【男女別】世間知らずな人の特徴20選│世間知らずな性格を直す方法とは

あなたの周りには、世間知らずな男性や女性はいませんか?世間知らずな男女には共通している特徴がたくさんあります。今回は、「世間知らずとは?」という意味や定義から、世間知らずな人の20の特徴を大公開!さらに、世間知らずな性格を直して常識を知る改善方法を詳しく解説していきます。

世間知らずな人っていますよね。

世間知らずの女性

常識がない、いわゆる世間知らずと呼ばれる人が周囲にいて困っている…という人は少なくありません。

男性女性にかかわらず、世間知らずな人には共通の特徴があります。

世間知らずとはどういう意味なのか、世間知らずな人にはどのような特徴があるのかを解説した上で、世間知らずな状態を改善する方法についてご紹介します。


世間知らずとは?簡単な意味をご紹介

世間知らずとは、経験が浅く世情をあまり知らない人やその状態を意味する言葉です。

一般常識やマナーが身についていなかったり、目上の人に対する言葉遣いができていなかったり、実力以上のことができると無謀にアピールすることを指します。

仕事やボランティアなどでさまざまな経験をしながら学ぶ常識やマナーが、きちんと身についていないことを指摘する意味でも使われます。


【男女共通】常識のない世間知らずな人の特徴

一般的に世間知らずと言われる人には、共通の特徴がみられます。

ただし、他人から世間知らずだと言われている人ほど、自分が世間知らずだと認識されていることを知りません。いつの間にか他人に不快感を与えたり、悲しい思いをさせているとしたら嫌なもの。

世間知らずと言われる人とはどんな人なのかを知りたい人のために、特徴をまとめてみました。


1. 食事マナーや礼儀作法など、一般的な常識が身についていない

一般常識は、社会で全員が一定のルールで生きていくために求められるものですが、世間知らずと言われる人には身についておらず、自分勝手に行動する傾向があります。

食事のマナーや礼儀作法など、社会人になったら自分から積極的に学んでいかなければいけませんが、世間知らずな人は食事のマナーや礼儀作法を知らないこと自体恥ずかしいということに気づきませんし、自分から学ぼうという気持ちも持っていません。


