「優しい人」と「優しくない人」の違いとは?本当に優しい男女の特徴を解説

優しい人って男女問わず周囲に好かれますよね。そこで今回は、優しい人の心理や特徴から、実際に優しい人になる方法まで詳しくご紹介します。さらに、優しい人ならではの長所やメリットも解説。ぜひ参考にして、周りの人から愛される優しい人を目指しましょう!

みんなに好かれる「優しい人」の特徴を解説!

優しい人の特徴

誰に対しても優しい人って、魅力的に映りますよね。周りにはいつも人が集まっている人気者が多いので、そんな優しい人を見て、自分もあんな風になりたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、優しい人の性格的特徴や魅力について詳しく紹介します。

また、優しくない人との違いも解説するので、どうして優しい人でいたほうがいいのか、そのメリットも含めてチェックしてみてくださいね。


そもそも「優しい人」の意味とは?

「優しい」とは、他人に対する思いやりがあることや、性格が素直で温和なことを意味する言葉です。そのため、一般的に優しい人といえば、思いやりがある人やおしとやかな人と言えますね。

ただし実際は、人それぞれ「優しいな」と感じるポイントが異なるため、優しい人だと判断する基準も、厳密には個人によって様々と言えるでしょう。


「優しい人」と「本当に優しい人」の違いについて

周囲からどんなワガママを言われても受け入れる人や、ただ単に他人に甘いだけの人も、「優しい人」と思われている場合があります。

しかし、「本当に優しい人」は、必要だと思った時には厳しいことでもはっきりと伝えるのが特徴です。たとえ相手に嫌な印象を持たれたとしても、相手のためになると思ったら、ためらわず行動に移します。

優しい人は優しさが上辺だけの人もいますが、本当に優しい人は相手のことを思って悪役になれる人と言えるでしょう。


本心ではどう思ってるの?優しい人の心理とは

「本当に優しい人になりたい」と思うのなら、まずは、優しい人についての理解を深めていきましょう。ここでは、優しいと言われる男性や女性の心理について詳しくまとめました。

本当に優しい人がどんなことを思っているのか、心の内側を覗いていきましょう。


心理1. 純粋に相手の役に立ちたい

本当に優しい人は、周囲の人が喜んだり、周りから感謝されたりすることに喜びを感じるタイプが多いです。そのため、計算したり見返りを期待したりすることも無く、純粋に人の役に立ちたいと考えています。

他の人が、優しくしてもらったお礼にと、贈り物などを用意しても受け取らない場合が少なくありません。

物よりも、「助かった、ありがとう」と感謝されることが一番なのです。


心理2. 周囲の人から優しいと思われたい

憧れの気持ちから、優しい人になりたいと努力している人もいます。

例えば、他人から優しくしてもらった経験があると、憧れる気持ちが湧いてきて、自分も周囲から優しいと思われるような人になりたいと思うのです。

また、両親のように子どもの頃から身近に優しい人がいると、自然と自分も両親のように優しくなりたいと思う場合もあるでしょう。


心理3. 特に何も考えていない

本当に優しい人は、親からの教育に影響を受けているケースもあります。

「人に親切をすると良いことがある、人には優しくしなさい」といつも教えられながら育つと、周囲に対して優しくするのが当たり前のことになっていくのです。

結果として、「優しく接しよう」と特別意識することもなく、自然と他人に親切にできるようになります。


具体的にどんな人?本当に優しい人の特徴を紹介

周りから好かれる「本当に優しい人」は、具体的にどんな特徴があるのでしょうか?

ここからは、男性にも女性にも共通する性格と行動の特徴を詳しく見ていきましょう。自分や周りにいる憧れの優しい人が当てはまっているか、確認してみてくださいね。


本当に優しい人の「性格」に関する特徴

優しい人になりたいのなら、優しい人たちの特徴について理解するのが近道です。まずは、本当に優しいと言われる人たちの性格を3つ紹介します。


本当に優しい人の性格1. 素直で疑うことを知らない

本当に優しい人は、基本的に純粋な人柄をしています。そのため、素直で人を疑うことも少ないでしょう。素直な性格は魅力的だといえる一方で、人を簡単に信じやすいため、時には騙されることもあります。

世の中には、他人の良心につけこんで利用しようとする人もいるため、本当に優しい人は、良いように騙されて傷つく場合もあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


本当に優しい人の性格2. 繊細で傷つきやすい

他人に優しい人は、感情移入しやすく、相手の立場になって考えるのが得意な傾向があります。また、自分自身も傷ついた経験を持っていることから、他人の痛みがよく理解できるとも言えるでしょう。

