顔が濃い人の特徴とは?顔の魅力を引き立てる方法&濃い顔の芸能人を紹介

男性も女性も一般人より顔が濃い人っていますよね。顔が濃い人は魅力的に見えることが多く、「イケメン」「美女」と周りから羨ましがられる存在です。そこで今回は、顔が濃い人の特徴やメリットを解説し、濃い顔を最大限に活かす方法について紹介していきます。

顔が濃い人って魅力的ですよね。

顔が濃い人の特徴

日本人には様々なタイプの顔が見られますが、中でもはっきりと好き嫌いが分かれるのは、『濃い顔』ではないでしょうか。時代によっても好みは変わり、最近は『薄い顔』に人気を奪われ気味とも言えるかもしれません。

ただし、目鼻立ちのはっきりした濃い顔は、一定の底堅い人気があるタイプであり、イケメン・美人芸能人などにも未だに多く見られがち。

今記事では、その濃い顔について、特徴・メリット・男女別魅力アップの方法・顔の濃い有名芸能人の実例に分けて、詳しく紹介していきたいと思います。

顔の濃い人自身も、濃い顔が好みの人も、その魅力について再認識出来るはず。


褒め言葉なの?「顔が濃い」の意味とは

「顔が濃い」と単純に表現しますが、その意味となると、はっきりと言葉にしにくい部分があるでしょう。わかりやすく、表現の意味を説明したいと思います。

基本的には、目鼻立ちを中心に、顔全体のパーツがはっきりしていることを意味した言葉。一方で、暑苦しい印象を与える顔という要素が、更に含まれてくることもあります。

基本的には、褒め言葉ではありますが、顔のタイプや好みによっては、マイナスのイメージで語られることもあるのです。


顔が濃い人の特徴とは?

顔が濃いと言うだけあって、見た瞬間に強い印象を受けるのが濃い顔の人の傾向です。あなたも、知っている顔の濃い人を思い出せば、大まかなイメージが自然と湧いてくるでしょう。

そして実際に、顔が濃い人にはかなり多くの特徴が見られるのです。

ここからは、顔が濃い人の特徴を、8つの具体例に分類して挙げてみたいと思います。


特徴1. 眉毛が太めでしっかりと生え揃っている

眉毛は顔のパーツの中でもインパクトがあり、太くて濃い眉毛が、顔の濃い人にはよく見られます。濃い眉毛は、顔を凛々しく見せ、自己主張を感じさせる迫力を生み出してくれるでしょう。

また、男性の場合にはヒゲも濃い傾向もあり、併せて男臭さを際立たせて見せます。一方女性の場合には、『強い女性』のイメージを消すため、剃ったり切ったりして、細く見せることもありがち。

眉毛やヒゲがしっかりと生えていることは、顔の濃さを印象付ける上で、大きな要素になっています。


特徴2. 鼻筋が通っていて高い

鼻は顔の中心にあるので、目線を引きつける効果が強く、鼻が高いとスマートな印象を与えます。

日本人は鼻が低く、鼻先もまるまっているパターンが多い一方、顔が濃い人の鼻は、欧米人のように鋭く突き出ています。

イケメンや美人と呼ばれる人のほとんどは、鼻筋が通っているはず。鼻筋が通って高いことは、顔の濃さに大きく影響するとともに、見た目の良さにとっても、かなり貢献する要素になります。


特徴3. 目がパッチリしていて、目力が強い

目は顔の中でも一番最初に注目するパーツの1つであり、顔の濃い人は、目が大きくて目立つと同時に、強い視線を相手に感じさせる傾向があります。

顔の中で、目は強い印象を与える重要なパーツの1つですが、目力が強いと、異性から軽く見つめられるだけでも意識してしまうほどです。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 彫りが深い

顔の濃い人は、大変メリハリのある顔立ちをしています。眉骨が出っ張り、目がくぼんでいて、鼻が高く、顔を横から見た時に、凹凸のある美しい形状をしているのです。

特に男性の場合、横顔が重要と言われることもあり、彫りが深い男性はイケメンと呼ばれやすいことも。

彫りの深さは、顔の濃い人に見られがちな特徴であり、顔の造形を際立たせてくれる効果があります。


特徴5. 目と眉毛の距離が近い

目と眉毛の位置関係は、近いほど表情が締まって見え、顔の濃い人は、目と眉毛の間にあまり空きが見られません。眉毛そのものが太いので、空間がないように見えることもありますが、眉骨が高くなっている分、目と眉毛の距離が近く見えるのです。

