“卑しい”の意味とは?ケチで卑しい人と当たり障りなく関わる方法を紹介

「卑しい」という言葉の意味を知っていますか?卑しい人といった使われ方をしますが、具体的にどのような人を指すのか気になりますよね。本記事では、卑しいの意味から、卑しい人の心理や特徴まで徹底解説!卑しい人間になる原因や自分が卑しくならないための対策、卑しい人への対処法も紹介します。

「卑しい(いやしい)」とは?意味を詳しく解説!

卑しい人の心理・特徴・原因・対処法

「卑しい(いやしい)」とは品がない、下品、お金や食べ物にがつがつしているといった意味で使われることの多い言葉です。

空気を読んだり遠慮したり、“控えめ”を美徳とする日本人文化の中で「卑しさ」は嫌われる原因になってしまいます。


よく間違えられる「卑しい」と「浅ましい」の違いとは?

「浅ましい」は、下劣、見苦しい、嘆かわしい、 身分や姿がみすぼらしい、などの意味で使われます。「卑しい」との違いを疑問に思われる方も多いです。実際に似たような使われ方をしますが、含まれている意味が異なります。

卑しいとは言動に対して軽蔑する感情を表す一方で、浅ましいは軽蔑し嘆かわしく思う(情けなく思う)という悲しむ感情をその言葉に含んでいます。根底にある感情の差が「卑しい」と「浅ましい」の違いということ。


「卑しい」と関連性が高い単語(類語・対義語)

卑しいの意味を理解したところで、関連ワードを解説します。今回紹介するのは類語と対義語の2つです。


「卑しい」の類語

「卑しい」と同じ意味で使われる言葉には、見苦しい、はしたない、ケチ・せこいなどがあります。

「見苦しい」は、目をそむけたいほどという意味です。「はしたない」は下品であること、「ケチ・せこい」はお金やモノを出したがらない・自分だけ得をしたいという人を表現する時に使います。


「卑しい」の対義語

「卑しい」の対義語にあたるのは、尊い(とうとい)です。

「尊い」は、近寄りがたいほど高貴である、きわめて貴重、ありがたいなどの意味があります。その人の言動などに対して尊敬の念を抱くという意味が、「卑しい」の対義語となるポイントです。


卑しい人の特徴15選【心理・性格・行動】

「卑しい」の言葉の意味が理解できたところで、次は「卑しい人」を理解していきましょう。

卑しい人が卑しい言動をとる裏には、複雑な心理状態が隠れています。卑しい人の特徴として、心理・性格・行動の3つに分けて16項目ご紹介します。ひとつずつ見ていきましょう。


卑しい人の「心理」の特徴とは

周囲に卑しい人がいると不快に思いますよね。その卑しい態度には明確な心理状態、つまり卑しくなる理由があります。

卑しいと思われてしまう人の言動には、どのような心理が隠れているのでしょう?卑しい人の4つの心理状態を解説します。


卑しい人の心理1. 他人を信用できない

過去に人に裏切られた経験がある人に多く見られる心理です。

卑しい人のほとんどは、生まれつきその卑しさを持ち合わせているのではなく、過去の経験やトラウマから「他人をあまり信用したくない」という心理が働き、卑しい言動に至る傾向があります。

裏切られたときの不信感が時間とともに薄れることもあれば、心の底に残ってしまうこともあります。そういったネガティヴな経験の積み重ねが人間不信へと発展すると、自然かつ無意識に自己防衛しようとする心理が働いてしまい、「卑しい人」となってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


卑しい人の心理2. 自分のお金を失いたくない

お金に固執している人は、自分のお金が減ることを極端に嫌うため、卑しい言動をとりやすいです。お金だけでなくモノや食べ物についても同様で、他人に分け与えるなどを嫌がる「せこい」態度をとってしまいます。

一般的に、人は自分が与えた量に対して得る量が少ないと不満を抱きます。不満を抱いた後にその不満感を和らげる人もいれば、最初から不満を抱かない利他の心を持つ徳の高い人もいます。卑しい人は、不満を抱いた後、その不満感を和らげる心理的余裕を持ち合わせていないため、卑しい言動で不満を解消しようとしてしまいます。


