節度をわきまえるには?節度がない人の特徴や共通点も解説!

節度をわきまえるための注意点を知りたいへ。本記事では、節度をわきまえるための注意点から、節度がない人の特徴や共通点まで解説します。

節度をわきまえるとは?意味や類語を解説!

節度をわきまえるとは?

「節度をわきまえる」とは、行き過ぎないように程々にすることを意味する言葉。

公の場や会社内でよく耳にすることがありますよね。

立ち振る舞いだけでなく、服装や髪形などの外見やなどに対しても使われることが多く、節度をわきまえられない「節度がない人」に対しては、ネガティブなイメージを持つものです。

似たような表現としては、「マナーを守る」「礼節を重んじる」などが挙げられます。


節度をわきまえるシーン|どんな時に意識すべきなの?

「節度をわきまえるタイミングがわからない」

「どんな時に意識すればいいの?」

節度をわきまえるべきだと思っていても、どんなシーンで意識すればいいかわからない人も多いでしょう。

同僚や上司から悪いイメージを持たれないよう、ここからは節度をわきまえるシーンをご紹介します

どんな時に意識すべきか把握していきましょう。


シーン1. ビジネスの交渉

ビジネスなどの交渉の場では相手の信頼を得ることが何よりも重要なので、礼儀や言葉遣いに気を付けて良いイメージを持ってもらう必要があります。

相手との節度を守った距離感でいないと、失礼だと思われたり、信頼感が損なわれるため、交渉の成功確率が下がってしまうのです。


シーン2. 会社の飲み会

社会人の飲み会は、会社の上司や同僚との**コミュニケーションを取るためのもの。

あくまでも職場の飲み会なので礼儀を忘れてはいけません。

お酒を飲み過ぎて、失礼な振る舞いをしたり、行き過ぎた発言をしてしまうと、仕事上での信用問題に関わってしまいますよ。


シーン3. 高級レストランやパーティーに行った時

正しい礼儀作法や上品な立ち振る舞いが求められるため、TPOをわきまえる必要があります。

カジュアルな服装を選んでしまったり、テーブルマナーが雑なところを見られると、「節度がない人だな」と思われてしまうでしょう。

※TPOとは「Time = 時 , Place = 所 , Occasion = 場合」の頭文字をとった言葉。


シーン4. 交通機関などの公共の場

大勢の人が利用したり行き交う場所では、ルールやマナーを守って他の人に迷惑がかからないようにする必要があるでしょう。

騒いだり他の人の邪魔をしてしまうと、周りの人だけでなく一緒に居る人からも呆れられてしまいます。


シーン5. 偏った生活を送っている時

仕事・遊び・休息などの生活のバランスが偏っていると、ストレスが溜まったり体調を崩すことで、他人に迷惑をかけてしまうことがあります。

特に、社会人が遊びで羽目を外し過ぎてしまうと、睡眠不足や二日酔いで仕事に支障をきたし、責任を問われてしまうのです。

その結果、会社の人から「節度が守れていないな」と思われてしまいます。


節度をわきまえるための注意点|押さえておくべきポイントは?

