フットワークが軽い人の10の特徴|メリットだらけの“フッ軽になる方法”とは?

フットワークの軽い人の特徴を知りたい人へ。今記事では、急な誘いにも快く応じてくれるフッ軽な人の特徴から、フットワークを軽くするメリットやフットワークを軽くする方法まで詳しく解説します。フットワークが重い自分を改善したいと感じている人は、ぜひ参考にしてください。

フットワークが軽い人の10の特徴|どんな時もフッ軽な人の行動パターンとは?

フットワークが軽い日トン特徴

「人に誘われてもなかなか重い腰が上がらない...」

「フットワークが軽い人ってどんな人のことを言うの?」

フットワークが重い人からすると、フッ軽な人の行動力には驚かされるばかりですよね。

ここからは、フットワークが軽い人の特徴を解説していきます。フッ軽な人の行動に隠された心理にも触れるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


特徴1. 急な誘いでも絶対来てくれる

フッ軽な人は、人からの誘いが急だとしても本人はそう感じていません。自分の予定さえ空いていれば誘いに乗ることに迷いがないのです。

例えば「今、〇〇さんとたまたまばったり会ったんだけど、□□(フッ軽な人)も知ってるよね?今から食事に行かない?」と急な誘いがあったとします。

普通の人であれば、いきなり誘われたら迷うところを、フッ軽な人は「会いたい!今から行くよ!」と、アクティブなのですぐにその場に向かいます。


特徴2. 電車で2時間の距離でも関係なく来てくれる

フッ軽な人にとって、距離はあまり関係ありません。行動力があるので、会いたいと思ったらその場所がどこであろうと飛んで来てくれるのです。

遠方に住んでいる友人に赤ちゃんが生まれたとします。友人の自宅が自分のところから2時間くらいかかるようなところだと、普通の人ならちょっと躊躇してしまいますよね。

フッ軽な人は、電車や新幹線、飛行機などを使ってでも会いに来てくれるのです。距離が遠くても特に苦に思わないのが特徴です。


特徴3. 深夜にも関わらず来てくれる

フットワークが軽い人の特徴は深夜でも来てくる

フッ軽な人は、朝早くても夜遅くても、自分が起きていれば行動できるタイプ。そもそもあまり時間を気にしてない人が多いです。

深夜に友達から「今〇〇と宅飲みしてるんだけど、来る?」と誘われたとします。本来であればもう夜も遅いし、わざわざ着替えてまで行くのは面倒と考える人が多いでしょう。

でもフッ軽な人の場合、「自分が起きているタイミングに誘いが来てラッキー」とさえ思うのです。そのままタクシーに乗って友人宅に向かうのも全く苦に感じません。


特徴4. 仕事で疲れていても誘いを断らない

フッ軽な人は、基本的に楽しいことが大好き。その為、どんなに疲れていても「なんだかそれ面白そう!」という好奇心の方が勝ってしまいます

例えば、仕事で疲れてもう帰ろうかなって時に、一緒に働いていた仲間が「なんか、カラオケでも行ってパーッとしたくない?」と発言したとします。

本来なら疲れているので帰る人が多い中、フッ軽な人は「いいね!行こう!」と1番最初に誘いに乗るのです。そして、カラオケでも人一倍楽しんで、場を盛り上げられる人が多いでしょう。


特徴5. コミュニケーション能力が高くて、人付き合いが上手

フッ軽な人は、人との交流は自分の人生を豊かにすると考えています。基本的に人が好きで、いろんな人と仲良くなりたいと思っているのです。

友人が主催するパーティーに招待されたとしたら、フッ軽な人は「もしかしたら新たな出会いがあるかも」と前向きな気持ちで足を運びます。

初対面の人とでも緊張することなく気さくに話せるコミュニケーション能力の高さを持ち合わせているので、出会った瞬間から意気投合する場合も。

誰と一緒にいてもその場を全力で楽しめるから、人付き合いが上手いと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 誘われたら断れない性格の持ち主

