中性的な女性の特徴&魅力|男にモテる“かっこいい女”になる方法とは

中性的な女性ってかっこいい一面が多くて憧れますよね。そこで今回は、中性的と言われる女性の特徴から、中性的な女性に対する男性の本音や中性的な女性の魅力、実際に中性的な女性になる方法まで詳しくご紹介します。さらに、中性的と言われる人気の女性芸能人も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

男性から人気の“中性的な女性”になる方法を解説!

中性的な女性

中性的で美しく、どこかかっこいい女性って魅力的ですよね。凛とした印象に憧れて、中性的な女性になりたい人も多いでしょう。

ここでは、中性的な女性の特徴から、そんな風になるための具体的な方法まで解説します。男性からどうしてモテるのかも紹介するので、ぜひ参考にして、中性的な魅力溢れる、かっこいい女性を目指してくださいね。


そもそも「中性的」の意味とは?

中性的には、「男性にも女性にも見える顔立ち」という意味があります。女性であればボーイッシュでかっこいいと言われる人が多く、男性であれば女性らしくかわいらしい印象があると言えるでしょう。

中性的な女性は、周りから憧れられる存在のため、男性からも女性からもモテる女性と言えるでしょう。


「中性的」と言われる女性に共通する特徴とは?

最近は中性的な芸能人も増えてきて、よく聞く言葉になってきましたが、まだまだどんな女性を指すのかイメージしにくいですよね。

まずは、中性的と言われる女性に共通してよく見られる代表的な特徴を「外見」と「内面」に分けてそれぞれ詳しくご紹介します。


中性的な女性の「外見」の特徴

中性的な女性と聞くと、ボーイッシュでかっこいいイメージがありますが、具体的にはどのような女性なのでしょうか?

中性的と言われる女性の外見や見た目について、5つの特徴を見ていきましょう。


中性的な女性の外見1. 身長が高く、スタイルが良い

中性的な女性は、見た目からかっこ良い雰囲気が漂っていることが多いです。

身長が一般的な女性よりも高く、スラッとしていてスタイルが良いため、どんな服装でもかっこよく着こなすことができます。

背がありますが、決して体格がゴツゴツしていて男性的であるという意味ではなく、スマートな印象が強い女性が多いです。

【参考記事】はこちら▽


中性的な女性の外見2. 顔立ちが整っていて美人

彫りが深く、濃い見た目をしている女性が中性的だと言われやすい傾向にあります。

具体的には、目がぱっちりとした二重まぶたで、鼻筋が通っていて程よく主張しているのが、中性的な顔立ちの特徴の一つです。

輪郭は、丸顔で可愛らしい雰囲気というよりかは、程よく角張っていて、いい意味で男性的なことが多いです。

【参考記事】はこちら▽


中性的な女性の外見3. ショートヘアやツーブロックなど、ワイルドな髪型を好む

中性的な女性は、いかにも女性っぽい可愛らしいカールがかかった髪型はあまり好みません。

ベリーショートやツーブロックといったワイルドな髪型を選ぶことが多く、髪の毛が長い場合はきっちり留めていることが多いです。

髪の毛は女性の象徴ともいえる存在のものですが、かわいいよりもかっこいいものをチョイスするのが特徴。


中性的な女性の外見4. ナチュラルメイクで化粧が薄い

化粧が濃いと、どうしても女性らしい雰囲気が出てしまいますよね。そのため、中性的な女性は、ナチュラルメイクで化粧が薄めであることが多いです。

仕事や遊びに関わらず、ファンデーションを軽く塗る程度で、すっぴん美人な人が多いでしょう。

可愛らしさの印象が強くなるような、濃いチークや派手めのカラーコンタクトなどは避ける傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


中性的な女性の外見5. パンツスタイルなど、落ち着いたファッションや服装を好む

中性的な女性は、ファッションも落ち着いていて、きっちりとした印象が強いものを選ぶ傾向があるのも特徴。

スカートなどフェミニンで女性っぽくなるような服装は避け、ボーイッシュな服装を好んで着ていることが多いです。

配色も大人っぽい黒や紺色などの寒色系でまとめており、ピンクやオレンジなどポップな色ものはあまり着用しないでしょう。


中性的な女性の「内面」の特徴

中性的な女性は、外見がクールで大人っぽく、いつも凛とした雰囲気が漂っています。それと同時に、性格や考え方など、内面も中性的な特徴があることが多いです。次に、中性的な女性の代表的な内面の特徴を5つ紹介します。