節度をわきまえるシーンがわかっただけでは、何をすればいいのかわかりませんよね。

いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

ここからは節度をわきまえるための注意点を紹介します

知らぬ間に周りの人から「節度がない」と思われてしまう可能性があるので、意識してみてください。


注意点1. TPOから外れた行動をしない

TPOに合わせることは、大人として当たり前のマナー。

もしも自分勝手な行動や発言をしてしまうと、

  • 尊敬できない
  • 一緒に居て恥ずかしい

と思われてしまう恐れがあります。

事前に行く場所の雰囲気をチェックして服装を決めたり、その場のルールなどを意識して行動できるといいですね。


注意点2. 調子に乗りすぎない

調子に乗りすぎると感情の抑えが利かなくなるため、つい度を越した行動をとってしまいます。

冷静さが無くなった人の振る舞いは、

  • 失礼
  • 子供っぽい

と感じさせるので、日頃のイメージを崩してしまいます。

大切なのは場をわきまえて平常心を保つこと。

常に丁寧な言葉遣いや態度を心がけましょう。


注意点3. 周囲への配慮を忘れない

会社や学校、公共の場などで周りの人に迷惑をかけることで、嫌悪感を抱かれてしまいます

周りの人から、

  • マナーを守れないだらしない人
  • 自分のことしか考えられない自分勝手な人

というレッテルを貼られることに。

友達と盛り上がっている時のボリュームがうるさくないか、周囲の通行の邪魔をしていないか、など周りへの気配りを忘れずにしておきましょう。


注意点4. 無理をしすぎない

「頑張り」「無理」に変わると、自分自身を追い込んでしまう恐れがあります

無理をしすぎてしまうと、

  • 睡眠不足やストレスのせいで体調を崩す
  • 疲れているせいで仕事の生産性が落ちる

など、頑張った成果が出にくくなります。

適度に休息を取ったり、趣味の時間を設けるなど、自分を追い込みすぎない環境作りを心がけましょう。


注意点5. 偽りの自分を演じない

人前で別の自分を演じたり、自身を偽ったりすると、過度なストレスを感じてしまうもの。

例えば、

  • 本当は朝型人間なのに、先輩からの深夜の誘いを断れない
  • 相手に合わせて話し方やテンションを変えている

など、どう見られるかを気にするあまり本当の自分を押し殺して、無理をしてしまっているのです。

ダメな所もさらけ出したり好き嫌いをはっきりさせるなどして、なるべくありのままの自分で居ることを心がけましょう。


注意点6. 無駄なところでお金を使わない

散財がストレス発散だとしても、結果的に後悔が増えることに繋がります。

  • そんなに欲しくもない物をたくさんを買ってしまった
  • 見栄を張って大人数に奢ってしまった

このような無駄遣いは、一時的なストレス解消にしかなりません。

不必要な出費を減らすことで、結果的に金銭的余裕が生まれ、心の余裕を引き出してくれますよ。


注意点7. 固定概念にとらわれない

物事を決め付きすぎないことも注意点の1つ。

固定観念に囚われ過ぎてしまうと、

  • 出かける場所がいつも同じ
  • 特定の人としか遊ばない
  • 自分と違う人の価値観や生活が受け入れられない

といったことが当たり前になり、生活や暮らしに対してのバランス感覚が失われます。

考え方が偏ることで、節度がない行動を招いてしまうのです。

色んな世代の人や違う職種の人と交流するなどして、日頃から頭を柔らかくしておきましょう。


注意点8. 一気に頑張らない

何事も急に頑張り過ぎてしまうと、周りが見えなくなって、度が行き過ぎた行動に繋がってしまいます

  • 資格を取るために1日何十時間も勉強をする
  • 痩せるために何も食べない

など、周りから見ると節度がない異常な行動に見えてしまうでしょう。

自分のできる範囲の時間やプランを決めておくことで、適切に自己管理ができますよ。


注意点9. 不規則な生活をしない

仕事・勉強・遊び・運動・休息など、生活全体のバランスが整うため、極端な偏りがなくなります

不規則な生活をしていると、

  • 食べ過ぎや運動不足でだらしない体型
  • 夜更かしや夜遊びによる睡眠不足で常にボーっとしている

など、周りの人からすると「節度がわきまえられない人」という印象を持たれてしまうことも。

ジムに通って体を動かす習慣を身につけたり、就寝時間を決めるなどして、規則正しい生活を心がけましょう。


注意点10. 感情的に行動しない

感情的になると周りが見えなくなってしまうことがあります。

例えば、

  • カッとなって相手を怒鳴りつけてしまう
  • 車のスピードを出し過ぎてしまう

など、思いやりや節度のない行動に走りがちです。

深呼吸して考え直したり、一旦我慢する習慣を身につけるといいでしょう。


注意点11. ストレスを溜めない

過度にストレスを溜め込んでいると、いつしか爆発して節度のない行動を招いてしまうでしょう。

  • イライラして物に当たってしまう
  • ちょっとしたことで相手に怒ってしまう

など、周りの物や人をストレスのはけ口にしかねません。

気の合う友達に愚痴を聞いてもらったり運動で汗を流すことによって、定期的なガス抜きができるといいですね。


注意点12. ルールやマナーを破らない

ルールやマナーは世の中と上手く付き合うためには重要なこと。

ルールやマナーを破ってしまうと、

「自分勝手で協調性がない」

「大人の品格がない」

など、悪いイメージを持たれてしまいます。

その場のルールを予め確認しておいたり、どんなマナーが必要か周りの人に聞いておくなどすると失敗しませんよ。


節度がない人の特徴|相手を不快にさせる人の共通点とは?