卑しい人の心理3. 常に自分だけ得をしていたい

【卑しい人の心理2】に通じる部分があります。貧しい家庭環境に生まれたり、今まで損することが多かったりした人は、「自分だけ得をしたい」という思いが強くなり、卑しい言動に至る傾向があります。他人に対する不信感と同様、お金やモノを思うように手にできず、不満だった過去の経験とトラウマが、この卑しい心理状態に影響しています。

「自分だけはもう損をしたくない」「過去の苦い経験を忘れるために常に得していたい」と考えてしまい、その結果として卑しい言動が表れます。

【参考記事】はこちら▽


卑しい人の心理4. 人よりも自分を優先させたい

「自分だけ得をしたい」という心理と同時に存在するのが「他人よりも自分を優先」という利己的な心理です。他人によって自分が我慢を強いられることを嫌がり、絶対的な自分の立場を防御して、卑しい言動に至ります。

常に自分優先で、他人からどう思われるかなどは気にしません。自分の欲望を満たすためには、自覚なく非常識な言動をとってしまうため、周囲からは卑しい人と思われてしまうのですね。


卑しい人の「性格」の特徴とは

人の性格は様々とはいえ、卑しい人の性格に表れる特徴は、まさに他人に不快感を抱かせるものです。卑しい人の性格を5つ解説します。卑しい人が周囲にいて困っているならば、卑しい性格の特徴がいずれかにあてはまるかもしれません。


卑しい人の性格1. やたらとプライドが高い

卑しい人ほど、自分の卑しさを認めません。これはプライドの高い性格が影響しています。一見不釣り合いな印象を受ける「卑しい」と「プライド」ですが、実は意外な関係性があるのです。

自分が卑しい性格だと自覚していても、プライドが邪魔してその事実を周りには認めないので、卑しい態度をとる他人に対して嫌悪感を抱きます。しかし当然、自分の意志は強固に貫くので自分の卑しさは決して消えません。

【参考記事】はこちら▽


卑しい人の性格2. 異常にケチである

「自分のお金は出したくないが、得るものは少しでも多く得たい」「自分のモノが減ってしまうのは嫌だ」という損をしたくない気持ちが常識を超えるレベルです。結果的にシンプルな特徴として、ケチな性格になります。

他人の気持ちは顧みず、「自分だけは多くのお金やモノを持っていたい」という欲深さを発揮してしまいます。

【参考記事】はこちら▽


卑しい人の性格3. マナーやルールを守らない

何度も前述しているように、卑しい人は「自分を優先したい」という心理で性格が成り立っています。自分の欲を満たせるなら、社会的なマナーやコミュニティのルールを無視までしてしまいます。

さらに前述のプライドの高さも掛け合わさって、「マナーなんか気にする必要はない」「ルールがおかしい」などと自分を正当化し始めてしまいます。


卑しい人の性格4. 人の幸せに嫉妬しやすい

「自分が良ければそれでいい」という自己中心的な考えは「自分が常に他人よりも幸せでありたい」と考えることと同義。自分が満足できないと、他人の幸せに嫉妬してしまいます。

そもそも他人を羨む気持ちは少なからず誰にでもあり、その気持ちを「自分もがんばろう」とポジティブに変えていける性格が理想です。嫉妬の感情を自己中心的な行動で解消するのは、卑しい性格の典型です。


卑しい人の性格5. とにかくお金に細かい

卑しい人には、「自分のお金を失いたくない」という心理があると紹介しました。その結果、お金に細かい性格になってしまいます。例えば、複数人の食事の際に端数まできっちり割り勘にしてしまったり、異性とのデート中に常に頭の中で電卓を叩いてしまったり。

平等に支払うことは決して悪いことではありません。しかし周囲との円滑なコミュニケーションを考えるなら、あまりに細かすぎると空気を乱してしまいますね。特に金銭面において自分が損をしないことを重要視するのは、まさに卑しい人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


卑しい人の「行動」の特徴とは

最後は卑しい人がとりがちな行動の特徴を解説します。「あれ、卑しい人だな〜」と思ってしまうきっかけは、その人のとった行動が卑しかったり、不愉快に感じたりしたときが多いです。

