束を最優先して、仕事や人付き合いを疎かにする
  • 少しでも離れていると不安を感じるため、恋人を束縛する

などは、恋愛に依存している証拠。恋愛中は自分を見失いやすく失敗することが多いです。


特徴7. 異性とのマメなやりとりが嫌い

もともとマイペースな性格で、恋人関係に不可欠なマメなやり取りが苦手という人もいますよね。

付き合ってすぐはマメにやり取りしていても、付き合いが長くなるにつれ素の自分が出てしまいます。

  • LINEやメッセージを返すのを忘れてしまい、相手を不安にする
  • 会えない日に恋人と電話をしていても、長くなると飽きてしまう

など、マメさに欠けるのも恋愛に不向きな人にありがちな特徴。

放っておっくと1週間でも2週間でも連絡なしなどということもあり、恋人に心配をかけるのです。


特徴8. なかなか主張を曲げようとしない

頑固でプライドの高い性格の人は、もともと他人に合わせるのが苦手です。

いくら恋人でも自分の主張を曲げて相手に合わせようという気がないため、些細な理由で喧嘩をしてしまいます。

  • 生活全般のこだわりが激しく、自己流以外は認めない人
  • 政治などに対して一家言ある人で、他の人の意見を聞き入れない

など、自分の主張を曲げようとしない人は、恋人に対しても同様に振る舞うため、お互いにストレスが溜まってしまうのです。


特徴9. 恋愛のドキドキだけが好き

熱心にアプローチをかけていた異性とめでたく付き合えたのに、あっという間に別れてしまう人っていますよね。

毎回同じパターンで、熱しやすく冷めやすいタイプの人は恋愛しても長続きしません。

  • 一目惚れしやすい性格で、付き合ってもすぐに別れたいと思ってしまう
  • 初デート、初キス、初お泊りなど、恋愛のステップを踏んでいくのが好き

などの人は、恋愛のドキドキした気分を味わいたいだけで、安定した穏やかな交際には興味が持てないのです。


特徴10. 恋愛経験が極端に少ない

恋愛をあまりしたことがない人は、経験が少ないため異性に対する接し方が分かりません。

例えば、

  • 異性とどんな話をしたら良いのか分からず口数が少なくなってしまう
  • 気になる異性ができても声をかけたり連絡先を聞いたりすることができない
  • 相手が脈ありなサインを出していても気づかない

など、恋愛関係へ発展させるのに必要なノウハウが分からないため、交際に至ることができません。

参考記事

【編集確認!!】タイトルが見つからないため、確認する必要有りkuro

タップすると移動します

特徴11. 「デリカシーがない」と言われてしまうことがある

「人に対する思いやりが欠けている」とか「空気読めないね」など、友達や同僚に言われたことがある人もいるでしょう。

人の気持ちに寄り添ってあげることのできない人は、恋人の気持ちにも鈍感なことが多くて恋愛に不向き

  • 「友達の〇〇ちゃんって、すっごく可愛いね」など、恋人の機嫌を損ねる発言をしてしまう
  • 「〇〇はボンボンだから甘いよな」など自分は軽い気持ちで言った言葉で、友達を傷つけたことがある

など、デリカシーに欠ける発言が多い人は、交際している相手の気持ちも傷つけてしまう可能性が高いです。


特徴12. ちょっとしたことですぐに感情的になってしまう

ちょっとしたことで怒ったり機嫌を損ねたりすることも、恋愛に不向き人の特徴の一つ。

冷静に考えることができず感情的な言動で周りの人を振り回します。

  • 些細なできごとで「今日は楽しかったのに、台無しだわ」など大袈裟に怒る
  • 友人や恋人と喧嘩する時に感情が暴走してしまい、支離滅裂なことを言う

など冷静さに欠ける言動が目立つ人は、恋人に対して感情的に怒るなど、冷静な話し合いができないため喧嘩が多くなってしまいます。


特徴13. ふざけた人が苦手である

真面目な性格の人は何事も真剣に捉えてしまうことが多く軽いノリは苦手。

異性と知り合った時も、時間をかけて慎重に距離を縮めていきます。

  • 恋愛感情は相手をよく知ってから抱くもので、一目惚れなどは考えられない
  • 軽いノリで異性に「好き」と言ったり、気のある素振りをできない

このように感じる人は、恋愛に対して生真面目です。

相手を好きになるまで普通の人よりかなり時間がかかるため、軽い気持ちで恋愛できません。


恋愛をするメリット|好きな人を作るとどんな良いことがあるの?

