彼女へ送る手紙の書き方|感動する内容&例文・渡すシチュエーションを紹介

彼女へ手紙を送る時って、どう書けば良いか悩みますよね。今回は、彼女へ送る手紙の書き方を徹底解説!貰って喜ばれる書き方や内容、渡す際のシチュエーションや実際の例文をお届けします。感動するような手紙を送って、大好きな彼女に日頃の想いを伝えてみてくださいね。

彼女に手紙を書こうと悩んでいる男性へ。

彼女への手紙の書き方

彼女に手紙を送って感動させたいと思う人もいるでしょう。ですが、どういう手紙を送ればいいのかわからず、悩んでしまう人もいるかもしれません。

この記事では、彼女が貰って嬉しく感じる手紙の書き方や手紙の内容、さらには彼女に手紙を渡すときの注意点やシチュエーションについて解説します。

彼女への手紙に送る例文もあわせて解説しているので、ぜひ参考にして彼女に感動的な手紙を送りましょう


彼女に手紙を渡そうか迷う…。彼女への手紙って重い?

彼女に手紙を渡そうかと思った時、「手紙なんか書いて彼女が引かないだろうか…」と不安になる人もいるかもしれません。

ですが彼女からすると、やはり手紙をもらうのは嬉しいもの。特に普段手紙を書かない場合、サプライズで彼女に手紙で感謝の気持ちを表せば、彼女もきっと感動するはず。

彼女に手紙を渡そうかどうか迷った時は、思い切って渡してあげましょう。


彼女が貰って嬉しい手紙の書き方とは

せっかく手紙を書くならば、彼女を感動させて喜ばせたいですよね。どのような書き方をすれば、彼女は手紙を貰って喜んでくれるのでしょうか。

ここでは、彼女が貰って嬉しい手紙の書き方を解説します。ぜひ参考にして、彼女を喜ばせるような手紙を書きましょう。


書き方1. ボールペンで手書きで書く

パソコンやスマートフォンを活用してもいいかもしれませんが、手紙を書きたい時はボールペンを使いましょう。

ボールペンであれば、手紙に書いた字を長く保存可能。ずっと残るので、時間が経っても彼女が何度も見返して感動してくれることも。

大切なのは、字がうまい下手ではなく丁寧に書いているかどうか。心を込めて丁寧に書けば、彼女も感動してくれるはずですよ。


書き方2. 最初に「〇〇へ」と彼女の名前を綴る

ボールペンを持っても、「さあ何を書こう」と書き出しで手が止まるかもしれません。まずは「〇〇へ」と彼女の名前を書いてみてください。

彼女の名前を書くのは誰にもできるはずです。書き出しで一文書くだけで、自然と手が動き出すことも少なくありません

「〇〇へ」でもいいですが、書き始めからおしゃれさにこだわりたい時は、「Dear.〇〇」「To.〇〇」という表現もおすすめです。


書き方3. 手紙を書いた理由を綴る

彼女の名前を書いたあと、何を書き始めればいいのか改めて書き出しに悩む人も少なくないはず。

迷った時は、手紙を書いた理由から綴るのもおすすめ。「思い出として残したかった」「日々の感謝の気持ちを伝えたかった」などや、書く理由も様々あるはず。

最初に手紙を書く理由を伝えれば、スラスラと書けてしまうかもしれませんよ


書き方4. プレゼントを贈る場合は、なぜそのプレゼントを選んだか綴る

手紙と一緒にプレゼントを送る人もいるでしょう。もし手紙と一緒にプレゼントを送るような時は、どうしてそのプレゼントを選んだのか理由も伝えてみてください。

「君にぴったりだと思って、自分なりに一生懸命選んでみました」「前から〇〇がほしいと言ってたもんね」などと一言添えれば、彼女も「そんなに考えてくれてたんだ」とより嬉しく感じてくれますよ。


書き方5. 彼女との思い出の内容を綴る

彼女と長い時間を共にしてきたのであれば、二人だけの楽しい思い出もたくさんあるはず。まずは、彼女とのこれまでの日々を振り返ってみましょう。

彼女とのデートの思い出を綴れば、彼女も懐かしく感じるはずです。なるべく過去の思い出が目に浮かぶよう細かく書けば、彼女も思わず感動してくれるかもしれません。


書き方6. 最後に彼女への愛の言葉を綴る

手紙の締めくくりでは、彼女がどれだけ自分にとって大切なのか綴りましょう。「本当に君に出会えて幸せだよ」などと締めくくれば、彼女も「この人と付き合って良かった」と感じてくれますよ。

普段あまり口では言えないことだからこそ、あえて手紙にして伝えることが大切。いつもとは違うギャップにさらに感動して、嬉しいと感じてくれるでしょう。


彼女が貰って嬉しい手紙の内容3選!

