観覧車でキスしたい女性へ。キスの誘い方&人気のシチュエーションを解説

彼氏とデートで遊園地に行った時、観覧車でのキスに憧れる女性は多いですよね。そこで今回は、観覧車でキスをしたい女性に向けて、自然とキスをする方法を徹底レクチャー!また、観覧車キスの人気なシチュエーションやタイミングも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

『観覧車キス』って女性の憧れですよね。

観覧車でのキスの誘い方&人気のシチュエーション

観覧車でのキスは、デートの最後の締めくくりとして最適であり、夜景を見ながらなどのシチュエーションに憧れる女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、男性の観覧車への誘い方から、気をつけておきたい注意点まで、夢のシチュエーションを実現するためのポイントをまとめてみました。

次の遊園地デートに、ぜひ活かしてみてくださいね。


まずは彼に対して「観覧車に乗りたい」と自然に伝える方法をチェック!

観覧車に乗りたいと伝える方法

好きな人と観覧車に乗って、綺麗な景色を見ながらキスというシチュエーションに憧れるなら、まずは二人で観覧車に乗れないことには始まりませんよね。

ここでは、観覧車に乗りたいということを彼に自然に伝えられる方法をお伝えしていきます。


伝え方1. ストレートに「観覧車乗ってみたい!」と打ち明ける

言いたいこと、お願いしたいことがあるなら素直に言うのが一番です。観覧車自体に興味があって乗りたいと思っている男性は多くありません。

あまり乗りたくないと思っているのに「乗らない?」という言い方では、「乗りたくない」という答えが返ってきてしまうかも。

彼があまり乗り気でない雰囲気なら、ストレートにお願いしてみましょう。


伝え方2. 「観覧車からの景色綺麗そうじゃない?」と景観を口実に誘ってみる

男性の興味を引けるような言い方をしてみるのも効果的です。

観覧車からの景色を見たいことをアピールしつつ、その景色を一緒に見るシチュエーションを彼氏にも想像してもらいましょう。

「観覧車からの景色綺麗そうじゃない?」と誘ってみれば、その後のことを彼氏も想像してくれて一緒に乗ってくれる気になってくれますよ。


伝え方3. 「観覧車とか最近乗ってないな〜」とさり気なくアピールして相手から誘われるのを待つ

観覧車乗ってないなと誘ってもらう

できるだけ自然に、相手から誘ってもらうという体を装うのも良いでしょう。男性の中には、女性に主導権を握られるのが好きではないという人もいます。

「最近、観覧車乗ってないな」といえば、自然な会話の流れで「じゃあ乗る?」と聞いてもらえるでしょう。

主導権を相手に委ねつつ、さりげなく希望を叶えてもらえる誘い方ですよ。


多くの女性が憧れる!観覧車キスの人気シチュエーションやタイミングとは

観覧車のキスのシチュエーション

ここでは多くの女性が憧れる観覧車キスのパターンをご紹介します。「これだ!」というものもあれば、ジンクスにあやかりたいというものもあるかもしれません。

好きな人との夢のシチュエーションが見つかったら、あとはいかにそれを実現するかですね。


シチュエーション1. ゴンドラが頂上に到達する時にキスをする

観覧車に乗っていて一番ロマンティックな瞬間は、やはり頂上付近です。

他にも、観覧車の一番高いところは他の人からまず見られないところなので、少しだけ大胆になりやすいというのも大きな理由です。

また、「観覧車の頂上でキスしたカップルは別れない」などのジンクスを聞いたことがあるという方も多いでしょう。観覧車キスの鉄板はやはり頂上付近ですよ。


シチュエーション2. 綺麗な景観を眺めた後に見つめ合ってキスをする

高いところから景色を見渡せる観覧車はそれだけでもロマンティックですが、特におすすめなのが夜の観覧車です。

ライトアップされた園内が一望できる景色は、好きな人と二人だけの世界で、多いに雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。

