既婚女性がモテる理由とは?男性が好きになる女性の特徴&恋のリスクを解説

既婚者なのにモテる女性っていますよね。そこで今回は、男性にモテる既婚女性の特徴から、人妻を好きになる男性の特徴や既婚女性が恋愛するリスクまで詳しくご紹介します。既婚女性の特徴やモテる理由について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

既婚女性がモテるって本当?好かれる理由を解説します

既婚女性がモテる理由

結婚して夫もいるのにモテる既婚女性は多いです。そんな人妻独特の色気にやられてしまう独身男性は少なくありません。しかし、既婚者とのプラトニックな関係を超えた恋愛は、相応のリスクを伴います。

そこで今回は、既婚女性がモテる理由や男性から好かれる特徴、既婚女性が夫以外の男性と恋愛するリスクや夫への愛情を深める方法などについてお送りしていきます。

なぜ、結婚しているにもかかわらず既婚女性はモテるのでしょうか。


人妻に惹かれる男性は多い?既婚女性がモテる理由とは

相手が結婚していることが頭ではわかっていても、既婚女性を好きになってしまう男性はいるものです。

ここでは、夫がいて家庭を持っているにもかかわらず、なぜ既婚女性がモテるのかを解説していきます。詳しく見ていきましょう。


モテる理由1. 大人の落ち着きや余裕を感じるため

既婚女性は人妻なので恋愛にガツガツしていません。家庭を持っていることで精神的に落ち着いているので、余裕を感じられます。

恋愛に疲れた独身男性ほど、余裕ある態度に居心地の良さを感じることで、人妻であっても好きだと思われます。

独身女性のように恋愛に必死になっていないことが、一緒にいる時の居心地の良さにつながっています。


モテる理由2. 気配り上手で男性を褒めたり、立てたりするのがうまいから

既婚女性は結婚して夫と一緒に暮らしているので、日常的に男性と接する機会があります。男性に対して気負わなくても、自然に人妻ならではの優しい気遣いができるので、一緒にいると男性は居心地が良くなり、モテる原因に。

日常での夫に対する気配りや夫を立てる振る舞いを、他の男性に対しても見せた時、人妻であってもモテます。

【参考記事】はこちら▽


モテる理由3. 包容力があって素直に甘えられるから

男性は他人には人目を気にして弱いところを見せられないことが多く、自分の弱みを見せられる女性を好きになります。既婚女性は家庭では夫や子供を愛情で包み込んでいるので、母性本能が高かったり包容力のあったりする人が多いです。

人妻ならではの包容力で、他人に見せないような弱い部分も受け止めてもらえ、この人になら甘えられると安心感を感じることがモテることに繋がります。

【参考記事】はこちら▽


モテる理由4. “人妻”という響きだけで魅力を感じてしまうため

独身男性の中には、恋愛に安定より刺激を求めるタイプもいます。既婚女性との恋愛には、いけないことをしているという「背徳感」や、人妻に手を出していけないことをしているという「スリル」がかえって燃える要因に。

既婚女性自身に魅力を感じていると言うよりは、人妻だから手を出している場合も多いです。

刺激を求めるがゆえに、スリルたっぷりの恋愛を楽しみたいので、人妻とわかっていて手を出します。


モテる理由5. 料理上手など、家庭的な一面を持ち合わせているため

家庭的な女性が男性からモテるのは事実。既婚女性は料理など家事に携わっているので、家庭的であることは間違いありません。

例えば、毎日手作りのお弁当を持参する人妻を見ると、独身男性は相手が結婚していることをわかっていても「自分にも作って欲しいなぁ」という気持ちに

人妻だからこそ持っている家庭的な魅力も、モテる要因になります。

【参考記事】はこちら▽


モテる理由6. コミュニケーション能力が高い女性が多いため

独身の場合は自分のためだけに人付き合いすれば良かったのが、結婚すると親戚付き合いやご近所付き合いなど、人と交流する機会が増えます。既婚女性には自分と気が合う人でなくても交流する機会が多いため、コミュニケーション能力が高い女性が多いです。

