「繊細」の意味とは?繊細な人の性格の特徴&上手な付き合い方を解説

繊細な人って周りにいますよね。今回の記事では、繊細の言葉の意味や、繊細な人の特徴を性格と行動に分けてご紹介。さらには、繊細な人との上手な付き合い方から、繊細な人が向いてる仕事まで解説しますので、是非参考にしてみてくださいね。

繊細ってどんな性格?繊細な人の全てを解説!

繊細な人の性格&行動の特徴・上手な付き合い方

繊細な人と聞くと、物静かでよく考え事をしていて、泣くことが多いなどを思い浮かべる人もいますよね。では、実際に繊細な人とはどんな性格でどんな特徴なのでしょうか?

実際のところ繊細な人はどんな人なのか、ここでは「繊細」な人の性格や行動の特徴や上手な付き合い方を徹底解説していきます。「繊細な人はどんな人なのだろう?」と知りたい人は必見ですよ。


そもそも繊細とは?繊細の意味を分かりやすく解説!

「繊細」は見た目と内面の2通りの意味で使われています。

1つは「ほっそりとしていること」や「弱々しい様子」です。どちらかといえば性格や特徴を表すよりも、見た目に関して表したい時に使われます。

2つ目は「感情がきめ細かいこと」や「打たれ弱い」や「優しい」など、内面の特徴や性格を表したい時に使われる意味があります。


繊細な人とは?繊細な人の特徴12個

「繊細」という言葉の意味を見ると良い面も悪い面もありそうですが、繊細な人にはどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、繊細な人の特徴を「性格」と「行動や態度」にわけて12個挙げて詳しく紹介していきます。


繊細な人の特徴:性格

自分を含め、周囲にも特徴に当てはまる部分が多い人がいれば、ひょっとしたらその人は繊細な心の持ち主である可能性があるでしょう。ここでは繊細な人の「性格」に注目してその特徴を紹介していきます。


繊細な人の性格1. ネガティブで落ち込みやすい

繊細な人は、物事に対していつもマイナスな方向へと考えてしまいがちな人が多いです。

例えば周囲の人が良かれと思ってアドバイスをしても「自分にはまだ足りないところがあったんだ」「これじゃだめだったんだ」というように悪い方向へ深く考え込んでしまいます。

いつも不安を抱えているような状態なので、ネガティブな解釈をして落ち込みやすいのが特徴です。

【参考記事】はこちら▽


繊細な人の性格2. 周囲と比較してしまう癖がある

人が気にしないような細かいことや、行動など、繊細な人は些細な部分が気になってしまうせいで、人と比べなくていいところまで比較してしまう癖があります。

元々マイナス思考な部分があるため、周りと自分を比較して「どうして自分はあの人よりできないんだろう」など一人で悩むことも少なくありません。

繊細だからこそ細かいところにまで気が付いてしまうゆえに、なんでも周囲と比較してしまう癖があるのが繊細な人の特徴といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


繊細な人の性格3. 優柔不断で、決断することが苦手

繊細な人は自分が決断した結果に対し、「失敗したり間違ったりしたらどうしよう」とリスクを考えてしまいます。

また、それによって自分がショックを受けるところまで想像してしまうため、優柔不断で決断することが苦手という特徴があります。

誰かから決断を迫られるのは特に苦手で、その選択によって相手がどう思うのか考えてしまうため、なかなか決断できないのです。


繊細な人の性格4. 心配性で不安になりやすい

繊細な人ほど、普通の人があまり気にしないような部分にまで目を向けてしまいがちです。それによって、良い部分だけでなく嫌な部分にも気が付いてしまいます。

嫌な部分を知ってしまうとそれによって「〜だったらどうしよう?」など、悪い可能性ばかり思い浮かべてしまうため、心配性で不安になりやすい特徴**があります。


繊細な人の性格5. 完璧主義者で、細かい所が気になる

他人が気にしないような細かい部分まで一人で気になっているのが繊細な人の特徴です。特に仕事や作品などは納得するまでやり続ける完璧主義な一面があります。

自分に対してだけでなく、他人がしたことに対しても気になりますが、それを指摘できないでいるので、いつまでも一人で悩み続けてしまうことも珍しくないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


繊細な人の性格6. 誰に対しても思いやりがあり、優しい

繊細な人は自分自身が傷つきやすい一面があることを自覚しています。だからこそ、人の感情を読み取ることが得意なため、誰に対しても思いやりがあり優しく接することができる特徴があります。

困っている人や悲しそうにしている人がいれば、何か助けになれることがないか一緒に考えたり、声をかけてあげる優しさが繊細な人にはあるのです。


繊細な人の特徴:行動や態度

繊細な人は、日頃からどのような行動や態度で過ごしているのでしょうか?

