打たれ弱い人の特徴とは?原因を克服して打たれ強くなる方法を解説

打たれ弱い性格で、仕事ですぐに落ち込んでしまうことってありませんか。本記事では、打たれ弱いの詳しい意味から、打たれ弱い人の特徴や原因、打たれ強くなるための克服方法までレクチャーします。打たれ弱さを持った自分を改善したい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

打たれ弱い自分から、強い自分に変えたいですよね。

打たれ弱い5つの原因

明るく前向きな人生を歩むためには、多少の困難にも立ち向かっていく強さが必要です。しかし、中にはちょっとした壁も越えられない人や、メンタルが傷つきやすい繊細な人もいるでしょう。

そんな打たれ弱さで悩んでいる人のために、今回は打たれ弱い人の特徴や原因、打たれ強い人になるための克服法を紹介します。

「強くなりたい」と思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


そもそも「打たれ弱い」の意味とは?

「打たれ弱い」とは、ダメージを受けて気持ちが後ろ向きになり、立ち上がれなくなる様子を言います。

元々の性格も影響しますが、単に気が弱い人だけではなく、普段は明るくポジティブな性格の人でも打たれ弱い人はたくさんいます。

また、打たれ弱い人は辛い現実から逃げ出そうとすることがあるため、周りの人はつい腫れ物に触るように接してしまう傾向もあるでしょう。


どんな人なの?打たれ弱い人の特徴とは

精神的ストレスがあれば、傷ついたり落ち込んだりするのは誰にでもあることです。そのため、自分が打たれ弱いかどうかが分からない人も多いでしょう。

そこで、一般的に打たれ弱いと言われる人の特徴を紹介します。自分がどれだけ当てはまるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。


打たれ弱い人の「性格」の特徴とは

打たれ弱い人の性格には、いくつかの特徴が見られます。「気が弱い」という性格に限ったことではないので、「意外だ」と感じる人も多いでしょう。

その気づきこそが、打たれ強くなるための第一歩。具体的にどんな性格の特徴があるのか、見ていきましょう。


打たれ弱い人の性格1. 他人に対しては攻撃的

打たれ弱い人は、一度落ち込むとメンタルを立て直すのに時間がかかります。それが分かっているので、最初から自分が傷つかないように考えて行動する癖がついているのです。

その1つが、自分を正当化すること。「自分が正しい」と自己防衛しながら、他人を悪者にして攻撃的な態度をとってしまいます。

ただ、自身のメンタルを保とうとしているだけなので、他人に対して悪意を持っているわけではありません。

【参考記事】はこちら▽


打たれ弱い人の性格2. 保守的で、何事も慎重に判断する

何かに挑戦する時は、大なり小なり失敗がつきもの。失敗のリスクがありながらも、人々はそれを乗り越えて精神を鍛えています。

しかし、打たれ弱い人は失敗をしたことで「怒られたくない」「傷つきたくない」という気持ちが先行します。傷つく辛さから逃げることばかりを考え、壁を乗り越えようとしません

そのため、何事にも慎重になってしまうのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


打たれ弱い人の性格3. 期待に応える意思が強い

人から評価されることに存在意義を見出している性格の人は、その期待に応えようと頑張りすぎるところがあります。そのため、人の顔色を伺い、本心じゃない言葉も真に受けてしまうことも。

まるで、人が敷いたレールの上ばかりを歩くような状態なので、周りの人からどう思われているかばかりが気になってストレスを抱えます。万が一人から評価されなければ、必要以上に自分を責めてしまうでしょう。


打たれ弱い人の性格4. 完璧主義で100%の出来でないと落ち込む

打たれ弱い人は、こだわりが強い職人気質、何においても完璧でなければ納得できない性格なので、思い通りにできないと自己嫌悪に陥ることもしばしば。

中には、「私はこの程度のスキルしかない」と必要以上に落ち込んで自信をなくしてしまうことも。

自信を取り戻すまでに時間がかかるため、そんな様子を見て周りの人は「打たれ弱い」という印象を抱くようです。

【参考記事】はこちら▽


打たれ弱い人の性格5. マイナス思考で、すぐに悪い方向へ捉えてしまう

打たれ弱い人は、落ち込みやすくテンションの波が激しい傾向があります。基本的にポジティブな考え方が苦手で、「失敗したらどうしよう」というマイナス思考ばかりに支配されてしまうようです。

