“行き遅れ”の意味とは?婚期を逃した「行き遅れ女性」の8つの特徴

行き遅れる人の特徴を知りたい方へ。本記事では、行き遅れる人の特徴から、婚期を逃さないための方法まで解説してますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

「行き遅れ」の意味とは?どんな使い方をするの?

行き遅れる女性の特徴

「行き遅れ」とは、一番良い時期が過ぎてしまっている状態の意味。

特に、婚期を逃してしまった女性に向けて使われることが多い皮肉な表現です。

使い方としては、

「娘はもう35歳なのに嫁に行き遅れてて…」
「あの先輩って完全に行き遅れだよね」

などがあります。

褒め言葉としては使われず、未婚女性に対して噂される言葉といえるでしょう。

そしてやや不思議な点ですが、男性に使われることはあまりありません

あくまでも結婚適齢期を逃した女性に向けて皮肉った言い方として使われます。

ちなみに、言い換えには「婚期を逃した」「タイミングを逃した」などがありますよ。


「行き遅れ」と言われるのは何歳から?

昔とは違い、最近は晩婚化しているので、「行き遅れ」といわれる年齢はさまざまな意見があります。なので、基本的には具体的な定義がありません

ただ、出産のリスクが高まってしまう高齢出産が35歳以上なので、「行き遅れ」と言われる女性も35歳という意見が多いようです。


【診断】“行き遅れ”と言われる女性の8つの特徴|婚期を逃す人の共通点とは?

行き遅れる女性の特徴

「私って何歳になったら結婚できるの?」

「20代の頃に付き合っていた人と結婚しておけば良かった…」

年を重ねて行くにつれて、周りの女性たちが結婚していき、焦りを感じている人もいるでしょう。

そして、「自分は行き遅れになってしまうのか…?」と感じている人もいるのでは?

では、どのような女性が『行き遅れ』になってしまうのでしょうか。行き遅れ女性の特徴や共通点を知って、自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。


特徴1. 理想が高く、ハイスペックな男性を求めている

行き遅れ女性は、専業主婦になって悠々自適な生活を送りたいと思っているため、ハイスペックな男性を求めてしまう傾向があります。

例えば、

  • バリバリにキャリアを積んでいる年収1000万以上の高年収な男性
  • 誰もが知っている有名企業に勤めている将来有望な男性

など、ただでさえ出会えないハイスペック男性を、当たり前のように好きなタイプとしてあげるのです。

こんな風に10代や20代の頃から変わらず理想を追い求めすぎているため、

少し良い人が現れたとしても「収入が低い、学歴が低い」といった理由をつけて交際を断ってしまうことが行き遅れの原因となりますよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 基本的に家事が苦手

今でも男性の中には「家庭的な女性と結婚したい」と考えている人が多いため、家事があまりにも苦手な女性は避けられてしまいます。

例えば、以下に当てはまったら要注意。

  • 掃除が苦手で部屋がぐちゃぐちゃな汚部屋
  • 一人暮らしなのに料理を全くしようとしない

ただ料理や掃除が苦手なだけで、努力しようとしている女性は魅力的にうつりますが、家事が大嫌いで克服しようともしない女性は引かれてしまいます。


特徴3. 男に依存しやすい『依存体質』

行き遅れる女性の特徴は男に依存しやすい

自分1人だと不安を感じてしまい、男性に依存しやすいのも行き遅れる女性の特徴。

恋人に対する言動が重くなって、彼氏を疲れさせてしまうと、婚期を逃してしまいます。

「休日は会ってくれなきゃ嫌だ!」
「毎日、朝と夜、連絡が欲しい」
「出かける時は絶対私も一緒ね」

このように、毎回同じことを繰り返して言う女性では男性も辛くなってしまい、しまいには「いい年なのに何言ってんだ」と思われて別れてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 恋愛よりも仕事を優先する『バリキャリ』

