ストレスを溜めない方法“決定版”|イライラしない毎日を送るコツを解説

ストレスを溜めない方法について知りたい方へ。今記事では、ストレスを溜めないコツやストレスを溜めないメリットについて詳しくご紹介します。さらに、万が一、ストレスが溜まった時の対処法も解説するので、ストレスを抱えやすい方は、ぜひ参考にしてみてください!

ストレス解消もいいけど、イライラを溜めない人になりたいですよね。

ストレスを溜めない方法

「すぐにイライラしてしまう」「ストレスが溜まってむしゃくしゃとする」ということはありませんか?

ストレスが溜まっていると気分もスッキリしないし、なんだか身体にも良くなさそうなイメージがありますよね。「ストレスが溜まったら、ストレス発散すればいいや」という人もいますが、本来はストレスが溜まらない状態がベストなはず。

そこで今回は、ストレスを抱えてしまいがちな人に向けて、ストレスを溜めないコツやストレスを溜めないメリットについて詳しくお伝えしていきます。

さらに、万一ストレスが溜まってしまったとしても、発散して解消できる方法を紹介するので参考にしてみてくださいね。


実はいいことだらけ?ストレスを溜めないメリット

ストレスが溜まっていると何となく周りにも伝わってしまい、場の空気が悪くなってしまうなんてことがあります。

それでは、自分も周りも楽しく過ごせませんよね。職場の人間関係や夫婦仲もぎくしゃくしてしまいそうです。

しかし、ストレスを溜めずに過ごすとそんな嫌な空気がなくなるだけでなく、他にも嬉しいメリットが生まれてきます。

ノーストレスのリラックス状態だと心や体にはどんなメリットがあるのか、2点お伝えしていきますね。


メリット1. 悩んだり、イライラしたりしなくて済む

ストレスがない状態だと、心に余裕が生まれます。

心に余裕があると、悩んだりイライラしなくても済むので心もリラックスしている状態となります。

心がモヤモヤしているとどんよりとした嫌な気持ちになってしまいますが、心がスッキリと晴れていると気持ちも軽く快適です。

周りからも「雰囲気の良い人だな」という印象を持たれて、夫婦間や職場の上司との人間関係が上手くいくなどいいこと尽くしですよ。


メリット2. 常に明るく充実した日々を過ごせる

ストレスを溜め込んでいないと、気分も軽くポジティブな感情が湧いてきやすいです。この気持ちが軽い状態が心や体にいい波をもたらしてくれるはず。

ストレスがなく、心が軽いと毎日を明るい気持ちで過ごせるので、「あれやってみようかな」「これもやりたいな!」と意欲も芽生えて視野がどんどんと広がっていきます。

このように、心が軽いと充実した日々を過ごせて、気持ちもリフレッシュしていき、ストレス知らずとなれるのです。


イライラしない毎日をGet!ストレスを溜めない方法とは

ストレスは溜めたくないけど気付いたらいつもストレスが溜まってしまってる。そんな風に悩むあなたにお伝えしたい、ストレスを溜めない方法を10個紹介していきます。

どれも難しい方法ではなく、日々の生活の中でちょっとだけ意識するだけで、ストレスを溜め込みにくい生活へと変わっていけるのでぜひ実践してみてください。

一体、どうしたらストレスを溜めずに過ごしていけるのか見ていきましょう。


溜めない方法1. 何事も念入りに計画を立てて実行する

会社で仕事をする時、出たとこ勝負とばかりに思いつくまま行動してはいないでしょうか。

計画を立てずに思いついたままに行動してしまうと、予想とは違った結末を迎えてしまうこともあります。

せっかく頑張ったのに仕事が失敗してしまったらガッカリするし、会社の上司からも怒られてしまうかもしれません。

そんな事態を防ぐためにも、「〇〇の次は□□」と手順を事前に決めて段取りまでイメージで膨らませておくことが大事。

予習の要領で流れを組んでおけば、慌てず、失敗にも繋がりにくいのでうまくいかない自分にストレスを溜めることもなくなりますよ。


溜めない方法2. 睡眠時間はしっかりと確保する

イライラの原因は、蓄積された疲れという場合もあります。疲れが溜まっている状態だと、心に余裕がなくなってしまうのでイライラしてきやすいからです。