失敗のリスクが怖いだけでなく、自分に自信が持てないことも相まって、すぐに悪い方向に考えてしまいがち。その考え方が癖になっている場合、「マイナス思考をやめよう」と自分で思わない限り改善が難しい性格だと言えます。

【参考記事】はこちら▽


打たれ弱い人の「仕事」の特徴とは

打たれ弱い人は、仕事中の態度や仕事の仕方などからも特徴が見受けられます。中には、壁を乗り越えられず退職と転職を繰り返している人もいるでしょう。

そんな負のスパイラルから抜け出すためには、仕事中に打たれ弱さが見られるのはどんな時か知っておくことも大切です。


仕事の特徴1. 些細な指摘を、大事のように考えてしまう

仕事をしていると、先輩や上司から注意を受けることがありますよね。重大なミスであれば話は別ですが、些細なミスの場合は「すみませんでした」の一言で済む場合もたくさんあります。

しかし、打たれ弱い人はどんな指摘内容でも大事に考えてしまう傾向があるので、ちょっとした指摘でも気持ちの立て直しが上手くいかないようです。

「真面目」と言えば聞こえが良いですが、度が過ぎると周りは怒るに怒れなくなってしまうため、煙たがられる可能性があります。

【参考記事】はこちら▽


仕事の特徴2. 仕事で失敗すると、パニックになる

仕事の失敗は、場合によっては会社全体に大きな損害を生む場合があります。そのため、失敗をして「どうしよう」とパニックになり、正常な精神状態でいられなくなることも。

ベテラン世代は、どの程度の失敗は許容範囲なのかが分かりますが、入社間もない新人は、自身の失敗が会社にどの程度の影響を及ぼすか分かりません。

どんな失敗も重要度が高いものに感じられ、まるで取り返しのつかないことをしてしまったようにパニックを起こしてしまう人もいるでしょう。


仕事の特徴3. 意見を持っていても、発言ができない

発言権を持っていながら、自分の意見をはっきり言えない人もいます。これは、自分の意見に自信が持てないだけでなく、周りの目を気にしている証拠。

「間違ったことを言ったらどうしよう」という不安が大きいので、言いたくても言えないのです。こうして周りの顔色を伺って自分の意思表示をしないところも、打たれ弱い人の特徴と言えますね。

【参考記事】はこちら▽


仕事の特徴4. ミスした時の言い訳を考えがち

何事においても「確実」はありません。どんなに自信を持っていることに対しても、失敗をすることもあるのです。

打たれ弱い人は、失敗のせいで怒られたり、周りの人に迷惑をかけたりしたくないので、挑戦する前から言い訳を考える特徴があります。

万が一のために、自分を守る保険がないと精神的に安心できないのでしょう。


仕事の特徴5. 会社からの評価をとても気にしている

会社から認められると、自分に自信が持てますよね。いつも失敗を恐れてビクビクしていた人も、評価されたことをきっかけに前向きに仕事に取り組めるようになる人も多いはず。

そうやって安心感を得るためにも、打たれ弱い人は会社からの評価を過剰に気にします。

「周囲から認められたい」「不安を少しでも解消したい」という気持ちの表れと言えますね。

【参考記事】はこちら▽


仕事の特徴6. 責任のある仕事を避ける

会社に能力を認められれば、ある程度責任のあるポジションや仕事を任されるようになるのが一般的です。しかし、打たれ弱い人は、どんなに評価されてもリスクを恐れる気持ちが強い傾向があります。

万が一失敗すれば、せっかくの良い評価が水の泡になる可能性を考え、現状維持に徹しようとするのです。

また、「自分にはできない」とマイナス思考になる癖がついているため、リスクが考えられるものからとことん逃げようとします。

【参考記事】はこちら▽


どうして打たれ弱くなるの?共通する原因を大公開

誰もが生まれながらに打たれ弱いわけではありません。何らかのきっかけがあったり、ストレスが蓄積したりすることが、打たれ弱い自分を作り出しているのです。

打たれ弱い人になる原因をいくつか紹介するので、自身の打たれ弱さに悩んでいる人はぜひ参考にしてください。


打たれ弱くなる原因1. 叱られ慣れていない

人間の精神は、肉体と同じように鍛えていくことで強くなっていきます。そのためには、人から怒られたり、挫折を味わったりすることが必要です。

しかし、現代人に多いのが「叱られ慣れていない」こと。中には、まだ仕事のやりがいも見出せていない新人が、上司に怒られただけで心が折れ会社を辞めてしまうケースもあります。