中性的な女性の内面1. サバサバした性格で精神的に自立している

中性的な女性は気持ちの切り替えが早く、細かいことに囚われずあまり考え込まないという特徴を持っています。

悲しいことや嫌なことがあっても、サバサバとした性格ですぐ忘れ、大きく動揺することがありません。

精神的な自立ができているため、他の人や予期しない出来事に惑わされずに、目標に向かって突き進む強さがあります。

【参考記事】はこちら▽


中性的な女性の内面2. 自己肯定感が高く、自分に自信がある

周囲の多数派や、流行に合わせることなく、独自のファッションや髪型をするのが、中性的な女性の大きな特徴。

それは、自分に対して強い自信を持っており、自己肯定感が高いからこそできる行動なのでしょう。

意見や考え方を他人に合わせて曲げることはなく、自分のやりたいようにやっていくという強い信念を持っています。


中性的な女性の内面3. 常に冷静で感情的にならない

一般的に、女性は男性と比較して感受性が豊かであるため、ついつい感情的になることが多いものです。

しかし、中性的な女性は何が起きても理性を保って冷静に判断することを忘れることがありません。

大声を出して誰かに当たったり、涙を流したりすることがないので、表情もクールな状態を保っていることが多いです。

【参考記事】はこちら▽


中性的な女性の内面4. 決断力や行動力が長けている

自分に自信を持っており、常に新しい挑戦や行動を自分で能動的に起こせるというのも、中性的な女性の特徴の一つ。

あまり考え込まないさっぱりした性格のため、決断力も高く、アクティブに行動していけるのは魅力的な部分です。

仕事に対しても、この点が大いに活きるため、出世しやすい傾向にあるといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


中性的な女性の内面5. ポジティブな性格で、細かいことはあまり気にかけない

女々しいという言葉がある通り、女性は嫌なことが起きるとなかなか切り替えられずに、引きずることが多い傾向にあります。

反対に中性的な女性はいつもポジティブで前向きな考え方をしていて、さっぱりとした性格をしているのが特徴

細かいことや、既に起きてしまった結果などに対して、必要以上に考え込むことは少ないでしょう。


好印象?中性的な女性に対する男性の本音とは

中性的な女性は、女性から見てかっこいいと思えるポイントがたくさんあるものです。しかし実際は、男性からの評判や印象がどうなのかを気になる人も多いでしょう。

ここからは、中性的な女性に対する男性の本音を3つご紹介します。


男性の本音1. サバサバしていて気が強そう

女性でありがながらも、冷静な状況判断ができて、しっかり精神的に自立している点は、男性からも尊敬の対象となります。

一方で、そんなサバサバしている感じがすることで、「気が強そうなだ」と捉える男性もいるでしょう。

女性に対して、柔らかな雰囲気を求めている男性にとっては少しとっつきにくい印象を持つこともあります。

【参考記事】はこちら▽


男性の本音2. 男性に甘えたり、媚びたりしなそう

中性的な女性がボーイッシュな見た目していることで、自分を確立している存在であるという認識は、男性にもあるでしょう。

そんな外見と、いつもクールな表情から、男性に積極的に甘えたり、媚びたりすることは少ないという印象を持っています。

友人としては尊敬できるけれど、恋人としてのイメージがつきにくい人も多いでしょう。


男性の本音3. フランクな性格の女性が多いため、話しやすそう

良くも悪くもサバサバとさっぱりした中性的な女性の性格は、男性から好意的に見られることも多いです。

可愛らしく、か弱い雰囲気を持つ、いかにも女性らしい雰囲気の人が苦手で話しかけにくい人でも、中性的な女性であると付き合いが楽に感じることもあります。

気を使わないでいられることが「ありがたい」と感じる人も多いでしょう。


中性的な女性ならではの魅力や強みとは?