ここでは繊細な人の「行動や態度」に注目して6つの特徴を紹介していきます。自分や周囲の人に当てはまる行動や態度があるか、参考にしてみてくださいね。


繊細な人の行動や態度1. 観察力に優れ、気配り上手

繊細な人は他人の変化に気がつきやすい特徴があります。ちょっとした表情の変化や話し方の変化などから、相手の感情を読み取ることができるため観察力に優れているのです。

持ち前の優れた観察力によって、周囲の状況や何を求めているのかを察知することに長けているからこそ、周囲への気配りを上手にできる特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


繊細な人の行動や態度2. 自分の意見を発言することができない

自分の意見に対して相手はどう思っているのか、反応ばかりを気にしすぎてしまうため、なかなか自分の意見を発言できないのも繊細な人の特徴です。

たとえ自分と相手の意見が食い違っていたとしても、否定したり口論はしたくないと考えています。そのため、自分の意見を言わずに我慢していることも珍しくないでしょう。


繊細な人の行動や態度3. 周囲の意見に合わせてしまう

繊細な人は周囲に気を遣いすぎている一面があります。相手の考えや気持ちに配慮した行動を取れるのは良いことでもありますが、反面、自分の考えよりも周囲の意見に合わせてしまう特徴があります。

ある意味で平和主義なので「自分が周りに合わせればこの場がまとまるな」と思えば、周囲の意見に合わせてその場をやり過ごそうとするのです。


繊細な人の行動や態度4. 感受性が高く、人の気持ちに共感しやすい

繊細だからゆえに自分の気持ちだけでなく、人の気持ちを心で感じられます。感受性が高く、人の気持ちに共感しやすいのも繊細な人の特徴として挙げられるでしょう。

友人や家族など、周囲の人が感じる喜びや悲しみなどの感情を、一緒になって感じられるため、人に対して優しさを持って、親切な態度で接することができます。

【参考記事】はこちら▽


繊細な人の行動や態度5. 五感に優れ、周囲の変化に敏感に気づく

繊細な人はその場にいる人の口調や表情、会話などから、その場が平和に収まるように空気を読んだ行動を取るのが上手です。

五感に優れ、周囲の変化に敏感に気付ける特徴があるからこそ、繊細な人は周囲の細かな変化をいち早く読み取ることができます。そのため、空気を読んだ行動で場を保つために気配りできるのでしょう。


繊細な人の行動や態度6. 初対面の人には警戒心が強い

繊細な人は、過去の人間関係のトラウマによって傷つきたくないという心理が働いてしまうことがあります。だからこそ繊細な人は、初対面の人には警戒心が強いのが特徴で、心を開くまでに時間がかかります。

初対面の人となかなか打ち解けられないのも繊細な人に見られる行動の一つです。ただし、一度心を開いた相手とは強い信頼関係を気付ける一面もあります。


やっぱり奥手なの?繊細な人の恋愛傾向4つ

繊細な人が恋愛をした場合、なかなか相手にアプローチできずに奥手なイメージを想像する人も多いでしょう。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

ここでは繊細な人の恋愛傾向を4つピックアップして紹介します。


恋愛傾向1. 自分からアプローチすることは苦手

繊細な人は自分から行動を起こすことが苦手です。恋愛においても同じで、好きな人ができても自分から進んでアプローチができません。

行動する前から、アプローチをしてもうまくいかなかったらどうしようと悩んでしまいます。もし断られたときに、ショックで傷つくのが怖いため、自分からアプローチすることは苦手なのです。