「自分は恋愛に向いてないからそれでいいや!」と割り切らないでください。

好きな人を作って恋愛するメリットはたくさんあります。

ここからは、好きな人を作ると実際にどんな良いことがあるのか、恋愛のメリットを具体的に解説

恋愛体質になりたいという人はぜひ参考にしてみて。


メリット1. 何をするにも活力になる

恋愛をしていると、何気ない日常生活の中に楽しみが見い出せるようになります。

好きな人の姿を見かけたり、少し言葉を交わしたりするだけで気分が上がって、「今日も一日頑張るぞ!」と活力をもらえることもあるでしょう。

普段は憂鬱な雑用の仕事でさえも、好きな人が近くに居たらウキウキ気分で取りかかれます。

好きな人を作ることで、何をするにもやる気が出るのがメリットです。


メリット2. 人生経験になって深みのある人間になれる

相手と共に過ごす喜びや、恋人との行き違いで感じる怒り、別れた時の深い悲しみなど、恋愛中はいろいろな喜怒哀楽を経験します。

自分以外の人を大切に思う気持ちや相手を理解しようとする努力など、恋愛によって人として大きく成長できるもの。

恋愛を経験することで人間としての深みが出て、より成熟した魅力的な大人になっていけるのです。


メリット3. 自分磨きに力が入る

「恋する女性は美しい」とよく言われるように、恋愛中は好きな人に振り向いてもらうために、自分磨きに拍車がかかります。

髪型、メイク、ネイル、ファッションなど、普段以上に気を配るので、周りからも「なんか綺麗になったね?」と言われることも。

恋をすることでより魅力的な自分になれるのは、恋愛の大きなメリットと言えるでしょう。


メリット4. 目標ができる

好きな人ができたら、めでたく交際できるのを目標にして、徐々に相手との距離を近づけたいと考えますよね。

いきなり告白するのは無理でも、

  • 朝目が合ったら挨拶をする
  • 2人きりで会話をする
  • デートに誘う

などの段階を踏みながら、交際という目標に向けて前進していきたいと思うもの。

「今日は明るい笑顔で挨拶しよう」「デートに誘ってみよう!」などの目標ができるので毎日が刺激的になります。


メリット5. 他人の気持ちに敏感になれる

恋愛をすると感情の揺れが大きくなって一喜一憂することが増える分、周りの友達や同僚に対しても気遣いができるようになります。

  • 同じく恋愛中の友達や同僚に共感できるようになる
  • 人の親切や気遣いに、よく気が付くようになる
  • 辛い思いをしている友達や同僚に対して優しくなれる

など、人の優しさに気づいたり人を気遣う優しい心が持てたりできるようになれるのは、恋愛のメリットです。


メリット6. 生涯のパートナーを見つけられる

好きな人と結婚し、人生を共に歩んでいくというのを夢見ている人も多いでしょう。

そんな絵に描いたような理想的な未来は、恋愛がないと始まりません。

今目の前にいる好きな人が、もしかしたら一生大切にしたいと思えるかけがえのないパートナーになるかも。

生涯のパートナーを見つけられることが、恋愛の究極のメリットと言えるでしょう。


恋愛に前向きになる方法|恋愛が向いている人なるには?

「恋愛に不向きな性格なのは分かっているけど、恋愛を諦めたくない!」

「恋愛に前向きになるためには、どうすればいい?」

自分は恋愛に向いていないと自覚している人でも、幸せな恋愛には憧れますよね。

恋愛に不向きな人でも素敵な恋愛をすることは可能です。

それでは、実際にどんなことを実践すれば恋愛ができるのでしょうか。

ここでは、恋愛が向いている人になれる7つの方法を紹介します。

恋愛体質になれるよう、ぜひ実践してみてください。


方法1. 自分磨きをして自信を持つ

自分に自信がなくて恋愛に消極的な人は、自分に自信を持つことで恋愛にも前向きになれることがあります。

例えば、

  • Youtubeなどから、新しいメイク方法を学ぶ
  • 信頼できる美容師さんに雰囲気が変わるようなヘアスタイルを提案してもらう
  • スポーツやダイエットを始めて身体を引き締める