気分が最高に盛り上がったタイミングでキス、というシチュエーションに憧れるという方は多いはずです。


シチュエーション3. 会話が不意に途切れ、少し沈黙が続いた後にキスをする

観覧車のキスは会話が途切れたとき

好きな人との楽しいデートの締めくくりとして二人で観覧車に乗って、その日の楽しかったことなどを二人で話し合って、最後の締めくくりが観覧車でのキスです。

お喋りが途絶えて、見つめ合う沈黙の時間ができればお互いにドキドキします。

二人の期待を大きく膨らませるために、あえて沈黙の時間を作るというのも人気のシチュエーションです。


シチュエーション4. 付き合う前なら、観覧車内で告白されて、OKした後に初キスをする

まだ付き合う前の好きな人とのデートは、相手の本心を探ってみたりお互いの距離感を計ってみたりとドキドキすることばかりですよね。

色々な乗り物に乗ったりパレードを見たり、食事をしたりして、楽しい時間を過ごして。最後に観覧車に乗って、告白してもらってその流れのままキスするのも最高の流れ。

付き合う前の好きな人からのそんな告白に憧れる女性も多いはず。


シチュエーション5. 景色に見とれている時に不意打ちでキスをされる

彼氏が景色を指差しながら「あれ見て」などと言えば、あなたは彼氏の指差している先を視線で追いかけようとしますから、自然と顔と顔が至近距離になります。

「綺麗な景色を見ているところに不意打ちでさりげなくキス」という流れは、素敵な思い出になりますし、そんな気の利いたことができる素敵な彼氏が欲しいという人も多いでしょう。


観覧車で彼にするキスの誘い方とは?

観覧車の彼へのキスの誘い方

「二人きり」「ロマンティック」と、二人の雰囲気を高めていくには、観覧車は絶好のポイントです。

しかし、ちゃんと彼に伝わるようにOKサインを出しておかないと、彼氏にサインが伝わらずチャンスを逃してしまうかもしれません。

ここに並べた誘い方のポイントを押さえて本番に臨んで下さい。


誘い方1. 対面ではなく隣に座るなど、体をなるべく密着させる

向かい合って座っていると、雰囲気が盛り上がってきて今がチャンス、というタイミングになったとしても、キスするためには場所を変えるという不自然な間が必要になってしまいます。

ひょっとすると、それが原因で男性がチャンスを見送ってしまうかもしれません。

ゴンドラに乗り込んだ時から隣に座ってチャンスを作りやすくしておきましょう。


誘い方2. 前もって「頂上でキスすると別れないらしいよ」と相手に耳打ちをしておく

観覧車キスは、女性だけがしたいと思って盛り上がっていてもできません。

男性にも観覧車キスを想像してもらって、気分を高めておいてもらって、それから観覧車に乗り込みましょう。

「頂上でキスすると別れないらしいよ」というジンクスを前もって言っておけば、彼氏の期待も盛り上げられて、頂上でのキスは約束されたようなものです。


誘い方3. 目が合ったら目をつぶって相手からキスされるのを待つ

観覧車のキスは目をつぶって待つ

彼氏にとっても、観覧車でのキスは楽しいデートの最後を締めくくるための絶好のイベントです。

しかし、彼女に嫌がられてしまったらと不安になったり、タイミングがうまく測れなかったりということもあります。

ふと会話が途切れて、目が合った瞬間に目を閉じてあげたら、彼女からの「OK」のサインと彼も読み取ってくれるでしょう。


誘い方4. 軽く手を握ったり、ボディタッチをしてみる

ゴンドラが頂上に行った時に最高のタイミングを迎えるためには、ゴンドラに乗った直後から少しずつ二人の気分を高めていかなければなりません。

隣同士に座って、あなたの方から軽く手を繋いでみたりボディタッチをしてみたりして接触を増やしていって、ゴンドラと一緒に二人の間の気分も高めていくと一番気分が高まった頂上でキスできるようになります。


