目標を立てる意味はある?充実した毎日を過ごせる目標の立て方のコツ6つ

目標を立てる事って大切ですよね。そこで本記事では、「目標」と「目的」の違いや、目標を立てる意味やメリット、目標を立てる方法や手順、目標を立てる時のコツまで解説!さらには、挫けそうなときに考えるべきポイントまでお教えしますので、ぜひ参考にしてください。

目標を立てる方法を知りたい人必見!

目標の立て方

仕事やプライベートなど、何事にも目標を立てることは大切ですよね。目標があれば努力の方法やモチベーションのアップにも繋がります。

しかし、適切な目標を立てることはなかなか難しいですよね。間違った目標設定は逆効果になってしまいます。

そこで今記事では、目標の立て方や目標と目的との違いなどをまとめて紹介します。目標を上手に設定して、プライベートにも仕事にも役に立てましょう。


目標を立てる前に知っておきたい!「目標」と「目的」違いは?

目標は具体的なモノ、目的は抽象的なモノとして考えるのが分かりやすいでしょう。

例えば仕事で言うと、1000万円の売り上げを達成するというのは目標です。その場合の目的は出世する為であったり、お給料をたくさん稼ぐためであったりするでしょう。

目標と目的は密接していますが、目標は具体的なものと捉えておきましょう。


目標を立てる意味は何?目標を立てて得られる4つのメリット

立てた方が良いとされる目標。しかし実際にどんな意味やメリットがあるのか分からないですよね。理由も分からず目標を立てるのは勿体ありません。

素晴らしい目標の効果を手に入れる為には、メリットを理解する必要があります。ここでは目標を立てる意味や、メリットを詳しくまとめました。一体どのようなメリットがあるのでしょうか。


メリット1. 日々のモチベーションが上がる

目標があれば、どれだけ目標に近づいたかどうかが分かります。マラソンでもなんでもゴールが見えていて、近づいているのでモチベーションが上がるもの。

また自分では少し頑張らなければ達成できないような高い目標を立てることも、刺激となりモチベーションが上がります。大きな夢や目標は口にするだけでも、想像が掻き立てられてモチベーションが上がるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


メリット2. 行動が明確になるため、悩みが減る

目標があることで何をすれば良いのか分かります。人間は何かに向かって努力をしている時は充実して、ストレスも少ないものです。

目標がなければ、何に向かって努力をすれば良いのか分からないばかりか、目の前の事すらも何をしたら良いのか分からないという状態に陥りかねません。

目標さえあれば、計画的な確かな行動を設定することが出来るのです。おかげで行動できないジレンマや、余計な悩みから解放されます。


メリット3. 自分の現状を把握することができる

目標を立てることは、未来の姿を思い描くこと。目標の意味は、人生において意味のある事を達成するだけではないのです。

つまりは、現状を理解していなければ目標を立てることはできません。目標立てる過程で、必ず現状を把握する必要があるのです。

自分の現状が把握できれば、本当に必要な努力や「何がしたいのか」「何を重要視しているのか」などの本当の欲求に気が付くきっかけにもなります。


メリット4. やりたいと思った事が実現できる確率が上がる

目標設定をすることで、目標に向かった正しい努力が出来る確率が上がります。効率的な努力が出来れば、目標達成の確率が上がるでしょう。

もちろん、目標を立てれば必ず上手くいくわけではありません。

しかし目標を立てない人は、どこに向かっていけば良いか分からず奔走してしまう可能性が高くなります。目標は立てないよりも立てる方が良いと言えるのです。


目標は今すぐ立てられる!目標を立てる方法や手順とは

目標があれば時間の使い方や、日々の過ごし方にハリがでます。

何かに真剣に向かっている毎日は楽しいですよね。しかし実際に目標を立てるとなれば、少し苦手に感じて手間取ってしまうという方もいるでしょう。

ここでは、目標を立てるにはどのような手順を取れば良いのかをまとめました。ご自身の人生のあらゆる場面に役立てていきましょう。


方法や手順1. やりたい事を紙に書き出してみる

目標を立てるには自分が心から達成したいことを知るのが大切です。やりたいことを紙に書き出し、整理することで自分のやりたいことが明確になります。

目標設定が苦手な人は、何がやりたいことが分からないという人が多いでしょう。なので何も考えずに紙にやりたいことを書き出すことが大切です。一見関係ないことでも、目標設定のきっかけになる事があります。


