自分勝手な人の心理&特徴|自己中心的な男女や上司への上手な対処法とは?

自己中心的な考えをする人と一緒にいて、疲れてしまっている人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、自分勝手な人の心理や特徴を解説し、上手にかわす対処法までお教えします。また、もし自分が自分勝手な性格をしていると感じたら、改善方法も参考にしてみてくださいね。

自分勝手な人に困っている方へ。

自分勝手な人の心理&特徴

いつも自分中心で物事を考える、自分勝手な人。自分勝手な男性や女性に、頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。

今回は、自分勝手な人の心理や特徴を徹底分析!さらに、自分勝手な性格を改善して直す方法や、上手な付き合い方について、詳しく解説していきます。

自己中心的な男性や女性と上手に付き合う方法を探っていきましょう。


「自分勝手」の意味とは?

「自分勝手」とは、他人や周囲の事を気にせず、自分の都合だけを考えることを意味します。

同じような意味を持つ言葉に、「身勝手」や「手前勝手」があります。

つまり、「自分勝手な人」というのは、他人の迷惑や負担を考えず、自分の都合が良いように振る舞う人のこと。

自己中心的な態度をとったり、周囲の人を困らせるわがままを言ったりする特徴があります。


「自分勝手」と「わがまま」の違いとは

「自分勝手」と「わがまま」は、非常によく似た意味を持つ言葉同士です。

他人のことを考えず、自分の都合だけを考える「自分勝手」に対して、「わがまま」は、自分の思い通りに振る舞うことを意味します。

「他人のことを考えない」というのは、どちらの言葉にも共通していることですが、「わがまま」は、自分の考えや感情のままに行動することを主張するニュアンスが強いと言えます。


自分勝手な人の心理を解説!

自己中心的な彼氏やわがままな彼女に、いつも振り回されて困っている人も少なくないのでは?

そんな自分勝手な言動をとる男性や女性の心理には、一体どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、自分勝手な人の心理について詳しく解説していきます。


心理1. 自分の気が向く事しかやりたくない

自分勝手な人は、基本的に自分のことが大好き。また、自分に対して甘いという特徴も持っています。

そのため、どんな時でも自分の感情が優先されるので、仕事でもプライベートでも面倒事を人に押し付けやすい傾向があります。やりたくない事に費やす時間を、無駄なものだと考えているのでしょう。

自分の好きなことや興味があることだけをしていたいのが、自分勝手な人の代表的な心理です。


心理2. なんだかんだ甘えても大丈夫だと過信している

「自分がやらなくても誰かがやってくれるだろう」というのが、自分勝手な人の思考です。

これまで、やりたくない事を人任せにすることが許されてきたため、面倒な事を人に押し付ける癖がついているのでしょう。

小さな頼み事であっても、頼まれた方は断り辛いもの。また、小さな頼み事だからこそ、「これぐらいなら」と引き受けてしまうこともあるかもしれません。

そうやって周囲の人が引き受けてくれることで人任せにする癖がつき、「これぐらいの事なら頼んでも問題ない」と甘えた気持ちでいるのです。


心理3. 自分さえ良ければOKだと思っている

自分勝手な人は、自分が満足することを第一に考えています。

「自分が楽しみたい」「好きなようにやりたい」という気持ちが強く、他人の気持ちを思いやる優しさに欠けています。

例えば、友達や恋人と旅行の計画を立てる時も、自分が行きたい場所の主張ばかりして、他人の意見に耳を貸さない傾向があります。

常に自分が満足することで頭がいっぱいなのが、自分勝手な人の心理です。


心理4. 自分勝手と思われている自覚がそもそもない

自分勝手な人は、自分自身を客観視するのが苦手です。また、他人の気持ちを考えられないため、周囲に負担や迷惑をかけていることに気付いていません。

自分勝手な人の周りには、頼み事を断れない気弱なタイプや、親切で優しい人が集まりやすいもの。そのような人々は、本人に自分勝手さを指摘することがないため、自分勝手な人は身勝手やわがままを自覚できないのです。

