「愛してる」と言う男/言えない男の心理。女性に愛を感じる瞬間とは

「好き」とは違う「愛してる」。女性なら誰しも好きな男性から言われたい一言です。今回は「愛してる」と言う男の心理と言えない男の心理を大公開。彼女や旦那が口に出さなくても女性を「愛している」と感じる瞬間や偉人の名言まで、「愛」の意味を問う記事になります!

男性から「愛している」と言われるとドキッとしますよね

男性が愛してると言う理由

日本人は愛情表現が控えめな傾向にあります。告白時に「好き」と言ったきり、付き合い始めたら言葉にしなくなることも珍しくありません。特に男性は、言葉にすることを恥ずかしいと感じたり苦手意識を抱いていたりする人が多いものです。

そうした男性から「愛してる」と言われたら、ドキッとしますよね。この記事では、「愛してる」と言える男性、言えない男性双方について、その心理を探っていきます。


男性が「愛してる」と言う心理

まずは「愛してる」と言える男性心理になります。付き合っている彼氏やはたまた旦那から「愛してる」と良く言っている場合の心理状態です。どんなことを考えているのでしょうか。


1. 結婚までの未来を考えている

付き合っている「その先」、結婚を見据えている相手だからこそ「愛してる」と言える男性がいます。

もちろん、付き合っている時点で相手女性のことを好きだとは思っているわけですが、結婚して一緒に家庭を築いていこうと思える女性に対する気持ちとは違いがあるもの。

そこまで彼女を大切に想えるからこそ、恥ずかしさを上回る「言葉にしたい、しよう」という心理になるのです。


2. 愛情を相手に伝えたい

日本人男性といっても、すべての人が「愛情表現が苦手」というわけではありません。性格は人それぞれ。素直に気持ちを表せる男性もいるのです。

そうした男性にとっての「愛してる」という言葉は、何の計算も裏の心理もない、純粋な愛情表現のひとつ。さらりと口に出すため、言葉を受け取る女性側が重さを感じることもないでしょう。


3. 女性を安心させたい

「愛してる」の言葉の裏側には、女性を安心させたいという男性心理が働いていることがあります。

特に、何かにつけて「わたしのこと、好き?」と聞いてしまうような女性には、聞かれる前に言葉にすることも。これは、男性のやさしさからの行動である可能性が高いでしょう。

一方で、注意しておきたいのは浮気癖のある男性の「愛してる」。なぜなら、浮気の事実を隠すためにあえて言葉にする男性もいるからです。


4. 女性に求められたため言った

女性から「ねえ、愛してる?」「愛してるって言ってよ」と求められたため、応えた。このように、強制的に言わされたケースも多いでしょう。

「恥ずかしいから」「何でそんなこと言わなきゃいけないんだよ」と返してしまう男性もいるなかで、求めに応えてくれる男性はやさしい人ですね。ただし、このパターンでの「愛してる」は、頻繁に求めないように注意が必要です。


5. ナルシストで自分に酔っている

ロマンチストで、かつそうした行動を取る自分自身に酔いがちなナルシストな男性も、「愛してる」と言葉にしやすい傾向があります。

デートでサプライズをしてみたり、凝った演出をしてみたり。相手女性が喜んでいるのであればいいのですが、場合によっては自分のことしか見えていないまま、女性の恥ずかしい気持ちや困惑を無視して行動してしまう男性も。

【参考記事】はこちら▽


6. 体の関係をキープするため

「本命だから言える」パターンのほか、「本命じゃないからこそ言える」パターンも存在しています。彼女には言えないけれど、セフレには言えるというパターンですね。

このパターンの男性は、現状の関係性を維持するために、「愛してる」という言葉を巧みに使います。女性側にも割り切る心があればいいのですが、そうでなければ残酷な言葉だといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


7. ノリで誰にでも言っている

「愛してる」という言葉に恥ずかしさを感じることがないため、その場のノリで「おー、俺も好き好き。愛してるよー」と言えてしまう男性です。

屈託のない笑顔で何の恥じらいもなく口にするため、女性側も本気に捉えることはないでしょう。「まーた言ってるよ」と軽くあしらい、楽しいやり取りのひとつとしておきたいところですね。

