「愛してる」より強い愛を伝える言葉|愛情表現ができるおすすめのフレーズを紹介!

愛を伝える言葉を知りたい方へ。本記事では、愛を伝える言葉を言うメリットから、恋人におすすめの愛を伝える言葉まで大公開!伝え方のポイントも解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

愛を伝える言葉を言うメリット|愛情表現をすることで得られることは?

愛を伝える言葉を言うメリット

「照れ臭くてかなり遠回しな言い方しかできないんだけど、もっときちんと愛情表現した方がいいのかな?」

「恋人にもっと気持ちを伝えた方がいいって、友達に言われたけど、なんで伝えた方がいいのかな?」

大好きな人に愛情表現をすると、自分が今思っている以上に様々なメリットを得られます。

まずは、恋人同士で愛を伝える言葉をいうメリットや、愛情表現をすることでお互いに得られることについて、チェックしていきましょう。


メリット1. 愛を”直接”感じることができる

どんなに恋人のことが大好きでも、ただ思っているだけでは愛情はなかなか伝わらないもの。

愛を伝える言葉は、そんな秘めたる思いを秘めたままにせず、直接、相手に届けてくれる言葉なのです。

そのため、愛を伝える言葉を言われた恋人は、あなたの愛情をより強く実感できるため、じんわりと暖かな気持ちになれますよ。


メリット2. 相手のことをもっと好きになれる

愛を伝える言葉は、お互いに相手のことをどんな風に好きなのか、どれくらい大切に思っているかを伝えてくれる言葉でもあります。

そのため、愛を伝える言葉を言う前は知り得なかった、お互いの気持ちを確認し合うことができるのです。

  • 「〇〇君、そんな風に私のこと思ってくれてたんだ。」
  • 「普段、〇〇さんって、あんまり思ってること言わないから、ちょっと不安だったけど、俺のこと、すごく大切にしてくれてるんだな。」

などと、深く実感できるため、よりお互いのことを好きになるきっかけにもなってくれます。


メリット3. 相手に「もっとなにかしてあげたい」と思わせられる

自分のことを大切にしてくれる人のことは、自分だって大切にしたいと思うものです。

それが、カップル間なら、なおさらのこと。

恋人が何か素敵なことを自分にしてくれて嬉しかったなら、自分も恋人が喜びそうなお返しをしたくなるのです。

今、恋人のことをどんな風に愛しているのか、愛の言葉で恋人に伝えたら、あなたが伝えた愛情以上に深い愛情を恋人が返してくれるかもしれませんよ。


メリット4. すれ違いの原因にならない

愛を伝える言葉を言うメリットはすれ違いの原因にならない

どんなにあなたが恋人のことを大切に思っていても、その気持ちが恋人に届いていないと、お互いに心の距離が生まれやすくなってしまいます。

しかし、日頃からこまめに言葉で愛を表現していれば、知らない間に心の距離ができてしまうことも防げるようになるのです。

また、「俺の彼女、本当に俺のこと好きなのかな?」といった、不安も生まれにくくなるのも大きなメリットですよ。


メリット5. 関係が深まりやすく、長続きする

相手のことをどれほど大切に思っているのか、どんなに好きなのか、愛を表現する言葉は、その気持ちを明確に相手に伝えてくれます。

そして、相手はあなたからの愛情をより実感できるため、今まで以上にあなたのことを信頼しやすくなるのです。

お互いに言葉で愛を表現できるようになれば、お互いの信頼と関係性が深まり2人の関係もより長続きしやすくなりますよ。


恋人におすすめの愛を伝える言葉|気持ちを伝えるのに最適なフレーズとは?