フットワークが軽い人の特徴は断れない性格

フッ軽な人は、優しすぎる傾向があります。相手に求められると「なんとかしてあげないと」という気持ちが自然に働いてしまうのです。

例えば、好きな男性から「今から来て欲しい、お願い」と急に連絡が来るとします。フッ軽な人は押しに弱いので「自分が行ってあげないと...!」と、多少の無理をしてでも相手の元に向かってしまいます。

基本的には「NO」と断れない性格と言えるでしょう。


特徴7. アウトドア派で外出が大好き

フッ軽な人は、家でじっとしているのが苦手です。アクティブなので、何かしら行動をしていたいと考えています。

家にいる時に、生活必需品が切れてしまったとします。本来なら「買いに行くのが面倒だな、明日でいいかな…」と思うところ、フッ軽な人は「〇〇を買いに行くついでに、自分の洋服も見にいこう!」と即行動します。

なぜなら本人にとって、家で何もなく過ごすほど退屈なことはないから。

インドアよりもアウトドアを好む性格なので、少しでも出かける口実があればそれに乗っかって外出しようとします。


特徴8. 好奇心旺盛な性格

フッ軽な人は、ワクワクするような楽しい事には積極的に参加したいと考えています。行動力があり、いろんな人や場所や遊びを経験したいタイプと言えるでしょう。

例えば、自分の知らないところで楽しそうなイベントがいつの間にか終わっていたら「もっと早く知っていれば...」と悔やみます。そんな思いはしたくないので、常に周りにアンテナをはって、楽しいことはないかと探しているのです。

好奇心旺盛なため、面白そうと興味が沸いたらすぐに飛びつく傾向があるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴9. プライベートが充実していて、いつも忙しい

フットワークが軽い人の特徴はプライベートが充実している

フッ軽な人は、忙しい事を苦に思いません。むしろ常に予定が入っている方が充実していると考えます。

フッ軽な人は普段から色んな場に参加しているので、顔も広く、人から誘われる機会が多いです。人と会うことに幸せを感じるため、誘われても滅多に断ることはありません。

また、美容院に行く、カフェ巡りをする、など1人時間も満喫していることが多いでしょう。

その為、スケジュール帳は常に予定がびっしり。アクティブで暇な時間がないため、プライベートが充実していると言えます。


特徴10. 一人でいることが嫌い

フッ軽な人は、寂しがり屋なので基本的に一人でいることを好みません。人と一緒にいる方が安心感を得られると考えています。

例えば、自分(フッ軽な人)が家にいる時に、SNSで楽しそうに過ごしている友人を見かけたとします。周りが自分よりも充実していると、ふと孤独感を感じて不安になってしまう場合も。

“1人でいるのはつまらない。皆と一緒の方が楽しい”と思っているので、誘われたらすぐに友人の元に向かいます。


フットワークが軽い人のメリット3つ|フッ軽だと何か良いことがあるの?

フットワークが軽い人のメリット

フッ軽な人の特徴を知って、魅力的に感じた人も多いはず。フットワークが軽くなることで得られるメリットはたくさんありそうですね。

では、改めてフットワークが軽い人のメリットを見ていきましょう。ここからは、フットワークが軽い人の3つの魅力を解説していきます。


メリット1. 人との出会いが大幅に増える

フットワークが軽くなると、常に色んな人と交流する機会があります。交流の場が広がるにつれて、男女/年齢問わずどんどん出会いが増えていきます。

人との出会いが増えると、仕事においても人脈が広がり、自分の出世やビジネスに繋がるチャンスになる場合も。また、恋愛においては理想の相手に出会える可能性も高まります。

