彼氏に束縛されたい女子必見!男性が独り占めしたくなる“5つのコツ”とは?

「彼氏に束縛されてもっと愛を感じたい!」と思っている女性へ。この記事では、束縛されたい女性の心理から、彼氏に束縛をしてもらうコツを詳しく解説します!

束縛されたい女性の3つの心理|彼氏に独占されたい理由とは?

束縛されたい女性の心理

「彼氏に束縛されたいと思うのっておかしい?」

「どうして私は彼氏に束縛されたいって思うんだろう…。」

恋愛中でも自由でいたいと考える人は男性も女性も多いと思いますが、反対に、「彼氏に束縛されたい!」と願う女性もいます。

ここでは、彼氏に独占されたいと思う女性の心理をご紹介。束縛されたい女性の心理を知りたい人は参考にしてくださいね。

束縛されたい女性の心理
  1. 彼氏の愛を感じたい
  2. もっと尽くしたい
  3. 自信を持ちたい
タップすると移動します

心理1. 彼氏の愛を感じたい

彼氏が自分を束縛すればするほど、愛されていると実感できる女性もいます。

「他の男と連絡を取るのはダメ」

「1日3回は必ず連絡をしてほしい」

など、他の男性関係を制限されたり、連絡方法を縛られたりするのは、愛されているからこその行動だと思っています。

だからこそ、反対にそういう制限がないと「自分のことをどうでもいいと思っているのかな?」と不安になるのです。


心理2. 相手の要望に答えてもっと尽くしたい

恋愛中心で生きている恋愛体質の女性に多いのが、『彼氏が望むことならなんでもすることが愛』という心理。

彼に尽くして彼の思い通りにすることで愛情を表現したいと考えています。

自分がどれほど彼を好きなのかを全力で伝えたいから、もっと束縛してほしいと思っているのです。


心理3. 自分に自信を持ちたい

束縛されたい女性の心理は自分に自信を持ちたい

恋愛中なのに彼氏が放任主義だと、「私なんてどうでもいいの?」と考えてしまい、彼氏の愛に確信が持てない人もいます。

そもそも、恋人同士はお互いに束縛するのが当たり前だと考えているから、縛られないと「自分に魅力がないからだ」と思って自己肯定感が下がっていきます。

反対に、縛られれば縛られるほど、彼氏からの愛情を確認できるので、彼氏にとって魅力的な女性なんだと自信を持てるのです。


彼氏が束縛してくれない3つの理由|放任主義なのはなぜ?

彼氏が束縛してくれない理由

「彼氏はどうして私を束縛しないんだろう…。」

「彼が放任主義だからって私を束縛しない理由を知りたい!」

彼氏に独占されたいと思っているのに束縛してくれないと、愛情を疑ってしまうことがありますよね。

ここでは、彼氏が束縛してくれない理由について、解説しながらご紹介していきます。束縛されたいと思っている女性はぜひ参考にして彼の気持ちを確認してみましょう。

彼氏が束縛してくれない理由
  1. 束縛されたくないから
  2. 心配してないから
  3. 束縛してこないから
タップすると移動します

理由1. 自分が束縛されたくないから

恋愛中でも自由に遊んでいたいと考える男性は、「相手を束縛したら自分も束縛されてしまう」と考えています。

もし彼が、

  • 男友達が多いタイプでよく男同士で遊びに出かける
  • 会社の飲み会などは積極的に参加する

といったタイプなら、自分が自由でいたいから彼女も束縛しないでおこうと考えている可能性が大。

自分が彼女を束縛してしまうと、束縛OKなタイプだと勘違いされてしまうので、彼女の行動に心配をすることはあっても、極力束縛をしないよう気をつけているのです。


理由2. 彼女が離れない自信があって心配してないから

自分よりも彼女のほうが愛が重いと感じている男性は、彼女からの愛に安心しきっているので相手を束縛しない傾向があります。

例えば、

  • 彼女の方から告白して付き合い始めた
  • 彼女側が「好き」とか「愛してる」といった愛情表現を頻繁にしてしまう

などが思い当たるなら、彼氏は自分より彼女の愛情の方が深いから、立場的に自分が上と考えている可能性が。

彼女が絶対に自分から離れるわけがないとどこかで思っているので、束縛をする必要がないのです。


理由3. そもそも彼女が束縛してこないから

彼氏が束縛してくれない理由は彼女が束縛してこないから

彼氏も本心では「束縛したい」と思っていても、彼女が束縛をしてこないから、「彼女は束縛されるのが嫌なんだな」と考えている可能性もあります。

例えば彼氏が、

  • 他の男性から連絡が来たり、男性のいる飲み会に行ったりすると、不安そうな顔をしている
  • 彼氏以外の男性の話が出ると不機嫌になる

など、他の男性の影を嫌がるそぶりが見えたら、彼は本当は束縛したいけど我慢しているのかも。

彼女が束縛をして来ないので、束縛が嫌いなんだと勘違いしていて、自分から束縛して嫌われたくないと考えているのです。


束縛したがる男性の3つの特徴|独り占めしようとする人の共通点は?