恋人におすすめの愛を伝える言葉

「彼氏のことが本当に好きなんだけど、この想い、どうしたら伝わるかな?」

「愛してるより強い伝え方とか、何かあるかな?彼女に、俺の想いをきちんと伝える言い方、何かないかな?」

恋人に愛を伝える言葉って、どんな言葉がぴったりなのか、迷ってしまいますよね。

ここからは、恋人におすすめの愛を伝える言葉や、溢れる気持ちを伝えるのに最適なフレーズについて、チェックしていきましょう。

愛してる以上に、想いを伝えられる言葉もあるので、必見ですよ。


愛を伝える言葉1. 「好き」

あなたの心の中に秘めている愛情をストレートに伝えてくれるのが「好き」というシンプルな言葉。

このシンプルさ故に、恋愛感情に疎い彼氏や彼女であっても、確実にあなたの愛情を伝えてくれますよ。

「俺さ、〇〇ちゃんのこと、本当に好きなんだ。」

などと、伝えましょう。

「好き」という言葉は、いつ言われても嬉しいもの。

そのうえ、とてもシンプルで、どんなシーンでも使えるのでおすすめですよ。


愛を伝える言葉2. 「ありがとう、ごめん」

相手への感謝や謝罪を伝える「ありがとう」「ごめん」という言葉。

これらの言葉は、一見、愛を伝える言葉ではないように見えますが、実は相手への思いやりを伝えてくれる言葉なのです。

「今朝、ゴミ出ししてくれてありがとう。」 「デートに遅れちゃって、ごめんね。」

などと、日常的に「ありがとう」「ごめん」を使うことで、相手のことを大切に思っていることを伝えてくれるのです。

そのため、使い続けることで、お互いへの信頼度もより深まっていきますよ。


愛を伝える言葉3. 「一緒にいると楽しい!」

「大好きな人と一緒にいると自分は楽しいけど、相手も楽しんでくれてるのかな?」

などと、誰しも不安に思うもの。

そんな時には、「〇〇さんと一緒にいると、すごく楽しい!」とデート中などに伝えてあげることで、相手の不安を解消することができます。

言われた相手は、「俺が楽しいって思うように、このデート楽しんでくれてるんだ!良かったぁ。」

と、安心感を抱き、あなたに愛されていることをより深く実感してもらえますよ。


愛を伝える言葉4. 「一緒にいると落ち着く」

恋人におすすめの愛を伝える言葉は一緒に居ると落ち着く

一緒にいて落ち着く、安らげるといった居心地の良さは、その人の存在価値を認めることに繋がると言っても良いでしょう。

「会社ホントに忙しくて、家帰ってきても気が休まらないんだけど、〇〇さんと一緒にいるだけでホント落ち着くんだよね。」

などと、デート中にさりげなく言ってみるのがおすすめ。

一時的な感情ではなく、奥深い愛情が感じられる素敵な愛の伝え方になりますよ。


愛を伝える言葉5. 「愛してる」

数ある愛情表現の言葉の中でも、最上級の言葉といえば、やはり、「愛してる」でしょう。

「愛してる」は、カジュアルに使いやすい「好き」「大好き」よりも本気度が伝わりやすい言葉です。

そのため、この一言を言われただけで、心がジーンと暖かくなるような嬉しい気持ちになれること間違いなし。

「〇〇ちゃん、愛してる。」

などと、告白の時や、2人の大切な記念日の時、プロポーズの時など、ここぞというシーンで決め手になる言葉ですよ。


愛を伝える言葉6. 「もっと一緒にいたい」

大好きな恋人と、もっと一緒に時間を過ごしたいという素直な気持ちが伝わるのが、「もっと一緒にいたい」という言葉。

「一緒にいる時間が居心地いいから、そうやって言ってくれるんだなぁ。」と、あなたからの好意を感じてくれるはず。

「もう、終電の時間かぁ。〇〇君と、もっと一緒にいたいなぁ…。」

などと、デートの終わり頃に言うのがおすすめですよ。


愛を伝える言葉7. 「会いたい」

「会いたい」というシンプルな一言は、相手に対する愛情が目一杯詰まっていると感じる一言。

「あなたがいないと寂しい。」「あなたが恋しい。」という切ない気持ちをストレートに伝えてくれます。

遠距離恋愛中の恋人との電話中に伝えたり、忙しくてなかなかデートできない恋人にLINEで送ったりするのがおすすめですよ。


愛を伝える言葉8. 「電話してもいい?」

恋人におすすめの愛を伝える言葉はでんわしてもいい?