相手に合わせて話題を選び、聞き役にも回れるため男性は話しやすいと感じ、モテることになります。


モテる理由7. 無防備な部分が多いため

既婚女性は結婚しているので恋愛を考えておらず、周りの男性を異性と意識せずに接します。時にはとても無防備になり、独身男性の方には自分に気を許してくれているからだと勘違いする人も。無防備さが色気になり、結果的にモテることに。

相手の男性を恋愛対象として意識していないからこそ出てくる無防備さが、逆にモテる要因になっています。


独身時代よりモテるかも?男性から好かれやすい既婚女性の特徴

独身時代は全くモテず、結婚するのに苦労した女性であっても、人妻になった今の方が男性から好意を寄せられやすい人も多いです。

ここでは、なぜ人妻なのにモテるのか、男性から好かれやすい既婚女性の特徴を紹介してきます。


モテる既婚女性の特徴1. 結婚しても女子力が高く、所帯じみた雰囲気が全くない

女性は結婚することで精神的に安定し、余裕が生まれ色気が増します。結婚した後も全く所帯じみていない女子力が高い女性は、女子力の高さに色気が加わり魅力がアップして、結婚する前よりさらにモテる人も多いでしょう。

結婚して女性としての魅力がなくなるどころか、むしろ増すことが、既婚女性なのにモテる理由です。


モテる既婚女性の特徴2. サバサバしていて話しやすい

既婚女性は夫以外の男性をあまり男として意識していません。男性として見ていないので受け答えもサバサバしているため、話しやすいと独身男性から思われ、何でも話せる間柄になることも。

気付いたら他の人には話せないような気持ちも、人妻になら打ち明けられるという男性もいます。

サバサバしていることで話しやすく、居心地が良いことがモテる既婚女性の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


モテる既婚女性の特徴3. ノリがよく、男性と話す時の距離感が近い

既婚女性は夫以外の男性を男として意識していない分、その場のノリで話をすることもあります。

特に女性に慣れていない独身男性ほど、自分に好意を持っているからノリが良く距離感が近いのではないかと勘違いすることも。男性に対して取り繕ったりすることなく接していることが、逆にモテる原因になっています。

男性を男として見ていないことで気軽に話しているのが、人妻なのにモテる人の特徴です。


反対に、既婚女性を好きになる男性の特徴とは

独身男性・既婚男性にかかわらず、相手が結婚しているとわかっていても、既婚女性に好意を持ってしまう男性はいます。既婚女性を好きになってしまう男性はどのようなタイプなのかを紹介していきます。


既婚女性を好きな男性の特徴1. 甘えん坊な性格で面倒見の良い女性が好き

外ではいろいろなものと戦って頑張っている男性なら、好きな女性にだけは気を抜いた顔を見せて甘えたいと思うもの。既婚女性は毎日の生活の中で夫や子供をありのままに受け止めていることで包容力があり、人に対して優しいです。

周りには悟られまいとしていても、本当は甘えん坊な性格な独身男性ほど、面倒見の良い女性が好きなので、包容力のある既婚女性を好きになります。


既婚女性を好きな男性の特徴2. 独占欲が強く、人のものが羨ましく見えやすい

支配欲や独占欲が強い男性は、いいと思ったものは人のものであっても自分のものにしたくなります。女性に対しても同じで、相手が結婚していようがなかろうが、自分が好きと思った女性は何としても手に入れようと必死で行動します。

既婚女性が他の男性と結婚していて困難があるからこそ、奪い取って自分が独占したくなるのです。

【参考記事】はこちら▽


既婚女性を好きな男性の特徴3. 好奇心旺盛で恋愛に安定より刺激を求めやすい

独身男性の中には、好奇心旺盛で恋愛には刺激を求めているタイプもいます。既婚女性との恋愛は、相手が人妻であるというだけで困難が多いので、恋愛に刺激を求めるタイプにはぴったり。