束縛したがる男性の特徴

「束縛する男性ってどんなタイプなんだろう?」

「私の彼氏って本当は束縛する人なのかな…。」

彼氏に独り占めしてほしい人にとっては、自分の彼氏が束縛するタイプなのかは知りたいところですよね。

ここでは、恋人を束縛したがる男性の特徴について解説していきます。自分の彼氏はどうなのかが気になる人はぜひ参考にしてくださいね。

恋人を束縛したがる男性の特徴
  1. LINEやSNSの返信が早い
  2. 友達が少ない
  3. 典型的なナルシスト
タップすると移動します

特徴1. LINEやSNSの返信が異常に早い

束縛したがる彼氏は、彼女が今何をしているのかなど、常に相手の行動を知りたいと考えています。

  • LINEやSNSの返信が秒で返ってくる
  • 仕事中のはずなのに、なぜか返信が早い

などの行動があればこのタイプ。

束縛されたいなら、あえて彼の不安をかき立てるように、彼のLINEへの返信を遅くしてみたり、少し放置したりするといいですよ。

すぐに不安になって「何してるの?」というLINEが入ってくるはずです。


特徴2. 異性の友達が少ない

彼氏が男子校の出身などで、異性に対してあまり免疫がないことが原因で、彼女に異性の友達がいることが理解できないケースがあります。

彼女に異性の友人がいることが分かると、

「その人と本当に友達なの?」

「男女間に友情があるのは信じられないな…。」

などの発言をしてくることが。

彼氏に束縛してもらいたいなら、誰と遊んでいるかわからないような雰囲気を出してみるといいですよ。

「彼女が他の男性と遊んでいるかも?」と思うと危機感を抱き、焦ってくるでしょう。


特徴3. 典型的なナルシスト

束縛したがる男性の特徴はナルシスト

ナルシストな男性は、自分には甘いですが、相手には厳しいのが特徴。そのため、躊躇せずに自分の彼女を束縛してきます。

  • 自分には甘いのに彼女のやることにはあれこれ注文をつけてくる
  • 「俺はいいけど、〇〇は□□なんだから〜」という言い回しが多い

など、やや俺様気質のナルシストタイプはキツめの束縛をしてくるでしょう。

自分は束縛されたくなくても、彼女を束縛するのは当然なので、こうした典型的なナルシストタイプは、ちょっと嫉妬させることで必死になり、束縛してくる可能性が高いです。

【参考記事】はこちら▽


彼氏に束縛してもらう5つのコツ|恋人の不安を掻き立てる方法とは?

恋人に束縛してもらうコツ

「彼が束縛したくなるような女性になりたい!」

「男性はどんな女性を束縛したいと思うんだろう…。」

彼氏に独り占めされたいと思っている女性は、束縛される女性になる方法を知りたいですよね。

ここでは、恋人に束縛してもらうためのテクニックをご紹介しますので、気になる女性はぜひ実践してみてくださいね。


コツ1. 束縛したくなる程の美女を目指して自分を磨く

男性が女性を束縛するのは、「他の男に取られるかも…」という不安を抱くから。不安を感じさせるため、他の男性を魅了するぐらい素敵な女性を目指したいですね。

  • ダイエットをして今より綺麗になる
  • お肌のお手入れに力を入れて、美肌美人を目指す

など、今よりもっと魅力的な女性になる努力をしてみるといいですよ。

YouTubeで美容系、ダイエット系の動画をみて研究するなど、できることからでOKなので、無理せず綺麗を目指してみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


コツ2. 適度に甘えて「離したくない」と思わせる

男性は彼女を可愛いと思えば思うほど好きになってくれるので、可愛い女性になることで彼が手放したくない存在になれますよ。

  • デートの後、「まだ帰りたくないな…」と甘えてみる
  • タイミングが合わずデートができない時に、LINEで「早く会いたいな」と言ってみる

など、可愛らしい甘えは女性を魅力的に見せてくれます

注意したいのは、甘えすぎるとただのウザい彼女になってしまいますので、「適度に甘える」のがポイントです。

【参考記事】はこちら▽


コツ3. あえて男性の影を匂わせる

恋人に束縛してもらうコツは男の影を匂わせる

自分以外の男性に彼女が取られてしまう心配がなければ、ほとんどの男性は束縛する気にはならないでしょう。だから、少しだけ焦らせてみるのも効果的。

  • 男友達と複数人で遊びに行っていいか聞いてみる
  • 「この前、すごいイケメンに出会った」など、他の男性の話をしてみる

など、彼氏の嫉妬心をあおるように、他の男性の話をしてみましょう。

彼女を信頼しすぎている彼氏なら、話ぐらいでは嫉妬しないかもしれないので、その場合は女子も混ぜた数名で実際に遊びに行ってみるといいですよ。

ただし、やりすぎると本気で浮気を疑われるので注意しましょう。他の男性と2人きりで出かけるなどはNGです。


コツ4. ストレートに「束縛してほしい」と伝える

恋愛経験のない男性や恋愛に奥手なタイプの男性だと、「束縛すると嫌われる」と考えたり、「こんな時はどうすればいいんだ…」と、ただ悩んでしまったりすることがあります。

