男女が思う距離を置く意味とは?適切な冷却期間&元の関係に戻る方法を解説

恋人から距離を置きたいと言われた時、距離を置く意味ってあるの?と思いますよね。そこで今回は、距離を置くと言う男女別の心理から、距離を置く原因ごとに正しい冷却期間を解説!また、別れる確率や注意すべきポイント、元の関係に戻る3つの秘訣まで紹介していきます。

恋人が言う「距離を置く」とはどういう意味が込められているのでしょう。

男女が思う距離を置く意味

彼氏や彼女の口から突然出た「距離を置きたい」という言葉。

好きな相手に急に「距離を置きたい」と言われも、その言葉の本当の意味が分からず、誰でも戸惑ってしまうものです。距離を置くという言葉には、一体どんな意味が込められているのでしょうか。

本記事では、男女が思う距離を置く意味について解説していきます。「距離を置きたい」と言われた時の適切な冷却期間や、元の関係に戻る方法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


「距離を置く」と言われた!その意味とは?

距離を置くとは、一定期間は2人で会わないという事を意味しています。場合によっては、冷却期間とも言われたりしますね。

2人で会わない期間の長さは、距離を置きたいと思うその理由によって変わってくるものです。相手は距離を置くことで、良くも悪くも2人の関係に何らかの変化が起こることを期待しています。


距離を置く意味がわからない。距離を置く効果とは?

好きな人と距離を置くことで、お互いの気持ちには何らかの変化が生じます。

お互いの顔を見ない期間が続くと、好きな相手のことを諦めたり、時には相手のことをもっと好きになったりするものです。自分と相手の関係について、考え直す期間にもなります。

相手と自分の気持ちに変化をもたらすというのが、恋人同士が距離を置く効果です。


「距離を置く」と言う男女の心理とは

「距離を置きたい」という言葉の裏に隠された心理は、人によって様々です。そして距離を置きたいと思う心理は、男女によって異なります。

ここでは、「距離を置く」と言う男女の心理について紹介していきます。


彼氏が「距離を置く」と言う5つの心理

男性が言う「距離を置く」という言葉には、単純に別れたいと気持ちだけでなく、様々な心理が隠されています。

時には仕事が原因だったり、時にはお互いの関係をより良くしたいと思っていたりもします。女性からしたら、その言葉の意味が分からないということも多いはずです。

ここでは、彼氏が「距離を置く」と言う心理について紹介していきます。


男性心理1. 別れたいと思っている

別れたいと思っていても、「別れたい」と直接気持ちを伝えることを躊躇ってしまうことがあります。

あえて距離を置くことには、相手に申し訳ないという気持ち、急に泣き出したらどうしようという気持ちが含まれています。距離を置いて、自然と別れる流れになるのを期待しているのが彼氏の心理です。

別れたいと思っているというのも、「距離を置く」と言う彼氏の心理です。


男性心理2. 仕事に集中したい

仕事を頑張る人にとって、恋愛は時に仕事の妨げになってしまいます。

仕事が忙しい人は休日も出勤することがあり、仕事と恋愛の両立はなかなか大変です。仕事を頑張っていると、恋愛は二の次となってしまい、最終的には恋愛は自分にとって不要なものと思ってしまう。

