婚活に疲れた男女の理由は何?結婚相手探しをやめたい時の対処法を紹介

婚活に疲れたと感じている方へ。今記事では、男女別の婚活に疲れてしまう主な理由から、婚活に疲れやすい人の特徴、婚活疲れの対処法や対策まで詳しく解説します。幸せな結婚生活を手に入れるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

婚活を頑張りすぎて疲れた方へ。

婚活に疲れやすい人に共通する特徴と対処法

「将来は結婚をして幸せな家庭を築きたい」と、婚活を頑張っていても、なかなか良い出会いに恵まれないと疲れてしまうものです。

今回は婚活に疲れたと感じてしまうのはなぜか、婚活疲れについて詳しく解説して行きます。

婚活に疲れてしまう理由は、男性と女性で違いがあるようです。それぞれの違いや、婚活に疲れてしまう人の特徴、さらに婚活に疲れた時の対処法まで見て行きましょう。


【男女別】婚活に疲れたと感じてしまうきっかけや理由とは

幸せに向けて頑張っているのに、婚活で疲れたと感じてしまうのはなぜなのでしょうか。

婚活に疲れてしまうと、結婚に向けて行動するのが億劫になってしまい、さらに幸せが遠ざかってしまいますよ

早く復活できるように、まずはきっかけや理由を探ってみましょう。


男性が婚活に疲れたと感じてしまう理由

婚活に疲れたと感じる理由は、男性と女性で違いがあります。対策するためにも、それぞれにはどんな違いがあるのかを、比較しておきましょう。

まずは、男性が婚活に疲れてしまうきっかけや理由について、ご紹介していきます。


男性が疲れる理由1. アラサー/アラフォーの場合、収入や地位などステータスばかり重要視されるから

アラサーやアラフォーと年齢を重ねてきた男性に対して、婚活女子の多くは年収の高さなどのステータスばかりを求めてくるようになります。

人間は中身が大切だと言いますが、婚活の場ではその人自身の中身をみてもらう前に、年収などのステータスや条件だけで断られてしまうことが多いもの。

自分自身を知ってもらう前に断られてしまうと、次第に自信を失ってしまい、婚活に疲れたと感じてしまうでしょう。


男性が疲れる理由2. 婚活をしても結婚したいと思える女性に出会えないから

たくさんの女性と会い、積極的に話をしてきたとしても、「この人だ」と思える人となかなか出会えない日々が続くと、婚活が無駄に思えてきてしまうものです。

妥協が出来ずプライドが高い人は、女性に対する理想が高過ぎて、さらに出会いを無駄にしてしまい、落ち込んでしまうかもしれませんね。

どんなに婚活を頑張っても、自分が結婚したいと思える理想のパートナーには、もう出会えないのではないかと思えてきて、婚活に疲れたと感じてしまうのです。


男性が疲れる理由3. 付き合っていた女性へプロポーズして断られたから

結婚したいと思える人に出会えても、相手が承諾してくれなければ結婚は出来ませんよね。

プロポーズを断られた経験がある男性の中には、また同じように誰かを好きになっても、「プロポーズを断られるのではないか」と怖くなり、婚活自体が嫌になり、婚活に疲れたと感じてしまうことがあります。