顔が引き締まることで、若さを感じさせ、意志が強い人のイメージを作ってくれます。

一方で女性の場合には、ややキツイ顔に見えやすく、眉毛を剃ってすき間を作る方が良いことも。目と眉毛の距離の近さは濃い顔に出やすく、表情に緊張感を与えてくれますが、やや近寄りがたい印象を与えてしまう傾向もあります。


特徴6. 口が少し大きめで、唇も少しぶ厚め

口や唇は、話す時に動くパーツなので、目立つ作りをしていると特に印象に残りやすく、顔の濃い人は口の大きさがやや目立ち、厚ぼったい唇をしている傾向が見られます。

やや大きめの口と少々厚めの唇は、顔の濃い人にありがちで、セクシーに見えることから、異性を引き付ける魅力もかなり高いのです。


特徴7. 骨格がハッキリしている

顔の輪郭は、顔全体から受ける印象に大きく影響し、顔の濃い人は、顔の輪郭が割と直線的で、力強くがっしりしたイメージを与えがち。

基本的に、顔の濃い人は、いわゆる『縄文顔』という、縄文人の特徴を受け継いでいる傾向があると言われます。

縄文人の顔の骨格は、顔が広くアゴがしっかりしているので、必然的に骨格がハッキリしやすいのです。場合によっては、「エラが張っている」と言われることも。


特徴8. まつ毛が長く、濃い

まつ毛の長さや量は、目を大きく見せ、印象を強める効果があり、顔の濃い人では、まつ毛の毛量が多く、平均より伸びている傾向が見られます。

まつ毛のせいで、濃い顔の人では、パッチリとした目が更にくっきりと目立ち、より濃く見えてくるのです。

まつ毛の長さや濃さは、目力を強めて、顔を濃く見せることに影響しがちと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


顔が濃い人の強みやメリットとは

世の中には色々な顔の人がいる中、顔の濃い人はどのような扱いを受けているのでしょうか。

あなたが顔の濃い人であれば、実感しているでしょうし、濃くないのであれば、客観的に思うことがあるでしょう。

現実問題として、顔の濃い人は日本人離れしているだけあって、多くメリットを受けているのです。

これより、顔の濃い人が受けるメリットを、7つの具体例で紹介していきます。


メリット1. 一度会っただけで顔を覚えられる

顔の濃い人は、一般的な日本人の中では、かなり目立つ顔立ちなので、初対面でも相手に強い印象を与えます。

更に目力の強いタイプでは、ちょっと目が合うだけで、相手は無意識に引きつけられることもあるでしょう。

初対面でも顔を覚えさせるだけのインパクトの強さが、顔の濃い人にはあり、名前と顔がすぐに一致しやすいのです。


メリット2. 顔立ちがハーフの方のようにハッキリしている

濃い顔の人は、日本人離れした目鼻立ちの整った顔で、異性からモテモテの傾向があります。

純粋な日本人であるにもかかわらず、その目立つ顔立ちから、ハーフと間違えられるような人もかなりいるのです。

顔立ちがハーフに見えることは、濃い顔の大きなメリットであると同時に、イケメンや美女の代名詞にもなっています。


メリット3. スーツやドレスなど、フォーマルな服装が似合う

洋装は、元々が欧米人向けのファッションだけに、背広や礼服などの洋装は、顔の濃い人が着用すると見映えがします。

目鼻立ちのはっきりした、欧米人に近い顔の濃い人だと、服にハマりやすいのです。加えて、キリッとした顔立ちなので、フォーマルな服装を着用時のシチュエーションと合いやすいということもあります。