彼女からすると、どういう手紙を貰えば嬉しく感じるのか気になる男性も少なくないでしょう。ここからは、彼女がもらって嬉しく感じる手紙の内容をご紹介します。

ぜひ参考にして、手紙の内容でも彼女を感動させてみませんか。


1. 日頃の「感謝」を伝えた内容

これまでの彼女との日々を振り返ってみてください。風邪をひいて看病してくれたときやデートで迎えにきてくれた時など、感謝したいことがたくさん思い浮かんでくるはず

ちょっとしたことであっても、言葉にして感謝の気持ちを彼女に伝えましょう。手紙に感謝の言葉が書かれているだけで彼女は嬉しく感じ、感動してくれますよ。


2. 彼女との未来についての内容

長く付き合っている場合、これまでの内容だけでなく、彼女とのこれからのことに関する内容を綴るのもおすすめ。今後彼女とどうしていきたいのか、プロポーズに近いような内容を手紙にすれば、彼女はきっと感動してくれますよ。

手紙から将来に対する真剣さが伝われば、彼女も自然と将来のことを考えてくれるはずです。


3. 「好き」という愛情を込めた内容

これまでやこれからのことだけでなく、今どう思っているのかをストレートに伝えましょう。普段なかなか「好き」という言葉を、恥ずかしくて言えない男性も少なくないはず。

普段言えない愛情を言葉にできるのが手紙のよさ。書いているうちに彼女への愛情が溢れて愛情たっぷりの手紙になれば、彼女も嬉しいと感じてくれますよ。


渡す前に注意!彼女が重いと感じてしまう手紙とは?

彼氏から手紙を貰えば嬉しいと感じる女性が多い一方、場合によっては思わず「重い」と感じてしまうことも。

ここでは、彼女が思わず重いと感じてしまうような手紙について解説します。ぜひ参考にして、これから手紙を書くときに活かしてみてくださいね。


1. 何枚も書いた長文の手紙

女性は基本的に、彼氏から手紙をもらうのは嬉しいです。ですがあまりにも文章量が多すぎると、ついストレスを感じてしまうことも

いくら「好き」だという感情を伝えたくても、あまりにも長くなれば押し付けがましいので注意してください。

特に毎月の記念日ごとに彼氏から大量の文章が送られれば、彼女は「重い」と思うかもしれません。


2. ポエムのような手紙

女性は男性から「好き」だという言葉をもらうのは嬉しいと感じますが、まるでポエムのような文章だと引いてしまう可能性も

「今日は3ヶ月記念日だね。そんな君に愛を送るよ」なんて言われれば、いくら好きでも感動せずに硬直してしまうかもしれません。

感動させたいのであれば、Instagramに載せるようなポエムを綴らないよう注意が必要です。


3. 「毎日でも会いたい」など彼女を束縛するような手紙

文章の長さだけでなく、文章で相手を束縛していないかどうかも気をつけましょう。特に「毎日会いたい」「他の男なんかと喋っちゃダメだよ」などと言うことは、ただの自己満足に過ぎません

さらに「今日〇〇したんだよ」など、まるで日記のような内容になっていないかも注意してください。彼女に自分の行動を把握させようというのも、場合によっては束縛だと捉えられます。

【参考記事】はこちら▽


彼女に手紙を渡す時の注意点

手紙を書くときだけではなく、手紙を実際に封筒で渡すときにもいくつかの注意点が存在しています。ここからは、彼女に手紙を渡すときの注意点について解説します。

彼女に手紙を渡そうと考えている人は、渡し方にも注意してくださいね。


1. 読むことに集中して、彼女の顔を見ない

彼女に手紙を渡す時、ただ封筒に入れて渡すのではなく、「読んでから渡したい」といった渡し方を考える彼氏も少なくないはず。

読み聞かせる渡し方は非常におすすめですが、ただ読むことだけに集中しないよう気をつけましょう。ずっと下を向くことになるので、彼女からすると何を言っているのか聞き取れないことも

ときどき彼女の顔を見て微笑んであげれば、彼女もキュンとして嬉しく感じやすいですよ。


2. ただ渡すだけで終わり

手紙を読むのに少し気恥ずかしさを感じてしまい、手紙の入った封筒をただ渡すだけにならないことも大切。彼女への手紙で感動させたいのであれば、ぜひその場で読み上げてみてください

