自分から話しかけられない6の原因|改善方法やおすすめの話題を紹介!

自分から話しかけられない原因を知りたい方へ。本記事では、自分から話しかけられない人の特徴から、直し方、おすすめの話題まで紹介します!

自分から話しかけられない6つの原因|どんな心理や理由で会話ができないの?

自分から話しかけられない原因

「人と話をするのって苦手なんだよね…。」

「自分から話をふれないんだよね…」

など、人とコミュニケーションを取ることが苦手な人は、なかなか自分から話しかけることが出来ません。

では、そもそもどうして話しかけられなくなってしまうのか?

ここからは、自分から話しかけられない原因を解説していきます。


原因1. 話しかけた時にどう思われるかが不安だから

細かいとこまで気になってしまうことってありませんか?

マイナス思考な性格の人だと、なかなか自分から話しかけることって難しいですよね。

「今、話しかけていいか大丈夫かな…?」

「迷惑になったらどうしよう。」

と、自分が他人からどう思われているのか不安でたまらなくなってしまい、声をかけられなくなるのです。


原因2. 話す話題が思いつかないから

会話が受け身になりやすい人は、中々自分から話を振るのに勇気が必要です。

「話し掛けるきっかけがわからない」

「話が途切れた時に話題が振れない」

「相手に気を使いすぎてしまう」

などと感じてしまい、自分から話すきっかけを作ることが出来ないのです。


原因3. 変なことを言ってしまって人に嫌われたくないから

人と話していても、自分の話の内容が正しいか気になってしまう繊細さも話しかけられない理由の一つに。

相手がどう反応してくるか様子を窺ってしまう

相手の反応が気になってしまう

など、深く考えすぎてしまいます。

そのため、苦手意識を持って意見を発することが出来なくなることに…。


原因4. 空気を敏感に感じてしまうから

自分から話しかけられない原因は空気を敏感に感るから

常に神経を張り巡らせて会話をしてしまう特徴の人は、空気を読み過ぎてしまう傾向に。

  • 相手の顔色を伺ってしまう
  • 視線や、態度など会話以外のところも気になってしまう

という経験はありませんか?

気にしいなあまり、自分から話し掛けにくくなってしまいます。


原因5. コミュニケーションに自信がないから

人間関係が苦手な方は、自分に自信がなく話しかけることを避けがちな引っ込み思案な性格の事も。

「話すこと自体に自信がないから…。」

「話しても会話が弾まない…。」

「楽しませる自信がない。」

など考えすぎてしまい、自分から話しかけられないのです。


原因6. 言いたいことを言語化するのが苦手だから

言いたいことはたくさんあるのに、うまく言葉にできないと、話すこと自体に苦手意識を持つことも。

「実際言葉にして話すことができない。」

「言葉を組み立てるのが苦手。」

「考えすぎて会話が詰まってしまう。」

など、頭の中では分かっていても、言葉を上手に整理できず、自分から話しかけられなくなるのです。


自分から話しかけられない人の特徴|性格や行動の共通点とは?

自分から話しかけられない人の特徴

「本当は話したいのに自分から声をかけられない…。」

「話し掛けられれば話せるのに、自分からはなかなか…。」

など、話すことをネガティブに捉えてしまい、なかなか自分から行動できない人は多いでしょう。

そういう人は、どんな共通点があるのでしょうか?

