“全てがめんどくさい”と思ってしまうのはなぜ?やる気を復活させる対処法を解説

めんどくさいと思ってしまっている人へ。本記事では、めんどくさいと思ってしまう心理や原因から、めんどくさいと感じた時の対処法まで大公開!めんどくさくてやる気が起きない人は、ぜひ参考にしてみてください!

めんどくさいと思ってしまう原因|どんな心理からくるの?

めんどくさいと思ってしまう原因

目覚ましが鳴ってたって、すぐに動きたくない。朝目が覚めて、真っ先に思うのが「めんどくさい」。

なんでもかんでもすぐに「めんどくさい…。はぁ…。」と、思ってしまうのは、一体なぜなのでしょうか?

まずは、めんどくさいと思ってしまう原因や心理、理由についてチェックしていきましょう。


めんどくさいと感じる原因1. 強制されているから

自分の意思とは関係なくしなくてはならない時、めんどくさいと感じやすくなります。

「ホントはやりたくないけど、今日中に提出してって言われてるし。」

「いい加減誰かと恋愛しろって言われるけど、誰かとデートとか考えるだけでも面倒。」

なぜなら、やる気がないから。本当は、やりたくないから。

できる事ならやりたくないし、やめていいと言われたら、今すぐ速攻でやめたい気持ち満載で取り掛かるため、心の中は、ひたすら「ホントめんどくさい。もうやだ。」とぐるぐる思ってしまうのです。


めんどくさいと感じる原因2. 義務感を感じているから

本当はやりたくないけど自分の他にやる人がいない場合、義務感だけで物事を片付けなくてはならないため、どうしてもめんどくさく感じてしまいます。

「みんな帰っちゃったから、この企画書、明日までに一人で仕上げなきゃ。」

「夕食の準備そろそろしなきゃ。みんな帰ってくるし。」

などと、仕事や家事など、自分の代わりにやってくれる人や手伝ってくれる人がいない場合、やる気がなくてもただ義務感だけで重い腰を上げなくてはなりません。

それって、ひたすら、めんどくさいだけ。


めんどくさいと感じる原因3. 疲れているから

仕事やプライベートが忙しすぎて、ゆっくり疲れをとる暇がないと、心に余裕がなくなりがち

そのため、些細な事でも、ついついめんどくさいと感じてしまいます。

いつもなら、ワクワク心待ちになれる趣味のお誘いなども、疲れていると、そのお誘い自体をめんどくさく思ってしまうのです。

特に、身体より心の方が疲れていると、めんどくさいと感じやすくなるので注意しましょう。


めんどくさいと感じる原因4. 飽きてしまったから

決まった手順で決まった物事を淡々と処理していくルーティーンワーク。

何度も繰り返していると、新鮮さが全くなくなってしまいますよね。

新しい刺激が全く感じられないルーティーンワークがめんどくさいと感じるのは、その一連の流れに飽きてしまった証拠です。

先の展開が全て読めてしまうにも関わらず、それでも繰り返さなくてはならない事自体、ひたすらめんどくさいと感じてしまうのです。


めんどくさいと感じる原因5. 思った通りの成果にならないから

「トライ アンド エラー」とはよく言ったもの。

特に、新しい事にチャレンジした場合、最初から全てが上手くいくなんてラッキーな事は滅多にありません。

何度も繰り返して、何度も失敗して、少しずつ少しずつ思い通りの結果に近づいていくもの。

しかし、その試行錯誤が長く続くと、そのチャレンジに対するやる気も少しずつ削がれていきやすくなります。

その結果、「どうせ、また失敗するし。」と、チャレンジする気持ちよりも、めんどくさいと思う気持ちの方が強くなってしまうのです。


めんどくさいと感じる原因6. 嫌なことや苦手な人がいるから

自分が嫌だと思う事や苦手な人を避けたいと思うのは、ごく自然な気持ちです。

でも、それがどうしても避けられないなら?「あぁ、もう、やだ!ホントめんどくさい…。」と、避けたくても避けられない状況にため息をつきたくなってしまいます。

ありえないほど混む満員電車に延々と乗らなくては会社に着けなかったり、同じ部署にいる嫌味ばかり言う同僚と毎日顔を合わせたりするなんて、めんどくさい以外の何ものでもないから。

仕方がないとはいえ、必ず嫌な事があると分かっていると、誰だってなんとかして嫌な事から逃れたいと思ってしまうもの。

しかし、そう簡単には逃れられないのも事実。そして、ひたすら「めんどくさいなぁ…。」と、ただただ思うのです。


全てがめんどくさいと思った時の対処法|どうすればやる気が出てくるの?

「家庭も職場も全部がひたすらめんどくさい!」

そんな風に感じてしまった時、一体、どのように対処するのが良いのでしょうか?

ここからは、全てを放り出してどこかに逃げてしまう前に、試してみたいおすすめの対処法をチェックしていきましょう。

今すぐできる対処法ばかりなので、めんどくさい気持ち満載の方は必見ですよ。


めんどくさい時の対処法1. 体調を整える

心や身体が元気じゃないと、すぐに疲れて「なんだか、めんどくさいな。」と思ってしまいがち。

特に、これといった原因も理由も思い当たらないけど、朝起きるのも、着替えるのも、電車に乗るのも、全てめんどくさいと感じてしまう時は、心や身体が疲れ切ってしまっている可能性があります。