プロポーズを断られると自分を否定されたような気がしてきて、プライドも傷つきますし、婚活する気持ちになれなくなってしまうのです。


男性が疲れる理由4. お金や時間だけ投資して、「何やってんだろう」と自己嫌悪に陥ったから

婚活をしているとお金がかかりますよね。

活動中に参加するパーティーや紹介、デートにおいても、女性より男性の方が高い料金を支払うことが多いです。

さらに、休日は全て婚活パーティーに費やしたりと、時間もかかってしまうものです。

それなのに全く結果が出ないとなると、やはりお金や時間の無駄遣いをしているような気がしてきて、虚しさが襲ってくることがあります。

そして、次第に婚活に疲れたと感じるようになってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


女性が婚活に疲れたと感じてしまう理由

男性が婚活に疲れたと感じてしまう理由をみてきました。男性と女性では、結婚に対する意識が少し違っていることから、男女の違いが出てきます。

ここからは、女性が婚活に疲れたと感じてしまう理由をご紹介していきます。


女性が疲れる理由1. 結婚したいと思える男性に出会えないから

何度パーティーに出かけても、合コンを頑張ってみても、自分の理想とする男性に出会えないと、やっていることが無意味に思えてきて疲れてしまいます。

こういった女性は「年収は1000万以上」など、男性に対して求めるスペックが高い人が多く、全く妥協できないので出会いがないと感じてしまいます。

理想が高すぎる女性ではなくても、出会う人みなしっくりこない人ばかりだと、自分は一生結婚できないのではないかと不安になってくるものです。

女性が疲れる


女性が疲れる理由2. 周囲のプレッシャーに押しつぶされそうだから

周囲の人間は心配をしてくれているのですが、会うたびに親や結婚した友人から結婚のことを言われ続けていると、いつしか大きなプレッシャーになってしまうことが。

そのプレッシャーに耐えられなくなり、もう婚活すらやりたくないという気持ちになってしまうのです。

心配してくれる人々の期待に応えたいという思いが強ければ強いほど、婚活疲れに陥ってしまうでしょう。


女性が疲れる理由3. 仕事と婚活の両立で心身共に疲れたから

毎日仕事に追われる生活を送っている人は、平日には婚活をする時間がありませんよね。

なので、貴重な休みの日にゆっくり休むこともせずに、婚活を頑張ることになります。

それなのに、なかなか思うような結果が出ないとなると、やはり心身ともに疲れてきてしまうのです。

やりたいことを我慢して婚活に費やしていることで、ストレスも最大限に溜まってきてしまいます。


女性が疲れる理由4. 見た目や年齢だけで弾かれる機会が多かったから

大勢との出会いが待っている婚活の場では、男性側はどうしても女性の見た目や、アラサーやアラフォーといった年齢などのスペックで、女性を選んでしまうことがあります。

期待を持って参加をしても、見た目や年齢といったスペックで相手にしてもらえないこととが続けば、やはり女性としての自信を喪失して、心が折れてしまいます。

婚活で断られると、まるで自分の全てを相手に否定されているような気持ちになってしまうのです。


【男女共通】婚活に疲れやすい人に共通する特徴

婚活は結婚できるまでずっと頑張れる人もいますが、途中で挫折してしまう人もいますよね。

婚活に疲れてしまう人には、男性にも女性にも共通する特徴があります。婚活疲れ対策のためにも、特徴を確認しておきましょう。


婚活に疲れる人の特徴1. 結婚相手に対するハードルが高すぎる

若い頃から恋人が常にいた人だったり、異性からモテてきたりした人は、いつまでもモテていた自分を忘れることができずに、理想がどんどん高くなってしまいます。

例え良い人が現れたとしても、「自分にはもっと条件の良い相手がいるはず」と思ってしまい、手放してしまうのです。

さらに、相手に対するハードルは、自身が年齢を重ねれば重ねるほど、より高くなってくる傾向があります。


婚活に疲れる人の特徴2. 結婚したいと公言しても、実際に行動へは移せていない

結婚したいという気持ちが漠然とし過ぎている人は、婚活に疲れてしまうことがあります。

最終目標が「ただ結婚すること」になってしまっていて、「自分はなぜ結婚をしたいのか?結婚とは自分にとって何なのか?」など、結婚が具体的にイメージできていないので、行動することができないのです。

そのため、婚活していてもただ参加しているだけ、という形になってしまい、次第にクタクタに疲れ切ってしまいますよ。


婚活に疲れる人の特徴3. 魅力的な人がいても自分からアプローチができない

パーティーに参加したり紹介してもらったり、次から次に出会いが待っている婚活ですが、ただ待っているだけでは先には進みませんよね。

良いなと思った相手に自分を積極的にアプローチできなければ、せっかくの出会いが無駄なものになってしまうでしょう。

異性とお付き合いした経験があまりない人やシャイな性格の人は、出会えてもアプローチできずに終わってしまうので、婚活に疲れてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