恋愛傾向2. 熱しにくく冷めにくいので、好きになったら一途

人間関係に対して警戒心が強いため、繊細な人は心を開くまでに時間がかかってしまう一面があります。しかし、一度心を開いて恋愛関係に発展した場合、その恋愛は長く関係が続くことが多いです。

繊細な人は恋愛において、熱しにくく冷めにくい特徴があるため、好きになったら一途で深い関係のお付き合いができるでしょう。


恋愛傾向3. 付き合うまでや、結婚までに慎重になってしまう

繊細な人は、たとえ好きな人に対しても無条件で相手を信用できません。どんなに相手が優しくしてれる人であっても、自分がネガティブ思考のせいで「本当は自分のことが嫌いなんじゃないか?」と考えてしまうところがあります。

付き合うまではもちろん、付き合いから結婚に至るまでも、とにかく慎重になってしまうため、なかなか次のステップに進めません。


恋愛傾向4. 失恋後、立ち直るまでに時間がかかる

感情豊かな一面のある繊細な人は、傷つきやすい性格を持っています。特に対人関係では人から嫌われることを恐れているため、失恋をしたとなると大きなショックを受けてしまうのです。

「どうしてうまくいかなかったんだろう」と、終わった恋愛をいつまでも引きずってしまうので、繊細な人は失恋後、立ち直るまでに時間がかかってしまう特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


繊細なのは長所でもある!繊細な人のメリット/デメリット

繊細な人には様々な特徴がありますが、繊細であるがゆえのメリットやデメリットがあるはずです。一体どのようなことがあるのでしょうか。

ここでは、繊細な人のメリットやデメリットについて紹介していきます。


繊細な人のメリットや長所とは

繊細な人は優しい面があったり、周りに気遣いができるなど特徴からも良いところがたくさんありますが、繊細な人にとってはどのようなメリットや長所があるのでしょう。

ここでは繊細な人のメリットや長所を3つピックアップして紹介します。


メリット1. その場の空気を瞬時に読むことができる

周りにいる人の感情を読み取ることができる繊細な人は、人の感情だけでなく、その場の空気を読み取ることも得意です。

元々が平和主義な一面があるため、余計なことを言って盛り上がっているものを冷めさせるようなことはしません。

場の空気が乱れかかった時には、上手な言い回しなどで平和を保とうと努力をするので、繊細な人がいると悪い空気になりにくいでしょう。

誰もが居心地の良い環境を作れるのは魅力的な長所です。


メリット2. 純粋で素直な性格が憎めない

繊細な人は細かいところが気になってよく考え込んでしまうため、優柔不断であったりマイナス思考になってしまうことがあります。

しかし、それは周りからかまってもらいたいが故に、狙ってやっていることではありません。

自分の気持ちに素直で純粋さがあるため、周りの人からも憎めない存在だと思われるメリットがあります。


メリット3. 人当たりが良いため、周りから好かれやすい

他人の感情の変化に敏感になっていることから、相手の立場になって物事を考えられるため、人に優しく気遣いができるのが繊細な人の特徴です。

自分の意見をはっきりと言えない一面はありますが、だからこそ人に対してキツい言動をすることがほとんどないため、誰に対しても人当たりが良く、周りの人から好かれやすい存在となるのです。


メリット4. 細かいことに気づくため、仕事で評価される

細かい部分をおざなりにした結果、ミスにつながることはよくあります。

繊細な人は人が気づかないようなところもチェックできるので、あまり失敗しません。些細なことにも気づけることで、他人のミスを防ぐこともあるでしょう。

細かいと言えばマイナスな印象を受けますが、長所として見てもらえれば仕事でも評価される項目といえるでしょう。


繊細な人のデメリットや短所とは

繊細な人ならではのメリットがある反面、デメリットと言える部分もあります。

優柔不断やマイナス思考などデメリットになりそうな特徴がありますが、実際にデメリットと感じることにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは繊細な人のデメリットを3つ紹介します。


