あんなに好きだったのに…好きな人への気持ちが冷めた瞬間|片思いの終わりの見分けた方とは

好きな人への気持ちが冷めたサインや対処法を詳しく知りたい女性へ。今記事では、好きな人への気持ちが冷める瞬間から、冷めたサインやその後の対処法まで詳しくご紹介します。あんなに好きなだったのに冷めたかもと不安に思う女性は、ぜひ参考にしてみてください!

あんなに好きだったのに、ふとした時に気持ちは冷める

好きな人への気持ちが冷めた時のサイン

「なんか、好きじゃなくなっちゃったかも…?」

あれだけ愛おしかった好きな人に突然冷めてしまうのは珍しくありません。

付き合い始めの頃は、会えただけでも嬉しい気持ちになれたのに、片思いから実りつつ、一緒にいても何をしていても好きという気持ちを感じなくなったり、うっとうしいと思う気持ちすら出てくることも。

理由やきっかけはそれぞれですが、好きな人への気持ちが急に冷めるケースは、恋愛では普通に起こり得ることです


好きな人への気持ちが冷める瞬間とは|幻滅するきっかけを解説

他の女性たちはどんな瞬間に気持ちが冷めているのか、気になりますよね。

ここからは、好きな人への気持ちが冷める瞬間を詳しくご紹介します

人それぞれではありますが、自分にも当てはまるものがあれば、「自分だけじゃないんだ」と安心できますよ。


好きな人への気持ちが冷める瞬間1. 嘘をつかれた時

信頼できない相手のことは、好きになれませんよね。

仕事で忙しいといって誘いを断ってきたのに、実は嘘をついて友達と出かけていたなんてことを知ったら、相手に幻滅するのは当然です。

恋愛関係に限らず、友達や仕事の関係でも、嘘をつくことは相手からの信頼をなくす行為で、好きな相手であってもなかなか許せるものではありません。

【参考記事】はこちら▽


好きな人への気持ちが冷める瞬間2. 暴力を振われた時

自分の身に危険が及ぶような状況を回避しようとするのは当然のこと。

殴られたり蹴られたり、物を投げつけられるなど、痛い思いをしたり強い恐怖を感じれば、相手を避けるようになります。

一緒にいて安心できず、少なくともそばにいなければ暴力を振るわれる危険から逃れられるので、物理的にも距離を置きたくなるものです。


好きな人への気持ちが冷める瞬間3. 他人に横柄な態度を取った時

他人に横柄な態度をとられると、相手の人間性に対して幻滅してしまいますよね。

一緒に食事に行った飲食店で店員さんに横柄な態度をとったり、お年寄りの人に優しくできない姿には、好きな人であっても好感を持てません。

自分には優しく接してくれるので、それまで気づかなかったものの、他の人への態度で男性の本性が見えてしまいます。


好きな人への気持ちが冷める瞬間4. 付き合う前に体の関係を持とうとしてきた時

体目当てという印象が強く残って、自分に対して誠実に向き合ってもらえなくてがっかりですよね。

付き合う前から頻繁にホテルに誘ってこられたりすると、体だけの関係になるのではと思ってしまいます。

信頼し合えるような関係を作りたいと思っている女性にとっては、体目当ての男性とでは自分が求めているような関係を構築できず、ミスマッチの状態となってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