など、自分を磨くことに挑戦してみましょう。

日頃から自分を磨きを怠らず、いつでも恋愛できる状態にしておくことが大切です。


方法2. いろんな人と出会って運命の人を見つける

多くの異性と知り合うチャンスがあれば、その中から一人か二人は恋愛してみたいと思う相手に出会えるはず。

周囲に恋愛対象になるような男性がいないなら、まず出会いを増やすことに挑戦してみましょう。

例えば、

  • 飲み会や合コンに誘われたら億劫でも必ず参加する
  • 友達の友達を紹介してもらうなど、交友関係を広げる
  • 異業種交流会などに参加して人脈を広げる

などを試してみましょう。出会いの数だけ恋のチャンスも増えると考えるのがポイントです。


方法3. 過去ではなく未来に目を向ける

過去の失恋がトラウマになっていて恋愛に積極的になれない人は、気持ちを整理して初めて新たな恋をしようという気持ちになれます。

  • 幸せだった頃を思い返して、「恋愛したこと自体は良かった」とポジティブに考える
  • 過去の失敗は将来の幸せのために必要なことだったと考えるようにする
  • 元カレや元カノとの思い出の品や写真などは整理して、ゼロからスタートする

など、気持ちを切り替えてみて。

いつまでも過去の恋愛にとらわれないよう、自分の中で浄化させることが大切ですよ。


方法4. 幸せそうな友達の恋バナを聞く

自分に浮いた話が全くない時は、結婚して幸せそうな友達や恋愛真っ最中でラブラブな友達と会うのが憂鬱になることもありますよね。

しかし、友達の幸せそうな様子を見ることで「恋愛って楽しそう。あんな風になれたらいいな」と思うことができるでしょう。

  • ラブラブの新婚の友達の自宅へ遊びに行く
  • 恋愛中の友達と会った時は、のろけ話にとことん付き合う

など、幸せオーラのおすそ分けをしてもらいましょう。

ただし、恋人や配偶者の愚痴を聞かされてしまうと逆に恋愛に幻滅してしまうため、素直に羨ましいと思える相手を選んでくださいね。


方法5. 恋愛と趣味を同じくらい楽しむ

趣味が充実しているから「恋愛はいいや」と感じる人もいるはず。

しかし、趣味に100%の熱量を注ぐのではなく50%ぐらいにして、恋愛にも目を向けてみることも大切です。例えば、

  • 趣味のサークルや習いごとを通じて、共通の趣味を持つ異性と知り合うようにする
  • 趣味に没頭する時間も大切にしつつ、友達との飲み会や合コンにもたまには参加する

など、趣味だけに偏らず、恋愛も趣味もバランスを取ることが大切ですよ。


方法6. 男性をたくさん褒めてみる

周囲に恋愛対象になる男性が周りにいないという女性は、身近にいる男性の良いところに気づいていないだけかも。

なので、周囲にいる異性の長所を積極的に探す訓練をするのがおすすめ。例えば、

  • 「〇〇君は気遣い上手、映画に詳しい」など、仲の良い男友達の長所を考えてリストアップしてみる
  • 「〇〇さんの準備する書類っていつもきっちり正確だね」など、良いところ褒める

など、周りにいる男性の良いところを意識するように努力してみて。

実際に口に出して褒めると、相手からも「あれ、僕のこと気になっているのかな?」と意識してもらいやすいですよ。


方法7. 恋愛系の映画を見てキュンキュンする

長年恋愛していない、恋愛経験が全くないという女性は、恋愛でトキメク感覚が身についていないのかも。

恋愛映画や恋愛ドラマなどを観て疑似的なトキメキを感じると、「私も実際に恋したい!」と思えるようになりますよ。

  • 自分に近い年齢や職業が主人公の恋愛ドラマを観て、感情移入する
  • 好きなアイドルや俳優の出ている映画やドラマを観てドキドキする

などを試してみてください。

ドラマや映画のシチュエーションに自分を重ね、実際に自分が恋愛している姿をイメージすることが、恋愛への第一歩になりますよ。


恋愛に向いてないと落ち込む必要はない。楽しいことを見つけて前向きな恋愛をしよう。

過去の失恋のトラウマや何でも深く考えすぎる性格が原因で、「恋愛するのはもう諦めた!」という人もいるかもしれません。

しかし、自己診断で恋愛に不向きだと分かっても落ち込む必要はなく、恋愛に向いていない性格は少しずつ改善していけますよ。

今回ご紹介した恋愛に前向きになれる方法などを試して、恋愛体質になれるように努力してみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事