婚活に疲れる人の特徴4. 人の長所ではなく、短所ばかり目を向けてしまう

たくさんの人と話をしたり食事をしたりしても、その場でその人の全てを見ることは無理なはず。

でも、婚活疲れする人の中には、例えば「食事中のマナーが悪かった」や「話がつまらなかった」などと、その人の短所を見つけて嫌になってしまうことが多いです。

完璧主義な人に多い傾向で、相手にも完璧を求めてしまうのですね。


婚活に疲れる人の特徴5. 自己中心的な性格で協調性があまりない

婚活している人はみな、結婚を前提として相手を探しています。

そのため、将来の結婚生活を想定しながら相手をみているので、協調性がない人とは理想の家庭が築けないと思われ、アプローチをしても相手に無理だと断られる結果になってしまうでしょう。

家族として暮らして行くには、やはりお互いを思いやる気持ちがまずは大切です。

【参考記事】はこちら▽


婚活に疲れた時にとるべき対処法や対策は?

婚活に疲れてしまっても、いずれ結婚はしたいですよね。そんな人のために、婚活に疲れてしまった時の対処法や対策をご紹介していきます。

対処法や対策をしながら、また婚活を頑張れるようになりましょうね。


対処法1. どんな人と結婚したいのか理想の相手像を明確にする

将来の結婚生活や理想の家庭像を明確にしておくと、理想の相手像もみえてきます。

自分はどんな結婚生活を望み、どんな人と一緒になりたいのかを明確に意識しておかなければ、理想の相手に出会えたとしても、気づかずに終わってしまう可能性があります。

自分の心の声を聞き、理想の結婚を自分自身ではっきり自覚しておくことは、すぐにできる対策です。

【参考記事】はこちら▽


対処法2. 自分の長所やアピールポイントを理解する

理想の相手に出会えたら、自分を積極的にアピールすることが大切です。

そのために事前に、料理が得意だったり、英語が話せるので海外旅行は任せてほしいなど、自分のアピールポイントを把握しておきましょう。

自分で理解しておかないと、いざという時に戸惑ってしまい、スムーズにアピールできなくなってしまいますよ。


対処法3. 理想のパートナーと出会えそうな場所を絞る

婚活を少しでも上手く行くようにする対策として、闇雲に婚活活動をするよりも、ポイントを絞ってやることをおすすめします。

自分と近い人、自分が理想とする人に出会えそうな場所で婚活をするのです。

例えば、運動が好きな人ならジムに行ってみたり、旅行が好きな人ならツアーを利用した婚活に参加してみたりと、絞って活動した方が効率良く出会えますよ。

【参考記事】はこちら▽


対処法4. 受動的にならず、自分から積極的にアクションを起こす

今まで受け身でいることが多かったという人は、積極的にアプローチをして、自分から行動するよう心がけてみてください。

どんなに素敵な出会いがあったとしても、何も行動せずに受動的でいれば、そのまま進展せずに終わってしまうでしょう。

せっかくの出会いを無駄にしないため、婚活を終わりにするためにも、自ら行動することが大切ですよ。


対処法5. 婚活を一旦ストップしてリフレッシュする

婚活に疲れ切ってしまったら、無理に活動を続けるのはやめてしまい、一旦心も体も婚活から解放してあげましょう。

将来のことや結婚については一切考えないようにして、好きなことをして過ごし、リフレッシュしてみてください。

気持ちが落ち着いてきて、また結婚願望が湧いてきたら、きっと新たな気持ちで婚活を頑張れるようになりますよ


婚活は計画的に行っていきましょう。

「結婚したい」と頑張っているけれど、婚活に疲れてしまう理由など、婚活疲れについてご紹介してきました。

人生において結婚生活は長いので、パートナー選びには決して妥協をしたくはないですよね。そのためにも、短期間で結果を出すのは難しいです。婚活は長く時間がかかるものと考えて、長期的な目で活動してください。

ご紹介した方法で婚活疲れに対処して、また新たな気分で婚活をはじめれば、きっと素敵な出会いが待っていますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事