【参考記事】はこちら▽


男性が「愛してる」と言えない心理

反対にもっと「愛してる」って言って欲しいのに、言ってもらえない…。では、なんで男性は「愛してる」と言えないのでしょうか。


1. 「愛してる」の言葉の重みを分かっている

「愛してる」の言葉に含まれる重みを感じるがあまり、口に出せないパターンです。このタイプの男性は、本気で好きになればなるほど、相手女性に気持ちを言葉にできなくなる心理が働きます。

「言葉にしてもらわなきゃわからないよ」と不満に思う女性もいるでしょうが、誠実な男性ともいえるのです。言葉にしない分、行動で表していることも。彼の愛情表現を見逃してはいませんか?

【参考記事】はこちら▽


2. 恥ずかしくて言えない

日本人男性の多くは、愛情表現をすることに恥ずかしさを感じてしまうもの。「好き」ですら口にできないのに、「愛してる」なんて言えるわけがない……という心理が働いてしまうのは、女性にも想像がつきやすいでしょう。

そもそも、「愛してる」と口にするのは、女性にとっても恥ずかしさを感じるものではないでしょうか。口にできない男性の気持ちもわからなくもないものですよね。


3. 「愛してる」と言えるほど、自分の感情に自信がない

「愛してる」の言葉に一定の重さを感じているため、自分自身の感情が「愛してる」に至っているのかわからない、というパターンです。

「本当に好きではあるのだけれど、愛してるのかと聞かれると、はっきり『そうだ』とは思えない……」という揺れた心理が働いています。

軽はずみに言えない分、真摯な人であるともいえるでしょう。


4. 重い男だと思われたくない

愛しているし、「愛してる」と口に出したい気持ちはある。けれども、口に出してしまったら、相手の女性から「重い男だと思われて引かれてしまうのでは?」と、こうした不安な心理から、「愛してる」と言えない男性もいます。

「重い」と受け取るかどうかは相手の女性次第。どう捉えられるのかわからないため、二の足を踏んでしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


5. 行動で愛情を表現すれば良いと思っている

「愛情表現は行動ですればいい」という考えを持っている男性もいます。むしろ、「言葉にするべきではない」と思っている男性もいるでしょう。

言葉を欲する女性にとっては物足りないかもしれませんが、その分言葉で気持ちを伝えてくれているはず。なかには女性の「言葉にしてほしい」気持ちに気づけていないこともあるため、「たまには言葉にしてほしい」と伝えてみることも大切です。


男性が女性を「愛してる」と感じる6つの時

「愛してる」を言う言わない、心理をお伝えしたところで、ここからは男性が女性のことを愛してると感じる瞬間をお伝えします。

どんな時に好きな人の「愛」を感じるのでしょうか。


1. 一緒に過ごしていて、安心出来るとき

「愛してる」と感じる瞬間のうちのひとつが、女性と一緒に過ごす時間に安心感を抱くときです。

女性に対して癒しや安らぎを求めている男性は少なくありません。安心できる時間を与えてくれる女性に愛情を感じ、結婚後の家庭生活をイメージする男性もいます。


2. 辛い出来事があったときに、支えてくれたとき

辛いことがあったとき、男性は感情を外に出しづらいもの。そうした辛いときに支えてくれる女性に対し、感謝とともに愛情を感じるのです。

気を張って過ごしている男性ほど、自分が「格好悪い」と感じている自分を受け止めてくれることに安らぎを感じるものでしょう。ありのままの自分でいられる相手に好意を抱くのは、自然な感情ですよね。


3. 自分の欠点を受け入れてくれている

自分の欠点を受け入れてもらえるのも、「ありのままの自分」でいられるひとつの要素です。どのような欠点もすべて受け入れて許してもらえるのが愛情ではありませんが、些細な点でも自分では大きな欠陥だと思っている部分が何かしらあるはず。

視点を変えて、「でも、こう見たら長所だよ」と言ってくれる女性を、男性は好ましく思うのです。

【参考記事】はこちら▽


4. 駆け引きのない愛情を感じたとき

女性のなかには、好かれたいと思うがあまり、男性に対する行動に駆け引きをしてしまう人がいます。そうした恋愛ゲームは恋の醍醐味のひとつではありますが、持ち掛けられる側としては疲れを感じてしまう要因にもなりえるでしょう。