卑しい人の6つの行動を見ていきましょう。


卑しい人の行動1. 人の悪口や不幸話をする

他人の失敗や不幸な話を、おもしろおかしく話すのは卑しい人の行動です。他人の不幸な話をすることで、優越感を抱いて自己満足したい心理状態が根本にあります。

他人の幸せを素直に喜ばないで、不幸な話をゲラゲラと楽しむ姿は、まさに下品。さらに卑しい人の場合、悪口を言っている本人が周りが不快に思っていることにあまり気が付きません。そのため、優越感に浸りながら悪口や不幸話を楽しく続けてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


卑しい人の行動2. 嘘をつく癖がある

「注目されたい」という自分の欲望を満たすことを優先した結果、道徳観を無視して嘘をつく行動をとってしまいます。もしくは話を盛ることで、自分の話に注目してもらおうとします。

ひとつ嘘をつくと、その嘘に関連する話題も辻褄を合わせないといけないので、嘘を重ね続ける結果になってしまいます。周りに疑念を抱かれても「自分が正しい」と思い込みたい心理状態から、また嘘をつき続けてしまいます。一度卑しい行動をとると、後戻りしにくいのが卑しい人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


卑しい人の行動3. 清潔感がない見た目で外出する

こちらは全員に当てはまるものではありませんが、卑しい人は、マナーやルールを無視するという性格から、TPOを守った見た目を忘れがちです。周囲が違和感を抱くほど清潔感のない見た目で外出してしまうこともしばしば。

プライドの高さによる自分が不快と思われていると認めたくない心理状態も相まって、人として正しそうな行いや周囲への気遣いからどんどん離れた行動をとってしまいます。


卑しい人の行動4. 飲み放題で飲みすぎて、食べ放題で食べすぎる

卑しい人は、ケチであり、せこいので、無料が大好き。飲み放題や食べ放題では元をとることに集中して常にガツガツした行動をしてしまいます。飲み放題で飲みすぎて酔っ払い周囲に迷惑をかけることもよくあります

さらに「他人よりも早く多く食べないと損してしまう」という失う意識も働いて、謎に人と張り合います。素直に一緒にいる人と食事を楽しむことは、卑しい人から見たら二の次なんですね。


卑しい人の行動5. 周囲を気にしない、独りよがりな行動で周囲を困惑させる

職場や学校などのコミュニティにおいて、常に自己中心的な言動をして周囲を困惑させます。例えば職場において自分だけがボーナス(賞与)が欲しい場合、自分の評価だけは下がらないように上司の顔を上手く伺って“こすい行動”をとります。

視野が狭く周りが見えていない、もっと言うと自分のことを考えるのに精一杯で周囲の動きに気が付かないので、自分の卑しい行動に周りが気が付いていることにも気が付きません。基本的に独りよがりで周りに気配った行動ができないのは、まさしく卑しい人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


卑しい人の行動6. 人に感謝やお礼を言えない

「自分がよければいい」と自己中心的な心理・性格があるために、他人からの好意を「当たり前」と判断してしまいます。自分のために何かをしてくれた他人に対して、感謝を述べたりお礼を言ったりできません。

お金やモノだけでなく、親切心などの抽象的な大事なものすらも、周りから与えられて当然などと勘違いしています。そういった横柄な態度は行動に表れるので、卑しい人は嫌われがちなのかも。


卑しい人間になってしまう5つの原因は何?

卑しい人の特徴は、先天的なものではなく後天的な要素が大きいです。それまでの過去やトラウマによって、心理・性格がひん曲がってしまった結果で生まれるモンスターです。

卑しい人になってしまう根本的な原因を5つ紹介しましょう。


卑しい人になる原因1. 欲求が溜まってしまったから

「自分はこうしたい」「こうありたい」「○○がほしい」などの欲求は、誰にでもありますが、卑しい人の特徴は「何が何でも自分の欲求を多く満足させたい!」いう気持ちが人並み以上に強いこと。

一般的には小さな欲求だとしても、卑しい人にとっては実現して満足を得たい大きな欲求になり得ます。そういった溜まりに溜まった欲求を吐き出すために、自己中心的な卑しい人になってしまいます。