いけないことをしていると言うスリルを楽しんでいるので、バレてしまった時のリスクはあまり考えていません。

相手の女性を好きというよりは、人妻と恋愛するスリルや刺激が好きと言えます。


結婚しているのに男性から言い寄られた際、多くの女性がとっている対処法とは

結婚してから独身男性から好意を寄せられた経験を持つ既婚女性も多いそう。夫がいるため、軽々しく恋愛関係になるわけにはいきません。

ここでは、男性から言い寄られた既婚女性はどのように対処しているのかを紹介していきます。


「結婚しているので」と素直に断る

結婚する時に、多くの夫婦は一生の愛を誓うものです。結婚後に男性から好意を寄せられても、恋愛することは考えられない既婚女性がほとんどでしょう。

相手に期待を持たせるとトラブルのもとになってしまうので、結婚していることを理由に素直に断ることが大切です。

結婚したら浮気はしない人なんだなとわかってもらうことで、自分も平和を保てますし、相手も新しい一歩を踏み出せるでしょう。


仲のいい男友達としてプラトニックな関係を築く

たとえ相手の男性から好意を向けられていたとしても、友人としての交流を持つのはアリです。

一歩踏み込んだ関係にならずに、プラトニックな関係を貫きます。既婚女性であっても男友達を持つことは、夫さえ嫌がらなければ問題ありません。

男性から言い寄られたとしても、男女の関係にはならずに、プラトニックな関係を築いていくのも良いでしょう。


きっかけは何?夫がいても他の男性と恋に落ちてしまう女性の主な原因

夫がいて家庭を持っている既婚女性であっても、夫以外の男性と恋愛に発展してしまうこともあります。

なぜ夫がいながら他の男性と恋に落ちてしまうのか、その原因を解説していきます。家庭を失わないためにも、詳しく見ていきましょう。


原因1. 純粋に夫婦仲がよくないため

家庭の居心地が悪いと、ほっとするはずの家がストレスのたまる場所になってしまいます。

夫との仲が悪い既婚女性の場合、毎日夫と顔を合わせることすら苦痛になって、他の男性に心の拠り所を求めて恋愛関係になることも。

家庭に問題があり、安らげる場所が欲しいという思いから、夫以外に心を許せる男性があらわれると恋に落ちます。


原因2. バレなければ大丈夫だと思っているから

もともとモラルに対するハードルが低く、罪悪感が少ない女性もいるものです。夫以外の男性と恋愛関係になったとしても、バレなければ不倫していないのと同じことだと考えています。

あまり悪いことをしているとも思っていないので、家庭を失うかもしれないなどのリスクも深くは考えていません。

バレなければ何をしても問題ないと考えていることで、既婚であっても恋愛を楽しみことに抵抗がないのです。


原因3. 過去に夫に浮気された経験があるため

過去に夫から傷つけられ、傷が癒えきっていない女性は、夫に対して仕返しをしてやりたい気持ちになります。

「自分が受けた心の傷を夫にも与えたい、わかってもらいたい」という歪んだ感情もあり、自分も浮気に走ろうとします。


原因4. 夫とセックスレスで満たされていないから

他人から見ると幸せな家庭を築いているように見える既婚女性であっても、何らかの不満はあるものです。結婚後時間が経ち、夫とセックスレス状態が続いている場合、女性として扱ってもらえないと感じ、満たされない気持ちを抱えて、他の男性との恋愛に走ります。

家庭を維持することよりも、女性として満たされたい思いの方が勝ってしまうのです。


原因5. 承認欲求が強く、まだ女性として見られたいから

結婚前はちやほやされて持ち上げられていた女性でも、結婚後は妻として夫を立てながら、一歩引いた態度を求められます。

多くの女性は妻としての役割に馴染んでいくものですが、承認欲求が強すぎる女性の場合、結婚後も妻ではなく女として見られたい気持ちが強いでしょう。

女として見られたい欲求が強く、夫から女として見られず心が満たされていないがゆえに、既婚なのに他の男性と恋愛に走ろうとします。

【参考記事】はこちら▽


絶対にやめたほうがいい!既婚女性が夫以外の男性と恋愛するリスクとは

結婚とは夫と一生の愛を心でも法的にも誓うことなので、結婚後に他の男性と恋愛することには大きなリスクを伴います。既婚女性が夫以外の男性と恋愛する場合、どのようなリスクがあるのかを紹介していきます。


