行動力がある人の特徴とは?言葉だけでなく実行する力を鍛える方法を紹介

行動力のある人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、行動力のある人の特徴から、行動力をつける方法まで詳しくご紹介します。行動力を鍛える訓練方法も解説するので、アクションを起こせるようになりたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

行動力のある人の特徴|多くの人に共通するポイントとは?

行動力のある人の特徴

仕事や恋愛など、行動力がある人はチャンスをしっかりと掴んでいるイメージがりますよね。

ここからは、行動力がある人に見られる特徴について徹底解説していきます。

考え方や性格にはどのような共通点があるのでしょうか。


行動力のある人の特徴1. 好奇心が旺盛

自分が知らないことや、初めて触れるものに強い興味や関心を持ち、探求していくい心を忘れないのが行動力のある人の特徴。

普通の人なら避けてしまう様な物事に対しても「面白そう」「経験してみたい」と探究心が湧いていき、すぐに行動に移すことができます。

好奇心が旺盛な人は、自らの探究心を満たしたい欲求が行動力のモチベーションになるため、アクティブに行動することができるのです。

【参考記事】はこちら▽


行動力のある人の特徴2. 向上心が高い

現状に満足せず常に自らを高めようとしている人は、行動力が高い傾向にあります。

いつも高いアンテナを張っており、困難なプロジェクトに対しても「きっとやり遂げることが出来る」「スキルアップができるチャンス」と考え、果敢に挑戦していきます。

向上心が高いからこそ、チャンスを見逃さずに行動に移すことができるのです。

【参考記事】はこちら▽


行動力のある人の特徴3. 失敗することを恐れない

行動力のある人は、失敗を必ずしもネガティブなものとして捉えていません。

「たとえ挑戦してみてダメだったとしても、次回への経験値になる」「失敗は成功の元、新たな側面を見つけるチャンス」と前向き思考で物事に取り組んでいきます。

失敗することを恐れて躊躇しないため、積極的に行動を起こすことができるのでしょう。


行動力のある人の特徴4. 見栄をはらない

周囲の目線を気にしすぎないのも、行動力がある人の特徴です。

自分を大きく見せたいという欲求がないため「行動を起こすのが恥ずかしい」「変に見られたらどうしよう」と考え込まずに、行動に移していくことができます。

見栄を張らないからこそ、むやみに挑戦のハードルを上げることなく、行動に移すことができるのでしょう。


行動力のある人の特徴5. 自己肯定感が高い

自己肯定感が高ければ、自らの考えや価値観に沿って行動を起こすことができます。

普段の生活の中で「こうあるべき」という同調圧力に屈して行動に移せない方も少なくありません。

自己肯定感が高い人は、自分自身で出した選択を信じ抜くことができるので、周囲に流されずに行動することが可能となります。

行動の原動力となる自己肯定感は、主体的に行動していくためには欠かせない要素となっています。


行動力のある人の特徴6. 目標設定がうまい

実際に行動に移しやすい目標をつくれることも、行動力が高い人の特徴です。

「痩せたい」という漠然とした目標よりも「お気に入りの服を着るために、ウエストをあと5センチ細くする」という目標を立てた方が、やる気が出て行動に移しやすいですよね。

目標をうまく設定することで、行動するまでのフットワークを軽くしているのでしょう。


行動力のある人の特徴7. 決断力に長けている

行動を起こす前には、大小問わず様々な選択を迫られるものです。

どちらにしようかと悩み、行動に移せないケースも珍しくない中で「よし、こっちにしよう!」とすぐに決断を下せる人は、高い行動力を持っていると言っていいでしょう。

決断は行動の起点と言っても過言ではありません。「迷っているよりまず行動」と自らのアクションで状況を変化させていくのです。


行動力のある人の特徴8. 面倒事を先に片付ける

行動力が高い人は、たとえ面倒なことであっても「どうせやるなら早く終わらそう」と考えて動くことができます。

社会人ともなると、やりたくない仕事を任せられることも少なくありません。「苦手な分野でどこから手を付けて良いのか分からない」と着手できずに時間を浪費してしまうことも。

行動を起こすことが面倒事を片付ける近道だと理解しているからこそ、積極的に動くことができるのでしょう。


行動力のある人の特徴9. 好きな人には積極的にアプローチする

恋愛面になると消極的になる人も多い中で、自ら話しかけたり連絡先が聞けるのは行動力のある証と言えるでしょう。

「まずは食事に誘って会話する時間を増やそう」「メイクや髪色を〇〇の好みに変えてみた」と好意を寄せる男性や女性へ向けて、積極的にアクションを起こすことで想いを伝えようとします。