卑しい人になる原因2. 貧しい家庭で育ったから

あまり恵まれた生活環境で育っていないと、お金やモノに対しての固執が強くなります。足るを知らない状態で、失うこと・不足することを恐れ、卑しくなってしまいます。

ただし、貧しい家庭=必ずしも卑しい人間を育てる生活環境、というわけではありません。お金やモノなど物理的に満たされていなくても、親や兄弟からの愛情などで精神的に満たされていたら卑しい性格にはなりません。愛情は大切ですね。


卑しい人になる原因3. コンプレックスを抱えているから

何らかのコンプレックスを抱えている不安を、周囲に対する卑しい態度で満たそうとしてしまいます。「自分なんて」と自分を卑下しながら、ひねくれた性格になり、卑しい人になってしまうのです。

「周りよりも自分が満たされていない」という不足感は、卑しい人になる原因になってしまいがち。


卑しい人になる原因4. 過去に騙された経験があるから

過去に騙された経験があると、「他人は信用できない」「不信感を払拭できない」といったネガティヴな状態に陥りがち。「もう裏切られたくない」「二度とあのような嫌な過去は経験したくない」といった自己防衛本能が働き、卑しい言動をとってしまう傾向があります。

本人の深層心理は不安と恐怖。この2つが原因となって卑しい人を誕生させてしまうのです。


卑しい人になる原因5. ストレスを溜めやすいから

そもそもストレスが溜まっている状態だと、冷静な判断ができません。余裕がないのでガツガツしていてどこか下品な言動になってしまいます。

仕事や人間関係でストレスを溜めやすい人は、そういった下品な言動を日々繰り返すことで習慣化してしまい、卑しい人になってしまいます。ストレスの溜めすぎは卑しさの原因になります。

ストレスを溜めやすい人は、適度に断捨離を繰り返して、気持ちをリフレシュさせてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


自分が卑しくならないための対策3つ!

卑しい人の特徴と卑しくなってしまう原因がわかった上で、卑しくならないコツをお教えします。

ここまで読んで「もしかして自分はすでに卑しい人間かもしれない・・・」と不安になった方や、「卑しい言動をしてしまったかも」と思い当たる反省点が浮かんだ方は、これから紹介する3つの対策を実践して卑しい人からの脱却を計ってみましょう。


対策1.「人から見られている」という意識を持つ

卑しい人がなぜ自己中心的な態度をとってしまうのか?

答えは簡単で、周りが見えていないから。周りに気を配り、周りから「見られている」という意識があれば、多少なりとも自己中レベルは軽減されます。

他の人の目に「自分がどう映っているか」を考えてみましょう。非常識な態度がなくなり、他人に優しくなれますよ。他人の悪口を言うといった卑しい行動も自然となくなります。自分の意識改革で対策していきましょう。


対策2.「人の行動は因果応報である」と認識する

因果応報とは「人に悪いことをすれば、自分にも悪いことが返ってくる」という意味。他人に対して卑しい態度をとれば、いつかそれが自分にも返ってくるということ。

人の行動は因果応報であると認識していれば、学校でも職場でも、仲間や友人、恋人を思いやる行動ができるようになります。人の心理を理解して、人と良好な関係を築いていきましょう。


対策3. 自分の“本当の幸せ”を考える

人はつい目先の利益を求めがち。何かしら満たされていない卑しい人は、特に短期的な利を追求してしまいます。

卑しい言動をすれば、何事も自分の思い通りになるので、たしかに一時的な幸せは手に入るでしょう。

しかし、人生を長い目で見たら、独りよがりな卑しい言動は孤独を生み出すだけ。人間の集団社会において、“本当の幸せ”は他人との関わりの中で手に入るもの。誰かのための利他的な言動が、最終的には自分の幸福度を上げるトリガーになるのです。

自分の本当の幸福は、自己中心的な卑しい生き方では手に入らない。」この言葉を肝に銘じるだけで卑しくならない対策になりますよ。

【参考記事】はこちら▽


卑しい人との関わり方。卑しい人に対する6つの対処法

周りに卑しい人がいると不快ですよね。しかし、闇雲に卑しい人を否定しても卑しい人の態度は変わりません。もしかしたら、卑しい人に引っ張られて、自分が卑しい人になってしまう可能性すらあります。