損得を考えない、「好き」をストレートに出してくれる瞬間は、男性にとって魅力的に映るものなのです。


5. 屈託のない笑顔を見たとき

デート中などに、愛想笑いではない子供のような屈託のない笑顔を向けられた瞬間も、男性のなかで「愛してる」の感情が育つきっかけになります。

「好きな女性を守りたい」という庇護欲を抱いている男性は少なくありません。そうした男性にとって、屈託のない笑顔は「かわいいな。守ってあげたいな」と思わせるものなのですね。


6. 一緒に家庭を築くイメージができたとき

「この人と結婚したい」「これからもずっと一緒にいて、いい家庭を築いていきたい」。将来のイメージを抱けることで、女性に対して「愛してる」と感じ始める男性は少なくないでしょう。

結婚を意識して、初めて「好き」から「愛してる」に感情がアップデートされたり、あらためて自分の感情を意識することで愛していることに気づけたり。感情の節目になる瞬間です。

【参考記事】はこちら▽


「愛してる」と「好き」の違いが分かる偉人たちの名言

「好き」と「愛してる」。この2種類の言葉に込められている意味合いの違いを、数々の偉人たちが名言として説明しています。

偉人の名言もぜひ、参考にしてみてくださいね。


1. 「愛とは信頼。人を愛するときは、完全に信じることよ。」マリリン・モンロー

ひとつ目が、女優の『マリリン・モンロー』。

彼女は、愛=信頼として、相手のことを完全に信じられることが「愛してる」状態であると残しています。

疑いや不安がまだある段階では、「愛してる」とはいえない。考えさせられる部分がありますね。


2. 「愛は食べすぎるという事がない。」シェイクスピア

愛に関する数々の名作を残している戯曲家『シェイクスピア』。彼の残した名言は、「愛は食べすぎるということがない」です。

「重すぎると思われたくない」という男性心理がありましたが、シェイクスピアに言わせれば、愛は重すぎるということはないともいえるのではないでしょうか。

ただし、一方的な愛情は相手にとって不要なため、重荷になってしまうのでしょうが……。


3. 「戸惑えば戸惑うほど、それは愛しているということなの。」アリス・ウォーカー

アメリカ人の作家『アリス・ウォーカー』は、「戸惑い」が愛情だと考えています。愛しているからこそ、相手のために何かをしたくなる。

それゆえに相手のことを想い考えるため、戸惑う瞬間も多く生まれるのでしょう。

マリリン・モンローは「信じること」と説きましたが、「信じない」ことと「戸惑い」とはまた少し別物です。揺らぐ気持ちがあっても、愛しているといえそうですね。


4. 「愛はお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。」 サン=テグジュペリ

「星の王子さま」で有名な『サン=テグジュペリ』。彼が残した「愛してる」は、向かう方向性です。

お互いを見つめ合うのではなく、同じものを見つめ始めたとき、愛が芽生えたといえるのでしょう。この名言は、カップルと夫婦との違いという意味でも当てはまるものではないでしょうか。

「二人が目指したい先、大切にしたいもの。」ここが重なっていれば、関係性は崩れないのです。


5. 「愛とは、大勢の中からたった一人の男なり女なりを選んで、ほかの者を決して顧みないことです。」トルストイ

『トルストイ』が残した名言は、非常にシンプル。つまり、「たったひとりを想い続け、他の異性にうつつを抜かすことがない」というものです。

シンプルではありますが、実際のところ「他の者を顧みない」状態でい続けられる人は、実は難しいものではないでしょうか。実際に浮気をするわけではなくとも、「いいな」「素敵だな」という感情は一般人相手・有名人相手に抱くものですよね。


素直に相手を喜ばせたい気持ちが「愛」に繋がるかもしれません

考え始めると深みにはまる、「愛してる」の感情。ただし、「信じること」「他の人に移り気にならないこと」など、偉人たちの名言を見てもわかるように、実際はシンプルな感情なのでしょう。

「相手を喜ばせたい。見返りを求めずに何かをしたいという気持ちがある。」こうした想いがあるのであれば、それは「愛」だといっていいのではないでしょうか。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事