しまいには、「自分はハッキリ意思表示ができる人間だ」と、自分勝手な性格を長所として認識していることさえあります。


自分勝手な人に共通する特徴10選

自分勝手な人の行動や発言には、男性女性を問わず共通する特徴があります。

ここでは、自分勝手な人に共通する特徴を10選解説していきます。

身の回りにいる自分勝手な人に当てはめてチェックしてみてくださいね。


特徴1. 頼みを聞いてくれそうな人を見極めるのが上手い

自分勝手な人は、わがままや身勝手な言動を受け入れてくれる人が大好きです。

自分がやりたくない用事や、面倒な事を頼んでも嫌な顔をしない人は、自分勝手な人にとって最高の存在。

自分勝手な人は、頼まれた事を断れないような、ちょっと弱気なタイプや優しい雰囲気の人に狙いを定めます。

ほぼ無意識に損得勘定で人を選んでしまうのが、自分勝手な人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 自分には甘いが、他人には厳しい

自分勝手な人は、自分自身がとても可愛くて大事。自分が満足することを第一に考えているため、思い通りにならない事があると苛立ちを募らせます。

例えば、自分勝手な人は自分が遅刻をしても全く反省しないのに、他人が遅刻をした時はきつく文句を言います。

「待たされる=思い通りにいかない」という感情によって、イライラしてしまうのでしょう。自分のことは棚に上げて、他人に厳しいのが自分勝手な人なのです。


特徴3. 人から親切にされてもお返しをするつもりがない

「自分さえ良ければOK」という考え方をしているのが、自分勝手な人。他人の気持ちを考える習慣がないため、「人から受けた親切にお返しをしよう」という発想がありません。

周囲の人に頼み事を頻繁に繰り返す自分勝手な人は、何かしてもらうことが当たり前のことになっています。

口では「ありがとう」と言うものの、そのお礼に何か行動を起こすことはないと言えます。


特徴4. 面倒事があるとすぐに責任転嫁しようとする

自分勝手な人は、責任を負うことや、面倒事に関わることをとても嫌います。

何かトラブルがあった時、自分の責任になるのを避けるため、周囲の人や環境のせいにしようとする特徴があります。

仮に自分のミスが原因のトラブルであったとしても、「自分は周囲の意見に従っただけ」「最終的に判断したのは自分ではない」などと、徹底的に言い訳をするので、周囲から不誠実な人と思われてしまうことも。

他人にどう思われようと「とにかく面倒事は避けたい」と考えるのが、自分勝手な人なのです。


特徴5. 自分に非があっても認めず、反省する様子が見受けられない

自分勝手な人は、自分の価値観や考え方を正しいと思い込んでいる傾向があります。周囲から見た時に、明らかに本人に非がある場合でも、素直に認めることはありません。

また、本人は自分に非があると思っていないため、平然としています。

もし、周囲から指摘されたり怒られたりすることがあっても、「人のせいにするなんて」と、相手を見下すのが自分勝手な人。

非常に主観的な性格で自分を客観視できないのは、自分勝手な人の大きな特徴です。


特徴6. 一度言い出したら、自分の意見を必ず押し通そうとする

自分がやりたいようにやるのが、自分勝手な人にとって何より大切なこと。

やりたい事を妥協したり、自分の意見を譲歩したりするのは、自分勝手な人にとって耐え難いものです。

そのため、自分勝手な人が言い出した事に対して、周囲の人があれこれ口出しすると、たちまち不機嫌になってしまうことがあります。

一度言い出したことを頑固に貫くのが、自分勝手な人なのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 人の助言やアドバイスに耳を傾けない