デメリット1. 決断や、行動するまでに時間がかかってしまう

繊細な人は行動する前に先々のことまでよく考えてしまうため、優柔不断になってしまう特徴があります。

特に誰かから決断を迫られると、自分の決断によって相手に迷惑をかけたらどうしようとマイナス思考が働くため、なかなか決断に至りません。

決断や行動するまでに時間がかかってしまうため、周囲の人を悶々とさせてしまう可能性があるでしょう。


恐怖心から行動を起こせないことも

失敗するのが怖いと、新しいことに対しては消極的になります。「失敗したら取り返しのつかないことになる」と極端な考え方をしてしまうので、なかなか行動を起こせないのです。

例えば新しい仕事が舞い込んできても、失敗して周囲を巻き込むのが嫌なので断ってしまいます。だから自分自身を高めていくことができません。

恐怖心を理由に行動しないのは、周囲から見れば言い訳に見えてしまいますよ。


デメリット2. 相手に気を遣わせてしまうことがある

周りに対して優しく気遣いできるため、相手からしてみると「そこまでしてくれなくても…」と恐縮してしまうことがあります。

また、繊細すぎて色々な事が気になり落ち込んでしまうことがあるため、周囲の人が「大丈夫?」と気遣いしてくれることも。

相手のことを気遣える一方で、相手に気を遣わせてしまうことがあるのは、繊細な人のデメリットと言えるでしょう。


デメリット3. 過去の失敗を引きずりやすい

繊細な人は細かいことがとにかく気になってしまう特徴がありますが、何か失敗した経験など、終わったことに対していつまでもズルズルと考えてしまいうことがあります。

「失敗を未来に活かすため」に考えているのであればいいのですが、また「同じ失敗したらどうしよう?」と後ろ向きな考えで過去の失敗を引きずりやすいです。


繊細な人と上手に付き合っていく方法5つ

繊細な人には良いことも悪いことも様々な特徴がありますが、その特徴を尊重しながら上手く付き合っていくことが大切です。

ここでは繊細な人と上手に付き合っていく方法を5つピックアップして紹介していきます。


付き合い方1. 不安にならないようにマメにコミュニケーションをとる

繊細な人は、周りから自分がどう思われているのか、人からの印象をとても気にしています。自分から人に話しかけていくのも苦手なため、一人で考えて不安を抱え込んでしまうことも。

繊細な人は基本的に受け身の性格なので、話すきっかけがあれば普通にコミュニケーションが取れます。こちらから話しかけてマメにコミュニケーションを取るように心掛けると、繊細な人と上手く付き合えますよ。


付き合い方2. 「どう思う?」と意見を聞くようにする

他人の反応が気になってなかなか自分の意見を言えないのも繊細な人の特徴ですよね。

繊細な人に対しては、こちらから「どう思う?」など積極的に声かけするように意識すれば、繊細な人も自分の意見を言いやすい雰囲気になるでしょう。

上手く付き合うためにもお互いの考えを知ることがた大切なので、こちらから意見を聞くように心掛けることが大切です。


付き合い方3. 意見をいきなり否定しない

繊細な人は、自分の意見を否定されることが苦手です。否定されると「何がだめだったのか?」「どうして私だけだめなの?」と考え込み、時には傷ついてしまいます。

繊細な人を傷つけずに上手く付き合うためには、頭から意見をいきなり否定するのではなく、まずは考え方や行動を認めて評価した上で指摘するようにしましょう。


付き合い方4. 一人になる時間を確保してあげる

周りの事が気になり、常に周囲の行動や発言を気にして敏感になっていることが多い繊細な人。周りに人がいる環境だと気が休まらず、ストレスが溜まってしまうことがあります。

常に色々が気になり考え込んでしまうため、繊細な人は気持ちを整理するために、一人になりたいと思う時があります。

たとえ相手が恋人だったとしても、繊細な人と上手く付き合うためには、一人になる時間を確保してあげましょう。


付き合い方5. 相手を不安にさせるような事はしない

繊細な人は、周りから自分がどう思われているのかをとても気にします。

性格が原因で、些細なことでも傷ついて落ち込んだり、傷ついたりする自分は嫌われてしまうのではないかと、様々な不安を抱えているでしょう。

繊細な人と上手く付き合うためには、不安にならないように「いつもありがとう!」とか別れ際に「また明日遊ぼうね!」など、安心感を与えられような声かけをするのが効果的。