仕事に集中するためには彼女は不要だと感じ、彼女と距離を置きたいと思うこともあります。


男性心理3. 自分の気持ちが分からない

彼女と別れたいのか、それとも関係を続けたいのか自分の気持ちが分からない時、自分の気持ちと向き合う期間が欲しいと思うものです。

自分の気持ちと向き合う期間を設け、これからも彼女との関係を続けていくべきなのかどうかをゆっくり考えたいと思っています。

自分の気持ちが分からない時、男性は彼女と一旦距離を置きたいという気持ちになる傾向がありますよ。


男性心理4. 恋愛することに疲れてしまった

恋愛における負担が多くなり過ぎると、恋愛はしばらくしたくないと感じてしまいます。

デートのプランを考えたり、彼女をエスコートするのが負担と感じている男性は多く、女性のために頑張っている男性は時には恋愛に疲れたと感じてしまうものです。

恋愛することに疲れてしまったというのも、彼女と距離を置きたいと思う男性の心理です。


男性心理5. 相手の悪い部分が直るきっかけになって欲しい

相手の悪い部分を直したいと思い、あれこれ頑張っても、結果として悪い部分が直らなかったということはよくあります。

何をしても悪い部分が直らない時に取る最終手段が距離を置くという方法であり、距離を置くことで、相手に反省をして欲しいと思っています。

相手の悪い部分を直して欲しいと考えた結果、彼女と距離を置く男性もいます。

【参考記事】はこちら▽


彼女が「距離を置く」と言う5つの心理

女性が「距離を置く」と言う心理は、男性とは少し異なることがあります。時には彼氏の気持ちを試していたり、時には自分の気持ちを見つめ直したいと思っていたりします。

女性が男性の気持ちを理解できないことが多いのと同じで、男性も女性の気持ちが分からないということが多くあるはずです。

ここでは、彼女が「距離を置く」と言う心理について紹介していきます。


女性心理1. 彼氏の気持ちを試したい

彼氏が本当に自分のことを好きであるのかどうか、真実を知りたいと思っている女性は多いです。

距離を置こうとする女性は、あえて一定期間の距離を置き、その際の彼氏の対応を見たいと考えています。そこで彼氏が再び自分に好きという気持ちを伝えてくれれば、彼氏の本当の気持ちを知って満足することができます。

女性は彼氏の自分に対する気持ちを知りたくて、距離を置くということもあります。


女性心理2. 他に好きな男性ができたから彼氏に察して欲しい

女性は他に好きな男性ができても、すぐに彼氏に本当のことを言えないということがほとんどです。

申し訳ないという気持ちや怒られるかもしれないという気持ちが先行してしまい、伝えるべき事実をなかなか伝えることができません。

事実をなかなか伝えづらいため、相手と距離を置いて好きという気持ちがなくなったことに気づいて欲しいと思っています。


女性心理3. 自分の気持ちを見つめ直したい

女性は彼氏のことが本当に好きなのかどうか、自分の気持ちがよく分からなくなってしまうこともあります。

特に女性は年を重ねれば重ねるほど、出産や結婚のことを意識し出すようになるものです。相手が本当に自分のパートナーとしてふさわしいのかどうか、一度冷静に考えたいと思うこともあるでしょう。

そんな自分の気持ちを見つめ直すために、彼氏と距離を置く女性もいます。


女性心理4. 恋愛よりも優先するべきことができた

仕事や将来の夢のことなどを考えると、恋愛は時に大きな負担となってしまうこともあります。

恋愛より優先すべきことができると、恋愛に割く時間がなかなか取れなくなります。最終的には、自分に恋愛は必要ないと思ってしまうものです。

恋愛よりも優先するべきことができたという理由も、彼氏と距離を置く女性の心理です。


女性心理5. 彼氏に裏切られたので、心の整理がしたい

浮気をされたり大事な約束を破られたら、誰もが深く傷つきます。

深く傷ついた時は、一旦彼氏と会うのをやめ、心の整理がしたいと思うものです。彼氏の事を許せるのか、今後どうするのか、一旦冷静になって考えたいという気持ちになります。