自分が繊細な性格だからこそ、周囲の人を傷つけるようなこともしませんし、悲しんでいる人がいれば、心から励ますこともできるのです。

【参考記事】はこちら▽


本当に優しい人の性格3. 謙虚な性格で奢らない

優しい人は、周囲の人に対する尊敬の気持ちを忘れません。奢ることなく、常に謙虚で物腰が柔らかいため、優しい印象を抱かれやすいのでしょう。

なので、人に親切を働いた場合でも、決して「やってやった」という態度を見せることはありません。

誰に対しても分け隔てなく平等に接して、謙虚な姿勢を忘れないことが、周囲からも好意的に受け入れられる理由です。


本当に優しい人の「行動」に関する特徴

優しい人の行動には、見習うべき点がたくさんあります。次に、本当に優しい人たちの行動に共通する特徴を5つまとめてみました。

日頃の自分の行いと比較しながら、自分にはできているかどうか、考えてみてはいかがでしょうか。


本当に優しい人の行動1. どんなに親切をしても見返りを求めない

本当に優しい人は、損得勘定に基づいて行動することを避ける傾向にあります。人に優しくする時も、見返りを求めてしまうと、計算で優しくしていると思われてしまうため、お礼などを期待することもありません。

本当に優しいと言われる人たちは、純粋に人の助けになりたいという気持ちから親切にしたり、優しく接することが自然になっていたりするのです。


本当に優しい人の行動2. イライラしても自分で感情をコントロールできる

優しい人は、セルフマネジメントに長けている傾向があります。イライラすることが起こっても周囲に八つ当たりせず、常に冷静さを保てる強いメンタルを持っているのです。

自分が感情的になることで、他人を傷つけてしまうことがないよう、感情をコントロールしようと努力しているのが特徴でしょう。

周囲の人の気持ちを大事に考えられるのは、優しい人の魅力ですよ。


本当に優しい人の行動3. 人が嫌がる事は絶対にしない

優しい人は、どんな時でも周囲に対する思いやりを忘れません。常に相手の立場になって判断して行動できるため、他人が嫌がる事も絶対にしたり言ったりしません。

もちろん、人によって態度を変えることもないため、一緒に過ごしている人は、いつも心地よさを感じるでしょう。本当に優しい人の徹底した思いやりが、周囲から好かれる理由にもなっています。


本当に優しい人の行動4. 相手の事を思って、たまには厳しい意見を言える

誰でも人から嫌われたくないという気持ちは持っているものですよね。そのため、相手に改善すべき点があると感じていても、中々ストレートに伝えられないことが多いのではないでしょうか。

しかし本当に優しい人は、相手にとって耳に痛いことでも、その人が良くなるために必要だと思えば正直に伝えられます。無難に上辺で付き合うよりも、本気で相手を思っている証拠ですよ。

【参考記事】はこちら▽


本当に優しい人の行動5. 自己犠牲になってでも、人のためにアクションを起こせる

自分を犠牲にしてまで他人に親切にできる人は中々いないものです。しかし本当に優しい人は、周囲を思いやる気持ちが強いため、時には自己犠牲もいといません。

例えば、仕事でも集団の利益につながることなのであれば、自分が少々犠牲になることは構わないと考えています。自分に不利益があっても、周りが良くなればそれで満足できるからです。

自分よりも周囲を優先して行動できる点は、本当に優しい人柄だと評価される理由の一つでしょう。


優しい人の「見た目」に関する特徴

人の内面は、外見にも表れると言われています。そこで、本当に優しい人の見た目についてチェックしていきましょう。優しい人がどんな見た目になりやすいのか、ぜひ参考にしてくださいね。