方法や手順2. 目標達成のための問題点を分析する

問題点が明確になれば何をすれば良いのかが分かります。例えば「海外旅行に行きたい」という目標を設定したとします。

その後は、なぜ現状で行けないのかを考えましょう。

「お金がない」「時間がない」「日本語しか喋れないので怖い」など問題点が出てくると思います。問題点を解決さえすれば目標は達成できるはずですので、一つずつ解決しやすいように分析しましょう。


方法や手順3. 目標達成のために「何が分からないのか?」を認識し、必要な情報収集をする

目標に対しての情報が足りないと良い努力は出来ないでしょう。例えば「宇宙飛行士になりたい」、「売れっ子作家になりたい」という目標の場合で説明します。

宇宙飛行士の場合はどのような素質が必要で、どのようなキャリアを積む必要があるか知る必要があります。

売れっ子作家の場合は、何をもって売れっ子作家となるのかが分からなければ、作品の作り方や、売り込み方も分かりません。情報収集を行って必要な情報が集まれば、自然と何をすれば良いのかが明確になってきます。


方法や手順4. 具体的な行動をスケジュールに落とし込む

達成したい目標だけを立てても行動につながらなければ意味はありません。目標を立てる際には、具体的な行動をスケジュールに組み込みましょう。

具体的な行動とは、「本を読む」などではなく、「○○の本を○○ページ読む」などまで落とし込むことです。数字を付けると一気に明確になるため行動を開始しやすく、終わりも見えるので集中力も続きやすくなります。


方法や手順5. すぐに行動に移す

当然ですが、目標は立てただけでは達成されません。実際に行動を起こしていって達成されるものです。目標をもとに行動スケジュールを立てたらすぐに行動しましょう。

目標を立てたときは基本的には一番モチベーションが高い状態。その一番エネルギーがある時に、一気に行動を起こし、流れやリズムを作って、良い習慣を作っていくことが大切なのです。


上手く目標を立てるには?目標を立てる時の6つのコツ

何かを達成するために目標を立てることは素晴らしいこと。目指すべき場所が明確になれば、効率よく努力できますね。しかし実際に目標を立ててみても、目標を立て慣れていない人や苦手な人は苦戦するでしょう。

ここでは目標を立てる際のコツをまとめていきました。目標を立てるにはただ単に立てるだけでなく、良い目標を立てられるようにしていきましょう。


目標を立てるコツ1. 目標を達成している人に話を聞き、知恵をもらう

上手くいっている人のやり方を真似たり、その人から直接学ぶのは、成功の近道です。一番は自分が立てた目標と同じ目標を達成して人に聞くのが良いですが、単純に困難な目標を達成した人でも構いません。

上手くいっている人から共通点を見出して、活用していくことで必ず目標達成の糧になるでしょう。一人だけでなく複数の人に聞くと効果的です。


目標を立てるコツ2. 自分がワクワク出来る目標を決める

ワクワク出来る目標は、努力も苦にならずにどんどん突き進んでいけます。誰しも人から目標を設定させられた経験があると思いますが、捗ることはなかったでしょう。学校の勉強や、会社の成績目標などはいい例です。

自分で立てる目標ですので、楽しんで行える目標にしましょう。目標の高い低いや、稚拙な目標などでも構いません。一番心躍る目標設定が大切です。


目標を立てるコツ3. モチベーションを維持するための習慣を作る

いくら良い目標が設定できても、人間ですので挫けてしまう時もあるでしょう。しかしそこで諦めてしまってはいけません。立ち止まっても良いので、また努力を始めれば、いつか目標にたどり着くのです。

そのためには努力を習慣化するのが一番の方法です。何も考えずに努力が出来れば、自然と行動ができ、目標に近づいてくればまたモチベーションも戻ってくるでしょう。


目標を立てるコツ4. 誰かに公表して、自分にプレッシャーをかける

目標達成失敗の理由の一つに怠惰心があげられます。「自分一人のことだからいいや」「誰にも怒られないしいいや」という気持ちが働いてしまい、ついつい努力が疎かになったり、後回しになってしまう危険性があるでしょう。