【参考記事】はこちら▽


2. 敬語が使えず、言葉遣いが荒い

敬語は社会人として使えるのが基本です。相手への敬意を払いながら話すことは、お互いの関係をよりよくするために欠かせないものだからです。

そんな敬語が正しく使えない、使う気がない人は世間知らずという印象を周囲に与えます。

そもそも敬語は学生の頃から学ぶもので、まだ慣れない言い回しなどを大人から教わって徐々に身についていくのです。

敬語が使えず荒い言葉遣いをしている人は、学生気分が抜けず他人の指摘を受け入れないという印象を与えることもあります。


3. トレンドや時事問題を何も知らない

政治や景気、国際問題や時事問題といった世間のトレンドを知らない人は、世間知らずと言われる代表格です。

なぜ今景気が悪いのか、なぜこの商品が流行っているのかなど、身近で起こっていることに関心が高い人は他人の気持ちを汲み取ることにも長けています。

しかし世間知らずな人は、世の中の動きは自分とは関係ないと考えているため、他人への関心が薄く人間関係でも自己中心的になりがち。

その結果、「物を知らないのに主張だけはよくするわがままな人」と周囲から評価されてしまいます。


4. 自己中心的で協調性が全くない

他人の気持ちを考えられず、自己中心的に振舞うというのが世間知らずな人に多い印象です。

周囲に対して気を遣うことができないというよりも、もともと気を遣わない言動をする傾向が強いです。

自分の言動によって周囲に迷惑をかけているという自覚がないため、思っていることをそのまま口にしたり行動したりします。

協調性が全くないので集団生活になじみにくく、自己中心的な言動を指摘してもらえる環境を得にくいでしょう。


5. 目上の人にも馴れ馴れしく接したり、上下関係がなっていない

先生や上司、先輩など目上の人に対して、常識的な人は敬語を使ったり低姿勢で接したりします。

しかし、世間知らずな人は、相手との上下関係を気遣う意識が薄く、目上の人に対して尊敬の念を含んだ対応ができません。

自分と目上の人との間に上下関係が成立していることが理解できていませんから、友人のように馴れ馴れしい態度を取ったり、敬語を使わずに話します。

目上の人からはマナーがなっていないと思われますし、周囲からも批判的な目で見られることが多いでしょう。


6. 責任感が弱く、仕事や大事なことでもすぐに投げ出す癖がある

常識的な人は、社会人として自分が負う責任を自覚し、周囲と協力しながらひとつのことを達成していきます。

しかし、世間知らずな人は責任感が弱く、自分がしなければいけないことを把握できていません。

努力を続けて何かを成し遂げようという気持ちもあまりないため、苦しい状況になるとすぐに投げ出してしまいます。

一人で好きに行動する分にはいいですが、職場や学校などでチームとして動かなければいけない時でも平気で投げ出すので、周囲に迷惑をかけることが多いでしょう。


7. 自分の事は“常識人”だと勘違いしている

世間知らずな人ほど、実は「自分は常識があるデキた人間だ」と本気で思っています。

普段から自分中心で世の中が回っていると考えているため、自身に対して根拠のない自信があるのです。

仕事において特に大きな問題がなく進んでいることが自分の実力だと勘違いしていますが、実際には周囲の人たちが何度もフォローしていて、知らず知らず迷惑をかけているというケースは少なくありません。


【男女別】世間知らずな人に共通する特徴

常識に欠けていて、他人への気遣いがほとんどできないのが世間知らずな人に共通した特徴です。さらに言うと、男性や女性それぞれで共通している特徴があります。

ここから、世間知らずな男性、世間知らずな女性、それぞれどういった特徴があるのか見ていきましょう。


世間知らずな女性に見受けられがちな特徴

男性ほど仕事などで責任ある立場につく確率が低い女性は、そもそも強い責任感を持っていない場合が少なくありません。

子供っぽさをかわいさと勘違いしているケースも目立ちます。

早速、世間知らずな女性と周囲から見られがちな特徴について見ていきましょう。


1. 言葉遣いが荒く、目上の人にも「マジ?」「ウケる」などの言動を平気する

語彙力が低く、表現のバリエーションに乏しいのが世間知らずな女性の特徴です。

会話の途中で「マジ?」「ウケる」「かわいいんだけど」など、ワンパターンな表現を繰り返すため、世間知らずという印象を与えやすいでしょう。

また、目上の人との会話でも言葉遣いが荒いというのも特徴のひとつです。

正しい敬語が使えず、目上の人に対しても友人のような馴れ馴れしい言葉遣いをする女性は、彼氏から見ても恥ずかしい彼女と見られてしまいます。


2. 今話題のニュースや時事問題を何一つ知らない

世間知らずな女性は、テレビのニュース番組や新聞などで話題のニュースを積極的に知ろうとしない傾向があります。政治や国際問題といった時事問題は自分とは関係ないと思っているからです。

情報量が圧倒的に少ないため、こうした話題についてくことができず、「別に知らなくてもいいこと」と避けてしまうようになり、知識を積み重ねていく機会を失いがち

彼氏がいたら、ニュースをほとんど知らない彼女だとあきれられてしまうかも。


3. 電車で電話をしたり、メイクをしたり公共の場でマナー違反を平気でおかす

世間知らずな女性には、「自分がしたいことをしたい時にしたい場所でする」「人に迷惑をかけていなければ何をしてもいい」という自己中心的な考え方があり、その考え方にもとづいて行動します。

