悲観的な人の特徴と原因|マイナス思考を直して“楽観的”になる方法とは

何事も悲観的に考えてしまう人っていますよね。そこで今回は、悲観的な人の心理や特徴から、悲観的になる原因やデメリット、改善して克服する方法まで詳しくご紹介します。さらに、悲観的に考えてしまうデメリットや楽観的な人の特徴も解説。悲観的に考える癖がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

悲観的な人が前向きになる方法を解説!

悲観的な人の特徴と原因

何をするにも「もし失敗したらどうしよう」とつい悲観的になってしまうタイプの人がいます。

上手くいくイメージを持ちたいと思っても、どう頑張っても前向きになれないのは辛いもの。

そこで今回は、悲観的な考え方を持つ人の心理や特徴を解説した上で、楽観的な人との違いや悲観的な考え方を改善する方法をご紹介します。

自分自身が悲観的な性格をしていると感じている人は、ぜひこの記事を参考にして、前向きな自分を手に入れてくださいね。


前提として「悲観的」の意味とは?

「悲観的」とは、先行きに希望がないと考える様子や思考を意味します。

どう展開するか分からない物事に対して、初めから期待や望みを抱かずに、失望感を持って臨む姿勢を指す言葉です。

具体的には、「物事を悲観的にとらえる」「彼はいつも悲観的だ」といった使い方をします。

“自分の思うようにはいかないだろう”という予測ありきで動く様子を指す場合も多いでしょう。


悲観的な人はどんなことを考えて生きているの?

何に対してもネガティブで、「どうせうまくいかない」と考えてしまう悲観的な人がいます。

本当は期待したい気持ちがあっても、期待を上回るほど強い諦めを抱えているのです。

まずは、悲観的な人はどういった考え方をするのか、主な考え方を3つご紹介します。


悲観的な人の考え方1. 常に最悪の事態を想定している

悲観的な考え方をする人は、いつも不安を抱えて過ごしています。

ささいなことであってもすぐに「きっと失敗してしまう」などとネガティブに考えるだけでなく、最悪の事態を考えてしまう心理が働くのです。

一人で悪い想像をどんどん膨らませてしまい、つい悪い方向に考えてしまうため、心が落ち着くことがなくイライラしやすいでしょう。


悲観的な人の考え方2. 失敗しても仕方ないと考えている

悲観的な人は、基本的に心配性な性格です。仕事や人間関係などにおいて、予定とは違う展開になると動揺し、失敗することを前提として考えます。

不安をいつも抱えており、成功するイメージが持てないために失敗しても仕方ないという心理が捨てきれません。

実際に上手くいくことも多いですが、失敗した場合「ほら、やっぱりダメだと思ったんだよ」などと言い訳をしがちです。


悲観的な人の考え方3. 自分には無理だと思っている

物事をポジティブにとらえられないマイナス思考が、悲観的な人の特徴です。

「努力してもどうせ報われない」「自分は能力がないから無理」などと初めから諦めているため、打たれ弱い傾向にあります。

成功か失敗かどちらに転ぶかが分からない場合でも、不安が先に立つ性格なので「多分できないと思う」などと一歩引いた姿勢を見せることが多いでしょう。


どんな人が当てはまる?悲観的な人の特徴とは

悲観的な人は、物事に対して前向きに考えられず、疑ったり一人で落ち込んだりしがちです。仕事や恋愛などにおいて悲観的な人が相手だと、周囲も困惑することがあるでしょう。

悲観的な人はどういった心理や性格の特徴を持っているのか、主な特徴を7つご紹介します。


悲観的な人の特徴1. いつも無表情でテンションが低い

悲観的な考えを持つ人は、「物事はうまくいかないものだ」という心理になりやすいです。初めから成功することを諦めているため、無表情であることが多くほとんど笑顔を見せません。