まずは、体調を整えてられるように、身の回りの環境を見直してみましょう。

夜、ぐっすりと質の良い睡眠が取れるよう環境に整えて、1日の疲れをしっかりと癒せるように工夫するのもおすすめです。

また、仕事や家事から少し離れて、心身ともにリラックスして気分転換できるように趣味の時間を作るのも良いでしょう。

心身ともに元気になれると、それまで、めんどくさいと感じていたことにも、不思議とやる気が出てくるようになりますよ。


めんどくさい時の対処法2. 主体的に行動したり、意見を言う

誰かの言う事を聞くだけだったり、言われた通りに行動するだけだったりすると、それは、ただのロボットと同じになってしまいます。

言われた事を淡々とこなすだけでなく、効率よく自分がやりやすいように処理するためには、どのように動けば良いのか、主体的に考えて行動してみましょう。

同じ仕事でも、「自分で考えて動く。自分の意見を言う。」という行為が発生すると、それだけでめんどくさいと感じる気持ちも薄れていきますよ。


めんどくさい時の対処法3. やるべきことをリストアップして可視化する

めんどくさいと考えてしまう理由の1つに、「やらなくてはならないことが山積みで、どのように片付けるのが良いのか分からない。」という場合があります。

そんな時には、やるべき事をリストアップしてみましょう。

  • 今日の午前中に片付けるべき事
  • 今日中に片付けるべき事
  • 明日締め切りの仕事
  • 今週中に終わらせる事

など、優先度が高い順にリストアップして「To Do リスト」を作るのがおすすめ。

このリストがあると、雲より高い山のように見えた仕事も、片付ける順番が目に見えてわかるので、自然とやる気も出やすくなりますよ。


めんどくさい時の対処法4. 達成した後にご褒美を作る

人間って、意外と現金なもの。

ご褒美なしでは全くやる気になれず、「めんどくさい」という思いで一杯だったのに、そのめんどくさい事を片付けた後に、自分へのご褒美があるだけで、俄然やる気が湧き上がってくるのです。

「この報告書を完成させたら、お気に入りのコンビニスイーツを買いに行く!」

「アイロンがけ全部終わったら、昨日録画したアニメを30分だけ見る!」

などと、自分が楽しみにできるご褒美を作る事で、めんどくさい気持ちを乗り越えやすくなりますよ。


めんどくさい時の対処法5. 嫌な要素を回避できないか?考える

めんどくさいと感じてしまう心理は、その原因となる事柄や人間関係が「どうしても嫌!生理的に無理!」という場合があります。

そんな時には、無理に克服しようとするよりも、なんとかして回避する方法を考えてみるのもおすすめです。

例えば、会えば必ず嫌味を言ってくる同僚が会社にいる場合は、その同僚とできるだけ個人的な会話をしなくても良いように行動したり、嫌味を言われても、できる限り反応せず受け流すようにしてみましょう。

嫌味を言う人は、相手の反応を楽しんでいるので無表情で受け流すだけで、手応えを感じず自然と離れていってくれますよ。


めんどくさい時の対処法6. ゲーム的な要素を加え、楽しめる工夫をする

楽しい要素が少しプラスされるだけで、めんどくさい事柄もテンポよく処理しやすくなります。

例えば、山積みになった書類をひたすら処理しなくてはならない時は、時間を区切って「15分以内にどれだけ多くの書類を処理できるか?」など、こっそりゲーム的な楽しみ方をしてみましょう。

さらに、そのゲームに勝つ事ができたら、仕事帰りに1杯飲みに行くなど、ご褒美も用意しておくのがおすすめ

また、退屈でめんどくさい作業も、ゲーム的な楽しさが加わると気分転換代わりにもなりますよ。


めんどくさい時の対処法7. 休憩時間やリフレッシュする時間を設定する

朝から晩まで、延々と同じ作業を繰り返していると、最初のやる気もすぐにどこかに消えてしまいます。

程よく上手にやる気をキープするためにも、定期的に休憩時間やリフレッシュして気分転換できる時間を作りましょう。

自分だけでは、どうしても上手に仕事を区切れない場合は、タイマーをセットしたり、決まった時間になったら友達に電話してもらったりするのもおすすめですよ。


めんどくさい時の対処法8. 一緒に行動する仲間を作る

誰かが一緒に行動してくれると、楽しくお喋りしたり励ましあったりできるので、めんどくさいと感じる暇がありません。

健康のために始めたジョギングや筋トレ、ダイエットなど、最初はやる気があっても、一人でモクモクとストイックに続けられるのは最初のうちだけ。

毎日続けるのがめんどくさくなってあっという間にやらなくなってしまいます。

そんな時には、彼女や彼氏などのパートナーだけでなく、気兼ねなく励ましあえる女友達や男友達と同じ目的に向かって頑張っていると思うだけで、やる気もキープしやすくなりますよ。 


めんどくさい時の対処法9. 完璧にこなそうとしない

「完璧」である事を目指さないようにすると、めんどくさいと言う感情を取り除きやすくなります。

会社でも恋愛でも完璧を目指しすぎると、「完璧にしなくちゃ!」と言うプレッシャーがかかりすぎて、逆に「完璧にできるかどうか分からないから、めんどくさい。いっそのことやめたい。」と、めんどくさい感情がむくむくと大きくなりやすくなってしまうのです。

ミスが多いのは困りものですが、自分のペースで仕事をこなしたり、たまにはおうちでゴロゴロリラックスデートをするなど、完璧を目指すのをやめてみましょう。

「完璧=ゴールではない」と心と身体できちんと理解するようになれば、「完璧」に対するプレッシャーから解放されるので、めんどくさいという感情も湧きにくくなりますよ。


めんどくさいと感じた時は、原因を一つずつ解決してみて。

「めんどくさい…。」が口癖になっている人は、仕事や恋愛、全てにおいて、めんどくさい人になってしまっている可能性があります。

めんどくさい人診断に当てはまる数が多いほど、あなたの中のめんどくさい指数は高いはず。

自分の人生をもっと楽しくするためにも、めんどくさい対処法を参考にめんどくさい人生から抜け出してみましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