自分勝手な人は、自分の意見を絶対に正しいと思っています。特別な根拠がなくても、自分の意志や感情が全てだからです。

そのため、周囲の人が助言やアドバイスをしてくれても、「おかしな事を言っている」「余計なお世話」などと、否定的な反応をします。

このように、自分勝手な人にとって、自分の意見は絶対的なもの。周囲がどんなに説得したり、丁寧に説明したりしても、他の意見を聞き入れることはありません。


特徴8. 社交辞令や愛想笑いが多く、平気で嘘をついたりする

人当たりの良い人の頼み事は、少々面倒な内容でも引き受けたくなるものです。

そのことをよく知る自分勝手な人は、他人に良いイメージを持ってもらおうと、作り笑いをしたりお世辞を繰り返したりします。

また、自分を良く見せるためや、頼み事を引き受けてもらうために、平然と嘘がつけるのも自分勝手な人の特徴。

「その場さえごまかせればいい」と軽い気持ちで嘘をつくので、後々トラブルになることもあります。

【参考記事】はこちら▽


特徴9. 人当たりがよく、表面上は交友関係も広い印象を抱かれやすい

自分勝手な人は、自分のわがままや身勝手を受け入れてくれる都合のいい人と、付き合いたいと考えています。

自分にとって都合のいい人を見つけるためには、色々な人と知り合い、良い印象を持ってもらうことが大事。そのため、自分勝手な人は、いつも笑顔で人当たりの良さそうな雰囲気を装っているものです。

しかし、少し付き合ってみれば、自分勝手な人というのはすぐ分かること。人当たりが良くて好印象なのに周囲の人間関係が変わりやすい人は、自分勝手な人の可能性が高いと言えます。


特徴10. 相手に応じて接する態度を変える

面倒や厄介な事は、出来る限り手放したいと考えているのが自分勝手な人。自分が楽をするために、相手によって態度をコロコロと変えます。

例えば、職場の先輩や上司には媚を売り、後輩や部下にはどんどん頼み事を押し付けます。

自分より下の立場の相手に大きな態度をとったり、扱いやすい相手にあれこれ物事を押し付けるのは、自分勝手な人の特徴です。


自分勝手な性格を改善して直す方法

男性女性を問わず、自分勝手な性格の人は周囲から敬遠されがちです。

「自分勝手な態度をとっているかも」と自覚のある人は、これを機に改善を試みてはいかがでしょうか。

ここでは、自分勝手な性格を改善して直す方法をレクチャーしていきます。


改善方法1. 相手の立場にたって物事を考える癖をつける

自分勝手な人は、相手の気持ちや状況を考えることが苦手です。

何か行動したり発言したりする時に、「相手はどう感じるか」を必ず考えるようにしましょう。

相手のことを想像するのが難しい場合は、自分に置き換えて考えてみると分かりやすくなります。

「もし急に予定を変更されたらどう思うか」「この頼み事をされたらどう感じるか」など、自分自身に置き換えることで、自然と相手の気持ちが想像できるようになるはず。


改善方法2. 損得勘定を度外視して、人に親切をしてみる

自分勝手な人は、人に親切をした経験が少ない特徴があります。つまり、「人に感謝される喜びをあまり知らない」ということです。

自分の損得を考えず人に親切をしてみることで、感謝される喜びを実感できます

人を笑顔にする喜びを知れば、周囲に迷惑をかけたり自己中心的な態度で不快にさせたりすることを避けたくなるでしょう。


改善方法3. 周囲の人に興味や関心を持つ

自分勝手な行動や発言をしてしまうのは、自分にしか関心がないためです。言い換えると、他人に全く興味がないからこそ、周囲への負担や迷惑を考えることなく身勝手でいられるのでしょう。

興味や関心を周囲の人に向けることで、少しずつ他人の気持ちが考えられるようになっていきます。

そうすることで、自然と配慮や思いやりの心が生まれ、自分中心の考え方が改善されるはずです。


改善方法4. 日頃から感謝の気持ちを口に出して伝えるようにする

「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉にすることで、普段どれだけ周囲に助けてもらっているかに気付くことができます。

「書類を取ってもらった」「体調を気にかけてもらった」など、日常の小さなことでも、きちんとお礼を伝えましょう。

「ありがとう」と感謝を伝えると、相手もにっこり笑顔になります。周囲の人とのコミュニケーションに嬉しさや満足を感じるようになると、自分勝手な言動は影を潜めていくものです。


自分勝手な人との上手な付き合い方や対処法とは

わがままな彼氏や彼女、身勝手な職場の上司など、身近にいる自分勝手な男性や女性に頭を悩ませている人もいるのでは。

ここでは、自分勝手な人との上手な付き合い方や対処法をレクチャーしていきます。

自分勝手な恋人や職場の上司に困っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


対処法1. 基本的に自分からは歩み寄らない

自分勝手な人といると、行動に振り回されたり頼み事を押し付けられたりと、ストレスを感じる事が多くなります。

特に、気が優しい人は、自分勝手な人のターゲットになりがち。もし、相手から積極的に近付いてくるようなら、必要最低限の会話に留め、できるだけ距離を縮めないようにすることが大切です。