人から怒られた時、どのように立ち直れば良いか分からないので、逃げ癖がついてしまうのです。


打たれ弱くなる原因2. 周りとの信頼関係を信じていない

「怒られる」ということは、少なからず期待されている証拠。相手を大切に思っているからこそ、間違ったことをしてはいけないと教えるために怒っているのです。

ただ、怒られている側はその気持ちが汲める人ばかりではありません。少し注意されただけで「私が嫌われているからだ」とマイナス思考に考えて心が折れてしまいます。

これは、周りとの信頼関係ができていないからこそ考えられる原因です。「私のために怒ってくれている」と分かるような信頼関係ができていれば、1つ壁を乗り越えるきっかけとなったでしょう。

【参考記事】はこちら▽


打たれ弱くなる原因3. 相手の発言に対して、理解しようとしていない

大人になると、相手の発言や態度から本心を知る理解力が求められます。仕事を始めたばかりの新人には難しいことですが、この理解力が備わることで人から怒られることが減るのです。

しかし、いつまでも相手の言葉を理解しようとしないと、同じ失敗を繰り返したり意思疎通ができなかったりするため、自然と怒られる機会も増加。次第に、怒られっぱなしな毎日に耐えられない打たれ弱い自分を作り出してしまいます。


打たれ弱くなる原因4. 怒られることが多かった

間違いを犯せば、それが間違っていたことだと誰かが教えてあげなければなりません。そのため、「叱る」という行為は人間を成長させる上で非常に大切な行為です。

ただ、それにも程度というものがあります。あまりに怒られ過ぎると、自分に自信がなくなって打たれ弱くなってしまうのです。

「きっと何をしても怒られる」と思うようになり、何にも挑戦できないような人になってしまうでしょう。


打たれ弱くなる原因5. ストレスを溜め込みやすく、解消できていない

ストレスは、見えない形でどんどん蓄積されていくもの。心の健康を保つためには、上手に発散させながらメンタルを良好に保つことが大切です。

しかし、中には上手く解消できていない人もいます。心が「辛い」と訴えているにもかかわらず、周りからの指摘・注意でどんどんストレスが溜まるのです。

それがいつしか自信喪失の原因となり、打たれ弱い自分から抜け出せなくなります。


打たれ弱いことによる3つのデメリットとは

打たれ弱いままでいると、仕事だけでなくプライベートにおいても様々な弊害が考えられます。

「何をやってもうまくいかない」と負のスパイラルから抜け出せず、辛い思いをすることもあるでしょう。

では、打たれ弱いことは具体的にどのようなデメリットを生み出すのか、いくつか紹介します。


デメリット1. 行動する前から諦める癖がついてしまう

打たれ弱い人は、とにかく自分が傷つくことを怖がります。周りが「そこまで落ち込まなくてもいいのに」と思うことでも、本人にとっては非常に深刻なことなのです。

例え、成功する可能性があったとしても、それは打たれ弱い人にとって宝くじの確率と似たようなもの。

失敗する可能性の方が高いと勝手に思い込む癖がつき、「成功するなんて夢を見てはいけない」と思うようになってしまいます。


デメリット2. 失敗した時に、反省してばかりで成長が得られにくい

人間は、失敗を重ねていきながら成長します。人から指摘されたことも、壁を乗り越えるために必要な1つの意見なのです。

そういった考え方ができない打たれ弱い人は、「人からの指摘=批判」と捉えがち。「失敗した上に批判された」と被害妄想ばかりが膨らんでいくのです。

この視野の狭さが打たれ弱さの大きなデメリット。前向きに次に活かそうと気持ちを切り替えられないため、なかなか成長ができません。


デメリット3. モチベーションが上がりにくい

物事を良い方向に運ぶためには、「前向きに頑張ろう」とモチベーションを上げることが大切ですよね。

しかし、常にマイナス思考になってしまう傾向がある打たれ弱い人は、ちょっとしたことでもすぐ落ち込んでしまいます。

すぐに気持ちの切り替えができないので、モチベーションも下がりっぱなし。いつまでも前向きになれず、落ち込んだ気持ちのまま失敗を繰り返して自分を追い込んでしまいます。