また、周囲と協調していこうという気持ちがないこともあって、テンションを低くしてその場の雰囲気を暗くしてしまっても、一切気にならない傾向が強いです。

【参考記事】はこちら▽


悲観的な人の特徴2. ネガティブな言動が多い

悲観的な人は、自分に自信がありません。何をするにしても「失敗するのではないか」と考えてしまうため、成功した体験が少ないです。

その結果自信を持つことができず、うまくいかないという前提で物事に対峙するので、ネガティブな言動をすることが多いでしょう。

「期待しても仕方ない」と諦める心理が働いているので消極的になりやすく、仕事や恋愛などでチャンスをつかみかけても生かせないことも原因と言えます。

【参考記事】はこちら▽


悲観的な人の特徴3. すぐに自分と他人を比較する

悲観的な考えをする人は、消極的な割に他人のことをとても気にします。

「私より彼女のほうが可愛い」「自分は彼ほど仕事ができない」などと、何かにつけて人と自分を比べては、自分が劣っている部分に気づいて落ち込むのです。

誰しも人と比べて優れたところも劣っているところもあるのに、優れたところには目が向かない性格なのが悲観的な人の大きな特徴と言えます。


悲観的な人の特徴4. 安定志向でチャレンジを嫌がる

悲観的な人は、前向きに物事をとらえられないため、失敗を恐れるあまり新しいことを始めることを嫌がります。

もしチャレンジしたとしてもきっと失敗するという考えが捨てられず、「失敗するくらいならやらない」とチャレンジしません。

極度な安定志向で失敗したくないという思いが強く、臆病になっており、何かをやる前から既に諦める癖がついているのです。

【参考記事】はこちら▽


悲観的な人の特徴5. すぐに被害妄想をする癖がある

悲観的な考え方をする人の特徴として、人からの評価をとても気にするという心理があります。

周囲から自分がどう思われているのかを知りたいと思っている反面、自信がないので「みんな私の悪口を言っている」などと被害妄想を抱くのです。

実際には何もされていなくても、人から責められたり嫌な人だと思われていると感じやすい性格のため、さらに悲観的になるという悪循環に陥りやすいでしょう。


悲観的な人の特徴6. 過去に人間関係で揉めたなど、トラウマ体験をしている

悲観的な人は、過去に何らかの辛い経験をしていることが多いです。

幼少期に両親からの愛情をあまり受けられなかった、学校でイジメにあっていた、職場で嫌がらせを受けていたなど、過去に受けたマイナスな出来事がトラウマになっていて、自信を失っています。

こうした経験をするのは自分に原因があるからだと思い込み、傷つくことが怖くなって自分の世界に閉じこもってしまったり、他人を過剰に否定したりして、ますます悲観的な心理になってしまう傾向が強いです。

【参考記事】はこちら▽


悲観的な人の特徴7. 心配性な性格で、些細なことでも不安に感じてしまう

悲観的に物事を考える人は、不安感がとても強いです。

仕事でも恋愛でも、ちょっとしたことで一度不安な状態になると、相手を信用することができなくなり、マイナス思考に陥ります。

既に問題が解決していても、「また同じことがいつか起きるのではないか」と心配して、ネガティブな方向にしか物事を考えられない性格なのです。


どうして?悲観的な考えになってしまう主な原因4つ

なかなか前向きになれず、何事に対しても消極的になってしまう傾向が悲観的な人には共通する原因があります。

自分でどうにかしたいと思っていても、無意識にネガティブなとらえ方をしてしまうのです。

続いては、悲観的な考えになってしまうのはなぜなのか、主な原因を4つご紹介します。


悲観的な人の原因1. 自己肯定感が低く、自分に対して自信がないため

悲観的になってしまう原因として多いのは、自分の長所を素直に認められないというものです。

能力が低いとか、身だしなみが整っていないというわけではないにもかかわらず、「これくらいしかできない」と自分を否定する傾向が強いため、悲観的になりやすいと言えます。

人から褒められても素直に受け取れず、むしろ馬鹿にされたと感じることもあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


悲観的な人の原因2. ネガティブに考えるのが癖になっているから

男性でも女性でも、仕事や恋愛、人間関係などにおいて、「どうせうまくいかない」と考える思考パターンが出来上がっていると、悲観的になりやすいです。

悲観的な人は、どんなことでもいい面と悪い面の両面があるのに、悪い面にしか注目できません。

警戒心が強く、失敗することを前提に行動するため、成功したことよりも失敗したことだけを気にする考え方が癖になってしまっているのです。


悲観的な人の原因3. ミスや失敗をするのを恐れているから

どんなことに対しても慎重に準備を進める一方で、どれだけ準備をしても不安がぬぐえない考え方を持っていると、悲観的な人になりやすいです。

どうやっても失敗するのではないかと心配なので、新しいことに挑戦する意味がないと思っています。

勇気を出してやってみても、途中でつまずくと「やっぱりだめだ」とすぐに諦め、失敗を乗り越えて成功するという経験がないので、悲観的になってしまうのです。


悲観的な人の原因4. 今まで成功した経験が少ないから

男性でも女性でも、うまくいかない前提で物事に対応する癖がついてしまうと、悲観的な考えに陥りやすくなります。

一つの失敗をずっと引きずってなかなか立ち直れないため、「もういいや」とマイナス思考に陥って諦めてしまうのです。

その結果、成功体験よりも失敗の方が多くなり、「どうせやっても失敗する」「やるだけ無駄だ」などと、ますます悲観的な考え方に走ってしまう傾向が強いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