不倫のリスク1. 不倫がバレた時、社会的信頼を一気に失う

既婚女性の不倫がバレてしまうと、当人同士の問題で済むことはありえません。場合によっては勤務先まで巻き込んでしまうことも考えられます。例えば不倫相手が社内の人であった場合、夫が自分の勤務先に苦情を伝えることで、社内での立場は悪化。

会社に居づらくなり退職を余儀なくされる場合も。本人同士は恋愛を楽しんでいるだけのつもりが、発覚することで社会的信用を一気に失ってしまいます。


不倫のリスク2. 子供がいて不倫した場合、離婚されたら親権を失う可能性がある

既婚女性が離婚をすることになり子供を引き取りたくても、経済的に不利になってしまうことが多いです。

不倫した親であっても、子供の養育に問題ないと判断されれば子供を引き取ることは可能ですが、子供の養育をせずに不倫に走っていたと判断された場合、子供の親権を取ることが難しいでしょう。

子育てより不倫が大事なんだなと判断されてしまう状況があると、親権をもらえなくなる可能性があります。


不倫のリスク3. 万が一離婚しても、好きな人と再婚できるとは限らない

既婚女性が不倫が原因で離婚する場合、夫婦それぞれの両親や恋人である男性の両親も巻き込む場合も多いです。恋人が独身男性であった場合、「不倫するような女と結婚するなんて」と両親に反対されることは容易に想像できます。

好きな気持ちが強く不倫するほど好意を持っていた男性であっても、離婚してからの障害も多く、スムーズに付き合えるとは限りません。


不倫するくらいなら夫婦仲を改善すべき!夫への愛情を深める方法とは

既婚女性が不倫する場合、夫に対する満たされない思いを埋めてもらおうとしている場合が多いです。夫婦仲を改善して不倫を避けるために、夫への愛情を深めるにはどうすればいいのかを紹介していきます。


改善法1. 日頃から夫へ感謝の気持ちを伝える癖をつける

人に対してポジティブな言葉を発すると、相手との人間関係が円滑になります。身近な存在である夫に対しても同じく、日頃から感謝の気持ちや優しい言葉を折に触れて伝えることで、夫と良い関係を継続可能です。

毎日接しているため不満も生まれがちな夫だからこそ、つとめてポジティブな気持ちを伝えるといいでしょう。


改善法2. 仕事や育児で忙しくても、定期的に2人でデートする習慣を作る

結婚すると毎日生活に追われ、仕事や家事、子育てなどで1日が終わる既婚女性も多いです。やるべきことが多いのは仕方ないことですが、たまには生活を離れて子供を預け、2人きりのデートを楽しむのも良いでしょう。

定期的に男と女であることを楽しむようにしておくことで、大切な人であることを再確認でき、他の男性に目を向けることもなくなります。


改善法3. 手を握ったり、ハグしたり、普段からスキンシップをとるのを心がける

恋人の頃はスキンシップを積極的にしていても、夫婦になると年々減っていきがちです。信頼している人とのハグやボディタッチなどのスキンシップは、相手が大切な人だと感じあうための大切な手段の1つ。

言葉にせずともお互い大切な人だと伝え合うために、軽いハグなどのスキンシップを積極的にしていきましょう。


既婚女性はモテるけど、一線を超えないように気をつけて。

既婚女性がモテるのは独特の色気があるから。精神的な余裕があり包容力もあることで、既婚女性を好きになる男性もいるでしょう。しかし、プラトニックな関係なら問題ありませんが、既婚女性には夫がいるため、恋愛関係に発展するのは相応のリスクを伴います。

既婚女性とわかっていても恋に落ちてしまうことはあるかもしれませんが、不倫だけは避けるようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事