優しさとは何か?本当に優しい人/見せかけの優しさを持つ人の特徴を解説

優しい人が良いと言いますが、優しさとはそもそも何の事を指すのでしょうか?そこで本記事では、見せかけの優しさになっている人の特徴から、本当に優しい人の特徴、本当の優しさとは何か?を教えてくれる名言までお教えします。優しさの違いを知り、本当の優しさを身につけましょう。

本当の優しさを持つ男女の特徴を大公開!

本当に優しい人の特徴

恋人や友人としても人気がある優しい人。傷付いている時に心に寄り添ってくれるだけで癒される人も多いでしょう。

しかし、「本当の優しさとは何だろう」と疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、優しさとは何か、見せかけの優しさや本当に優しい人の特徴、本当の優しさとは何かを教えてくれる名言についてお送りしていきます。

果たして、本当の優しさを持つ人とはどんな特徴があるのでしょうか?


そもそも優しさとは何?意味や定義を解説します

優しさとは、自分に対する見返りを求めず、損得を考えずに相手のためになる行動を進んで行うことです。

元々は形容詞である「優しい」に、接尾語である「さ」がつくことで体言化したもので、心が温かく思いやりがあることを意味しています。

単に親切なだけではなく、損得勘定のない思いやりの気持ちや行動を意味する言葉と言えるでしょう。


本当の優しさとは違う!見せかけの優しさになっている人の特徴とは

親切なことをしてくれる人がいたとしても、何となく裏があるなと感じると本音は何だろうと思ってしまうものです。

まずはじめに、本当の優しさとは異なる、偽りで見せかけの優しい人の特徴を紹介していきます。


見せかけの優しさ1. 嫌われる事を恐れてイエスマンになっている人

相手のことを絶対否定しないのは、本当の優しさではありません。相手から嫌われたくないという心理からイエスマンになっているため、相手にとって良くないことでも否定しないと言えます。

相手のためになることよりも、自分が相手から嫌われたくないことを優先しているため、優しいようで実は自分の都合を最優先している、見せかけの優しさです。

【参考記事】はこちら▽


見せかけの優しさ2. 優しくしたことに見返りがないと不機嫌になる人

本当の優しさを持っている人は、下心なく行動してくれるので、見返りを求めたりしません。

相手に何かする時に条件を付けたり自分も何かをしてもらおうとするのは、100%相手のための行動とは言えず、優しさとは言い切れません。

優しくしたお礼に何か求めてきたり、見返りがないと不機嫌になるのは、見せかけの優しさである特徴です。


見せかけの優しさ3. 好かれようとしたり、下心がある人

相手に媚を売ろうという気持ちがあるのも、見せかけの優しさの特徴です。優しくすることで相手に好かれたいという心理で行動しているので、相手のためのようで自分のための行動と言えます。例えば、上司に好かれたいがために親切にするのは、見せかけの優しさでしょう。

親切にする動機が相手が困っているからではなく、自分の立場のためなのは、見せかけの優しさです。

【参考記事】はこちら▽


見せかけの優しさ4. 人によって態度がコロコロ変わる人

本当に優しい人は下心がないので、相手によって態度を変えず、誰に対しても優しい態度で接します。自分にメリットがない相手には親切にはしないのは、自分に利益があるかどうかを考えて行動しているため、偽りの優しさと言えるでしょう。

一見親切な人でも、相手によって態度をコロコロ変えているなら、本当に優しい人ではありません。


見せかけの優しさ5. 口だけで行動が伴わない人

優しい言葉をかけてくれても、実際に助けてくれる訳ではない場合は、偽りの優しさの特徴です。悪いように思われたくない気持ちから言葉だけは優しいものの、巻き込まれたくない気持ちが強く、実際に行動してはくれません。

相手をねぎらってはいても、助けるのは面倒だという自分の気持ちや都合を優先しているため、見せかけの優しさなのです。


本当の優しさとは?本当に優しい人の6つの特徴

本当の優しさとは何だろうかと考えても、よくわからない人も多いかもしれません。何か困ったことがあった時に助けてくれたとしても、見返りを求められることが多くて偽りの優しさだと思ってしまうタイミングは多いはず。

そこでここからは、困った時に助けてくれる本当の優しさを持っている人の特徴を紹介していきます。偽りの優しい人との違いをチェックしてみましょう。


本当に優しい人1. 相手に見返りを求めない

本当に優しい人は、たとえ相手が対立関係にある人であっても、困っている人がいたら迷わず手を差し伸べます。

相手を助けたいという純粋な思いから下心なく親切にでき、助けることで自分に還元される利益やメリットを求めていません

自分の利益を考えずに行動できるのは、本当の優しさを持って行動できる人の特徴です。


本当に優しい人2. 何も言わずに行動に移す

相手のことを思っているなら、相手の行動をよく見ているため、何をすることが一番相手のためになるかが自然にわかります。どう行動するのが相手に対する優しさなのかがすぐにわかるため、何も言わずにすぐに行動に移します。