中性的な女性に憧れる人は多いですが、どういったところに魅力あるのか気になる人も多いでしょう。

ここでは、中性的な女性にしかない、独特の強みや長所について、代表的なものを3パターンご紹介します。


中性的な女性の魅力1. 髪型や服装など、ファッションセンスが高い

ボーイッシュな髪型や服装は、本来の顔立ちや体型を隠す部分が減るため、素の状態が出やすいものです。

中性的な女性は、魅力的なルックスであることから、そういったファッションに負けずに自分を出せるセンスがあります。

どんなものをチョイスしても奇抜な感じになりにくく、うまくまとめることができるのは長所といえるでしょう。


中性的な女性の魅力2. かっこいい大人の女性に思われやすい

中性的な女性は、その独特の魅力があるルックスや服装などによって、凛とした空気をただよわせています。

かっこいい大人の女性に思われやすく、老若男女問わず周りの人に信頼されやすいという傾向があるでしょう。

特に同性の友人からは、仕事に関するものはもちろん、恋愛や人間関係の相談も頻繁にされることがあります。

【参考記事】はこちら▽


中性的な女性の魅力3. 男性だけでなく、女性からも憧れの目で見られやすい

いつも冷静な判断ができて、精神的にも自立している中性的な女性の特徴は、女性からしてみればとても頼りになるもの。

そのため、男性だけでなく、女性からも憧れの目で見られることが多いのが魅力的な特徴の一つです。

女性でありながらも、男性と同じかもしくはそれ以上に活躍している姿は、多くの女性の励みになっています。


魅力的な“中性的な女性”になる方法をレクチャー

中性的な女性の数多くの魅力を知って、真似してみたいと思った女性も多いでしょう。

ここでは、中性的になるための具体的な方法を、「ファッション」、「メイク」、「髪型」、「性格」に分けてそれぞれ解説します。


中性的になる方法【ファッション編】

まずは中性的な女性になるための方法として、取り組みやすいファッション術を3つご紹介します。

いきなりガラッと全てを変えることなく、似合いそうなものから徐々に取り入れるようにしてくださいね。


ファッション術1. パンツスタイルを多用してみる

中性的な女性はそのスタイルの良さを活かして、パンツスタイルで過ごすことが多いです。

仕事着としても、プライベートでの服装としても、試すだけならば簡単なので、まずは気軽に一度取り入れてみましょう。

体型によるので、最も似合うものは一概には言えませんが、タイト目なものであればスマートに見えやすいため、おすすめです。


ファッション術2. フェミニンな色合いより、モノトーンカラーを取り入れる

ピンクやオレンジといった派手な色合いの服装を着用すると、可愛らしい女性らしさが出てしまいます。

そのため、中性的な女性な女性を目指すのであれば、黒や白などを基調としたコーディネートをすることがおすすめです。

地味になりすぎるようであれば、グレーや濃紺などのシックな色合いを取り入れるといいでしょう。


ファッション術3. 職場なら、スーツスタイルを採用してみる

服装の指定が制服がない職場で働いているなら、思い切ってしっかりとフォーマルなものに寄せてみるのも、中性的な女性に近付くために効果的です。

スーツスタイルを採用することで、ぐっと大人っぽく落ち着いた雰囲気を出しやすくなります。

ただし、アクセサリーやバッグなども、それに見合うものでないと不自然になりますので注意しましょう。


中性的になる方法【メイク編】

外見や見た目で最も他人に印象を与える部分である顔つきは、当然のことながら中性的な女性を目指す上で重要な要素です。

中性的な女性が取り入れているメイク術を5パターン紹介しますので、真似してみてくださいね。


メイク術1. ナチュラルメイクを心がけてみる

前提として、ばっちり決めすぎるメイクは派手な印象を与えてしまうので避けましょう。

出来るだけ薄化粧にとどめておき、ナチュラルメイクを心がけると、気取りすぎない自然で魅力的な見た目になります。

濃いめのチークや、必要以上に主張しすぎるマスカラや付けまつげは、ケバく見えるので、なるべく使用しないのがおすすめです。


メイク術2. 眉毛をつり気味の形に整えて、キリッとした印象に仕上げる

眉毛の形は、細かいところですが、髪型次第では他人からよく見られるパーツの一つです。

メイクで目尻の方向に向けてやや上がっていくような形にすると、キリッとした大人っぽい印象になるためおすすめです。

ただし、あまり大げさにやりすぎるとキツい印象になってしまいますので、バランスを見ながら変えていきましょう。


メイク術3. ノーズシャドーで鼻筋が通っているように見せる

中性的な女性のかっこよく落ち着いた雰囲気を作っている要素の一つとして、くっきりと整った鼻筋があります。

メイクである程度のところまで近づけることができるので、ノーズシャドーも積極的に使っていきましょう。

ハイライトを併用することで、より高く見せることができますが、こちらもやりすぎにはくれぐれも注意してください。


メイク術4. リップは色味の落ち着いたものをチョイスする

