人間関係がめんどくさい時の対処法|職場や友達関係を円満にする方法までご紹介!

転職の理由の上位に上がるほど、人生において最も悩む機会が多いのが人間関係と言っても過言ではありません。そこで今回は、友達や職場の人間関係で悩んでいる人に向けて、面倒くさいと思った時の対処法を解説していきます。人間関係を円滑にする画期的な方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

人間関係をめんどくさいと感じる瞬間って多いですよね。

人間関係がめんどくさい時の対処法

人間関係がめんどくさいという感じる瞬間はありませんか?

でもそれはあなたに限ったことではなく、仕事関係はもちろん、友達関係や家族との付き合い、果ては恋愛中ですら、誰にでもいつでも起こり得ることです。

一方で、毎回めんどくさい人間関係で悩まされるのは、時間がもったいないと思いますよね?

そこで今回は、人間関係がめんどくさいと思うパターンや、その際に取るべき対処法、逆に取ってはいけない対処法、人間関係自体を良くする方法について、詳細に解説していきます。

この記事を読み終えた後、あなたは必ず人間関係で悩む機会が減るはずですよ!


職場の人間関係がめんどくさいと感じるタイミング

社会人なら、人間関係がめんどくさいと最も感じるのは、職場にいる時ではないでしょうか?

男性でも女性でも、上司と部下の関係や同僚との付き合い方など、めんどくさくなりやすい人間関係が詰まった場所が職場だからです。

逆に言えば、職場の人間関係を改善出来れば、悩みの大半は消えるはず。ここからは、職場でのめんどくさい人間関係の4つのパターンを例示します。

自分がどれに該当するか考えて、どう対処したら良いかを考えるきっかけにしましょう。


1. 仕事の人がプライベートの質問ばかりしてくる時

職場の仲間でも、気の合わない人がしつこく話しかけてくるとイラッとするものです。

特にあなたのプライベートに関して質問ばかりされると、詮索されているようで気分が悪いのは当然で、女性が男性からされる場合には、なおさらです。

かと言って、その相手が同僚や部下なら、仕事を一緒にこなしていく必要がある上、上司であれば様々な不利益が生じかねません。無視するわけにも行かず、イライラがつのります。


2. 上司や部下の機嫌をとらないといけない時

社会人なら、多少なりとも上司や同僚や部下の機嫌をとる必要に迫られます。相手にゴマすりしたくなくても、円滑な仕事の遂行のためには仕方ないことです。

ただし、自分に非がない場合には理不尽な場面になることも。まして、思ってもいない社交辞令やおもねる言葉を、口から出まかせで言うのは、人として情けなく感じる瞬間でしょう。


3. 一人に話したつもりが、すぐに噂で広まっていた時

会社で1人だけに口止めした話を、無関係なはずの同僚などが知っていることはよくあります。

職場における内緒話が勝手に広まると、その後の人間関係や仕事に直接響く可能性が高く、噂の被害は学生時代とは比べ物になりません。

職場で勝手に広まった噂は、めんどくさいだけでなくトラブルも引き起こす可能性すらあるのです。


4. 職場の人同士で陰口を言い合っているのを目撃した時

男性より女性にありがちですが、自分に直接関係なくても、他人が陰口を叩いている場面に遭遇することがあります。

それが職場の仲間同士の陰口であれば、気分が滅入って関わりたくないと思う人が多いでしょう。

自分もどこかで悪口を言われているかもしれないと思うとなおさらです。

職場での表面的な付き合いであれば、他人事としてスルー出来るかもしれません。ただ、下手に深い付き合いでもあれば、更にめんどくさい人間関係のゴタゴタに巻き込まれる恐れもあるため、思わずうんざりしてしまいます。


「人間関係がめんどくさい」と感じるのを改善する上手な対処法

めんどくさい人間関係に嫌気がさす場面は、職場を筆頭にいくらでもあります。

毎日そういう場面に出くわしていれば、強いストレスとなってあなたを苦しめ、「もう人とは関わりたくない!」とすら思ってしまうかもしれません。

しかし、あなたがそう感じたまま放置していても、事態は何も変わりません。実は、めんどくさい人間関係を改善する方法が5つあるのです。

せっかくですから、これを機会に5つの具体的な対処法を身に着け、ストレスを改善しましょう!