打たれ弱さを克服して打たれ強くなる方法7つ

負のスパイラルから抜け出すためには、自分自身が「強くなりたい」と前向きに考えることが大切です。では、どうすれば打たれ弱さを克服して打たれ強い人間になれるのか、その方法をいくつか紹介します。

「打たれ強い自分に生まれ変わりたい」という方は、自分にできそうなものから挑戦してみましょう。


克服方法1. 毎日小さい目標を立てて、成功を積み重ねる

失敗に怯える自分とお別れするためには、たくさんの成功を経験する必要があります。「失敗ばかりじゃない」と自分で自分を勇気づけてあげられるため、自然と気持ちが前向きになるのです。

そこで、まずは毎日小さな目標を立ててみましょう。どんなにハードルが低くても良いので、必ず達成するようにします。

決めた目標を成功することで自信がつくため、次第に打たれ弱さを克服できるはずです。


克服方法2. ポジティブに考えるようにする

「強くなりたい」と思うのであれば、自分の心を強くしなければなりません。その第一歩となるのがポジティブシンキング。

癖となっているマイナス思考から脱却することで、傷つきやすいメンタルを克服できるはずです。

何事にも前向きに取り組もうとする姿勢があれば、周りが評価してくれますし、自然と物事が良い方向に進むようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


克服方法3. 周囲からどう思われるか考えることをやめる

気が弱いと、どうしても周りからの評価が気になりますよね。しかし、それを気にしてばかりいるとあなたらしく振舞うことができなくなります。

ここは思い切って周囲からどう思われているかを一切考えないようにしてみましょう。「どんな陰口を叩かれていても平気」と思いながら胸を張っていると、次第に周りが気にならなくなりますよ。

人の顔色ばかりを伺っていたストレスから解放され、打たれ強い自分になれるはずです。

【参考記事】はこちら▽


克服方法4. 指摘や失敗を自分の成長と捉える

何が原因で失敗したかは、自分自身では気付きづらいもの。だからこそ、人からの指摘が成長のために必要なのです。

「怒られている」と思うのではなく、「教えてもらっている」と思えるようになれば、落ち込むこともなくなるはず。

傷つきやすいことを理由にショックを受ける自分から卒業し、指摘も失敗も素直に受け入れてみましょう。


克服方法5. 人からの注意を全て真に受けない

自分で気付けなかったことを周りの人が注意してくれるのは、とてもありがたいことです。しかし、中には冗談で言ってくる人や、わざと厳しい言葉を使う人もいます。

全てを真に受けてしまうと、どんなに打たれ強い人間になろうとポジティブシンキングを心がけていてもストレスが溜まってしまいますよね。

そのため、人からの注意を適度に受け流す耳を持つことも大切です。


克服方法6. 自分の中に折れない芯を持つ

打たれ強い心を持ちたいのであれば、大切にすべきものを明確に決めておくことをおすすめします。

例えば、自分の信念など、「人からどう思われても、信念だけは曲げない」と折れない芯を持っていることで、不安な時も道を見失わず進むことができるはず。

気持ちも安定するため、必要以上に落ち込むことなく打たれ強い心を持って過ごせるでしょう。


克服方法7. 言い訳ではなく、次に起こす行動を考える

自分を守るため、つい言い訳を考えるのが癖になっている人もいるでしょう。しかし、どんな言い訳をしても失敗したのは事実。自分を守ろうと必死なところが周囲に伝わり、あなたの評価を下げてしまう可能性もあるのです。

大切なのは、「その場しのぎの言い訳に意味はない」と気づくこと。言い訳を考える暇があるなら、次にどんな行動を起こせば挽回できるかを考えましょう。


打たれ強い人になって、日々成長していきましょう。

打たれ弱いままだと、その先の成長は見込めません。失敗を恐れ、何をやってもうまくいかないと辛い毎日を送ることになるでしょう。

そんな不毛な人生で一生を終えないためには、自ら打たれ強い自分に変わろうとする気持ちが大切です。

どんなところで打たれ弱さを感じるかを自己分析し、最適な克服法を実践していけば、きっと新しい自分に出会えるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事