TPOを考えないため、電車内で大声で電話に出たり、人が見ている中で気にせずメイクをするといったマナー違反行為も平気で行います。

周囲の人に不快な思いをさせていることすら気づかないと言えるでしょう。


4. TPOをわきまえない派手めなファッションやメイクをしがち

世間知らずな女性は「自分は自分、人は人」と思っているので、TPOを考慮する意識が低い傾向にあります。

職場に体型が分かるようなピッチリとした服を着てきたり、目上の人と会う場に派手なメイクで来るなど、その場にふさわしいとは言えないファッションやメイクをするのです。

自分では気に入っていても、その場の雰囲気に全くそぐわない恰好を選ぶのはマナー違反。彼氏や他人を不快にさせてしまうようなファッションやメイクをすること自体がまさに世間知らずと言えます。


5. 人に出された食事を平気で残したり、ケチをつけたりする

自分には甘い反面、他人には厳しいのが世間知らずな女性の特徴です。

あることを自分ができなかった時は「だってこうだから」と言い訳をして正当化するのに、他人ができなかった時は厳しく批判したりします。

人から受けた親切を素直に受け止められず、出された食事を平気で残したり、味や量や盛り付けなどに文句を言ったりすることも多いです。

自分が言われたら嫌なはずのことを、平気で他人に言ってしまうのです。


6. とにかくわがままで、自分の都合よく物事を解釈する

世間知らずな女性は、できるだけ自分の意見を通そうとします。

何人かで意見を出しあうような場では、常識のある人は自分以外の人の意見も聞いた上で話し合おうとしますが、世間知らずな女性は人の意見より自分の意見を優先するのです。

建設的ではなく、「何となく」「多分」「とにかく」といった言葉を使いながら感情的に意見を出しますし、相手から反論があっても都合よく解釈して自分を変えようとはしません。


7. 責任感が皆無で、何でも周囲の人がやってくれるのが当たり前だと思っている

自分がしなければならないことを把握できておらず、把握する意欲も低いのは世間知らずな女性の特徴のひとつです。

何らかの責任を負うことをなるべく避ける傾向にあり、常に周囲の人に依存する意識があります。仕事の割り振りを受けざるを得ない場合でも、できなかった場合は言い訳に終始し「〇〇さんが教えてくれなかったから」といった発言を平気ですることも。

周囲からすると安心して任せられないという印象が強いでしょう。


8. タイムスケジュールができず、平気で人を寝坊や遅刻を繰り返す

世間知らずな女性は、社会的なルールを軽視する傾向にあります。

集団生活における基本的な取り決めも、自分本位な解釈で無視をしたり自分に都合のいいように変更したがるのです。

タイムスケジュールがずさんなことが多く、「朝起きれなかった」などの子供のような理由で遅刻や欠席をするケースもあります。

「彼女は自己管理ができない」と上司を含めて周りから悪い評価を受けやすくなってしまうでしょう。


世間知らずな男性に共通する特徴

年齢を重ねるほど責任ある立場につくことが増える男性の中にも、一般常識に欠けていて自己中心的な振舞いをする人はいます。

自分勝手であることを大胆なタイプといいように解釈しているケースも目立ちます。

世間知らずな男性だと周囲から見られがちな特徴について見ていきましょう。


1. 店員さんに高圧的な態度をとる

「お客様は神様」とばかりに店舗にいる店員さんに対して高圧的な態度を取るのは、世間知らずな男性がよくする行動のひとつです。

レストランで横柄な態度で注文したり、ショッピングモールなどで強引に店員さんを呼びつけたり、自分の方が店員さんよりも立場が上なのだと過剰にアピールする傾向があります。

店員さんも人間ですから、店側としてミスを犯したのでなければ高圧的な態度を取られる理由がないため、いいサービスを使用とは思わないでしょう。


【参考記事】はこちら▽


2. テーブルマナーや言葉遣いなど、一般的な教養がない

世間知らずな男性は、社会人としての基本的なマナーや言葉遣いが身についていません。

たとえばレストランで食事をする際にはテーブルマナーを守るのが当然のルールですが、ナイフとフォークを正しく使えなかったり、食事中に音をたてたり、肘をつくなど姿勢の悪さが目立ったりします。