毎日一生懸命仕事をしている、いわゆるバリキャリ女子は、恋愛よりも仕事を優先してしまう特徴があります。

仕事が忙しすぎて恋愛する余裕がなかったり、単純に恋愛する必要性を感じなかったりするのです。

例えば、以下のような女性が当てはまるでしょう。

  • 単純に仕事にやりがいを感じていて、結婚願望がない
  • 責任感が強いため、与えられた仕事は全て完璧にこなそうとする
  • キャリアを積んで自立したいと考えている

自分の中では早く結婚して子供がほしいと思っていても、男性からしたら自分を必要としてくれなさそうな感じがして、そばにいたいと思えないのです。


特徴5. 何事にもルーズで、だらしない生活をしている

お金や時間にルーズで、片付けもしないようなだらしない生活をしていると、男性からは一緒にいたら自分まで悪影響を受けそうと思われます。

  • 遅刻が多い
  • 服がしわや毛玉だらけ
  • 髪がボサボサ

以上のように、プライベートでだらしない生活をしている人は、職場での身なりや行動にハッキリと出てきます。

20代後半や30代の大人の女性にもなってだらしないと、周りの男性は幻滅してしまうでしょう。


特徴6. 自分の意見を変えない『頑固な性格』

行き遅れる女性の特徴は頑固な性格

自分が正しいと思っているからと言って、他人の意見に耳を傾けない頑固な性格の女性は、婚期を見逃しがちです。

なぜなら、幸せな結婚生活には価値観の擦り合わせが必須だから。

しかし、自分が正しいと思っている頑固な性格だと、他人の意見に耳を傾けないため、「この女性とはわかりあえない」と思われて男性は離れてしまいます。

例えば、結婚した女性は専業主婦になるのが当たり前と言って男性の意見を聞かない女性は、共働きを希望する男性から毛嫌いされてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 自己肯定感が低い

自己肯定感が低い人は、他人からアプローチされていても「からかわれている」と感じてしまいます。

無意識のうちに相手を避けてしまうので、良い感じになるどころか親しくなれる男性がいません。

せっかく「好きです」と告白されても「どうせバツゲームだろう」とマイナスに捉えてしまうのが悪い例です。

自己肯定感が低いことは、見方によっては悪いことばかりではないかもしれませんが、恋愛に関してはプラスに働くとはいえないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴8. 男性が入る隙が無い『高嶺の花』

女性なら少し頼りなさげな部分がある方が、「この人を一生助けていきたい」という気持ちが起こるので、男性は純粋に惹かれていきます。

反対に、見た目も綺麗で、仕事も完璧にこなせる女性は「高嶺の花」と見られがち。

また、難攻不落なイメージがついてしまうと、誰からもデートに誘われなくなってしまいます。

隙が無く完璧すぎると、男性は自分の必要性を感じないので、次第に距離を置いてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


行き遅れ女性にならないための7つの対処法|婚期を逃さないコツとは?

行き遅れにならないための方法

「行き遅れって言われたくないんだけど、30代の私でも間に合うかな?」

「周りの結婚ブームが去って、今度は出産ブーム…。取り残されてるみたいで辛くなってきた」

自分だけ『行き遅れ』の末路を想像すると、辛い気持ちが押し寄せてくる人もいるでしょう。

でも、努力次第で『行き遅れ』を避けて、素敵な人と婚約できる方法はありますよ。ここからは、婚期を逃さないためにやるべきことを紹介します。


方法1. 自分の理想が高過ぎることを理解する

ハイスペックな男性はそもそも少なく、身近にいたとしても競争率が高いです。

しかも、ハイスペックな男性は、自分から結婚相手を選ぶ立場。そのため、女性側に魅力があったり、年齢が若かったりしないと相手にすらされないことも多いでしょう。

  • ハイスペックな男性ばかりを求めすぎない
  • 自分の理想に100%ぴったりな人はいないと思い知る

など、自分の理想を少し下げて周りの男性を見てみましょう。相手に求める条件を少し下げるだけで、素敵な男性が見つかるかもしれませんよ。


方法2. 自分磨きをして、選ばれる女になる

自分の努力が見えやすく、結果がでることで自信に繋がるのが「自分磨き」。

自分に自信のある人の特徴として、「年齢かかわらず魅力的に見える」というメリットがあります。

例えば、以下を試してみましょう。

  • フラワーアレンジメントや料理教室など女子力をアップさせる習い事を始める
  • メイクやファッションを研究する
  • 年齢に合った言葉遣いを心がける

このように色んな自分磨きを試してみるのがポイント。ただし、自分磨きに必死で恋愛を忘れないようにしましょうね。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 結婚相手の条件を見直す