自ら行動を起こして恋愛を成就させようと、傷つくことを恐れずに動き出すことができるのです。


行動力のある人の特徴10. ミスをしても切り替えられる

失敗を引きずっていては、次の行動までの時間もロスしてしまいます。

行動力のある人は、たとえミスをしたとしても「この教訓を次回に活かそう」「次はこの手順でやってみよう」と切り替えが早いので、ただ落ち込んで時間を浪費することがありません。

失敗を振り返ることも必要ですが、ミスからの切り替えを早くすることで、より生産的な行動へと繋げていくことができるのです。


反対に、行動力のない人に多く見られる特徴とは?

「なかなか行動に移せなくて仕事を溜め込んでしまう」「積極性が持てず、いつもチャンスを逃してしまう」という人の中には、自分に自信がなかったり、完璧を追い求め過ぎている傾向が多くあります。

行動力のない人の特徴も把握することで、行動できない原因や克服すべきポイントを明確にできるはずですよ。

ぜひ、以下の記事も参考にしてみてください!

【参考記事】はこちら▽


行動力を身につけるには|行動に移す力を鍛える方法を大公開

「行動力を身につけたくても、具体的な方法がわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは行動力を鍛えるために効果的な方法についてご紹介します。

意識を変えれば簡単に実践できるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。


行動力を鍛える方法1. 完璧を求めないようにする

高すぎる目標や成果を求めていると、一歩一歩踏み外さない様にと行動が慎重になりがちです。

「これぐらいで十分」といい意味で心に余裕を持つことで、新たな挑戦に踏み出せたり、視野を広げて行動が起こしやすい心理状態が保てるでしょう。

完璧を追い求め過ぎないことでフットワークが軽くなるため、行動が起こしやすくなるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽


行動力を鍛える方法2. 周囲の目を意識しすぎない

周りの評価や印象にとらわれ過ぎてしまうのは、あなたの行動を制限する原因となってしまうことも。

周囲にとってのあるべき自分は、あくまでもあなたがつくり出したイメージに過ぎません。

「これがやってみたい!」と思ったら勇気を出して行動してみることで、周りへの意思表示にもなり、あなたをサポートしてくれる人も出てくることでしょう。

周りを意識しすぎず自分の心に素直にいることが、行動力を鍛えるポイントですよ。


行動力を鍛える方法3. 自己肯定感を高める

主体的な行動を起こす上で欠かせないのが、自己肯定感です。

この自己肯定感を高めるのにおすすめなのが、自分へ向けてポジティブな言葉をかけてあげること。

「きっとやればできるよ」「あなたなら大丈夫!」と声に出すことで、自分を肯定する癖がつき、前向きに物事を考えることができるでしょう。

ありのままの自分を受け入れられていれば、行動を阻害するネガティブなイメージも沸きにくくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


行動力を鍛える方法4. 行動力のある人と過ごす

お手本となる人が近くにいれば、自然と行動の仕方も変わってくるものです。

仕事が早い人や、たくさんの趣味を持っている人と一緒に過ごす事で、自分ごととして落とし込みやすく、具体的な行動のイメージも沸きやすくなるでしょう。

行動力のある人の言動や考え方を意識するきっかけになる、おすすめのトレーニング方法です。


行動力を鍛える方法5. 簡単な目標設定をしてみる

挑戦しやすい目標を立てる事で、あなたの行動に移すまでのハードルが下がるはずです。

「1ヶ月で2キロ痩せるために、朝の通勤は一駅分だけ歩く」「集中力を高めるために、毎朝5分の瞑想をする」といった高すぎない目標を着実にこなしていく事で、達成感が得られ行動することが楽しくなってくるはずですよ。

行動を起こす積極性を高めてモチベーションも維持できるので、ぜひ実践してみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


行動力を身につけて、色々なことにチャレンジしてみて。

物事の考え方次第で、行動力は大きく変化します。これまで、行動したくても出来なかったという経験をした方も少なくないでしょう。

「自分が動いて大丈夫だろうか」と不安に感じることもあるかもしれませんが、ありのままの自分を受け入れて、気持ちに余裕を持って行動すればきっと素敵な未来が待っているはず。

行動力を身につけることで、限られた人生を有意義なものにしていきましょう!

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事