彼氏に裏切られたので心の整理をしたいという時、女性は彼氏と一旦距離を置きたいと思います。

【参考記事】はこちら▽


冷却期間はどのくらいが適切?距離を置く理由ごとに最適な冷却期間を解説

お互いに距離を置く際、必要な冷却期間は時と場合によって異なります。一言に距離を置くといっても、一体どれくらいの冷却期間が必要なのでしょうか。

ここでは、距離を置く理由ごとに最適な冷却期間について紹介していきます。


二週間程度の冷却期間が必要な場合

二週間という期間は、少し我慢していればあっと言う間に過ぎる時間です。よって距離を置く理由も、それほど大きな理由ではないことが多いです。

ここでは、二週間程度の冷却期間が必要な場合の距離を置く理由について紹介していきます。


1. 喧嘩の勢いで別れてしまった場合

一時的にカッとなってしまった事が原因の喧嘩は、数日すれば気持ちが冷静になり、些細な事で喧嘩したことを後悔することが大半です。

喧嘩の勢いで別れてしまったとしても、お互いの気持ちが落ち着けば、きっと仲直りができるはずです。

喧嘩の勢いで別れてしまった場合は、二週間程度の冷却期間があれば十分でしょう。


2. 自分や相手の気持ちを試すために距離を置いた場合

自分や相手の気持ちを試すだけであれば、距離を置く期間はそれほど長くする必要はありません。

距離を置く期間が長過ぎると、相手に精神的な負担をかけてしまうことがあります。また、相手に愛想を尽かされてそのまま別れてしまうというリスクも考えられるでしょう。

自分や相手の気持ちを試すために距離を置く場合は、冷却期間はせいぜい二週間くらいにしておくのがベストです。


一ヶ月程度の冷却期間が必要な場合

一ヶ月という期間は、我慢しようと思えば我慢できる時間ではありますが、人によっては長いと感じる時間でもあります。

距離を置く理由は、大きな理由となる事が多いです。ここでは、一ヶ月程度の冷却期間が必要な場合の距離を置く理由について紹介していきます。


1. 恋愛に疲れてしまった場合

恋愛に疲れてしまったという理由は一方的な都合であるため、冷却期間はそれほど長くし過ぎても相手に負担をかけてしまうだけです。

一ヶ月もあれば、自分を見つめ直し、今後の二人の関係についてゆっくり考えることができるはずです。

恋愛に疲れてしまったと感じるのであれば、一ヶ月程度の冷却期間を設けてみましょう。


2. 他に好きな異性ができた場合

別れる前提で距離を置くのであれば、時間が長すぎても相手にとって不幸です。冷却期間中も相手はあなたの事を好きであるため、なるべく早く気持ちを伝えてあげるのがベスト。

とは言え他に好きな異性ができたという事実はなかなか言い出せないことでもあるため、一ヶ月程度の冷却期間中に気持ちの整理をしておきましょう。

他に好きな異性ができたという理由で距離を置く場合は、冷却期間は長くても一ヶ月程度としておくのが相手のためとも言えます。


三年程度の冷却期間が必要な場合

三年という期間は、誰にとっても非常に長い時間と言えます。距離を置く理由も、それなりに大きくて根本的な改善が求められるものとなります。

ここでは、三年程度の冷却期間が必要な場合の距離を置く理由について紹介していきます。


1. 浮気が原因だった場合

浮気は男女が別れる決定的な理由でもあり、今後再び関係を続けていくとしても、根本的な性格や考え方を改善する必要があります。

相手がもう一度同じ過ちを犯さないかを確認するという意味でも、ある程度のスパンの長い冷却期間が求められます。

彼氏や彼女の浮気が原因で距離を置く場合は、三年程度は冷却期間が必要です。


2. 価値観の違いが理由の場合

人の価値観はこれまで歩んできた人生によって決まってくるため、すぐに人と合わせることはできません。

許せない程の価値観の違いがある場合は、相手や自分が少しずつ変わっていくしかないです。長い時間が経てば、価値観は変わってくる可能性もあります。

価値観の違いが理由で距離を置くのであれば、三年程度は気長に待ってみましょう。


3. 仕事や生活リズムの違いが理由の場合

仕事の忙しさや生活リズムは、変えようと思ってすぐに変えられるものではありません。

特に仕事の忙しさはどれくらいで落ち着くのかは人によって異なるため、冷却期間は相手に合わせる形になります。長い間気長に待てば、相手の生活スタイルが大きく変わっていることも期待できます。

仕事や生活リズムの違いが距離を置く理由なら、長い時は三年程度の冷却期間が必要であることを覚えておきましょう。


「距離を置く=別れる」なの?別れる確率はどのくらい?

「距離を置く」という言葉には単純に別れたいという意味以外にも様々な意味があるため、単純に「距離を置く=別れる」ということではありません。

しかし、距離を置いたカップルは、約50%以上の確率で別れてしまっているようです。

恋人同士が距離を置くという選択は、お互いの関係に大きな変化をもたらす可能性が高いです。


距離を置く際に注意するべき7つのポイント

距離を置くという選択は、時としてお互いの関係を悪い方向に導いてしまうこともあります。

距離を置く際には、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

ここでは、距離を置く際に注意すべきポイントについて紹介していきます。


ポイント1. 距離を置く期間を事前に決めて置く

期間を決めずに距離を置くと、冷却期間がズルズルと長くなってしまうというのがよくあるパターンです。

2人で会ったり連絡を取らない時間が長くなり過ぎると、いざ冷却期間を終了したいと思った時、言い出すのが気まずくなってしまうリスクもあります。また、タイミングが悪いとそのまま別れてしまうということもあるでしょう。

距離を置く場合は、距離を置く期間を事前に決めて置くことが重要です。


ポイント2. 異性との交流はできるだけ避ける

距離を置いているとは言え、別れを明確にしていない限りはお互いがカップルという関係であるのは変わりません。

距離を置いている間に異性と交流しているのを相手に知られたら、相手に不信感を与えてしまいます。結果として、前の関係よりも悪化させてしまうことだってあるでしょう。

まだ、お互いの関係がはっきりとしていないのであれば、異性との交流はできるだけ避けるようにしましょう。


ポイント3. 頻繁に連絡をしないようにする

距離を置くということは、お互いに交流しない期間を作るということです。

寂しいからとは言え頻繁に連絡を取ってしまっては、本末転倒です。一人で自分の気持ちに向き合いたいと思っていても、いつでも相手と繋がれるという気持ちが妨げになってしまいます。