自分が繊細だと思ったら?繊細すぎる人の改善方法

繊細だとメリットもありますが、生き辛さを感じてしまうことありますよね。「自分は繊細なのかも」と気付いた人の中には、繊細すぎるところをなんとかしたいと思う人もいるでしょう。

ここでは、繊細すぎる人の改善方法を5つ紹介していきます。


対処法1. 繊細であることをコンプレックスに思わない

繊細であることは悪いことばかりではありません。周りの人に優しく気遣い出来ますし、場の空気を読んで行動することも得意です。

繊細であるが故に、小さなことを気にしてしまったり、悩んでしまう部分にコンプレックスを感じてしまうかもしれませんが、良い部分にも目を向けてコンプレックスに思わないようにしましょう。


対処法2. 前向きな考え方を持っている人と一緒に時間を過ごす

繊細な人はついついネガティブでマイナスな考え方をしがちです。一人でくよくよと悩んでしまうことも多いでしょう。

繊細すぎるところ改善するためには、自分とは反対の前向きな考え方を持っている人と一緒に時間を過ごすのがおすすめです。

ポジティブな人は周りの空気もポジティブに変えて行くパワーがあるため、一緒に過ごすことでそのパワーを分けてもらいましょう。


対処法3. 落ち込んだり、不安になった時は紙に書き出して気持ちを整理する

繊細だと些細なことでも気になってしまうため、常に悩み事の原因が多いところがありますよね。色々と悩みがありすぎて頭の中が整理出来なくなってしまうこともあるでしょう。

繊細な人は落ち込んだり、不安になった時には頭の中だけで考えるのではなく、紙に書き出して気持ちを整理してみましょう。

紙に書き出してみると、悩むほどのことでは無かったと気付くものもありますよ。


気持ちを落ち着かせるために、こまめに休息を取るのも大事

人に気を遣ってばかりいると、素の自分が出せなくてストレスが溜まります。

「疲れたな」と感じたら、一度休憩しましょう。少しくらい気遣いをやめたって、周囲は特に気づかないものです。

自分なりのストレス発散法を見つけておいて、休みながら息抜きをしてください。心が楽になって、自分らしい毎日を送れるようになりますよ。


対処法4. 「とりあえず」という言葉を使い、物事を楽観視する

繊細な人は行動よりも考えすぎてしまう傾向があります。元々マイナス思考な特徴があるため、考えれば考えるほど悲観的になってしまうことも。

繊細すぎるところを改善するためにも、楽観的に物事を捉えられるように心掛けることが大切です。「とりあえず」という言葉を使って考えるよりも行動を意識することで、繊細すぎるところを改善できますよ。


普段からポジティブな言葉を心がけるのも◎

「言霊」という言葉があるように、ネガティブな言葉を言い続けるとマイナス思考になるものです。

反対にポジティブな言葉を使うだけで、気持ちも前向きになります。プラス思考になれば明るい気持ちで毎日を過ごせて、幸福感も感じるようになるでしょう。

まずは言葉から変えていき、繊細な性格を改善していってくださいね。


対処法5. 無理に人に好かれようとしない

繊細な人は周囲からの印象が気になって悩んでしまうことも多いですよね。誰でも人から嫌われたくないと思っていますが、好かれようとする気持ちがあるからこそ悩んでしまうものです。

繊細すぎるところを改善するためには、無理に人に好かれようとしないことが大切。人の考えに左右されず、ありのままの自分を大切にすることで繊細すぎるところを改善していけるでしょう。


対処法6. 気づいたことがあっても、無視するのも大切と考える

気づいたこと全てに意識を向けると、疲れもストレスもどっと溜まります。するとだんだん余裕もなくなり、心の狭い人になってしまうのです。

気になることがあっても無視出来るようになれば、心もスッと楽になるもの。最初は無理してスルーしても、習慣になれば特に気にならないようになります。

「何が大切か?」を改めて見極めて、取捨選択してきましょう。


対処法7. 仕事など、完璧を目指そうとしない

何でも100点を目指そうとすると、100点を取れなかった時のダメージが大きくなります。

思い通りにならなければ、「自分はできない人間だ...」と自己嫌悪に陥ってしまうでしょう。

人間である以上、完璧にこなすのは不可能です。「80点くらいでもいいかな?」と妥協を許せるようになると、心が軽くなりますよ。


対処法8. 繊細についての本を呼んで新たな価値観を取り込む

繊細で疲れてしまっており、専門家のアドバイスが欲しいという方は本を読んで見るのも一つの解決策になります。

自分と同じことで悩んでいる人と同調ができつつ、悩みを自己解決できる本が揃っています。


おすすめの本1. 『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』武田友紀 (著)