そんな状態にならないために、ぐっすりと眠って疲れをリセットさせるようにしていきましょう。

睡眠時間をしっかりと確保することで、頭の中もスッキリとしていきます。

そうなると、仕事の効率も良くなるし、イライラも溜まりにくいので、疲れた時こそしっかりと眠ってみてくださいね。


溜めない方法3. ストレスを感じたら、素早く解消する

ストレスが溜まり積もってしまったら解消していくのも難しくなります。疲れのように、ストレスはどんどんと蓄積していきやすいので、早めに早めに対処していくのがポイントなのです。

心がモヤモヤすると感じたら、好きなことをたっぷりとするなどリフレッシュできる時間を作りましょう。

無理はやめて、ゆったりとする時間を意識して作るのがおすすめです。

このようにストレスを素早く解消するように、働きかけていけば少しのケアでストレスから解放されていけますよ。

【参考記事】はこちら▽


溜めない方法4. ポジティブで楽観的な人と行動を共にする

ストレスを溜めない生活を送るためにはストレスとは無縁そうな人を参考にするのも1つの手です。周りにいつでもポジティブで楽観的な人はいないでしょうか。

「なぜそんなふうにポジティブでいられるのか」、行動や考え方を探ってみると自分にも取り入れられるコツが見つかるはずです。

例えば職場でミスをしても反省はしっかりとしてその後は引きずらないなど、ストレスを溜めないヒントがあるでしょう。

このようにいつでもポジティブな人からストレス解消の極意を学ぶのもおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


溜めない方法5. 細かいことは気にしないようにする

余りに神経質で色々と心配してばかりいると、疲れてしまったり、不安が募ってストレスを抱えてしまいます。

ストレスを溜めないためにはなるべく楽観的に過ごすのがポイント。

「職場の人間関係がうまくいかない」など悩みはあっても、自分で解決できることは限られてきます。自分で解決できないと感じた問題を過剰に気にするのはやめましょう。

「なるようになる!」と割り切るのも大切ですよ。

なるべく細かいことは気にしないようにして、どーんと構えて過ごすくらいの心持ちでいるといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


溜めない方法6. 趣味を見つけて没頭する

ストレスを解消させるには、心をリフレッシュさせる時間があるかが鍵となります。ストレスの原因となっていることと、向き合わない時間を作ることも大切なのです。

モヤモヤする出来事を考えなくても済むような自分の好きなことに没頭できる時間を過ごしましょう。

何もかも忘れて没頭できるような趣味を見つけられたら、心もスッキリとしていきます。

このように無心になれて、心から楽しいと思える時間を持てばストレス解消にも繋がっていきますよ。

【参考記事】はこちら▽


溜めない方法7. 何でも打ち明けられる人を見つける

自分がしんどいと感じることを1人で抱えたままでいると、本当に辛くストレスも積み重なっていってしまいます。

そんな時、自分の悩みや辛い気持ちをありのままに打ち明けられる相手がいたらすごく楽になれるでしょう。

相手は職場の上司でもいいですし、恋人でも構いません。気を許せて悩みを打ち明けられるような相手なら誰でもOK。

自分の心の内を話せたら、1人で抱え込まなくてもよくなるので、ストレスを溜め込まず解消していけるはずです。


溜めない方法8. 完璧主義を捨てる

仕事や家事など、何をするにもきっちりとしていないと気が済まなく、自分を追い込みがちな人っていますよね。

そんなふうに、余りに完璧を追い求め過ぎてしまうと疲れてしまいます。そして、思った通りにならなかった時にものすごいストレスを抱えてしまうでしょう。

「満点でなくても80点ぐらいの自分でいられればいい」とハードルを下げるよう意識して、自分を追い込み過ぎない癖をつけていくのがストレスを溜め込み過ぎないコツとなります。