相手に対する言葉遣いも乱暴なことが多く、いわゆる一般教養が身についていないことが多いです。


3. 一人暮らしの経験がなく、生まれてからずっと実家ぐらし

年齢的には立派に成人していても、自立できていないというのが世間知らずな男性には多いです。

よくあるパターンは、高校や大学を卒業してからも一人暮らしをしたことがなく、実家で親と同居しているというもの。

実家にお金を入れていないケースや家事を一切手伝わないケースもあり、親に依存しているにもかかわらず親への態度は横柄なのです。働いていないニート状態の場合も少なくありません。


4. 挨拶やお礼など礼儀作法がなっていない

基本的な挨拶やお世話になった際のお礼といった礼儀作法が、世間知らずな男性には身についていません。

「おはようございます」「ありがとうございます」といった挨拶やお礼は、公私にわたってさまざまな場面で必要ですが、きちんとできません。

上司や先輩に対して「お疲れさまです」ではなく「ご苦労様です」と上に立った態度をとってしまうことも。

世間知らずな男性は、良好な人間関係に欠かせない挨拶やお礼ができないため、周囲とのコミュニケーションもうまくいかず孤立しやすくなります。


5. 個性とわがままを吐き違え、自己中心的な振る舞いをしている

単なるわがままを個性と勘違いしているのは、世間知らずな男性の大きな特徴です。

すでに決定していた約束事を強引に変更したり、注意されても悪びれずに聞き流したりして、「俺はこういう考え方なんだ」と個性的であることをアピールします。

周囲にとってはわがままでしかなく、責任ある仕事を任せるには不安で無難な仕事を割り振ることになるため、人として成長できる機会を自ら失っているとも言えるでしょう。


常識がない世間知らずな人に陥ってしまう主な原因

一般常識がなく、周囲から見てわがままで付き合いづらいと思われてしまう世間知らずな人。

どのような原因があって世間知らずな状態に陥ってしまうのでしょうか。

ここからは、世間知らずな人になってしまう原因について見ていきましょう。


1. 一人っ子で両親に優しく育てられた

世間知らずな人は一人っ子が多いと言われている理由として、一粒種である子供を両親がつい溺愛してしまいがちという環境が考えられます。

子供からするとどんなわがままを言っても通るという思い込みが生まれやすいと言えます。

また兄弟姉妹がいないため、物の取り合いで喧嘩したり周囲から比較されたりする経験もありません。

特別な存在として大切に優しく育てられた結果、世間知らずな人になってしまいやすいと言えます。


2. 自己愛が強く、自分の事しか考えていないから

どんな状況でも自分が一番であり、他人を尊重したり思いやったりすることに気づきません。

自分さえよければいいという自己中心的な考えが強いと、成長したいという意欲も薄いため、一般常識やマナーを覚えて身につけようという姿勢が欠如するのです。

自分自身の評価が高く、常に周囲をやや下に見ている傾向も強いので、空気を読むことができず世間知らずな人という印象を与えやすくなります。


3. 単純に視野が狭く、主観でしか物事を捉えられないから

自己愛が強いという点とつながるのが、主観でしか物事や状況を捉えられないという点です。

「もし自分だったら」と考えるのは大切なことですが、その考えに偏りすぎると他人の気持ちに寄り添うことができなくなります。

主観的な考えに凝り固まるということは視野が狭いということでもあります。

他人や世間の動きを俯瞰して分析する意識がないため、世間知らずな人になってしまうのです。


手軽に実践できる!世間知らずから脱却する改善方法

もし自分が周囲から世間知らずな人と思われていたら、やはりいい気持ではありません。

少しずつでも意識を変えて、世間知らずから脱却したいものです。

ここからは、手軽に実践できる世間知らずから脱却する方法をご紹介します。


1. テレビや新聞、ネットニュースなどに目を通し、最低限の時事ネタは把握する

世間知らずから脱却するには、自分ばかりではなく他人に対しても関心をもつことが第一歩です。