誘い方5. 思い切って「キスして欲しい」と彼へお願いしてみる

彼氏が奥手なタイプだったりすると特に、うまくタイミングが測れなかったり、怖気づいてしまったりして、公共の場所でもある観覧車キスに失敗してしまうこともあります。

好きな人の方から距離を縮めてくれないのなら、あなたから距離を縮めてみましょう

思い切ってタイミングを見計らって「キスしてほしい」とお願いしてみるのも一つの方法です。


観覧車でキスをする際に気をつけたい5つの注意点

観覧車のキスの注意点

ついついロマンチックな雰囲気に流されて夢中になってしまいそうな観覧車キスですが、気をつけておかないと、失敗につながったり、恥ずかしい思いをしてしまうことも。

ここでは観覧車キスを実践する時の注意点を5つのポイントをお伝えします。


注意点1. 彼氏は高所恐怖症ではないか確認しておく

高層ビルの展望台から景色を眺めるなどが平気な男性でも、風でゴンドラが揺れて初めて、自分に高所恐怖症のトラウマがあったことを思い出すということもあります。

実は高所恐怖症だけど、彼女の前で格好悪いところを見せられないと見栄を張ってしまう男性もいるでしょう。彼氏が緊張で固まってしまっていたら、観覧車キスどころではありません

観覧車に乗る前に「ちょっと揺れるかもだけど、高いところ平気?」と確認してみましょう。


注意点2. 密室で至近距離で話すことが多いため、事前に口臭ケアはきちんとしておく

観覧車に乗り込んだ後は、もう口臭ケアなどができるタイミングはありません。

ゴンドラに入って隣同士に座ってしまったら、そこからはもう顔と顔を寄せ合うぐらいの至近距離でおしゃべりをして、そのままの流れでキスをすることになります。

せっかく盛り上がった雰囲気に水を差さないように、観覧車に乗る前にしっかりと準備をしておきましょう。


注意点3. 頂上以外でキスすると、見られる可能性があるので注意すること

観覧車のキスは見られる可能性があるので注意する

観覧車のゴンドラは、上や横が透明になっていることが多いので、周りをよく見てから観覧車キスをしないと周りに見られる心配があります。人目があるところでのキスは、誰しも恥ずかしいでしょう。

ゴンドラ頂上付近に来ている時は、自分たちよりも高い所にいる人たちがほとんどいませんので、キスをしていても見られる心配がなくなっておすすめです。


注意点4. 意外と乗車時間が長いこともあるので、前もってトイレには行っておく

せっかく景色のいい観覧車に乗って良い雰囲気になれたと思っても、気になってしまうことがあったらキスどころではないですよね。

観覧車の一周にかかる時間は、施設によっても違いますが、およそ15分ほど。

乗る前の並んでいる時間なども含めると、意外と時間がかかってしまうこともあるので、前もってトイレに行っておきましょう。


注意点5. あまり話しすぎると、いいムードにならないまま1週まわってしまうので注意する

お喋りで雰囲気を盛り上げて、見つめ合ってキス。

そういう流れにするためには会話に切れ目が必要です。ちょうどいいタイミングで沈黙を作って、キスという次の行動に移るタイミングが必要なのです。

あまり会話が盛り上がりすぎてしまうと、一番いい頂上のタイミングを逃してしまって、そのまま一周回ってしまうということもありますので、お喋りに夢中になりすぎるのにも注意です。


事前準備をして、観覧車キスを成功させてくださいね!

観覧車のキスを成功させよう

多くの女性が憧れる観覧車キスについてまとめてみました。

夢のシチュエーションではありますが、事前の位置取りが悪かったり、意外とタイミングが難しかったりと失敗したことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ご紹介した、ありがちな失敗と気をつけておきたいポイントを参考にして、観覧車キスをぜひ成功させてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事