何がダメなの?物事を悲観的に考えてしまうデメリットとは

どんな物事にもいい面と悪い面の両方があると分かっているのに、つい悪い面ばかりが気になるのが悲観的な人です。

不安や不満を抱えるだけでなく、自己否定にまでつながってしまうと辛いですよね。物事を悲観的に考えてしまうデメリットについてご紹介します。

自分が悲観的な考えをしてしまうという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。


悲観的になるデメリット1. ストレスを溜めやすくなる

悲観的な考えだと、ささいなことでもすぐ不安を感じたり、必要以上に心配したりします。

例えば、軽い風邪にかかった時になかなかだるさが抜けないと、「重大な病気なのではないか」と疑い始めて、深夜までネットサーフィンをした結果、さらに症状を悪化させてしまうのです。

慎重なのはいいのですが、あらゆることにおいて細かい面が気になるため、ストレスをためやすく常に疲労感を感じてしまいます。


悲観的になるデメリット2. 周囲から「暗い」「ネガティブ」と悪い印象を抱かれやすい

悲観的に物事を考える癖がついていると、周囲とのコミュニケーションがうまくいかないことがあります。

相手を疑ってかかる面があるので、会話をしている時に表情が暗かったり、笑顔を見せなかったりすることで、なかなか仲良くなれません。

周囲の人からすると「あまり楽しくないのかな」と感じさせるような、声をかけづらい存在です。

さらに、話をしたとしてもネガティブな内容が多いため、一緒に居て居心地が悪いと感じさせてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


悲観的になるデメリット3. 好きな事が見つかってもチャレンジできない

悲観的な考えがある場合、将来に期待をしていないこともあってどんなことに対しても意欲的ではありません。

新しいことを始める時や、好きなことが見つかった時でも、ワクワクするより先に「失敗したらどうしよう」という不安が出てきてしまって挑戦する勇気が出ないのです。

「失敗するくらいならやらない方がマシ」という考えがあり、成功体験が少なく成功へのイメージができないので、現状維持の状態を選びがちです。


悲観的な考えを改善して克服する方法をレクチャー

悲観的になってしまうのは、不安や不満を抱えやすく、ネガティブに考える癖がついているからです。

ネガティブに考える癖を直していくと、悲観的に物事を考えることが少なくなってきます。次に、悲観的な考え方を改善し克服するおすすめの方法をご紹介します。


改善方法1. ポジティブで楽観的な人と行動を共にしてみる

悲観的な考え方を克服してポジティブになりたいと思っているなら、人間関係を変えていく努力が必要です。

人は自分が置かれている環境に大きく影響されるため、似たようなネガティブ思考の人とばかり付き合っているといつまでも克服できません。

ポジティブな考え方の人と一緒にいるように心がけることで、失敗してもまたやり直せばいいことや前向きに考える姿勢が成功につながることを学べるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


改善方法2. 成功体験を少しずつ重ねて、自信をつける

悲観的な考え方のままだと、なかなか新しいことに挑戦するのは難しいものです。

いきなり大きな目標を立てても実行できないまま諦めてしまいがちですから、日常生活の中ですぐに改善できそうなことをこまめに挑戦してみましょう。

小さな目標をクリアすることを続けると、次第に自信がついてきます。

自信がつくと積極的になれるので、「次はこれをやってみよう」と新たな挑戦に踏み出すことができていい循環が生まれるのです。

【参考記事】はこちら▽


改善方法3. 悩んだ時は友達や恋人に相談してみる

悲観的な考えを持っていると、「どうせできない」という諦めが先に出てくるため一人で何でも考えてしまいがちです。

自分が思いつく方法だけしか検討しないため、物事を打開することができず悩み続けることになります。

そんな状況を変えたいなら、一人で考えるのをやめて周囲に相談してみましょう。

自分では思いつかない方法を知る機会が得られて、前向きに解決できることが増えてくるはずです。


改善方法4. 周囲の人に自分の長所や魅力を聞いてみる

自己否定の気持ちが強い悲観的な人は、自分の長所より短所にばかり目を向けてしまいがちです。

前向きな考え方に変わりたいなら、自分を受け入れて自信を持つために自分の長所は何かを考えてみましょう。

自分では分からないと思ったら、周囲の人に聞いてみるのも一つの方法です。消極的だと思っていた短所が、周囲の人からは「慎重で細かいところに気が付くから信頼できる」と見えていたなら、長所として受け入れると自信に繋がりますよ。