【参考記事】はこちら▽


溜めない方法9. 周囲と自分を比較する癖をやめる

ストレスを溜めやすい人は承認欲求が強い人も多いです。

周りから自分がどう見られているのか、周りと比べて自分はどうなのかを過剰に気にしてしまうと心が苦しいですよね。

自分が求めているような評価は、他人からは得られないことが多いと割り切ってしまいましょう。

他人の目が気になっても誰かと比べるのはやめて、自分自身をきちんと見つめるように意識することが大事ですよ。

【参考記事】はこちら▽


溜めない方法10. 苦手と感じる人とは距離を置くようにする

人間関係が原因でストレスを溜めてしまう人も多いです。

職場の人とうまくいかなくてイライラとしてしまったり、「少し合わないな」と感じていても無理して付き合うため、ストレスを溜め込んでしまうのです。

そういう時は、思い切って苦手だなと感じたら距離を置くようにしてみましょう。苦手だと感じる人と無理をして一緒にいても楽しくありませんし、ストレスは溜まる一方ですよね。

苦手だと感じる人とは必要最低限の絡みだけにして、後はなるべく関わらないようにしておくのがベストです。

【参考記事】はこちら▽


ストレスが溜まってしまった時の応急処置を紹介!

なるべくリフレッシュするように意識をしていても、それでもストレスが溜まってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。