卑しい人が周りにいる場合や、卑しい人と出会ってしまった場合の対処法を6つ説明しますね。


卑しい人への対処法1. 自分からは関わらない

卑しい態度をとる人は、「周囲が自分の卑しさを不快に思っている」ことに気がつきません。そのため、一番手っ取り早い対処法は自分から関わらないこと。卑しい相手の影響で自分がストレスを溜めてしまう前に、自分から遠ざかりましょう。

周囲から人が離れることで、自分の卑しい態度を自己理解して、自分でその卑しさを反省、改善してくれる効果も期待できます。


卑しい人への対処法2. 卑しい人の話はむやみに信用しない。聞き流す

他人の悪口を吹聴する卑しい人は、この世界が自分中心に回っていると思いがち。

バランス感覚が悪く、客観的な判断能力に欠けています。自分の評価を上げるために、他人を蹴落とす嘘を平気でついてしまうことまであります。

こういった卑しい行動に対する対処法は、聞き流すこと。卑しい人の噂話をそのまま受け取ると、間違った嘘を信じてしまうことになりかねません。結果的に自分自身まで卑しい言動をとってしまう可能性があります。

そもそも悪口を聞いて得することなどありませんよね。悪い誘惑に引っ張られないように気をつけましょう。


卑しい人への対処法3. どんなことをされても、冷静に落ち着いて対応する

例えば、職場の上司や同僚、学校の隣の席の人など、自分から関わらない・聞き流すという対処法をとれない相手の場合、常に冷静でいることを心がけましょう。

卑しい人は、性格・行動・態度、そのすべてが一貫して卑しいです。言葉だけではありません。そのため終始その卑しさにイライラしてしまう場面があると思います。そこで万が一にも感情的になってしまったら、揉めること間違いなし。

自分が冷静に対応することで、相手を落ち着かせることもできるかもしれませんよ。


卑しい人への対処法4. プライベートはなるべく明かさない

プライベートを話し過ぎると、嫉妬されたり悪口を言われたり、なにかとトラブルに巻き込まれやすくなります。仲良くなった人が卑しい態度をとる人だとわかったら、自分のプライベートはなるべく明かさないようにしましょう。

職場の仕事仲間に、嘘を盛り込んだ自分の悪口を吹聴されたら会社での居心地が悪くなってしまいます。卑しい人との会話は、悪口の題材になりそうな話題を提供しないで、上手に相槌をうちながら聞き役に徹しましょう。


卑しい人への対処法5. 卑しい人とは複数人で接する

ストレスは、一人で受けるよりも、複数人で受けたほうが軽減されます。非常識な卑しい人の言動にストレスを感じるなら、なるべく仲間内数人で行動するように心がけましょう。

一人で卑しい人からのストレスを背負う必要はありません。複数人で対応しましょう。


卑しい人への対処法6. 恋人や友達など大切な人なら、きちんと注意してあげる

卑しい人が恋人・家族・友人といった大切は人の場合、その人の卑しい行動を見て見ぬふりをするのはやめましょう。相手が大切な人なら、卑しい原因を突き止めてあげて、卑しさを改善できるように促してあげるのが大切です。

最初は抵抗されるかもしれませんが、相手にとってあなたが同じように大切な人ならば、いくら卑しい人でも聞く耳を持ってくれますよ。もちろん注意に値する納得できる理由は話せるようにしておきましょうね。

【参考記事】はこちら▽


「卑しい」を理解して、適切なコミュニケーションを。

卑しいの意味から、卑しい人の特徴、卑しい人との関わり方まで、「卑しい」のすべてを解説してきました。

卑しさの原因となるのは、その人の過去の経験や蓄積された心理的な問題です。そこを理解した上で、自分が卑しいなと思うなら今すぐ善処して対策を考えましょう。周囲に卑しい人がいるなら、関わらない対応を。身近な卑しい人が大切な人なら、改善の道を示してあげましょう。

人間関係は努力でより良い方向に進めることができますよ。適切なコミュニケーションを心がけてくださいね。


【参考記事】あああああああああ太字ああああああ▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事