好きな人への気持ちが冷める瞬間5. チャラい人だと聞いた時

自分が片思いをしているだけで、相手は本気ではなく適当にあしらわれているだけなのでは、とあなたが感じるきっかけになるでしょう。

チャラい人は誰にでもフランクに接するので、自分と気安く会話してくれたり出かけたりしていても、自分だけではないことも。

両思いだと自分が勘違いしていただけで、実は片思いのままで終わる可能性があり、「この人はやめておこう」となります。

【参考記事】はこちら▽


好きな人への気持ちが冷める瞬間6. 大事にされていないと感じた時

そもそも相手の気持ちが冷めていて、自分だけが好きに思っているような状態が続けば馬鹿らしく感じられてしまいますよね。

LINEの返信がなく、いつも既読スルーという状態が続けば、自分がどうでもいいと思われているような悲しい気持ちになるもの。

もはや自分だけが相手を好きな「片思い状態」が続けば、損をしている気すらしてきて、気持ちも一気に冷めるでしょう。


好きな人への気持ちが冷める瞬間7. 自慢話ばかりする人だと気づいた時

自慢話を聞いてくれる相手が欲しいだけで、あなたからしてみれば自分が都合よく使われている気になります。

一方的に自分の自慢話ばかりして、ほめ言葉や承認を求めてくるものの、こちらの話には興味を示さずまともに話を聞いてくれなかったりします。

「なんでこの人と一緒にいるんだろう?」という疑問だけが残り、一緒にいることのメリットを感じられません。

【参考記事】はこちら▽


好きな人への気持ちが冷めたか見分けるサインとは

気持ちは目で見えないので、自分でも好きな人への気持ちがどれくらいあるのか知るのは難しいですよね。

ここからは、好きな人への気持ちが冷めたか見分けるコツを詳しくご紹介します。

気持ちが冷めた時のサインにいくつ当てはまるか、チェックしてみましょう。


冷めたか見分けるコツ1. 会うのが億劫になったかどうか

好きな人に会う時は、普段よりも化粧に気合いが入ったり、会うのを楽しみにして準備するものです。

そうした人と会うための準備が億劫になっていないか、チェックしましょう。

化粧をして身だしなみを整えてといった、手間や時間をかけてでも相手に会いたいと思う気持ちがあるかどうかで、自分の気持ちを確認できますよ。


冷めたか見分けるコツ2. 自分から連絡したいかどうか

好きな人には、自分のことも知ってもらいたいし、相手のことも知りたいと思いますよね。また、食事や映画に誘ってみたり、積極的に自分から行動するでしょう。

LINEで「最近どう?」と近況を聞きたいか、出かけに誘ってみたいか自問自答してみましょう。

LINEなど離れていても簡単に連絡をとれる手段があるのに、自分から連絡するのが面倒なら、相手への興味を失っているサインと言えるでしょう。


冷めたか見分けるコツ3. 嫌な部分ばかり見てしまうかどうか

好きな人のことなら欠点も気にならなかったり、むしろそういう部分も含めて好きになれるものです。

相手について、「こういうところがムカつく」「うっとうしいな」と、ネガティブな気持ちばかり感じていないか思い出してみましょう。

嫌いな人のこととなると、次々と欠点が思い浮かぶほどに、嫌な部分しか見えなくなります


冷めたか見分けるコツ4. スキンシップが嫌と感じるかどうか

夫婦であってもすっかり仲が冷めきった夫婦だと、セックスレスになったり触られるのも嫌になる、というのはよく聞く話です。

髪の毛を触られたり、手を握られた時に「やめて欲しいな」「気持ち悪い」など、嫌な気持ちを感じたことはないでしょうか

日常のちょっとしたスキンシップの中で、冷めたかどうかチェックすることができますよ。


冷めたか見分けるコツ5. 一緒にいて楽しくないと感じるかどうか

付き合い始めた時など、好きという気持ちがあふれている時は、ただ一緒にいられるだけでも幸せになれますよね。

そのため、気持ちが冷めたかどうか見分けるには、一緒にいられる時間を楽しいと思えるかどうかジャッジしてみるのがおすすめです。

相手といる時の自分の気持ちに正直になることで、相手への愛情を確認することができるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きな人への気持ちが冷めた時に女性がとるべき対処法とは

好きでもない相手とダラダラと付き合っていては、あなたの大切な時間を無駄にしてしまいます。

ここからは、好きな人への気持ちが冷めた時、女性がとるべき対処法を紹介していきます。

今の相手と頑張るべきか、それとも次に進むべきか決断していきましょう。


気持ちが薄れた時の対処法1. 次の恋愛へ進む

好きでもない相手と一緒にいるのは、時間ももったいないです。

今の相手とはさっぱりお別れをして、別の出会いを探してみましょう

一度気持ちが冷めてしまった相手への気持ちを取り戻すよりも楽に、あなたが特別な努力をしなくても好きでいられる男性に出会えるチャンスが巡ってくるかもしれません。早くに決断するほど、より良い恋愛のために使える時間が増えますよ。


気持ちが薄れた時の対処法2. 相手の良いところに目を向けてみる

人の欠点やダメなところには目が行きがち。そのため、相手のダメなところばかりを見ていて、良いところに気付いていないこともあるでしょう。

いったん気持ちをリセットして、「どこか良いところはないかな?」と相手の良いところにも目を向けてみましょう

意図的に良いところを探すことで、これまでは気づいていなかった相手の魅力に気づいて、好きという気持ちが復活するでしょう。


気持ちが薄れた時の対処法3. 相手の気持ちを聞いてみる

自分のことを大切にしてくれたり、とても好きでいてくれる人のことは、こちらも好きになりやすいものです。

「私のことどう思ってる?」など、重くならない程度に相手の気持ちを聞いてみましょう

なかなか言葉や行動に表れてはいなくても、相手はあなたのことをとても大切に思っていたり、好きでいることに気付くきっかけとなりますよ。


気持ちが薄れた時の対処法4. 一回距離を置いてみる

薄れた気持ちを取り戻そうと、あれこれ努力したり頑張りすぎると、疲れてしまいますよね。

そんな時は、デートに誘われても「その日は別の用事があるから」など伝えて、一度距離を置いてみるのがおすすめ

離れてみることで、それまで当たり前になっていた相手の優しさに気が付いて、また相手のことを好きに思えるようになるチャンスがあります。

【参考記事】はこちら▽


冷めたときこそ落ち着いた判断を

恋愛では、好きな人への気持ちが冷めてしまうことも十分起こりうることです。

気持ちが冷めてしまうと、「あんなに好きだったのに、この先どうすればいいの?」という将来への不安もあるでしょう。

気持ちが冷めてしまう瞬間や、とるべき対処法は人それぞれです。そこでこの記事を参考に、アクションを起こして行くことで、素敵な恋愛生活を送ってくださいね

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事