行き遅れにならないための方法は結婚相手の条件を見直す

結婚相手の条件を見直すことで結婚対象の幅が広がり、出会いの数を増やせます。そのため、あれもこれもと考えずに絶対に譲れない条件を考えましょう。

優先順位を付けながら、3つくらいに絞り込むのがポイントです。

例えば、以下の通り。

  • 金銭感覚が合うか
  • 値観が近いか
  • 一緒にいて気を遣わないか
  • 容姿が好みかどうか

など、自分が絶対に譲れない条件を決めて結婚相手の条件を見直してみると、意外にも妥協できる点は見つかるはずです。

お互い辛い思いをせず、楽しく結婚生活を送るためにも絶対条件は良く考えておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法4. 他人の意見を聞いて、現実を受け入れる

自分以外の考えを理解できなければ、たとえ彼氏ができたとしても上手くいきません。まずは、他人の意見を受け入れるよう心がけましょう。

たとえ考え方が違っても「そういう意見もあるのか」と他人の価値観を受け入れられ、お互いに気持ち良く会話できるようになるはず。

例えば、結婚に関しても「理想を下げた方がいいよ」「婚活パーティー行ってみようよ」という意見をもらうことがあるでしょう。

一度、意見を聞き入れてみたら良い出会いもあるかもしれないので、決めつけずに行動することを意識してみてくださいね。


方法5. 積極的に出会いを求める

新しい出会いをゲットするために積極的に行動することで、運命の人と出会える可能性は高くなります。

例えば、知り合いから相性の良さそうな人物を紹介してもらったり、婚活パーティーに足を運んでみるのが良いでしょう。

その際は、第一印象で厳しく選り好みしないで純粋に男性と向き合ってみるのがポイント。

男性の見た目だけでなく、内面や性格の特徴など、じっくりと見てみましょう。今までは興味なかった人が実は運命の人である可能性もありますよ。

【参考記事】はこちら▽


方法6. 友達付き合いを大切にする

行き遅れにならないための方法は友達付き合いを大切にする

男性は、その人が普段、友達とどんな付き合い方をしているかを見て本質を見抜こうとします。

もし女性に仲の良い友達が少ない場合、「性格に問題があるのかな?」と判断してしまうことも。

そのため、結婚を焦るからといって友達付き合いをないがしろにしないことが大切です。友達との時間を大事にしつつ、相談しながら結婚相手を探すのが理想的。

職場やプライベートでも、交友関係を見られている可能性があることを忘れないようにしましょう。


方法7. 既婚者の友達に結婚の話を聞く

独身生活が長いと、結婚生活が想像しにくく、自分には関係のないものと感じて億劫になります。

でも、既婚者が近くにいると結婚生活が身近なものになるので、結婚への意欲がわいてきたり、結婚生活の色々を聞いて参考にできますよ。

  • 結婚前と結婚後では、気持ちがどのように変化したか
  • 結婚して楽しいこと、また辛いことは何か
  • 自分の生活リズムはどのように変化したか

など、実体験を聞いて具体的な生活を想像してみましょう。結婚の良い面と悪い面を知ることで、覚悟を決められますよ。


行き遅れ女性にならないよう、今からできることを実践してみて。

男性の見た目や社会的地位を重視しすぎたり、自分のキャリアや仕事を優先させたりして、気づいたら婚期を逃してしまうという女性は少なくありません。

もし、「このままでは行き遅れになってしまいそう…」と危機感を抱いているなら、今回ご紹介した対策をすぐに実践してみて。

今までの自分とは少し変わった目線で男性を見れるようになれば、素敵な結婚相手が見つかるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事