本当に優しい人の見た目1. いつも笑顔で表情が柔らかい

その人の印象を決める時、表情も大きなウエイトを占めています。優しい人は、いつも笑顔でいる人や、表情が柔らかい人が多いです。

また口角が上がっている人も、周囲に優しそうだという印象を持たれやすいでしょう。

逆に、しょっちゅう怒って怖い顔をしていたり、表情が暗かったりすると、優しい人だとは思われにくいですよ。

【参考記事】はこちら▽


本当に優しい人の見た目2. 眉間にシワができていない

優しい人は、怒りなどのネガティブな感情もうまくコントロールできるため、いつも柔らかい表情で過ごしています。

怒りやすい人は眉間にシワができやすく、怖い印象になってしまいますが、優しい人は怒らないため、眉間にシワができない傾向があるでしょう。

優しい人は常に穏やかな気持ちで過ごせているのです。


優しい人に見えて実は冷たい?本心では優しくない人の特徴とは

本当に優しい人と、上辺だけ優しく見える人の間には大きな違いがあります。そこで、優しそうに見えるのに実はそうでない人たちの特徴を理解しておきましょう。

次に、本当は優しくない人たちに見られる特徴を3つピックアップしました。


優しくない人1. 他人に興味がない

優しくない人は、上辺だけの人付き合いを好む傾向にあります。他人に無関心なため、いつも無責任に相手を肯定していたり、誰に対しても良い人に思われようと偽りの自分を演じていたりするのです。

いつも周りにいい顔ばかり見せているような人は、実は内心冷めてる場合がありますよ。一見、優しいようにも感じられますが、その人の本心や価値観などは見えにくいと言えます。

【参考記事】はこちら▽


優しくない人2. 八方美人だけど実は腹黒い

本当に優しい人なのであれば、表裏もなく、人によって態度を変えることも決してありません。しかし、上辺だけで優しさを取り繕っている人の場合は、実は裏では陰口や不満を言っている傾向にあります。

例えば、友人同士で集まっている時に、その場にいない人のネガティブなうわさ話に、積極的に食いついてくるような人も、本当は優しくない可能性が高いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


優しくない人3. 損得で物事を判断している

優しくない人の場合、相手に対して何かしらの見返りを期待した上で、優しくしているパターンがあります。自分が得をするために行動を起こしているだけなので、本当に優しい人だとは言えませんね。

本当に優しい人は損得で何かを判断することはないので、注意したいところです。何かのきっかけに急に優しくしてくるような人も、何か目的があって優しくしてきているので、はじめは疑う方が良いしょう。

【参考記事】はこちら▽


良いことだらけ!優しい人になるメリットは何がある?

周囲から優しい人だと評価されると、同性からも異性からも愛される人になれます。優しい人になることで得られるメリットや長所は何があるのか、詳しくご紹介していきます。魅力的な人柄に憧れる人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。


メリット1. 周囲から信頼されやすくなる

本当に優しい人は、その人柄から相談されたり、周りから当てにされる機会が増えるでしょう。

そのため、「あの人は頼りになる、困った時に助けてくれる」という評価に繋がり、自然と周囲から信頼されるようになります。

仕事場においても信頼は厚く、上司や部下、取引先などを問わず、頼りにされることが多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


メリット2. 異性からモテる

性別を問わず、ふとした時に優しくされたことがきっかけで、相手に好意を持ち始めるというパターンは良くあるものです。

また、直接自分が親切にされたわけでなくても、誰に対しても平等に接する人や、損得勘定なく親切にできる人は、魅力的に映りますね。

そのため、いつも周囲のことを考えて行動している優しい人はモテる傾向にあるといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


メリット3. 困った時に周りに助けてもらいやすい

誰しも人に良くしてもらったら、相手にきちんとお返ししたいと思うものですよね。優しい人は、普段から色んな人に親切に接して、助けてあげているため、周囲の人も感謝しています。

そのため、いざ困った時には、自分も周囲からのサポートを得やすくなる傾向があるのです。仕事でトラブルが起こった場合も、同僚が積極的に助けてくれるでしょう。


自分もなりたい!周囲に好かれる「本当に優しい人」になる方法

優しい人の人柄や魅力に憧れているものの、実際に優しい人になるのは難しいと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで、本当に優しい人になるための方法をまとめて紹介します。ぜひあなたも参考にして、優しい人柄を目指してみて。


優しくなる方法1. 常に心に余裕を持つようにする

人は、心に余裕が無いと、他人に親切にしたり、優しく接したりできないものです。そのため、優しい人になるためには、自分自身のキャパシティを超えないようにすることが大切。

いつも心に余裕を持つように心がけていると、少しずつ他人の気持ちも考えられるようになっていきますよ。人の気持ちが理解できれば、落ち込んでいる人を自然と励ましたり、困っている人をさりげなく助けたりもできます。

ただし、キャパシティ以上のことを引き受けると、精神的に疲れて余裕が持てなくなってしまうため、自分で自分の首を締めないように気をつけましょう。


優しくなる方法2. 誰に対しても謙虚に接することを心がける

人は無意識のうちに、相手によって態度や発言を変えてしまうことも多いです。しかし、本当に優しい人ほど、誰にでも平等に優しい傾向にあります。

そのため、どんな時でも、誰に対しても謙虚な気持ちを忘れないよう意識してみましょう。小さなことに対しても感謝をし、周囲にも「ありがとう」の言葉を忘れずに。そうすれば、自分自身が調子に乗ることもないでしょう。