ストレスを抱えたままだと職場でイライラした空気を出してしまったりと人間関係にもヒビが入ってしまうかもしれません。

そんなイライラを解消すべく、ストレスが溜まったと感じた時におすすめの対処法を5つ紹介していきます。

ストレスを上手に逃すコツを押さえておけば役に立つので、実践してみてくださいね。


対処法1. 運動して体を動かす

ストレスを発散させるには、力いっぱい動き回るのも1つの手段です。

ジムで運動などをして汗をたくさん流すと、「身体だけでなく心までスッキリとしてリフレッシュできた!」という人も多くいます。

身体を動かすとストレス解消に繋がるというのは、男性女性問わず共通しています。「ストレスが溜まってきたな」と感じた時は、ぜひ1度試してみてくださいね。

身体を動かす習慣が余りない人はウォーキングや流行のヨガとかでもいいですよ。


対処法2. 美味しいものや好きな食べ物を食べる

手っ取り早いストレス発散方法は食に走ることです。女性なら大好きなお菓子を思う存分食べたり、夜中のスイーツ解禁もいいでしょう。

男性だったら、奮発してちょっと高価なお店に入ったり、食べ放題でめいっぱい美味しいものを食べるのもいいかもしれませんね。

お腹が満たされると心がスーッとすることもあるので、ストレスを感じたらとりあえず好きなものを食べてみるのがおすすめです。


ただし、食べ過ぎには気をつける

好きなものを食べるとストレス発散に繋がるからといっても、食べ過ぎには注意です。

食べ過ぎてしまってお腹を壊してしまったり、体調に異変をきたしてしまったら元も子もなくなってしまいますよね。

体調管理は社会人にとって基本となることなので、過度なやけ食いはしないようにしてくださいね。あくまで美味しいものを食べて心が満足する程度に留めておきましょう。


対処法3. お風呂にのんびり浸かってリラックスする

自宅でもできる手軽なストレス発散方法と言えば、ゆったりとお風呂に入ることです。

好きな入浴剤を入れるなどして、のんびりとお風呂タイムを満喫すると、リフレッシュできて心まで軽くなりますよ。

お風呂にゆったりと入ると、身体の芯までポカポカとしてきて、その心地よさに眠たくなってしまいますよね。

入浴による心地良い疲れは睡眠の質を上げると言われています。

ゆったりとお風呂に入って、ぐっすりと眠ると、起きた時には心身ともにスッキリとして、ストレスも軽減されているはず。


対処法4. 気心の知れた友達と会う

ストレスを感じるほどモヤモヤした気持ちを抱えている時、誰かを頼れているでしょうか。

1人で抱えているままだと、ストレスが重くのしかかってくる一方で、全然心が晴れていきません。そんな時は、気心の知れた友達と過ごす時間を作りましょう。

悩み事を打ち明けられなかったとしても、友達との時間を満喫できたらストレス解消へと繋がっていくのが期待できます。


対処法5. 落ち着くまでゆっくり休む

心がざわざわとしてストレスを感じる時は、一旦そこで手を止めるようにしましょう。

本当に必要なやらなくてはいけないことのみ実行して、後のことは何もせずゆっくりと休んでみるのです。

ストレスが溜まっている時は、心も体も休息が必要な場合が多いです。

心が落ち着くまでは身体を休めることを第一として、疲れを溜め込み過ぎないように注意をしてみてください。

【参考記事】はこちら▽


ストレスが溜まりやすい人へ読んで欲しいおすすめの本

どのような考え方をすればストレスが溜まりにくくなるのかなど、上手にまとめられた本を客観的に見ることによって気付かされることもありますよ。

ストレスが溜まりやすい人にぜひ読んで欲しいおすすめの本を3冊紹介していくので、イライラして辛い時や人間関係に悩んだ時などに読んでみてくださいね。


おすすめの本1. 『あなたの心と体を守るストレスをためない技術』松島直也著

あなたの心と体を守るストレスをためない技術

こちらの本はストレスをなくそうと頑張るのではなく、ストレスはなくならないものだと受け入れた上で、ストレスとどう付き合っていくかを学んでいける内容となっています。

ストレスを抱えないように頑張ろう!と思う人が多い中、この内容は革新的とも言える内容です。

著者自身が若い時に何度も燃え尽き症候群にかかり、苦しみぬいた過去があるからこそ見えてきたことがまとめられているので、正に「生きた言葉」となっています。

頑張り過ぎてストレスを溜めてしまう人にこそ読んで欲しい1冊です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『人間関係でストレスを溜めない技術』ほんだきみ子著

人間関係でストレスを溜めない技術

こちらの本はストレスを抱えやすい人の中でも、特に人間関係について悩み、ストレスを抱えてしまう人に向けて書かれた本です。

人間関係に悩んだとはいえ、相手を変えることは無理なので、自分の意識を変えることでストレスフリーになろうという趣旨になっています。

人間関係の悩みは職場でも、学校でも、夫婦間であっても起こりうることです。そんな悩みを抱える人全てに読んで頂きたい1冊に仕上がっています。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『ドイツ人が教えてくれた ストレスを溜めない生き方』久保田 由希著

ドイツ人が教えてくれた ストレスを溜めない生き方

最後の1冊は、これまでとは趣向を変えたストレスフリーな生活を目指したエッセイです。

著者がドイツで過ごすことによって見つけたドイツ人がストレスを溜めないために行っているコツを、働くこと・休むこと・住まうこと・食べること・装うことの5つの側面からまとめた内容となっています。

私たちとは文化の違いもありますが、それでも読んでいて取り入れてみたいなと感じるポイントも多いです。

リラックスしながら読める本なので、専門書のような難しい本は苦手という方におすすめの1冊となっています。

Amazonで詳細を見る


ストレスを溜めない人生を手に入れましょう。

毎日忙しなく行きていると、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまったなんてことも少なくありません。ストレスが溜まっていると、心がモヤモヤとするし、毎日を楽しめなくなってしまいますよね。

そんな時に、ストレスを解消できる方法やストレスを溜めにくくできるコツがあるなら実践したいはず。

今記事を参考に、ストレスを溜めない生活を手に入れてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事