たとえば毎日の通勤通学時間を活用してネットニュースをチェックする、新聞を読むといった習慣を始めましょう。

一般常識やマナーは一朝一夕には身につきませんから、日々の生活の中で意識して身につけるよう努力する意識を持つことが大切です。


2. 実家暮らししか経験のない人は、この機会に一人暮らしを始めてみる

今までずっと実家に住んでいるなら、奮起して一人暮らしを始めてみましょう。

実家で暮らしていた時には分からなかった1ヶ月にかかる生活費や、日々の生活で必要な家事などが把握できて、生活を成り立たせるには何が必要なのかが身をもって分かります。

自炊を通して食事をつくる大変さが理解できれば、両親への感謝の念もわいてきて、職場や学校での周囲の人たちに対しても優しく接することができるようになるでしょう。


3. 少しずつでも相手の立場にたって物事を考える癖をつける

自分本位で行動することをできるだけ控え、相手の立場に立って物事を考えるように心がけることも、世間知らずから脱却する効果的な方法のひとつです。

自分の言動が他人にどのような印象を与えているのか、相手の反応に注意を払うようにしましょう。

もしこれまでと同じようについ自己中心的な行動をしたり、軽率な発言をしてしまったとしても、すぐに謝ったり訂正すれば徐々に周囲の反応もよくなってくるはずです。


4. マナーやエチケットの本を読んで勉強してみる

社会人として最低限必要なマナーやエチケットはぜひ習得したいもの。

実践しながら身につけていくしかありませんから、関連書籍を読んだり実際にお店などで試しながら少しずつ習得していくといいでしょう。

初めはうまくいかないかもしれませんが、習うより慣れろです。

失敗したとしてもそれを繰り返さないように注意して、次は修正してもう一度トライしてみる、トライ&エラーの考え方で実践し続けてみましょう。


5. 時間や約束は必ず守る習慣をつける

時間や約束を守るのは社会人として当然のことです。

少し遅刻すること、ドタキャンすることがかっこよくて個性的だと思っているなら、まずその考え方をきっぱりと捨てましょう。

他人とうまくコミュニケーションを取るには、時間や約束を守るのが大前提ですから、必ず守るという強い意識を持って行動するようにします。

時間通りに来る、約束をきちんと守る、こうした行動を取り続けていれば、周囲も徐々に信用してくれるようになりいい人間関係が築けるきっかけになるはず。


6. 分からないこと、知らないことは積極的に質問してみる

分からないことがあるのに知ったかぶりをする意味はまったくありません。

分からないことがあったらむしろきちんと聞いてほしいと周囲は思っていますから、知らないままで済ますのではなく都度質問して、自分の知識や経験にしようという積極的な姿勢が必要です。

「すみませんがもう一度教えてくれませんか」と素直に質問してくる人を邪険にする相手はそういません。

聞くことが恥ずかしいと考える必要もありませんから、分からなければ質問するという習慣をつけましょう。


7. 謙虚な姿勢を心がけ、周囲の指摘は素直に聞き入れるようにする

これまで自己中心的な考えで行っていた言動は控え、謙虚になることを意識しましょう。

人はどうでもいい相手には注意や指摘はしません。つまり、注意や指摘をしてくれるということは何らかの期待をしてくれているということ。

そんな相手の気持ちを受け入れて、指摘されたことは素直に聞き、すぐ直したり取り入れたりする姿勢を持つことで、周囲の反応も好意的になってくるはずです。


【参考記事】はこちら▽


世間知らずな人から脱却して信頼される人になろう。

世間知らずな人とは誰でも思われたくありません。

しかし無意識に行ってきた言動によって世間知らずな人だと捉えらえてしまっているとしたら、信用度も低いですし、とてももったいないことです。

「もしかして世間知らずな人と思われているかも…」と不安になって、改善したいと思っているなら、この記事を参考に脱却方法をひとつでも実践してみることをおすすめします。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事