フォーマルな洋装が似合うのは、日本人離れした顔の濃い人の特権と言えるでしょう。


メリット4. 顔はハッキリしている分、写真写りが良い

濃い顔の人は、自撮りや集合写真でも、美しく写ります。パーツがそれぞれ目立っていることと、顔の凹凸で光の陰影もはっきりするので、写真でも引き立つのです。

ただし、顔がキリッとしているだけに、不機嫌に見えてしまうこともあり、意識して柔和な表情を作っておいた方が良い場合もあります。

写真写りが良いことが顔の濃い人の利点ですが、笑顔を忘れないようにしましょう。


メリット5. 服装や表情次第で大人っぽい雰囲気を演出できる

顔の濃い人は、年齢以上に落ち着いた人間である印象を周りに与えます。顔の凹凸や眉毛の濃さが顔を凛々しく見せるので、緊張感のある表情が出来るのです。

更にフォーマルな服装が似合うことで、表情と併せて、大人っぽく社会人として頼りがいがあるように見せられる傾向も。

顔の濃い人は、大人っぽく落ち着いて見られるメリットがある上、信用も得られやすいのです。


メリット6. 同性から羨ましがられる機会が多い

顔の濃い人はイケメンや美女である確率が高いので、友人などの同性からも憧れられるパターンが、顔の濃い人にはよく見られます。

日本人離れした顔が濃いタイプなので、一般的な顔の造りの人からは羨ましく見えるのです。もちろん、異性からモテやすいということも、羨ましがられる大きな理由であることは言うまでもありません。

同性からもチヤホヤされやすいのが、顔の濃い人のメリットです。


メリット7. 顔が濃い人が好みの異性からモテやすくなる

顔の濃い人は、美男美女が多く、自分がタイプの異性とも、いわゆる両思いになる可能性が高いのが嬉しい点です。

濃い顔は目鼻立ちがはっきりしているので、顔が整って見えやすく、自分が気のある異性にも、好印象を与えやすいということがあるでしょう。

好みの異性と惹かれ合う可能性が高いことが、顔の濃い人のメリット。


【男女別】顔が濃い人の魅力を引き立てる方法

基本的に、顔が濃い人は、見た目だけでも十分に魅力が溢れています。とは言え、更に良く見える手段があるなら、実践したいと思う人も多いはず。同時に、わずかではありますが、デメリットを消したいと思っている人もいるかもしれません。

そして顔が濃い人をより魅力的に見せる方法は確実にあるのです。

ここからは、顔が濃い人を魅力的に見せる方法を、男女別に分けて解説していきます。しっかり読めば、モテる顔の濃い人はよりモテて、クドいと言われる人はクドさを減らせること間違いなしです。