改善方法5. ネガティブな言動は言わないよう徹底する

悲観的な考えを持っていると、「やっぱり無理だ」「多分失敗するよ」といった後ろ向きな発言が多いです。

ミスすることを前提としているため、行動も消極的になりやすいと言えます。

考えをすぐに前向きに変えていくのは難しいと思ったら、まずは発言をポジティブなものに変えていってみましょう。

「何とかなる」など、根拠は無くても前向きな言葉を言うだけで、不思議と積極的な姿勢になりやすいですよ。


違いは何?参考にすべき「楽観的な人」の特徴を解説!

悲観的な考えの人から見ると、楽観的な考えの人は距離を感じる存在かもしれません。

しかし、今後悲観的な考えを克服していきたいと思うなら、楽観的な考えの人の思考や性格を知っておくといいでしょう。

最後に、参考にすべき楽観的な考えの人の特徴についてご紹介します。


楽観的な人の特徴1. ポジティブで失敗してもすぐに気持ちを切り替えられる

楽観的な考えの人は、悲観的な考えの人と反対で、もし失敗しても前向きに物事をとらえます。

「これで失敗したから次はこうしてみよう」と違う方法を試そうとしたり、「この方法だとできないことが分かって良かった」とポジティブに考えるのです。

失敗した経験を糧にして、次のチャンスで挽回しようと前向きに思う傾向が強いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


楽観的な人の特徴2. 何事も「なんとかなる」と思い込んでいる

楽観的な人は、一度決めた目標に対して努力し続ける姿勢を持っています。

たとえうまくいかなくても、違う考えや視点を持って再度チャレンジし、それもダメなら違う考えや視点でチャレンジするという行動を続けるのです。

「何とかなるだろう」と期待を捨てずに頑張ることで、最終的に成功させることが多いでしょう。


楽観的な人の特徴3. いつも明るく愛想が良い

悲観的な考え方の人とは違い、楽観的な考えの人は男性でも女性でも基本的にポジティブです。物事に対して前向きな姿勢を持っており、常に笑顔で挑戦し続けようとする性格をしています。

自分の気持ちに正直なので、やりたいことが見つかると積極的に行動することが多いでしょう。

どうせなら楽しく過ごしたいという気持ちが強く、「これやろう!」と明るく周囲に声をかけるので賛同してもらいやすいのです。

【参考記事】はこちら▽


楽観的な人の特徴4. 好奇心旺盛で新しいことに積極的にチャレンジする

楽観的な人は、挑戦することが好きです。

自分が知らなかったことを知る、やったことがないことをやる、そんな体験から刺激を受けて成長したいと思っています。

そのため、人や物事に対する関心が強く、積極的に関わろうとするのです。自分の世界をどんどん広げて、楽しい体験をたくさんしたいという思いが強いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


楽観的な人の特徴5. 自分に対して自信を持っている

悲観的な人が傷つくことを恐れて新しい挑戦に躊躇する一方で、楽観的な人は新しい挑戦に積極的です。

これまで様々なことに挑戦して成功してきた体験から、「自分ならできる」という自信を持っているため、常に前向きに物事に対峙します。

積極的に行動することが成功につながると分かっているので、自信を持って行動できるのです。

【参考記事】はこちら▽


悲観的な性格は早めに改善していきましょう。

悲観的な考え方を持っていると、物事に対する不安や不満を感じやすいため、つい行動が消極的になってしまいます。

慎重であるために問題に巻き込まれる可能性が低いのですが、その分新しいチャレンジをしないため、成長する機会を失うのはもったいないですよね。

悲観的な考え方を直したいと思っているなら、この記事を参考に悲観的な考え方のデメリットを知って、少しずつ楽観的に物事をとらえられるように、日々の意識や行動を変えていきましょう!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事