ここでは、自分から話しかけられない人の特徴について解説していきます。

自分に当てはまることは無いか、確認しながら見ていきましょう。


特徴1. 引っ込み思案な性格

人前に出るのが苦手で内気なタイプの方は、自分から話しかけるのが苦手な心理の持ち主という事も。

  • 話しかけることをネガティブにとらえてしまう
  • 自分の意見を言うことができない
  • 人と関わることが苦手

など、コミュニケーションが不得意。

会話のキャッチボールが上手くできず、話すことに苦手意識を持っているのでしょう。


特徴2. 過去に嫌なトラウマがある

昔あった嫌な経験を思い出すと、自分から話しかけることに良い印象を持たなくなることも。

「話過ぎて嫌われてしまうんじゃないか…。」

「仲良くなるのが怖くなって、話しかけられなくなってしまった…。」

自分の意見を否定され、傷付いてしまった…。」

などトラウマな人それぞれ。

ただ、話すこと自体に恐怖心を持ってしまうあまり、人との会話が億劫になる人もいます。


特徴3. 家庭環境に問題があった

人間関係が極端に苦手な人は、幼少期に家庭環境に原因があったと言う人も多くありません。

  • 鍵っ子で一人の時間が多かった
  • 親に怒られるのが怖く、自分の意見を言えなかった

など家族間の会話が不足していた過去が、今話しかけられないことに繋がっているかも。

そのことが影響し、人と接すること自体が億劫に感じてしまう事も。


特徴4. 相手の顔色を気にしてしまう

自分から話しかけられない人の特徴は相手の顔色を気にしてしまう

他人に気を使いすぎて、

「いろんなことが気になって、話すことに不安がある。」

などと考えてしまうデリケートな性格の人も、話しかけることが苦手なタイプ

「今、忙しくないかな?」

「嫌な思いしてないかな?」

「自分と話すの嫌じゃないかな?」

など、必要以上に相手の事を考えてしまい、自分から話しかけられないのです。


特徴5. 失敗した時にプライドが傷つくのが怖い

プライドが高い人は傷つくことを恐れ自分から行動できない傾向にあります。

「自分の意見を否定されるのではないか…。」

「自分が口出しして話が進んでも、もし、間違った意見だったら…。」

などと、思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

失敗を恐れすぎてしまうと、自分から声をかけることができず、自分から話しかけることが苦手になってしまいます。


特徴6. 自分のコミュニケーション力に苦手意識がある

意思疎通が苦手で心配性な人は、自分から話しかけることが苦手になる傾向に。

「話しかけても大丈夫かな…。」

「何を話せばいいんだろう…。」

「間が開いてしまったらどうしよう…。」

などと考えてしまう事があります。


特徴7. 傷付きやすく繊細な心の持ち主で、相手の反応に敏感

繊細な人は、話す時に必要以上に相手の態度や表情を観察してしまう癖があります。

例えば、

「あ〜今の言葉って、完全に自分のことを嫌って発言したものだよな〜。」

「表情が曇ってたけど、やっぱりイライラしてるのかも…。」

など、ちょっとした変化に敏感に反応してしまうのです。

相手が考えていないことも想像してしまい、必要以上に疲れてしまいます。

こうして考えすぎて、自分から話すのが難しく感じてしまうのでしょう。


特徴8. 根掘り葉掘り聞かれることが苦痛の”秘密主義”

自分から話しかけられない人の特徴は秘密主義

自分の事を話したくない秘密主義の方も、自分から話しかけることが苦手な原因の一つに。

「話したくないこともあるのにな…。」

「自分の話はしたくない。」

などと、思ってしまいます。

このような性格の持ち主は、プライベートに足を突っ込まれたくないので、話すこと自体を躊躇しがちに。


特徴9. 周囲の空気感を読み取るのが苦手

人と合わせるということが苦手なタイプの人は、話しかけて良いタイミングが分からないことも。

  • 相手の表情が読み取れない
  • 相手の感情がわからない
  • 相手の仕草を読み取るのが苦手

といったように、他人がどう思うかを考えることが難しいと感じてしまいます。

なので、自分から話しかけるという行動を取ることができないのです。


特徴10. 自分のことで頭がいっぱいで他人に興味がない

「他人に興味なく自分の事だけしか考えられない。」

と考えてしまう人は、相手とどんな話をしたらいいのか深く考えすぎてしまう所があります。

「相手がどんな会話で盛り上がるのか分からない。」

「相手の気持ちを考えながら話すなんて出来ない。」

など、自分のことで頭がいっぱい

話を整理できず、他人と話すことが苦手になってしまいます。


自分から話しかけられない性格の改善方法とは?

