失恋したら何をするべき?フラれた後にやってはいけないNG行動も紹介

失恋したらどうするべきかを詳しく知りたい方へ。今記事では、失恋したらやるべき事について詳しくご紹介します。好きな人や恋人に振られて辛い時にやるべき行動を詳しく解説するので、失恋してお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

好きな人に振られたら誰だって辛い気持ちになりますよね。

失恋したら何する?

失恋は、恋をした人にとって、とても大きな心のダメージです。

泣きたくなったり、しばらく何もしたくなくなったりなど、落ち込むのはごく自然な心の動き。そのため、落ち込むことが悪いと考えたり、自暴自棄になってしまうのはやめましょう。

好きな人にフラれて失恋したら、相手を好きであればあるほど、辛い気持ちになって当たり前なのです。

【参考記事】はこちら▽


好きな人に失恋した時にやること|フラれた後にとるべき行動を解説

前に触れた通り、失恋は誰にとっても辛いもの。

フラれた直後はどうしたって、いろいろな形で落ち込んでしまいますよね。

しかし、せわしない現代社会で生きていくためには、いつまでもしょげたままではいられません。

ここからは、失恋したら実行してほしい対処法をご紹介します。

失恋を振りって前を向くためにも、ぜひチェックしてくださいね。


失恋したらやること1. スッキリするまで泣く

失恋という出来事は、大変辛い出来事で、大きなストレスです。まずはこの辛い出来事を辛いと認めて向き合い、ストレスを晴らしてやることが必要です。

感情に従って涙を流すと、ストレスをもたらす原因になる物質も、一緒に流れると言われています。満足いくまで涙とストレスを流して、スッキリしてしまいましょう。

女性はもちろん、特に男性は、一般的に辛いことがあっても涙を我慢しがち。無理に我慢せずに泣いてしまえば、早くすっきりして、失恋からの立ち直りも早くなりますよ。


失恋ソングを聴くのもおすすめ

「そうは言っても泣こうと思って泣けるものじゃない……」とお困りの方は、歌の力を借りることをおすすめします。

失恋を嘆いた歌や、立ち直ろうと頑張る歌は、ちょうど失恋をした人が共感しやすいもの。

歌詞に共感することで、「辛い思いをしているのは自分だけじゃない」「もう少し頑張ってみよう」と思いながら泣いてしまうことで、気持ちを切り替える助けとなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


失恋したらやること2. 親しい友人に相談する

友人は、家族ほど近しすぎもせず、しかし味方をしてくれる得難いポジションの人たちです。

片思いの時から相談している友人がいるなら、さらに詳しい事情を知っていますから、前提を省略して辛い気持ちを聞いてもらうこともできます。それは失恋を乗り越えるための大きな助けとなるでしょうから、ぜひお話してみてください。

失恋について相談すれば、共感をしながら、ある程度客観的な意見をくれるでしょう。また、声にだして言葉にしてみることで、自分の気持ちを整理することにも繋がります。


失恋したらやること3. 失恋した原因を解明する

ある程度気持ちが落ち着いて冷静になってきたら、「なぜ失恋をしたのか」を客観的に見ることができるようになります。

片思いなら告白するタイミングは適切だったか、恋人であれば相手をないがしろにしていなかったか、などはチェックしておきたいポイント。相手から親切に「なぜ振るのか」を教えてもらえることはそうありませんから、自己分析をしてみてください。

ここでしっかりと分析しておけば、今回の恋愛の反省点を、次の恋愛の糧とすることが可能です。


失恋したらやること4. イメチェンをしてみる

自分の心身には、恋をしていたときの気持ちや、痕跡が染みついているもの。それをばっさりと捨ててイメージチェンジをすると、立ち直るきっかけになるでしょう。

髪を切る、服装を一新するといった気分転換は、男性、女性を問いません。

今までのイメージを捨て去るとともに、失恋の辛い思い出を忘れることができるでしょう。


失恋したらやること5. 趣味に没頭してみる

失恋から立ち直るための対処として、その辛い事実から一時目を離すことも挙げられます。

そのためには、何か他のことに思い切り没入することが有効です。他のことの代表格が趣味。一人でコツコツするタイプのものや、多くの人とかかわるものなど様々ですが、落ち込んだり考えたりする暇がないほど没頭できるものがおすすめです。