薄化粧を心がけるべきですが、唇の色が悪いと不健康な印象を与えてしまうことがあります。

そのため、色つきのリップは使った方が良いですが、濃い赤はきつい印象が強くなるため、控えておきましょう。

薄いベージュピンク系の色か、できるだけ淡めのオレンジ系統のものが、落ち着いて自然に見えるのでおすすめです。


メイク術5. アイメイクはできるだけ薄めにうる

アイラインやアイホールのメイクは、まぶたの形状によって最適なものを選んでください。

ただし、こちらもどんなまぶたであれ、なるべく薄めにするように心がけることが大人っぽい中性的な女性に近づくためのコツになります。

パープルやブルー系統のカラーは映えやすい色ですが、悪目立ちする可能性もあるので、肌の色に近いものをチョイスするといいでしょう。


中性的になる方法【髪型編】

ボーイッシュで独特な髪型は、中性的な女性の象徴ともいえるべき存在です。

自分に似合いそうな形のものを厳選して、真似してみることで大きく印象を変えることができるでしょう。特におすすめの髪型を3パターンご紹介します。


髪型1. 印象がグッと変わる「ベリーショート」

かっこよく見せるには、メイクや顔立ちなどが重要になってきますが、ベリーショートは中性的な女性が選ぶ髪型の中で代表的なものになります。

かなりボーイッシュなイメージが強いですが、トップやサイドの形を変えることで、ある程度のアレンジも可能。

似合うものを選ぶことができれば、魅力をアップさせることができるでしょう。


髪型2. 多彩な長さで応用できる「ウルフカット」

短めのヘアースタイルの中でも、比較的どんな人でも似合いやすいのが特徴です。

長さや形など、かなり融通が効きやすいため、現在ロングヘアーであれば、まずはこちらから試してみるのもいいでしょう。

襟足を長く保つことで、首が長く見えて大人っぽい印象になりやすいため、候補の一つとして検討してみてください。


中性的になる方法【性格編】

外見を変えることだけでは、中性的な女性に近付いたとはいえません。本当の意味で中性的な女性の魅力を獲得するには、心がけや考え方を改善することも重要です。そのうち代表的なものを2種類ご紹介します。


性格1. 自分に自信をつける

中性的な女性は、自信に溢れているため、多くのことを自分一人で決断し、行動につなげることができます。

そのため、まずは自信を持つことから始めることで、効果的に中性的な女性の真似をしていけるようになります。

小さな事でもいいので、成功体験を繰り返していけば、少しずつ自信がついていくのを実家できるでしょう。


性格2. 物事に執着せず、サッパリとした考え方を持つ

小さな失敗や過ぎた結果にこだわり過ぎず、前向きな考えを保つことができるのが、中性的な女性の魅力の一つです。

さっぱりとした考え方を持つために、まずはあらゆることに執着することをやめる練習をしましょう。

案外考え過ぎても結果が変わらないことに気がつけば、自然といい意味でサバサバした発想になりやすいです。


中性的と言われる人気の女性芸能人

中性的な女性になりたいのであれば、活躍している女性芸能人の真似をすることは、イメージがわきやすいため効果的です。

最後に、中性的と言われる人気の芸能人を5名ご紹介しますので、髪型やメイクの参考にしてください。


女性芸能人1. ローラさん

ハーフタレントでモデルとしても活躍しているローラさんは、ハーフということもあり、目鼻立ちがくっきりしていて、中性的なかっこよさがありますよね。

性格もさっぱりしているので、まさに中性的な女性といえます。


女性芸能人2. 黒木メイサさん

黒木メイサさんは、同じくハーフタレントでモデルです。

鼻筋と切れ長の目がかっこいい印象を与えており、服装もシックで、パンツスタイルもとても似合いますよね。

身長も高くスマートなため、きりっとした雰囲気が魅力です。


女性芸能人3. 松下奈緒さん

音楽大学出身で、知的な雰囲気を持っているのが、女優の松下奈緒さんです。鼻筋が綺麗に通っていて、中性的な顔立ちが特徴。

174cmと高身長で、大人っぽく、さっぱりとしたイメージが強いです。


女性芸能人4. 広瀬アリスさん

広瀬アリスさんは、CMやドラマで活躍中のモデル兼女優として活躍しています。

目鼻立がくっきりした美人であることはもちろん、バスケットボール部に所属していたこともあり、スポーティーでボーイッシュな中性的な魅力があります。


女性芸能人5. 長谷川潤さん

現在は海外を拠点に活躍しているのが、モデルの長谷川潤さんです。

すらっとした体型とハーフらしいはっきりした顔立ちであることに加え、ショートヘアーがよく似合っており、中性的でボーイッシュな魅力を持っています。


かっこいい中性的な女性になりましょう。

中性的な女性の特徴や、中性的になるための方法についてご紹介しました。さっぱりとした考え方をもつ大人っぽい女性は、魅力的に見えますよね。

性格や発想などは、心がけ一つで真似していける部分なので、少しずつ取り入れていきましょう。こちらを参考に、より中性的で大人っぽい魅力のある女性になってみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事