周囲に配慮できない自分勝手な人とは、できるだけ関わらないのが一番と言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法2. なんでも受け入れたり、相手のわがままに振り回されない

自分勝手な人の頼み事や要望を繰り返し受け入れていると、都合のいい相手として扱われるようになります。

いいように扱われたくないのなら、「嫌なものは嫌」「出来ないものは出来ない」と、ハッキリ意思表示をしましょう。

意思表示をする時はハッキリ言えるのが一番ですが、それが難しい時は、やんわりとした断り方でも構いません。大切なのは、最後まで断りぬくこと

「絶対に受け入れない」という強固な姿勢を感じると、自分勝手な人は離れていくものです。


対処法3. なるべく笑顔で対応し、相手を上手に煽ててあげる

自分勝手な人にあえて笑顔で対応し、相手に取り入るのも一つの手です。笑顔で安心感を与え、時には褒めることで、次第に相手は心を開いてくれることでしょう。

ある程度の信頼関係が築けた上で、相手の自分勝手さを優しい言葉で指摘できれば、素直に自分を省みてくれる可能性が高くなります。

親しい友人や恋人など、これから先も良い関係を築いていきたい相手におすすめの対処法です。


対処法4. 逆に自分が自分勝手な人に頼み事をしてみる

自分勝手な人は、人に頼み事をすることはあっても、その反対に頼み事をされることは皆無と言っていいでしょう。

人から頼み事をされることで、頼み事をされる側の気持ちを実感し、周囲に何でも押し付ける癖を反省するきっかけになるかもしれません。

また、頼み事をされたことで、「この人といると面倒だ」「他にも色々頼まれるかもしれない」と考え、自ら去っていく可能性もあります。


対処法5. 自分勝手な上司の場合、無理な時はきちんと「NO」と答える

自分勝手な上司は、相手の都合や仕事量を無視して、どんどん仕事を押し付けてくることがあります。

上司相手だと言いにくいものですが、無理な時はきちんと断る癖をつけることが大切です。

断る時は、「〇〇の仕事の期限が迫っているので」「用事があって〇時まで帰らないといけない」など、具体的な理由を挙げると相手も納得しやすくなるでしょう。

無理な時に断れる癖が身に付くと、ストレスもグッと減るはずです。


対処法6. 彼氏や彼女が自分勝手な場合、指摘し合って二人で協力して改善する

気を許しやすい恋人同士の関係では、つい自分勝手になってしまうもの。

良好な関係を長く築いていきたいなら、自分勝手な部分を我慢するのではなく、相手にきちんと伝えることが大切です。

自分勝手な部分を指摘する時は、落ち着いた優しい口調を意識するのがポイント。

「ずっと仲良く付き合っていきたいから」という理由を伝えた上で指摘すると、相手は感情的にならずに受け入れやすくなります。


対処法7. 本当に無理な場合、距離を置くようにする

色々な対処法を試してみても自分勝手さが直らない、近くにいるだけでストレスを感じる、といった場合は、関わりを断つのも方法です。

あまり関わりのない相手なら黙って距離をおいてもいいですが、ある程度親しい友人や恋人の場合は、一言伝えて距離を置くといいでしょう。

「自分勝手な性格が無理」と親しい人に離れていかれたら、本気で自分を変えようとするきっかけになるかもしれません。

もし、自分勝手な人が何も変わらなかったとしても、関わりを断ったことでかなり気持ちが楽になるはずです。


自分勝手な人に振り回されないように、自分の意思を貫きましょう。

自分勝手な人の心理や特徴、さらに、自分勝手な性格を改善して直す方法や、上手な付き合い方についてお伝えしました。

自分勝手な男性や女性と接していると、疲れてしまうことも多いですよね。でも、断り辛いからといって何でも受け入れ続ければ、都合のいい相手として認識されてしまいます。

人として対等な関係で付き合っていくために、自分の意志をきちんと伝えていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事