「今すぐ会うのは無理だけど、せめて声だけでも聞きたい!」そんな切ない気持ちを伝えてくれます。

恋人のことが大切で大好きだから、声だけでも聞きたがっているという様子に、恋人も愛おしく思ってくれるはず。

「今から、ちょっとだけ電話してもいい?」 「今夜何してる?10時ごろとか、電話してもいい?」

などと、電話デートの約束を取り付けるための言葉なので、どんなシーンやシチュエーションでも使えますよ。


愛を伝える言葉9. 「幸せ者だなぁ」

「幸せの定義」は人それぞれ。

とはいえ、「幸せ者だなぁ。」という言葉は、「今この瞬間がものすごく幸せであること」をさりげなく伝えられる言葉なのです。

恋人と一緒にいる時間を心の底から大切にしていることが分かるので、ある意味、愛してるよりも強い言葉といえるでしょう。

一緒に映画を観ている時や、散歩している時など、どんなシチュエーションでも使える言葉であり、愛してる以上に深い愛情を伝えられますよ。


愛を伝える言葉を言う時のポイント|上手に愛情表現するコツとは?

愛を伝える言葉を言う時のポイント

「好きな気持ちを上手に伝える言い方、使ってみたいけど、どうしても気恥ずかしくて…。どうしたらいいのかな?」

「遠回しな言い方したら、全然伝わってなかったんだけど?どうしたら、もっと上手に好意を伝えられるのかな?」

愛情表現って、ちょっぴり照れ臭くてなかなか上手にできないもの。

では、一体どうしたら、上手に気持ちを伝えられるようになるのでしょうか?

ここからは、愛を伝える言葉を使う時のポイントや、上手に愛情表現するコツについて、チェックしていきましょう。


コツ1. まずは自分に素直になる

最も大切なのは、「あなたが恋人に何を伝えたいのか?」というポイント。

「〇〇さんのことが、大好き!…なんだけど、『大好き!』って、ちょっと子供っぽい言い方?ってか、私そんなこと言うキャラじゃないし!」

などと、あれこれ考えすぎてしまうと、照れ臭くなってしまい、恋人には伝わりにくい遠回しな言い方になってしまう場合があります。

恋人に気持ちをしっかり届けるためにも、まずは、自分自身の心に素直になりましょう。


コツ2. 伝える前に紙に書き出してみる

自分の心の中は、自分が思っている以上に複雑なもの。

そんな複雑な心のままで、愛情表現をしようと思っても、うまく言葉が出てこないこともあります。

そんな時は、想いを伝える前に、一度紙に全て書き出してみましょう。

書く順序などは気にする必要はありません。

頭の中に思い浮かんだ恋人に対する気持ちを、次々と書き出していくうちに、心の中がすっきりと整理されていくのです。

  • 「恋人に対して、どんな風に思っているのか?」
  • 「カップルになれて、自分がどんな気持ちなのか?」

などの気持ちが言語化されるので、恋人に気持ちを伝えやすくなりますよ。


コツ3. 少しずつ言葉を増やしてみる

「今まであまり愛情表現をしてこなかったけど、これからはもっと気持ちを伝えよう!」

などと決意してみても、愛情表現自体に慣れていないと、愛の言葉を使うのは少々ハードルが高いもの。

そんな時は、まず、あなたが比較的使いやすい言葉からスタートしてみましょう。

「正直、愛してるより強い気持ちなんだけど、『愛してる』すら、恥ずかしいしな。まずは、『楽しいね!』とかから言ってみるか。」

などと、日常的に使えそうな愛を伝える言葉を少しずつ増やしていくことで、愛情表現をすることにも慣れていきますよ。


コツ4. 手紙を書いてみる

愛を伝える言葉を言う時のポイントは手紙を書いて見る

年を重ねるにつれ、手紙を書いたり受け取ったりする機会は少なくなってくるもの。

普段、LINEやメールでのやり取りが多い中、大好きな人から直筆の手紙を貰ったら、それだけで、深い愛情を感じてしまうのです。

「〇〇ちゃんへ 面と向かっては恥ずかしいから手紙にするね。俺の彼女になってくれてありがとう。これからもよろしくね。」

などと、短い文章でも、愛を伝える言葉が書いてあると、口下手さんでも上手に気持ちを伝えられるようになりますよ。


愛を伝える言葉で、恋人との”愛”をより深いものにしてみて。

愛を伝える言葉には、様々なバリエーションがあります。

シンプルで短い言葉でも、使い方によっては、「愛してるよりも強い想い」を伝えることが可能です。

大切な恋人にあなたの気持ちをしっかり届けるためにも、今回ご紹介した言い方をぜひ、チェックしておきましょう。

ここぞというシーンで、さりげなく愛を伝えられるようになりますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事