趣味から次の恋愛が始まることも。その面で、趣味は失恋にとって一石二鳥の薬と言えます。


失恋したらやること6. 旅行に行く

恋愛の対象にもよりますが、自分の普段の行動範囲には、好きな人の思い出があちこちに残っているもの。

失恋したら、思い出の多い場所から一時離れて、遠方に旅行に行くのも良いでしょう。一人でゆっくりとした旅行もいいですし、寂しいなら友人を誘ってみてください。

少しいい宿に泊まって美味しい食事を食べると、驚くほどメンタルの回復に役立ちます。


失恋したらやること7. 好きな人との思い出を整理する

少しスマホで写真を探ると、好きな人、元恋人とのツーショットが目に入る。こんな状態では、失恋を忘れようにも忘れられません。

心の傷が少し癒えてきたら、失恋対象と撮った写真や思い出の品は、バッサリと処分してしまいましょう。

相手の情報に触れることが減れば、自然と記憶は薄れていきますし、捨てることそのものが気分転換にもなります。


失恋したらやること8. 友達と遊びに行く

失恋したら、大なり小なりストレスを抱えているもの。

ストレスを解消するために、親しい友達と遊びに行ってみてください。特に友人とたくさんはしゃぐと、ストレスの原因から意識を外すことができるでしょう。

友人と楽しい時間を過ごすことでストレスを晴らせば、「恋愛以外にもこんなに楽しいことがある」と考えやすくなります。これで辛い恋を吹っ切れるケースもあるため、大変おすすめの対処法です。


失恋したらやること9. もう一度チャンスがあるなら頑張ってみる

失恋したら、そこで相手との関係性が終わった、と諦めてしまうのもよくあること。

しかし、相手と場合によっては、そこで全て終わってしまうわけではありません。一般論ですが、特に女性から男性にアタックする場合では、再チャレンジの成功率が上がるようです。

相手が誰とも付き合ってない状態で、まだ少しでも可能性がある、と思うのなら、しっかりと準備をし直した上で、復縁、再アタックをしてみるのもおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


失恋したらやること10. 新しい恋を始めてみる

誰かを好きでいる間は、その人ばかりに目が向いてます。恋を終えて視界が広がれば、同じように、あるいはもっと素敵な人は身近にいるものです。

ここまでご紹介した対処法を試してみて、心の傷が塞がってきたら、新しく夢中になれる恋に目を向ける努力をしてみましょう。

失恋など吹き飛ばすような素晴らしい恋に出会うことができれば、もう昔の恋に目を向けている暇はありません。


失恋した時にやってはいけないNG行動とは?

失恋した時に試したい立ち直り方法について解説しましたが、一方でNGとなる行動もあります。

失恋で落ち込んでいると、どうしても判断力が鈍ってしまうもの。

行動によっては、もっと自分を傷つけたり、周囲の信頼を失ってしまうかもしれません。

次の項目では、そんなNG行動をご紹介していきます。

辛いときでも少しだけ落ち着いて、なんとか回避してくださいね。


失恋した時のNG行動1. 相手の悪口を言う

失恋の痛手から目を背けるために、「自分は悪くない」と相手の悪口を吹聴してしまうと、良いことはありません。

悪口や愚痴は、聞いていてあまり気分が良くはないものですから、話を聞いてくれる友人の信頼を損なってしまいます。また、少し落ち着いた後で、「なんでそこまで言ってしまったのだろう」と自分で自分を責めてしまう人も少なくありません。

悪口を言ってストレスを晴らすよりは、前向きな解消法を実践しましょう。


失恋した時のNG行動2. 自暴自棄になる

失恋した時に投げやりになったり、全てに対して無気力になってしまいたい気持ちはよくわかります。しかし、これも避けるべきことです。

自暴自棄になって投げ出したものは、冷静になったあと、結局自分で取り戻すしかありません。

「あの人にフラれた自分なんてどうでもいい」と、自分を傷つけたり責めたりすることは、のちに負債を残して辛くなるだけです。


大好きだったのに失恋した時は、自分に合う方法で少しずつ立ち直ってみて。

失恋の辛さは、結局時間で癒すしか方法がありません。今回ご紹介した方法は、それをちょっとでも早めるためのお手伝いです。

「なんでフラれたのか」という事実に向き合うのはとても辛いことですが、もう一度立ち上がって恋愛に目を向けるために必要不可欠なこと。

そんな辛さと頑張って向き合う方が、次の楽しい恋と出会い前を向くために、この記事がお役に立てれば幸いです。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事