「顔が濃い男性」の魅力を引き立てる方法

男らしさが際立つ顔の濃い男性は、やり方次第でより格好良くもなれば、濃すぎる方向に行くことも。どうすれば良いのか考えあぐねている人も多いはず。

しかし、案外簡単な方法で魅力が増すと知れば驚くことでしょう。これより、顔が濃い男性の魅力を増加させる5つの方法を例示します。


魅力の出し方1. 眉毛はこまめに手入れして整える

眉毛を細くしたり切ったりして、毛量を調節することで、清潔感が出て来ます。顔が濃い男性は、眉毛が太く濃いので、調整した方がスッキリする傾向があるのです。

ただ、眉毛がしっかりしている点は、男らしさを引き立てている部分もあるので、細くしすぎないように注意しましょう。

顔の濃い男性の魅力を引き立てるため、眉毛の手入れは重要になりますが、必要以上にやりすぎないように。


魅力の出し方2. ヒゲを生やす場合、毎日丁寧に手入れする

ヒゲは似合う人であっても、手入れを怠ると、無精ヒゲになって汚らしく見えてしまいます。

顔が濃い男性は、ヒゲが濃い傾向があるので、濃い顔に合うヒゲを生やすなら、整えることが魅力を引き出すコツになります。

また、ヒゲが濃い人がヒゲを生やさない場合には、青ひげになりやすいので、毎日深ゾリすることを忘れないようにしましょう。

顔の濃い人はヒゲが似合いますが、生やす場合も生やさない場合も、毎日きちんと手入れすることが必要になってきます。


魅力の出し方3. 髪型は男らしいショートヘアにしてみる

顔が濃い男性は、骨格や彫りの深さから、大変男らしく見える顔立ちをしてる傾向があるので、思い切って髪型は短髪にすると良いでしょう。

更に、顔が濃いと、悪く言えば人によっては暑苦しく見えるので、清潔感のあるショートヘアの髪型がイメージアップする効果をもたらしてくれることも。

男っぽさをイメージさせるショートヘアは、濃い顔の男性の魅力をアップするヘアスタイルになるはずです。


魅力の出し方4. 服装は落ち着いたモノトーンコーデを着用してみる

顔が濃い人は、顔自体が派手目なので、服は色柄やデザインを地味めにしてバランス取ると良いでしょう。ファッションを渋く、単一色の保守的なスタイルで揃えるとよく似合うのです。

ただし、目立つ服装でも顔がファッションに負けないというメリットが濃い顔にはあり、あえて派手にするコーデも考えられます。

落ち着いたモノトーン系のファッションは、顔が濃い人の魅力を引き立てますが、基本的に何でも似合う可能性があるのも、濃い顔の人の魅力です。


魅力の出し方5. 歯医者へ通うなどして、歯を白く保つ

顔が濃い人は、見た瞬間に注目を集めやすい顔のため、口元にも視線が行きやすく、歯が白いと印象が良くなる傾向があります。そこで、ホワイトニングするのも、魅力アップのために役立つはず。

また顔が濃い場合、暑苦しく見えてしまう場合があり、歯が白い方が清潔感を与えてマイナスイメージを相殺出来るというメリットも。

笑顔で白い歯を見せられれば、濃い顔の人は、よりイケメンに見えることでしょう。


「顔が濃い女性」の魅力を引き立てる方法

エキゾチックな印象の顔が濃い女性は、既に魅力十分ですが、もっと魅力を引き出せれば言うことはありません。一方で、「キツく見られてしまう」という悩みを抱えている女性もいるかも。

クッキリそしてハッキリしたイメージを、更に良い方向に出す方法があれば、美女度も増すはず。そして嬉しいことに、手間をかけずに魅力をアップする5つの方法があるので、これから解説していきます。


魅力の出し方1. ケバくならないようナチュラルメイクを心がける

顔の濃い女性は、元々パーツが目立つので、メイクを盛りすぎて、必要以上にケバく映ってしまうのを避けるため、メイクが濃くなりすぎないように注意しましょう。

特に、女性はメイクで目元をパッチリさせたがる傾向がありますが、目力のある人がパッチリメイクをやると、かえって不自然な状態に。

ナチュラルメイクこそが、顔の濃い女性の生命線であり、地顔を活かす最善のメイク方法なのです。


魅力の出し方2. 髪型はシンプルなロングヘアにすると大人っぽい女性に仕上がる

顔の濃い女性は、余計なことをしない髪型の方が、うるさくならずに顔を引き立てるため、髪型はオーソドックスなロングヘアスタイルによって、落ち着いた印象を与えるだけで足ります。

顔自体が日本人離れして目立つので、ヘアスタイルはあくまで脇役で十分なのです。

濃い顔の女性向きのヘアスタイルは、奇をてらわずシンプルなロングヘアだけで十分で、手をかけたカールや目立つ髪型などによる演出はいりません。


魅力の出し方3. 落ち着いた印象が似合うため、髪色は少し暗めにする

濃い顔の女性は、ひきしまった表情で大人っぽい印象を与えるので、オーソドックスな髪色にすると、雰囲気にフィットするでしょう。

明るい髪色だと、軽い印象を与えるのに対し、暗めの髪色は、全体的に落ち着いた印象を与えるためです。

黒髪のままでも良いですが、ヘアカラーを利用する場合、黒髪に近い髪色を選択すると、顔の濃い女性をよりオシャレに見せてくれるはず。


魅力の出し方4. ネックレスやピアスなど、小物はシンプルなものを着用する

顔の濃い人は、顔のパーツ自体が目立つので、派手なネックレスやイヤリングまたはピアスなどで彩ると、盛り過ぎに見えます。そこで、アクセサリーは目立たないものを利用し、あくまでアクセント程度にしておくと、顔の濃い女性を美しく引き立ててくれます。