対処法1. 話す時は喜怒哀楽を表現するように心がける

相手と話す際、あえて感情を表に出すようにしましょう。

これは、特に大人であれば『避けるべき行為』と思われがちですが、場合によっては正しい選択肢となり得ます。

理由は、普段からある程度感情を出しておくことで、相手はあなたの感情を察するようになり、めんどくさくなる前に配慮してくれる可能性が広がるからです。

もちろん、やり過ぎると人間関係が壊れてしまう恐れもあります。相手が職場の人なのか友達なのか、または恋愛相手なのか家族なのかによって、感情表現の仕方も変える必要があります。


対処法2. 無理に好かれようとせず、自分の意見はしっかりと伝えるようにする

誰にも嫌われない完璧な人間を演じると、精神的に強い疲労を感じるものです。男性より女性にありがちなパターンと言えるでしょう。

どんな人にも、価値観が合う人と合わない人がいる以上、無理をしてまで相手に合わせる必要はありません。

相手に対して言うべきことがあるなら、嫌われることを恐れず、率直に意見を言うべきです。

ただし、相手次第で言い方には気を付ける必要があります。

【参考記事】はこちら▽


対処法3. 苦手と思う人とは距離を置いたり、本当に無理なら関わらないようにする

関わりたくない相手とは、付き合いを止めてみるのも一つの手段。人間には相性があるので、どんな人にも改善出来ない人間関係が確実にあるからです。

もちろん、会社の上司や同僚や部下だと簡単にはいきませんから、合わない仕事関係の人達とは、仕事以外での関わり合いは避けるしかありません。

苦手な人とは会わず、めんどくさいと思う機会を減らすことを意識しましょう。


対処法4.“仕事は仕事”と割り切って、プライベートを充実させる

職場における『めんどくさい人間関係』は、社会人である以上簡単に回避出来ませんから、代わりにプライベートを楽しんで補いましょう。

いくら悩んでも解決不能な会社や仕事での人間関係の問題なら、ストレス解消が一番効果的です。

趣味や恋愛に熱中したり友達と遊びに行くなど、仕事以外の生活の充実で、嫌な人間関係も忘れられるはずです。

また、その際に恋愛相手や友達にちょっと愚痴を聞いてもらうのも良いでしょう。


対処法5. 話が長い人は聞き役に徹して、自分に関する話題は上手に流す

会社の上司など、無駄話が多い相手には、会話中は余計なことは言わず、自分に関しては深入りされないように心がけます。

相手との関係性を『表面的』にとどめることで、めんどくさくなる前に予防すれば、ストレスを減らすことが出来るからです。

ただし、余り露骨に適当な扱いをすると、相手に気付かれてしまい、余計なトラブルを引き起こしますから注意しましょう。


人間関係がめんどくさい時に避けたいNGな対処法

めんどくさい人間関係を改善する対処法がある一方で、逆にやってはいけない方法も当然あります。

人間関係に悩んでいると、藁にもすがる思いで色々手を出してしまいがちですが、これが間違いなのです。間違った対処法を知り、正しい対処法だけ選択しましょう。

ここからは、3つのNGな対処法を具体的に解説します。しっかり読んで、失敗しないようにしてくださいね。


1. 職場の人に対し、素っ気ない態度ばかり取ってしまう

職場のめんどくさい人間関係を避けるため、常に職場の仲間相手に素っ気ない態度を取り続ける人がいます。

確かに表面上の付き合いにとどめることは有効ですが、一緒に仕事をしていく上で一定の信頼関係の構築も必要ですから、限度があるのも事実です。

相手に関心がないような態度や、軽く扱っていると思われるような態度は避けましょう。


2. めんどくさいからといって、相手の意見を全て受け入れてしまう

相手と違う自分の意見を主張すると、人間関係がめんどくさくなりがちなので、相手の意見に全て従ってしまうことがあります。男性より女性にありがちです。

意見の対立は関係をこじれさせるので、出来れば避けたいという思いはよく理解出来ます。しかし、一方的に相手の意見を優先させていれば、ストレスはたまる一方です。