自分から話しかけられない人の改善方法

「上手に話しかけるコツを知りたい!」

「話すことへの苦手意識を克服したい!」

そう思った人もいると思います。

上手く話しかけられるようになれば、職場の人や友達、好意のある異性との会話もスムーズに。

ここでは、自分から話しかけられない性格の改善方法について、解説していきます。

ぜひ一つずつ実践していってくださいね。


改善方法1. 笑顔で挨拶をしてみる

挨拶は会話のきっかけになる一番の方法。

周囲からも話しかけられたりと、自然と話しやすい雰囲気になっていきます。

「おはよう!」

「こんにちは!」

「お疲れ様!」

など、まずは毎日自分から挨拶してみましょう。

笑顔で行えば、あなたの印象が良くなって、きっと周りと話しやすくなりますよ。


改善方法2. 聞き役になってみる

自分から話しかけずらいという人は、まずは聞き役になってみること。

  • 相槌をいれる
  • 共感する
  • 質問をする

などを意識してみて。

聞き上手は相手から好感を持たれたり、良い関係を築きやすくなります

その結果、自分からも話しかけやすくなっていきますよ。


改善方法3. リラックスして自然体で話す

会話が難しいと感じる人は、そもそも余計なことを考えすぎ。

人からどう思われるかは気にしないで、リラックスして話すよう心掛けてみましょう。

  • うまく話そうとしない
  • ゆっくり話す

などを意識してみて。

無理に話しかけようとせずに、自然体の自分でいることで、話が出てきやすくなります。


改善方法4. 相手をたくさん褒める

自分から話しかけられない人の改善方法は相手をたくさん褒める

褒められて嫌な気持ちになる人はいません。

まずは、1個でも多く褒めること。

相手との距離が縮まって、自分からも話しかけやすい関係性になります

  • 髪型、服装など些細な変化を褒めてみる

など、意識しながら話していきましょう。


改善方法5. 接触回数を増やしてみる

よく話す人に対して、人は好意的になっていく傾向があります。

挨拶だけでも自分から行い、接触回数を増やしてみましょう。

「この人いつも挨拶してくれる。」

相手に良い印象を与え、続けていくうちに自分からも話しかけやすくなります

日々の積み重ねが大切。

一度きりではなく、毎日一回でも関わることを増やしていくことがポイントです。


改善方法6. 「会話」から意識を離す

話すことを考えすぎてしまうと緊張してしまい、話しかけずらくなってしまいます。

なかなか言葉が出てこない時も緊張している証です。

まずは、意識を会話以外のところに持って行ってみましょう

  • 風景に意識を集中させる
  • 物に意識を集中させる

など自分の意識を分散させること。

会話の事だけを考えてしまう事を防ぎます。

そうすることで、リラックスすることができ、話しかけられるようになりますよ。


改善方法7. アクティブな行動をして話題を作る

普段から家にこもりがちだと、会話のレパートリーは増えていきません。

話題作りも話しかける為にはとても大切なポイントです。

まずは、外に出て行動することから始めてみましょう。

  • スポーツに挑戦してみる
  • 旅行に出てみる
  • キャンプなど自然に触れてみる

など何でもOK!

話の種類も増えていき、自分から話題を振れるようになりますよ。


改善方法8. LINEで先に仲良くなる

自分から話しかけられない人の改善方法はLINEで先に仲良くなる

「なかなか対面で話すのが難しい…。」

と思う人は、まずはLINEから仲良くなるというのもおすすめ。

LINEが距離を縮めるきっかけになって、実際に会った時も話しかけやすくなりますよ

たわいもない会話でいいので、連絡を取り合ってみましょう。


改善方法9. 相手に合った話題にする

「何を話せばいいのかわからない…。」

という人は、相手の興味のある話題を振ると良いでしょう。

相手に合った話題をすることで、話が盛り上がり話が弾みやすくなります。

  • 相手の趣味の話をしてみる
  • 相手の好きな食べ物の話をしてみる
  • 相手の身に着けている物の話をしてみる

など、相手が反応しやすい話題を探してみましょう。

自分の興味がある話を振られると、楽しくなって自然に話が盛り上がっていきますよ。


改善方法10. 話しかけるのが上手い人の真似をする

話しかけることが上手な人って

「自分と何が違うんだろう…。」

と考えたことはありませんか?

そういう時は、その人の上手な部分を真似してみましょう。

  • 話しかけるタイミングを参考にする
  • 話している話題を参考にする
  • 話すときのリアクションを参考にする

など自分の会話に加えていきましょう。

真似することでうまく話すのコツが少しずつ分かり、自分の会話に役立っていきますよ。


自分から話しかけられない時におすすめの話題|会話を広げやすい内容を紹介!

自分から話しかけられない時におすすめの話題

話せる話題があると、自分から話しかけるのがスムーズになりますよ。

ここでは、話しかける時に役立つおすすめの話題を紹介していきます。

初対面の人でも異性でも使えるので、ぜひチェックしてみて。

自分から話しかけられない時におすすめの話題
  1. 天気・季節等の環境ネタ
  2. 休日の過ごし方
  3. 好きな食べ物
  4. どっち派かの二択
  5. 将来の目標や夢
タップすると移動します

話題1. 天気・季節等の環境ネタ

天候や環境の話題は、性別や年齢を問わずに会話に役立てることが出来ます。

  • 桜簿開花予報で、お花見の話題に繋げる
  • 花粉の話で花粉症の話題に繋げる

など、誰にでも共通して話せるので、会話が弾みやすいですよ。


話題2. 休日の過ごし方

休日の過ごし方を聞くことで、相手の好きな事や趣味も分かりやすく、会話のネタも広がりやすくなります。

「私は週末○○して過ごしたんだけど、○○さんはどんな風に過ごした?」

などと、自分の話題を加えながら質問することで相手も返答しやすくなります


話題3. 好きな食べ物

食の趣味が一緒だと会話も弾みやすくなります。

食べ物の話は、自分も相手も気軽に話しやすい話題なので、その後の話も広がりやすくなるはずです。

「好きな食べ物ってある?」

と気楽に聞いてみましょう。


話題4. どっち派かの二択

自分から話しかけられない時におすすめの話題はどっちかの二択

「インドア派?アウトドア派?」

「犬派?猫は?」

「朝はご飯派?パン派?」

など、相手が答えやすい質問をするのは特におすすめ。

「どうして?」

なんて答えてもらったことに疑問を持って話せば、より展開していきやすい内容です。


話題5. 将来の目標や夢

目標や夢の話は、相手に自分を知ってもらえるおすすめの話題。

相手から興味を持たれるようになり、お互い”話しかけやすい人”になりやすいです。

  • 目標や夢のために努力していること
  • 目標や夢を持つきっかけになったこと

など、色々話したりしてみて。

「実は僕もね…」

なんて相手も会話にしっかりと混ざってくれて、話が盛り上がっていきやすいですよ。


話し掛け方のコツを実践して、自分から話せるようになろう!

自分から話しかけられない人は、自信を持っていなかったり周囲を気にしてしまったりする傾向があります。

ただ、少し工夫するだけで話しやすい空気になって、きっと言葉も出てきやすくなります。

話しかけ方のコツを掴んで、ぜひ普段の会話に活かしてみてくださいね。


よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事