気持ちは口に出して伝えた方が、女性にはより伝わりやすいです。女性も読んでくれるとでさらに感動して、「この人と付き合って良かったな」と思ってくれるはずですよ。


彼女が喜ぶ手紙を渡す時のシチュエーション

彼女への手紙でさらに感動させたい時は、渡すときのシチュエーションも大切です。ここでは、彼女が喜ぶ手紙を渡すときのシチュエーションについて解説します。

ぜひ参考にして、シチュエーションにもしっかりこだわりましょう。


1. 記念日や誕生日プレゼントと一緒に手紙を渡す

彼女の誕生日や記念日など、特別な日に彼女への手紙を渡してみてください。プレゼントだけでなくサプライズで彼女への手紙を渡せば、彼女もさらに嬉しいと感じるでしょう。

普段口下手な人の場合、誕生日プレゼントは予測できても手紙までは予想できない女性も多いはず。思わぬサプライズに、「嬉しい」ときっと感動してくれますよ。


2. 観覧車などドラマチックな雰囲気の時に渡す

観覧車もしくは綺麗な夜景の目の前など、「今しかない」と思うようなドラマティックなタイミングもおすすめ。手紙を渡すときに恥ずかしさを覚えても、ドラマティックな雰囲気が感動を後押ししてくれるでしょう。

近くに夜景が見られる場所がない場合、イルミネーションの下などでも雰囲気があるのでおすすめ。彼女への手紙を渡すときは、当日のデートプランをふまえた上で考えてみてくださいね。


3. 彼女が作ってくれたご飯を食べた後に、感謝の手紙を渡す

日々の感謝の手紙を渡したい時は、どちらかの家で渡すのもおすすめです。彼女の手料理を食べてのんびりしている時であれば、彼女もリラックスして聞いてくれるでしょう。

そこで「いつもありがとう」と日々の感謝を手紙にして伝えれば、和やかな暖かい雰囲気になるはず。彼女も感動して、さらにお互いの仲が深まりますよ。


4. デートの別れ際に渡す

デートの最後に渡すことで、「最高なデート」だという印象を相手に持ってもらいやすいでしょう。別れ際に「ちょっと待って」と言えば、彼女も「なになに、気になる」と興味津々になるはず。

ただここで注意しておきたいのが手紙を渡す場所。駅のホームなどではムードが出にくいので、少し静かな場所を選んで渡すことをおすすめします。


内容に悩んだらこれ!彼女への手紙に送る例文

彼女への手紙の内容を考える時、「どのようなことを書こうかな」とあれこれ悩んで筆が進まないことも。ここでは、彼女への手紙に送る例文をパターン別に解説します。

彼女への手紙の内容に困った時は、ぜひ参考にして書いてみてくださいね。


例文集1. 「誕生日」に彼女へ送る手紙の例文

「〇〇へ

お誕生日おめでとうございます。〇〇が生まれてきてくれて、本当にありがとう。

いつもなかなか言えないのだけど、いつも自分と一緒にいてくれてありがとうね。

5年後や10年後でも、ずっとこうして誕生日をお祝いできたら嬉しいなと思ってます!

これからも、末長くよろしくね。大好きだよ。」


例文集2. 「記念日」に彼女へ送る手紙の例文

「〇〇へ

今日は、〇〇と付き合って3回目の記念日だね。去年と一昨年と同じように、今年もこうして隣にいてくれることがすごく幸せです。

いつも恥ずかしくてなかなか面と向かって言えないのだけど、〇〇のことをいつも想っています。

これからもお互い大変なこともあると思うけど、支え合いながら頑張りましょう。

これからもよろしくね。大好きだよ。」


例文集3. 「日頃の感謝」ついて送る彼女への手紙の例文

「〇〇へ

いつも、料理を作ってくれたり相談にのってもらったり、本当にありがとうね。

昨日〇〇が作ってくれたご飯も、本当に美味しいなと思って食べてました。

最近なかなかデートできていないけれど、いつも〇〇のことを想っています。

普段なかなか感謝の言葉が言えないので、こうして手紙にして書いてみました。

いつもありがとう。愛してるよ。」


例文集4. 「プロポーズ」の際に送る彼女への手紙の例文

「〇〇へ

もう、〇〇と付き合ってから3年の月日が経ちました。

いつも一緒にいることがもはや当たり前になってきてるけど、これからも〇〇には僕の隣にいてほしいと想っています。

大好きな〇〇の笑った顔を、ずっとそばで見続けたいです。

僕があなたを幸せにします。

僕と結婚してください。」

【参考記事】はこちら▽


彼女に心のこもった手紙をプレゼントしてみませんか?

ここまで、彼女が貰って嬉しい手紙の書き方や手紙の内容、さらには彼女への手紙を渡すときの注意点や彼女への手紙に送る例文集を紹介しました。

彼女に手紙を渡す時、勇気がいることも少なくないでしょう。ですが日々の想いを言葉にすることで、きっと彼女も嬉しいと感じるはず。注意点にも気をつけながら、彼女を感動させてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事