付き合いたてのデート頻度とは?カップルで行くべき場所の“正解”を紹介

付き合いたてのデートって何をすればいいのか迷いますよね。そこで今回は、付き合った当初のデートにおける注意点やおすすめのデートスポットについて詳しく解説します。彼氏や彼女とのデートを成功させるためにも、ぜひ参考にしてみてください!

付き合いたてカップルはデート場所に悩みますよね。

付き合いたてのおすすめデート

彼氏や彼女ができたばかりの時は、デートプランに迷う人も多いでしょう。まだ付き合いたてで相手の趣味嗜好がわからず、不安になってしまうこともありますよね。

そこでここでは、付き合いたてのデートの注意点や、おすすめの誘い方とデートスポットについて解説します。

この記事を参考に、楽しいデートで二人の関係性を深めてくださいね。


前提として「付き合いたて」はいつ頃までを指すの?

彼氏や彼女ができても、元々どんな関係性だったかで変わるため、付き合った当初の頃の仲の良さは千差万別ですよね。

「付き合いたて」とは、会う頻度や会話の多さにもよりますが、カップルになってから1〜3ヶ月くらいの期間を指すのが一般的です。

まだスキンシップを取りきれていない状態のタイミングになります。


理想はどれくらい?付き合い当初のデート頻度とは

気持ちがはやるあまり、「ついついデートに誘い過ぎかな」と不安になることもあるでしょう。社会人か学生かの違いだけでも、デートに取れる時間や頻度は変わってくるもの。

そのため、一概には言えませんが「最低でも週に一回はデートしたい」と答える人が一般的に多いと言えるでしょう。また、「会えるだけ会いたい」と考える人も多い傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


付き合いたての恋人を、デートへ上手に誘う方法とは

付き合いたてとはいえ、カップルなので、LINEで休みを聞いて食事に誘ったり、行きたい場所やプランをどんどん提案することができます。

付き合いたてだと相手に遠慮してしまうこともありますが、積極的でシンプルな誘い方がベスト。

プランを提示することで、「自分のことをしっかり考えてくれているんだな」と伝わることで、相手も喜んでくれることが多いです。

【参考記事】はこちら▽


付き合いたてのデートで気をつけるべき注意点を紹介!

付き合いたての頃はデートの誘い方はもちろん、デート中の言動が良くも悪くも印象に残りやすいもの。付き合いたてであれば特に気をつけておきたい注意点について、3つ代表的なものをご紹介します。


注意点1. 会話のネタをストックしておく

沈黙が続いてしまうと、気まずい雰囲気が流れやすくなるためです。

付き合いたての頃は、相手のことをよく知らないため、黙り込んでしまうと「楽しくないのかな?」と相手に思わせてしまいます

話す内容の全てを決めておくのは無理がありますが、会話が途切れた時に話すことをいくつか用意しておくといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


注意点2. 最初からスキンシップをガツガツしすぎない

いきなりスキンシップを積極的にしてくる人は、男女問わず引かれてしまいやすいです。

手を繋いだり、体を寄せ合ったりというスキンシップは、お互いの親密度や空気感をしっかり把握した上で慎重に行いましょう

特に男性がスキンシップをし過ぎてしまうと、女性に「体目的なのかな?」と思われてしまう可能性もあります。


注意点3. 身だしなみはきちんと整える

服装や髪型、メイクなどが適当だと、手抜きだと相手に思われてしまうからです。

普段以上に決めすぎるのも、空回りしている感じがでてしまうこともありますので、「いつもより少しおしゃれする」くらいの感覚がベスト。

特に社会人であれば、場所やお店など、TPOをわきまえた服装をしておくことがマナーですので、忘れずに心がけましょう。


付き合いたてのカップルに最適なおすすめデートスポット7選

付き合いたての頃は、相手の好きなものや場所などがわからないことも多く、ついプランを決めきれなくなりますよね。多くの付き合いたてカップルにおすすめできる、最適なデートスポットを7つご紹介します。


デートスポット1. 「映画館」

映画館は、多くの繁華街にあり、遠出を必要とせずフラッと立ち寄れるライトなデートスポットの代表格の一つ。

暗い場所で隣り合わせで座ることになるので、必然的に相手との距離も近くなって親密度も高まりやすいでしょう。

映画が終わった後は、会話が苦手で途切れがちな人でも、映画の感想などを自然に聞けるためおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


デートスポット2. 「遊園地」

アトラクションでお互いのテンションが上がりやすくなるため、遊園地も付き合いたてカップルにおすすめの場所。

ジェットコースターやお化け屋敷など、怖がるような場面も多いので、手を繋いだり腕を組んだりするきっかけにもできます。

遊園地に行くというプランだけで、細かく決めなくてもいいのもおすすめできるポイントです。

【参考記事】はこちら▽


デートスポット3. 「ショッピングモール」

カフェやレストランなどが併設されている大型のショッピングモールも、丸1日デートすることができるおすすめのスポットです。

たくさんのお店を見て回ることで、彼氏や彼女の趣味や、どんなものが好きなのかを知るための絶好の機会になります。

お揃いのアクセサリーなどのアイテムを買うと、思い出に残りやすいので検討してみてください。


デートスポット4. 「水族館」

水族館は暗い場所が多く、水と光の反射によって幻想的な雰囲気になりやすい場所です。

付き合いたて当初のぎこちなさを解消して、恋人としての二人の関係性を作り出すために適したスポットになるでしょう。

少し遠出して海の近くにある場所を選ぶことで、水族館から出た後もムードのあるデートを演出することができます。


デートスポット5. 「スポーツ観戦」

現地でスポーツを見ていると、盛り上がるシーンで周りの観客とハイタッチをしたりしますよね。

その要領で、付き合いたてのカップルに流れている、遠慮する空気をテンションで吹き飛ばしやすくなります

社会人であれば普段なかなか見れない、無邪気で素の姿も見せあうことで、二人の関係性がより親密になるでしょう。


デートスポット6. 「カラオケ」

相手の好きな音楽を知ることで、その人の根っこにある感性や考え方が少し分かることもあるはず。

一緒にカラオケに行けば、二人きりの空間で楽しみながら、そんなお互いの好きな音楽を披露しあえます。

まだ家に行くほどではないけれど、二人だけで気兼ねなく気分を盛り上げながら過ごしたい距離感のカップルに最適です。

【参考記事】はこちら▽


デートスポット7. 「お家デート」

普段仕事や勉強に忙しく、遠出する気にならない時は、家デートも立派なプランの一つです。

一緒に料理をしたり、好きな名作映画を見たりと、家でできることも実は意外と多いもの。

他人の目を気にせずじっくりと向き合う時間も長くなるので、相手のことをよく知らない付き合いたてのカップルに適していると言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


付き合いたてのデートを成功させましょう!

付き合いたてカップルのデートする上での注意点や、おすすめのプランをご紹介しました。

自分でデートプランを立てると、いちいち不安に感じてしまうこともありますよね。しかし、恋人になった以上は遠慮し過ぎず、思いっきり楽しむことが重要です。

こちらを参考に最高のプランを立てて、より相手と親密になってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事