自分の気持ちに向き合うためにも、冷却期間中は相手に頻繁に連絡をしないという覚悟が必要です。


ポイント4. なぜ距離を置くことになったのか原因を洗い出す

距離を置くという選択には必ず原因があり、その原因さえなければそもそも距離を置く必要はなかったはずです。

お互いが距離を置くことになった原因を洗い出せば、今後どうすれば同じような選択をする必要がなくなるのかが見えてきます。

同じ過ちを犯さないためにも、距離を置くことになった原因を考えるのも重要なことです。


ポイント5. 原因になっているポイントを全て直す

距離を置く原因となったポイントが直せなければ、そのまま別れにつながる可能性があります。

また、お互いの関係が戻っても、いつかまた距離を置く必要が出てきてしまうこともあります。冷却期間中に再発防止に努めるのも重要です。

相手とより良い関係を築き直すためにも、距離を置くことになった原因はしっかりと直しましょう。


ポイント6. 冷却期間の間に徹底的に自分磨きをする

冷却期間を終え、再び彼氏・彼女と会う時は、より素敵な人間になっていたいものです。

自分磨きをしておくことで、再び会った時に改めてこの人が好きと思ってもらうことができます。以前よりも深い関係になり、もう二度と距離を置きたいなんて思わせないことにも繋がります。

次は相手にもっと好きになってもらうために、徹底的に自分磨きをしておくことが大切です。

【参考記事】はこちら▽


ポイント7. 関係を戻す話をするタイミングを逃さない

冷却期間を終了するタイミングを逃すと、ズルズルと冷却期間が長引いてしまう可能性があります。しかるべきタイミングで関係を戻したいと伝えるのが重要です。

距離を置く場合は、事前にどのタイミングで関係を戻すのかを決めておき、タイミングを逃さないようにしましょう。

関係を戻す話をするタイミングをしっかり決めておくことで、スムーズに関係を戻すことができます。


距離を置いた状態から元の関係に戻る3つの方法

相手のことが好きなのであれば、距離を置いた状態からでもヨリを戻したいと思うものです。どのようにすれば、距離を置いた状態から元の関係に戻ることができるのでしょうか。

ここでは、距離を置いた状態から元の関係に戻る方法について紹介していきます。


方法1. 重くない内容のLINEで連絡をする

連絡を取ることは、相手に自分のことを思い出させるのに有効な方法です。

しかし、内容が重いものだと相手の負担にもなってしまうので、日常の小さなことなど、何気ない内容のものがベストです。何気ない内容であれば、相手も返信しやすいため、以前のように仲良くやり取りができる可能性があります。

距離を置いた状態から元の状態に戻りたいのであれば、まずは重くない内容のLINEで連絡してみましょう。


方法2. 当時の自分との変化をアピールする

距離を置いたことには必ず原因があり、その原因を解決しない限り元の関係に戻ることは難しいです。

しかし、自分が変わったということをしっかりアピールできれば、関係を戻すきっかけにもなります。もうこれ以上距離を置く必要がないと思わせることができれば、関係は戻せるはずです。

自分は変わったというアピールが、二人の関係の修復に繋がります。


方法3. 対面で関係を戻したい気持ちを素直に伝える

関係を戻したいと思っていても、周りくどい方法では相手に自分の気持ちが伝わらない可能性があります。

自分の気持ちを伝えたいなら、直接素直に伝えるのがベストです。謝りたい気持ちや好きという気持ちを、言葉にして伝えましょう。

自分の気持ちを素直に伝えることで、相手も気持ちを受け入れてくれるはずです。

【参考記事】はこちら▽


距離を置く恋人の気持ちを理解して、元の関係に戻れるよう行動していきましょう。

「距離を置きたい」という言葉の意味は様々であり、距離を置きたい理由によって言葉の重さも変わってきます。

距離を置きたいという相手の気持ちに、ショックを受けてしまう人も多いでしょう。

しかし、「距離を置きたい」と言われても、それが必ずしも別れるという選択に繋がるわけではありません。相手が自分と距離を置きたい理由をしっかり考え、自分を改善することができれば、元の関係に戻ることは十分に可能ですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事