そんな彼氏なら、彼女から積極的に迫ってみるのがおすすめ。

「寂しいから、もっと束縛してほしい!」

「束縛されると愛情を感じられる気がしない?」

と、素直に自分に気持ちを話してみましょう。彼女の気持ちがわかれば安心して束縛してくれるはず。

ただし、元々が奥手なタイプは、どのぐらい束縛すればいいのかの加減を知らない可能性もありますので、「やって欲しいこと・NGなこと」もしっかり伝えましょう。


コツ5. 自分から男性を束縛してみる

自分が束縛されていると感じると、「自分だけ束縛されるのは納得できない」と考えるもの。こちらから適度に束縛する事で、彼氏の方からも「束縛したい」と思ってくれることも。

「私以外の女性とは2人きりでは会わないで」

「家に着いたら毎日LINEか電話をして」

と、ほど良い束縛をしてみてください。自分が束縛されれば、彼氏も「じゃあ、俺からも…」と、束縛してくれるはず。

ただ、彼氏を束縛しすぎてしまうと、窮屈になって離れてしまう可能性がありますので、「1日10回以上はLINEして!」など、やりすぎないようにしましょう。


目指せ愛され上手!束縛以外で彼氏の愛を独り占めする3つの方法

束縛以外で愛され上手になる方法

「彼にずっと愛される方法を知りたい!」

「いつまでも仲良しカップルでいられたらいいな」

大好きな彼氏とは、末長くいい関係を続けていきたいですよね。

ここでは、束縛以外で恋人に愛されて円満な関係を築くコツをご紹介します。

ずっと彼氏に愛されてラブラブカップルでいるために、ぜひ参考にしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


方法1. 彼氏の前では、いつも笑顔でいるように心がける

笑顔の女性は、優しくて安心感を与えます。仕事でいつも忙しく動いている男性は、特にプライベートでは癒しを求める傾向があるので、女性の笑顔には弱いのです。

  • 彼と目が合った時、彼が何か話しかけてきた時は笑顔を返す
  • 彼の言ったギャグや冗談がつまらなくても、笑ってあげる

など、2人でいる時は笑顔を心がけてみてください。

いつも笑顔を向けてくれるあなたに対して、彼は「一緒にいるとリラックスできるな」と思い、ずっと一緒にいたいと考えてくれますよ。

【参考記事】はこちら▽


方法2. デート中は心から楽しんでる感じを出す

男性は自分がしたことに対して素直に喜んでくれたり、気持ちをストレートに伝えてくれる女性に対して好感を持ちます。

「手を繋いで歩いているだけでも楽しいな」

「2人で会えると本当に幸せだな」

など、デート中に「一緒にいて楽しい」という気持ちを伝えてあげることで、彼に「自分といると彼女は嬉しいんだ」という、彼氏としての安心感を与えることができますよ。

彼氏が企画したデートの時は、大げさに喜んであげてみて。


方法3. どんなことがあっても男性のことを責め立てない

束縛以外で愛され上手になる方法は男性のことを責めない

男性は女性よりもプライドを大事にする生き物。

女性は言葉が巧みなので、喧嘩や普段の会話でもついつい相手を責め立ててしまうことがありますが、責められるとプライドが傷ついてしまうので、気遣ってあげることが大切です。

  • 彼がミスをしても、時には気づかないフリをしていちいち指摘しない
  • 意見が食い違った時でも、否定するのではなく、まずは彼の意見を肯定してあげる

など、彼のプライドを傷つけないように接すると喜ばれます。

男性のプライドを傷つけず尊重してくれる女性に対しては、「この子は俺の味方なんだ」と考え、大切にしようと思ってくれますよ。


束縛されたいと思ったら、その気持ちを上手く彼氏に伝えてみて。

男性が束縛してくれない理由を参考にしよう

彼の愛を感じたいから束縛されたいと考える女性は多いのでは?

でも、束縛を嫌う男性もいるので、思うように束縛してくれないと、1人で悩んでしまいますよね。

今回は束縛してほしい女性の心理から、男性が束縛してくれない理由、束縛してくれる男性の特徴などを分かりやすく解説してみました。

束縛を求めている女性には参考になる情報ばかりですので、恋愛の参考にして彼氏ともっとラブラブになってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事