人に公表することで、「達成しなければ恥ずかしい」という気持ちが働き、努力をする後押しとなります。


目標を立てるコツ5. 目標は定期的に見直し、方向性が正しいか確認する

最初に立てた目標が正しいとは限りません。自分のライフステージによって達成したい事が変わるのは当たり前です。

目標設定を見直さなければ、ゴールに到達した時に思っていた達成感を得られない場合や、弊害になってしまうこともあります。

1年に1回などの見直し期間を決めることで、最適な目標設定で常に努力し続けることが出来るのです。


目標を立てるコツ6. 目標を立てることに完璧を求めすぎない

目標は変化させたり、修正したりするものです。目標や行動の計画を完璧にこだわりすぎるよりも、早く行動に移した方が良いでしょう。

特にビジネスの場では、動きながら目標設定する事が大切です。時代の流れが速く、いつまでも計画を立てていては、気づいた時には「他の企業が」「他のサービスが」という状態になってしまいかねません。


挫けそうな時に考えるべき3つのポイント

最高の目標設定をして努力を開始出来れば言い事はありません。そのまま努力し続けて目標達成したいですよね。しかし、いくら良い目標を立てることが出来ても、やる気がなくなってきたり、挫けてしまったりすることはあります。

ここでは目標を立てたにも関わらずに、やる気の喪失やくじけそうになった時の対処法をまとめました。一体どのような方法があるのでしょうか。


やる気を出す方法1. 目標達成した時の自分をイメージする

目標達成した時というは、達成感があり気分が高揚するという、誰しもが味わいたい場面だと思います。やる気がなくなってしまう理由の一つに、ゴールが見えなくなるという理由があり、それを防ぐ為に目標達成時の自分をイメージするのです。

高い目標だと、目標達成までの道のりが遠く感じられてしまうもの。思考が「出来る」と思えれば、日々の努力や変わらない現状でも頑張ることが可能でしょう。


やる気を出す方法2. より期間を細分化し、小さな達成をした時に自分を褒める

やる気を失う一つの理由として、目標を達成できる気がしなくなってしまうという理由があります。

期間を細分化して、小さい目標をその都度達成していければ、ゴールに近づいている感覚が何度もやってくるので、やる気を維持することが出来ます。

「どんどん目標に近づいている」と自分を褒めてあげましょう。


やる気を出す方法3. やる気が出る”本”や”名言”、”映画”などを用意しておく

自分のやる気が出るものを知っていれば、やる気を失った時に使用しましょう。本や名言、映画などは手軽に容易で出来て、いつでも手元においておけるので非常に便利です。

自分がどんなものを見るとモチベーションが上がるのかを、分析しておくことが大切です。または尊敬する人物、目標とする人物で選んでも良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


目標が達成できなかった時にやって欲しい2つの事

目標も完璧で、たくさん努力をできれば言うことはないでしょう。精一杯努力した経験は、結果がどうであれ貴重な経験や財産になるはずです。

しかし、だからと言って目標が達成できなかった場合、計画が失敗してしまったという事実は受け止めなければなりません。ここでは目標が達成できなかった場合にやってほしいことをまとめました。どのような対処をするのが正しいのでしょうか。


1. なぜ達成しなかったのか?原因を明確にする

目標を達成したなかったからと言って人生は終わりません。また新たな目標を設定して前に進んでいく必要があります。

失敗してしまった目標や計画を見直して、次回の目標に生かすことで、失敗してしまった目標も無駄にはなりません。

「計画が理由なのか」、「行動に原因があったのか」「この行動に意味はあったのか」など分析を繰り返しましょう。


2. 目的を見直し、目標を練り直す

失敗してしまったのは目標に原因がある場合があるのです。例えば「綺麗になりたい」という目的があり、「一か月で3キロやせる」という目標を立てたとします。

しかし、頑張ってダイエットには成功しても、無理な食事制限がたたって肌や髪がボロボロになってしまうなどは、目標設定の悪い例です。

この場合は「食事の量は変えずに、運動量を増やして3キロ痩せる」などに練り直せば良いでしょう。


目標を立てて、毎日を充実させましょう。

人生とは何が起こるか分からないものです。しかし目標設定することは、目標を達成するかしないかに関わらず、今の自分より素晴らしいものになれるでしょう。

闇雲に頑張って出した結果よりも、狙って出した結果の方が再現性が高いですし、たとえ結果がでなくても計画力や忍耐力がつきますよね。

仕事もプライベートも充実させるために、目標を立てていく必要があります。良い目標を立てるために試行錯誤して、人生を充実させましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事