「節度がないと思われる人の特徴が知りたい」

「相手を不快にさせていないか不安…」

節度がない人とはどのような人か感覚的にわかっていても、具体的な特徴や共通点を知らない人も多いでしょう。

周りの人に迷惑をかけないためにも、ここからは節度がない人の特徴を解説します

相手を不快にさせる人の共通点を把握していきましょう。


特徴1. 暴飲暴食をしている

自分の欲望に身を任せているのは、自己コントロールが出来ていない証拠

同じ食卓を囲んでいる人からすると

「自己管理が出来ない」

とアピールされているようなものですよね。

飲み会などで、

  • お腹が苦しくなるほど食べる人
  • お酒の節度を守らず酔って暴れる人

などは、「周りも自分も大切にできない節度のない人だな。」という印象を持たれてしまいます。


特徴2. ルールや規律を守っていない

そもそもルールや規則は、全員が安全かつ平等に過ごすためにあるもの

それを守れないことも共通点の1つで、

「自分さえ良ければ周りが損をしてもいい」

と言っているように見えてしまいます。

  • 大声で騒いで周りに迷惑をかける人
  • 撮影不可の場所で写真を撮る人

は、ルールや規則も守れない、自分勝手で子供のような人という印象になってしまうでしょう。


特徴3. 感情のまま行動する

自分の気持ちだけを考えて行動してしまう癖があるので、周囲に不快感を与えてしまうこともしばしば。

冷静な相手からすると、

「自分を優先しろ」

と行動で示されているような気分になってしまいます。

  • 相手の発言をさえぎって自分の意見を押し通す
  • 無理だとわかっていることに対してこだわり続ける

といったことばかりする人は「きちんと考えられない思慮が浅い人間」と軽蔑されてしまうでしょう。


特徴4. ワガママな性格をしている

自分の都合だけを考える人は、周りに迷惑をかけていることに自ら気付けません。

  • 行列に横入りする
  • 公共の場で大声で電話する

などの行動が目立つ人は、

「幼稚で品性の欠片もない人だな。」

と、白い目で見られてしまうでしょう。

常識のある人からすると、

「自分の思い通りにしたい」

という思いが丸見えですね。


特徴5. リスキーなことばかりしている

時には、危険を承知の上で挑戦することも大事ですが、ハラハラすることに慣れると、気づいた時には度を超えていたなんてことも。

落ち着きのある人から見れば、

「危ないことが楽しい!」

と言わんばかりの、変な人に見えてしまうでしょう。

  • パチンコなどのギャンブルに頻繁に行く人
  • 職場を転々としている人

に対して、周りからは危なっかしくて常識が無い人と思われて、距離を置かれてしまいます。


特徴6. 目先のメリットしか考えていない

目の前の利益を優先してしまうため、突っ走った行動を取ってしまうことが多いでしょう。

  • セール商品にすぐに飛びつく
  • 食べたいものを我慢できない

など、深く考えられないので、後先考えない節度のない行動が目立つのです。


特徴7. 目立ちたがり屋で無理をしている

自分を偽ってでも周りの注目を浴びようとするので、節度のない行動を取っていても気づけません。

周りで見ている人からすると、

「とにかく目立ちたい」

という気持ちがバレバレで、引かれてしまうでしょう。

  • 後輩がいると態度が大きくなる
  • クラスメイトの前だと派手なことをしようとする

などの目立ちたがり屋や見栄っ張りな人は、

「無理をしていて痛い人だな。」と冷ややかな視線を浴びてしまいます。


特徴8. 後悔ばかりしている

いつも後悔している人はネガティブな性格ですが、なんとかなると思っている「楽天家」でもあります。

調子に乗って節度をわきまえられなくなり、天狗になってしまうこともしばしば。

  • 「またやっちゃったよ~」が口癖
  • 飲み会の次の日に「もう一生飲まない」とすぐに言い出す

など、「何度も間違いを繰り返して、学ばない人だな。」と、信頼を失ってしまうのです。


特徴9. 自信過剰である

とにかく根拠のない自信があって、自分の力量や限界を把握していないため、最終的に無理をしなければいけない状況になってしまうことが多々あります。

  • 成功することしか考えていない人
  • なんでも「任せて!」と言いがちな人

に対して、周りからは

「謎の自信ばかりで、中身のない人だな。」

と、思われます。

その期待に応えようと無理をして、節度をわきまえない行動に走ってしまうのです。


節度をわきまえられるしっかりとした大人を目指してみて。

節度をわきまえることは、ビジネスの場においてはもちろん家族や友人と過ごす時間においても大切な心がけです。

これからも色んなシーンで「節度がないと思われていないかな…」と不安になることがあるかもしれません。

そんな時も注意点を思い出してTPOを意識した行動をとれば、きっと周りの人に迷惑をかけずに済みますよ。

ルールやマナーを守って、周りの人と楽しく過ごしていきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事