人との出会いは、人生を豊かにする大きな財産になると言えるでしょう。


メリット2. 毎日が充実していて楽しい日々を過ごせる

フットワークが軽くなると友人からの誘いも増えたり、プライベートがどんどん充実していきます。

朝は友達と朝活したり、昼は美容院に行ったり、夜は合コンや飲み会に行ったり…と常に予定がパンパンになる場合も。

一見忙しくて大変そうに見えますが、人よりも行動しているので「今日も1日やりたいことやれて充実した日だった!」と1日の終わりに思えるでしょう。

身体の疲労よりも、心の満足度の方が高いため「気持ちいい」と感じられますよ。


メリット3. 色んな人から好かれる/自分の味方が増える

フットワークが軽い人のメリットはいろんな人に好かれる

フットワークが軽いと、誘った側からは「いつも快く来てくれて嬉しい」と好感を持たれます。いろんな場に積極的に参加し、コミュニケーションをとる内に良い人間関係を築きやすいと言えるでしょう。

色んな人に好かれるようになると、自分(フッ軽な人)が悩んだ時や困った時に今度は相手が駆けつけてくれるようになります。

日頃相手にしている良い行いが、自分に返ってくるのが大きなメリットといえるでしょう。


フットワークを軽くする方法3つ|今から真似できる“フッ軽になるコツ”とは?

フットワークを軽くする方法

「そうは言ってもなかなか重い腰が上がらない...」

「フットワークを軽くするには何から始めたらいい?」

これまでフットワークが重かった人からすると、フッ軽な人になりたいと思ってもどうしたらいいのか分からない人が多いですよね。

ここからはフットワークを軽くする3つの方法をご紹介します。どれも、今からすぐに真似できるものなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


方法1. 誘われたら、楽しい時間を想像してみる

誘われた時に足取りが重くなってしまうのは、「めんどくさいなぁ」と思ってしまうから。

ネガティブな思考を一旦止めて、行った先にある楽しいことを想像するだけで、それまで重かった足取りが軽く感じられるようになります。

「飲み会に知らない人がいるみたいだけど、めちゃめちゃ気が合う人かもしれない!」

「明日は休みだし、夜遅くまで遊んでもたまにはいいかな。いい刺激になるかも。」

など、ポジティブ思考が大切です。

フットワークが重い人は準備や移動がめんどくさいと感じてしまいやすいので、ネガティブな気持ちで向かってしまうと「やっぱり行かなきゃよかった...」となりかねません。できる限り前向きに捉えましょう。


方法2. ちょっとでも迷ったらGO!

本当に行きたくない誘いは、問答無用でキャンセルするはず。少しでも迷うということは心のどこかで「行ってもいいかな」と思っているからです。

迷わずに行動すれば「やっぱり行けばよかった...」と後から後悔することがなくなります。

行くか行かないかで迷った時には、

  • 事前に「迷ったら行く!」と決めておく
  • 誘われた日時に予定がない限りは行く

など、自分の判断がフッ軽な方向に行くように仕向けることが大切です。

「遠いのは面倒いし、楽しめるか分かんないから損しそう」など、損得勘定をうだうだ考えるのはNG。迷ったら即行動にうつすようにしてみましょう。


方法3. スケジュール帳を埋めることを習慣にする

フットワークを軽くする方法はスケジュール帳を埋める

些細なことでも、予定が入っているというだけで充実感を得られるようになります。

予定が少しずつでも埋まってくると楽しく感じられ「人ともっと会いたい」という心情に変わっていくでしょう。

  • 普段からスケジュール帳に記入する癖をつける
  • ちょっとした予定でも良いから書き込む
  • 人から誘われた時には必ず予定を確認して、空いていたらOKしてスケジュールを埋めることに慣れる

など、スケジュール帳を活用してフッ軽な人を目指すのがおすすめ。それが習慣になると、どんどんフットワークの軽い人の生活に近づけますよ。


充実した毎日を過ごせる「フッ軽な人」を目指してみて。

充実した毎日を過ごせる「フッ軽な人」を目指してみて

フッ軽な人の行動の裏には、前向きな要素がたくさんありましたね。フッ軽な人は、友人、仕事、恋愛などにおいて、良い人間関係も築いていけるでしょう。

フッ重な人からしたら、そんなフッ軽な人が羨ましく感じる時もあるはず。

そんな時は、ご紹介した内容を参考にして「迷ったら即行動」ができるフッ軽な人を目指してみてくださいね。あなたの日々の暮らしが充実していきますよ。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事