顔の派手なパーツを活かすような、地味な小物で十分だと認識しましょう。

目立つアクセサリーは着用せず、着用するなら数自体も出来るだけ減らすことで、顔の本来の印象だけで勝負する方が、むしろ濃い顔の女性の魅力を引き立てるのです。


魅力の出し方5. 目力が強すぎる場合、メガネを着用して中和してみる

濃い顔の女性は、目力の強さが魅力ですが、必要以上に目力が強いと見る人を威圧してしまうので、あえてメガネをかけることで、柔らかい印象を与えるのも良いでしょう。

メガネで視線の強さを減退させるというわけです。

ただ、メガネは「堅い」イメージを作り出しやすいこともあり、元々が落ち着いて見られがちな濃い顔の女性にとっては、余計に近寄りがたくなることも。

目力を弱めるためのメガネの着用は、目にインパクトのある濃い顔の女性には有効ですが、デザイン自体も丸みを帯びた柔らかいタイプにしておくとベストです。


【番外編】顔が濃いと言われる人気芸能人を男女別に大公開!

濃い顔はイケメンや美女によく見られるタイプですので、有名芸能人や人気芸能人が多くいるのも必然でしょう。

ここからは、顔が濃い人気芸能人を男性と女性に分けて5人ずつ紹介していきたいと思います。

数多い顔の濃い人気芸能人は多数いるため、かなり厳選したメンバーとなっていますよ。あなたの思い浮かべるイケメン芸能人や美女芸能人と合っているか、ぜひ参考にしてみてください。


顔が濃い人気の男性芸能人

なんと言っても男性なら、男らしく凛々しく見えるのが、濃い顔の男性芸能人でしょう。年令を重ねても通用する容姿が、濃い顔の男性芸能人に見られがち。

その中でも、完全に欧米人タイプと、和風な風貌の中にも濃さが出ているタイプに分かれます。それでは、早速具体的に挙げていきます。


男性芸能人1. 北村一輝さん

完全に日本人離れしている濃い顔男性芸能人の代表例が北村一輝さん。1969年大阪府生まれですが、インド人に間違えられたこともある程の濃い風貌をしています。

強烈な凛々しい眉毛が印象的な濃い顔と高い演技力で、渋いイケメンから犯罪者役まで、見事に演じ分ける俳優さんです。

映画の『テルマエ・ロマエ』では、ローマ人役として、同じく濃い顔俳優の阿部寛さんと共演しました。


男性芸能人2. 阿部寛さん

数多くのドラマや映画で主役級の役柄をこなす阿部寛さん。1964年神奈川県生まれですが、高身長と目が大きく男らしい濃く甘いマスクを活かし、バブル時代はメンズノンノのモデルとして一世を風靡したことでも知られています。

その後、苦労しつつ俳優に転向し、圧倒的な存在感で、二枚目から三枚目もこなす人気俳優へと上り詰めました。

映画『テルマエ・ロマエ』では、ローマ人の浴場設計技師として主役を張り、共演の北村一輝さんと共に、日本人だと思わせない容姿で話題になりました。


男性芸能人3. 新田真剣佑さん

若手で濃い顔の人気イケメン男優と言えば、新田真剣佑(あらたまっけんゆう)さんの名前を挙げないわけにはいきません。1996年にアメリカで生まれましたが、父はあの世界的アクション俳優である千葉真一さんであることも有名です。