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

「繊細とは決して悪いことではない」そんな勇気を与えてくれる一冊です。

繊細さを否定するのではなく肯定し、その上でどうしたら生きやすくなるのかが詳しく解説されています。

「自分の性格を受け入れてほしい」と思う人にはぴったりで、読み終わった後には心が軽くなっていますよ。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『「敏感すぎる自分」を好きになれる本』長沼 睦雄 (著)

「敏感すぎる自分」を好きになれる本

「どうしてこんなに生きづらいのか?」その原因が分からない人は、こちらの本を読んでみましょう。

自分が繊細になってしまう理由から具体的な行動療法まで書かれており、生きづらい現状を打破する一歩を踏み出せます。

繊細な性格の自分を、そっと包み込んでくれる優しい本ですよ。

Amazonで詳細を見る


どんな仕事が向いてるの?繊細な人に向いてる職業5選

仕事によっては繊細さを活かせる職業や職種がたくさんあります。せっかく繊細なところがあるならば、それを活かした仕事を探してみましょう。自分にとって適職に出会えるはずです。

ここでは繊細な人に向いている仕事を5つ紹介していきます。


向いてる仕事1. デザイナー

繊細な人に向いている仕事としては、デザイナーなどのクリエイティブな仕事がよく挙げられます。感受性にすぐれているため、普通の人ならば気がつかない感性を表現できるのは繊細な人だからこそでしょう。

自分が感じたインスピレーションをデザインとして表現できれば、デザイナーなどのクリエイティブな分野で才能を活かすことができますよ。


向いてる仕事2. カウンセラー

人が考えていることを敏感に察知できる能力に優れており、人を気遣ったり優しく接することができるので、カウンセラーなど人の相談に乗る仕事も向いているでしょう。

カウンセラーは、人が考えている悩みや問題を一緒に解決に導いていく仕事です。

繊細な人は、自分自身が傷つきやすいところがあるので、相手と同じ立場にあって物事を考えられるため、カウンセラーに向いていると言えるでしょう。


向いてる仕事3. エンジニア

専門的な知識やスキルを必要とするエンジニアは難しい分野ではありますが、特定の分野を深く極めていく仕事であるため、繊細な人に向いています。

物事を深く考えすぎてしまう部分は、エンジニアの仕事では強みとなって活かすことが出来るでしょう。また、相手の立場になって考えることも得意なので、相手が満足できる業務を行うことができます。


向いてる仕事4. WEBのライター

繊細な人は人の考えに共感したり考えていることを想像する力があります。

WEBライターはブログやホームページの記事を書く仕事ですが、案件の中には何かに悩んでいる人に対し、共感したり解決策をアドバイスしたりするものが多くあります。

また、正しい情報を書くことが求められるため、情報を精査したり文章を細かく見直したりする作業も、些細なことまで気にすることができる繊細な人に向いているでしょう。


向いてる仕事5. 運送ドライバー

運送ドライバーは時間通りに決められた場所に荷物を届ける仕事です。安全運転で時間に遅れることなく確実に仕事をしなければならないため、おおざっぱな性格の人には難しいでしょう。

接客業など客と関わる仕事は繊細な人には向いていないため、同じドライバーでもタクシーやバスなどよりも、荷物を運ぶ運送ドライバーが繊細な人には向いています。


繊細な人とは上手に付き合っていきましょう。

今回は繊細な人について徹底解説してきました。繊細な人は人に対して気遣いができたり、優しく接することが出来たりなどメリットがたくさんあります。

一方で、深く考えすぎてしまうため、悩みが多くなりがちなど、生き辛さを感じてしまうことも。繊細な人と上手く付き合えるように、今回の内容を参考にして繊細な人の特徴を深く理解してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事