見返りを求めていないため、恩を着せるようなことはしないで、親切で思いやりにあふれた行動ができるでしょう。


本当に優しい人3. ダメなことはきちんと叱ることができる

本当に優しい人は、イエスマンでいることは相手のためにならないことを理解しているため、甘やかすだけではありません。本当に相手のためになることは何か考えて行動するため、必要とあらば叱ることができる強さを持っています。

嫌われるかもしれないという自己保身をせずに、相手のためを思ってダメなことはダメと言えるのが本当に優しい人の特徴です。


本当に優しい人4. 誰に対しても平等に優しい

本当に優しい人は、相手が自分にとって利益があるかどうかで接し方を変えたりはしません。相手からよく思われたいだとか、見返りを求めたいなどと考えていないため、どんな人に対しても下心なく平等に、親切に接します。

自分の利益を求めていないからこそ、裏表なく誰にでも平等な態度で接することができているのです。

【参考記事】はこちら▽


本当に優しい人5. ささいなことにも感謝の気持ちを持つことができる

本当に優しい人は誰かが何かをしてくれることを当然とは思っていないため、誰かが自分のために行動してくれると、とても嬉しく感じます。たとえほんのささいなことであっても、何ら当然とは思っておらず、感謝の気持ちを持っています。

人に感謝ができるのは、思いやりがあって優しい人である証拠といえるでしょう。


本当に優しい人6. 時にはそっと見守ることができる

必要もないのに手助けをするのは、思いやりや親切でなくただのお節介です。本当の優しさを持っている人は、あえて手を出さない強さを持っています。

今自分が手を出すことが相手のためにならないと判断したなら、近くでそっと見守ります。

本当の優しさとは何かを知っているからこそ、場合によっては手助けせずに温かく目を向けています。


本当の優しさとは何か?を教えてくれる名言5選

相手のためを思っての行動が裏目に出てしまい、本当の優しさとは何かわからず、悩んでしまうこともあるでしょう。

ここでは、本当の優しさとは何かを教えてくれる名言を紹介していきます。詳しく見ていきましょう。


おすすめの名言1. 「「愛」と「優しさ」は、決してムダにはなりません。なぜなら、受け取った人を幸せにするし、与えた人をも幸せにするのだから。」バーバラ・デ・アンジェリス

恋愛に関する名言が数多いのが特徴のアメリカの心理学者、バーバラ・デ・アンジェリスの言葉です。

恋愛に関する著書の中にある名言で、愛する人にどう接すればいいのかわからなくなっている女性に勇気を与えてくれます。


おすすめの名言2. 「他の人にやさしくできる人は、感謝されなくたって、そうすることができるんだ。」ベンジャミン・フランクリン

アメリカで政治家、外交官、著述家などとして多彩な活動をしていた、ベンジャミン・フランクリンの名言。

アメリカ独立宣言の起草委員としても知られていて、思想に関する名言を発言しています。優しい人は下心なく優しくできる強さがあることを述べた言葉です。


おすすめの名言3. 「「優しさ」という財産を大切にしなさい。そして、それをためらいなく与え、後悔なく手放し、下心なく手にする方法を知りなさい。」ジョルジュ・サンド

フランスの女流作家でフェミニストとしても知られる、ジョルジュ・サンドの名言です。多くの男性との恋愛遍歴でも知られていて、自分を貫く強さを表した名言が多いのが特徴。

多くの異性と接してきたからこそ生まれた、優しさあふれる名言といえるでしょう。


おすすめの名言4. 「見返りなんか期待せず、周りの人に優しさを無作為に与えましょう。大丈夫、いつか誰かがあなたに同じことをしてくれるから。」プリンセス・ダイアナ

イギリスの元皇太子妃としても知られる、プリンセス・ダイアナの残した名言です。周りの人に親切にするのに理由など必要ないことを教えてくれます。

本当の優しさとは何かわからなくなったら思い出したい言葉です。


おすすめの名言5. 「お米を与えてくれれば、今日、食べる事が出来る。育て方を教えてくれれば、毎日、食べる事が出来る。」マハトマ・ガンジー

インド独立の父ともいわれる、弁護士・宗教家・政治指導者であるマハトマ・ガンジーの名言です。自分の環境が当たり前だと思いがちな人に、感謝の気持ちを思い出させてくれます。

心がくじけそうになった時にも感謝の気持ちを忘れないでいられる名言です。


本当の優しさを身に着けて、周りの人を大切にしましょう。

本当の優しさとは、ただのイエスマンではありません。周りには本当の優しさをもって接してくれる人も、見せかけの優しさで見返りを求めてくる人もいるでしょう。下心なく親切にしてくれる人を見極めることが本当に優しい人だと見抜くポイントです。

本当の優しさとは何か考えながら、自分のことを思って接してくれる人を大切にしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事