また人だけでなく、物や動物、自然を大切に扱う気持ちも大切ですよ。


優しくなる方法3. 人に親切をしても見返りは求めない

損得や見返りを考えることなく、人に親切にしているつもりでも、後になって「お礼の言葉もないな」などと、ついつい思ってしまうことってありますよね。

しかし、見返りを求めてしまっては、打算的な優しさになってしまいます。そのため、「相手からは何ももらうものはない、もらう必要もない」と、最初からはっきりと考えた上で、優しくできるように努めましょう。

そうすれば、自然と周囲からも「本当に優しい人なんだ」と思ってもらえますよ。

【参考記事】はこちら▽


優しくなる方法4. 相手が何を求めているのか?考える習慣をつける

優しい人になるためには、「自分がしてあげたい」という視点だけでなく、「相手が何を求めているのか」を考えた上で、行動に移す必要があります。

相手のニーズをしっかり提供してあげるのが、本当の優しさや親切だからです。そのため、相手が今、何を求めているのか、相手にとって何が本当に必要なのかを常に考えるよう、習慣づけましょう。

自分に多少負担がかかる場合であっても、見て見ぬふりをせず、しっかり相手に寄り添ってあげることで信頼も高まります。

ただし、お節介な人にならないよう、その線引きは間違えないようにしてくださいね。


優しくなる方法5. 人の短所ではなく長所へ目を向ける癖をつける

世の中には、様々な価値観や個性を持った人たちがいます。そのため、つい相手の短所に目が行ってしまうこともありますが、優しくなるためには、人のいい部分をしっかり見てあげることが大切。

相手を責めず、褒めてあげられるのが本当に優しい人。色んな価値観や考え方があるということを理解し、どんな人にも長所があるという前提で、他人と接してみてください。

そうすれば、自然とイライラすることも減って、優しい気持ちで向き合えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


【番外編】彼氏彼女/好きな人は優しい人?見分ける方法とは

本当に優しい人とそうでない人の違いは分かっていても、実際に生活をしている中では、そう簡単に見極められないことも多いものです。でも、自分の彼氏や彼女、はたまた好きな人が優しい人かどうかって気になりますよね。

最後に番外編として、本当に優しい人の見分け方を紹介するので役立ててみてくださいね。


見分け方1. 日頃から友達や家族を大事にしているか確認する

本当に優しい人かどうかを判断するためには、身近な人たちとの関係をチェックしてみて。なぜなら、本当に優しい人は家族や友人を大事にする傾向にあるからです。

会話をしていて家族の話題が良く出てきたり、身近な人たちと仲が良い様子が伺えるような話が出たりするのなら、本当に優しい人だと言えるでしょう。


見分け方2. 他人を思いやる気持ちがあるか確認する

本当に優しい人は、どんな人にも同じように接しています。自分の立場や能力が相手より上だからと言って、自分の意見を無理に押し通そうとしたり、簡単に人の意見を否定したりすることはありません。

そのため、それぞれの考えや能力なども尊重しながら、思いやりのある行動ができるのです。また、人の幸せや成功を心から喜んでくれるか、などからも人柄が判断できるでしょう。

彼氏や彼女が自分よりも仕事で功績をあげても、心から喜んでくれない人は優しくない人ですよ。

【参考記事】はこちら▽


見分け方3. 見返りを求めてこないか確認する

何が相手のためになるかを見極めた上で行動する点も、本当に優しい人を見分けるポイントの一つです。自分ではなく、周囲のことを常に考えているため、誰かに親切にすることがあっても、相手に見返りを求めることはありません。

自分相手でなくても、好きな人の同性の友だちに対して、何かしらのお礼や見返りなどを期待していそうなら、その人は実際優しくない人だと言えるでしょう。


周囲に愛される優しい人になりましょう。

一口に優しい人と言っても、人によって捉え方は様々。本記事では、本当に優しい人の特徴や見分け方などを詳しくご紹介してきました。

優しい人は、信頼も厚く、異性からモテるなどのメリットも得られるため、自分も優しい人になりたいと憧れている人も多いでしょう。

今回ご紹介した優しい人になる方法なども参考にしながら、ぜひあなたもトライしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事