友達や恋愛相手であれ、職場の上司であれ、言うべきことは言っておく方が、後々の関係の破綻を防いでくれるのです。


3. 感情的になって相手に対して不機嫌な態度をとる

気分を害されると、露骨に嫌がる素振りをする人がいます。

感情を表に出すことは、めんどくさい人間関係の改善方法ですが、感情的になり過ぎれば、相手はあなたを『付き合いづらい人物』として認識するようになり、信頼を失います。

あくまで、あなたの気分を何となく察してもらう程度の態度にとどめるべきです。

これは、仕事関係の相手に対してはもちろん、友達や恋愛相手、究極的には家族相手でも同じことです。


人間関係を円満に構築する方法をレクチャー!

めんどくさい人間関係を避けるには対処法も重要ですが、それ以前に円満な人間関係を作っておくことも重要です。

『めんどくささ』に限らず、あなたの人間関係におけるあらゆるストレスを軽減する効果があります。

その理由としては、円満な人間関係は、様々な人間関係のトラブルを予防してくれるからです。

ここからは、4つの具体的なアドバイスを解説するので、まずは実践してみてください。必ずあなたの周りの人間関係を良好にするのに役立ってくれるはずです。


1. 相手を褒めて自尊心を高めてあげる

褒められて嬉しくない人は、まずいません。自尊心がくすぐられれば、褒めてくれた相手への好感度が高まるのは当然のこと。

この状態になると、相手はあなたを広く受け入れやすくなります。つまり、人として許容出来る範囲が広まれば、人間関係でトラブルになることも必然的に減るのです。

例え友達や家族であっても、たまには褒めてあげましょう。

【参考記事】はこちら▽


2. 笑顔を心がけて、一緒に居て楽しい人と思ってもらう

いつも笑顔を絶やさない人の周りには、多くの人達が集まってきます。

その理由としては、朗らかな人のそばにいれば、精神的にリラックス出来るので楽しくなるからです。

もしあなたが笑顔を意識して生活出来れば、明るい人達が自然と寄ってきて、ストレスの少ない円満な人間関係がドンドン構築されていきます。

また、男性でも女性でも、笑顔の似合う人は恋愛対象として上位に来ることも忘れてはいけません。

【参考記事】はこちら▽


3. 相手が今何を求めているのか?をきちんと見極める

相手の気持ちがわかれば、相手がして欲しいことはもちろん、相手がして欲しくないことも察知出来ます。この思いやりが、人間関係でのトラブルを未然に防ぐのです。

また、あなたが相手の気持ちを理解してあげれば、相手もまたあなたの気持ちを理解してあげようと思うでしょう。

思いやりの好循環が、更にストレスの少ない円満な関係を作り上げていきます。


4. 近すぎず遠すぎず、適度な距離感を保つようにする

人の心理として、『合う人』とはなるべく一緒にいたいと思い、『合わない人』とはなるべく離れていたと思うものです。この人間関係の距離感を上手く保つことで、人間関係のトラブルを防ぐことが出来ます。

ただ注意すべきなのは、友達や家族や恋愛中の相手ですら、時に距離を置く必要があるということです。そこを無理に一緒にいようとすると、自分はもちろん、相手にもストレスを与えてしまうことがあるからです。

どんな相手であっても、距離感を状況に応じて変化させる器用さが必要です。


人間関係で困ったら、関係に合った対処法を試してみて。

生まれてから亡くなるまで、人は何らかの形で他者と関わっていく以上、めんどくさい人間関係に悩まされることは避けられません。

そしてその悩みは、男性や女性それぞれに特有の人間関係から生まれることあれば、共通の場合もあるでしょう。

ただ、人間関係の悩みは様々な方法で、軽減や予防出来ることもまた事実と言えます。

もしあなたが、今回の記事を参考に出来れば、間違いなくめんどくさい人間関係から、多少なりとも解放されるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事