吸い込まれそうな程美しく大きな目が印象的ですが、好青年からヒトクセある役柄までこなす演技力は、若手ながら高く評価されています。

また、アメリカ生まれですが、空手の達人としても知られています。


男性芸能人4. 竹野内豊さん

女性人気は言うに及ばず、男がなりたい顔ナンバーワンの芸能人でもあるのが竹野内豊さんです。

1971年東京生まれで、モデルから俳優へと進出し、反町隆史さんとW主演を果たしたドラマの『ビーチボーイズ』で不動の人気を獲得しました。

男らしさと優しさを兼ね備え、ヒゲがあってもなくても似合う顔の造りは、前述の通り同性からの支持も受けています。

日本人離れした濃さではなく、和風な彫りの深いタイプの濃さと言えるでしょう。


男性芸能人5. 山田孝之さん

どちらかというと『演技派』のイメージが強いものの、濃くカッコ良い風貌なのが山田孝之さんです。

1983年鹿児島県生まれで、映画やドラマにおいて、主役から脇役、オーソドックスな演技から怪演まで、何でもこなせる芸達者な俳優として評価されています。

大きな目と太い眉毛が印象的ですが、ヒゲもかなり濃いタイプで、役柄でヒゲを伸ばしている時は、立派に生え揃っているのがよくわかります。


顔が濃い人気の女性芸能人

顔が濃い女性芸能人のイメージは、やはり美形でクールな印象を受けます。時代や流行に左右されにくい本質的な美しさが、濃い顔の女性芸能人の傾向です。

その中でも、完全にハーフのようなタイプと、和のテイストを残した濃さが出ているタイプに分かれます。それでは、早速見ていきましょう。


女性芸能人1. 広瀬アリスさん

妹の広瀬すずさんと共に、芸能界で大活躍しているのが広瀬アリスさん。

1994年静岡県生まれで、人気若年層向けファッション雑誌『セブンティーン』のモデルから、現在もファッション雑誌の『with』のモデルや女優業をこなしています。

はっきりした目鼻立ちと大きめの口で、運動神経の良さも含めて健康的なセクシーさが最大の魅力となっており、女優としての将来性も約束されている存在です。


女性芸能人2. 柴咲コウさん

ミステリアスな風貌と落ち着いた印象で、若い頃から美人女優として活躍してきた柴咲コウさん。

1981年東京生まれで、デビュー当時は、化粧品のCMで、18歳とは思えない大人びた美しさが茶の間で話題となりました。

目力の強さと意志の強さを感じさせる濃い眉で、日本を代表するクールビューティーの1人と言えます。

歌唱力にも定評があり、ヒット曲を出すなど、マルチな才能も見せている女優さんです。


女性芸能人3. 栗山千明さん

一見和風でありながら目立つ顔の、ロングヘアが似合う個性派美人女優として知られるのが、栗山千明さんです。

1984年茨城県生まれで、小学生の頃からモデルとして活躍した後女優へ転向しました。

あっさりとした薄いベースに大きい目と高い鼻に加え、やや大きめの口と言った派手な造りのパーツを併せ持った顔は、万人に受けやすい濃い顔のタイプと言えるでしょう。


女性芸能人4. 山田優さん

美人モデル兼女優として人気なのが山田優さんです。ご主人は小栗旬さんであることもよく知られています。

1984年沖縄県生まれで、元々は安室奈美恵さんやMAX、SPEEDを輩出した沖縄アクターズスクール出身です。

沖縄出身らしく、目が大きく口も目立つ南国美人をイメージさせる顔立ちで、『CanCam』の人気モデルとして活躍する一方、女優として有名です。結婚・出産を経てからは、ママタレントとしての活動もしています。


女性芸能人5. 岸本セシルさん

ファッション雑誌『non-no』の専属モデルとして、一番人気の岸本セシルさん。1990年沖縄県生まれで、日本人とは思えない派手目な美しい顔立ちで知られています。

大きく美しい瞳とやや厚めでセクシーな唇が魅力的ですが、ハーフを思わせる『セシル』という名前も、芸名ではなく本名(漢字表記で『聖紫瑠』)だそうで、まさに名は体を表すと言った所でしょうか。


顔の濃い人は自分の魅せ方を最大限に活かしてみて。

顔の濃い人は、日本人の中では数少ない目立つ顔の造りをしているので、注目を浴びる傾向が強くあります。

基本的には、メリットの方が多いものの、最近の薄い顔ブームの中では、濃すぎると、異性から敬遠されてしまうこともあるでしょう。

ただ、日本人の多くが、印象にすら残らない顔である以上、顔のインパクトの強さには自信を持っていいはず。

この記事を読んで、顔の濃さを最大限利用し、弱点となる場合には上手く補う方法を学び、同性からも異性からも羨ましがられるような人生を歩んでいきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事