気にしすぎる性格を直したい!気にしてしまう原因&5つの改善方法とは

些細なことでも気にしすぎる性格な人っていますよね。そこで今回は、気にしすぎる性格な人の特徴や原因から、気にしいなのを改善する方法まで詳しくご紹介します。すぐに考え込んでしまう方は、ぜひ参考にして気にしすぎる性格を克服しましょう!

気にしすぎる性格を変えたい方へ。

気にしすぎる正確になってしまう原因&5つの改善方法

些細なことでも気にしすぎる性格に悩む人っていますよね。細かいことが気になって疲れるので、どうにか直したいと思っている人も多いでしょう。

そんな時は、自分の思考を冷静に見つめ、少しずつ改善していく意識を持つのが大切です。

ここでは、気にしすぎる性格な人の特徴やその原因、改善するためのおすすめの方法までご紹介します。

すぐに考え込んでしまう人は、こちらを参考に気にしすぎる性格を克服していきましょう。


些細な事も気になってしまう。気にしすぎる性格な人の特徴

どんなことも必要以上に考えすぎると、仕事においても恋愛においてもあまりよくない結果を生み出してしまう原因となります。

早く直したいという気持ちを一旦抑えて、まずは気にしすぎる性格の特徴をしっかりと把握して、そこから一つずつ対策を立てるようにしましょう

ここでは、考えすぎてしまう人の、代表的な共通するポイントを7つご紹介します。


特徴1. 完璧主義者で些細なことでも妥協できない

彼氏や彼女との関係性や仕事の結果に対し、自分の理想に異常なまでの執着心を持っていることが多いです。

高すぎる目標を立ててしまっている傾向があり、その結果以外のものでは自分を納得させることができないという特徴があります。

結果の中で部分的に良かった点があっても、少しでも気に入らないところがあると、全体を否定することもあるでしょう。


特徴2. 人間関係を構築するのが得意じゃない

自分の理想や目標を、自分の中で抱え込んでいるという節があります。

些細なことが気になる性格であることを、ある意味自覚しているためか、他人と一緒に取り組んでも、理想を叶えられないと思い込んでいることも。

そのため、チームワークを良くしたり、男性であれ女性であれ、人間関係を構築して呼吸を合わせるということが苦手であるケースが多いです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 一度考えるとずっと考え込んでしまう

少しでも不満に思うことがあると、そのことを忘れて切り替えることをとても苦手としています

一度考え始めると、自分の思考がそこばかりに集中してしまい、長い時間そのことをクヨクヨと考えてしまっていることもしばしば。

睡眠や食事をすることもままならない程に、考え事に支配されてしまうことも珍しくありません。


特徴4. 過度な心配性ですく不安に感じてしまう

目標や計画を立てる際、現実に起こりそうにもないことまでを検討してしまい、いつのまにかそんな不安が確実に起こりそうな気がしてくることも。

過度な心配性のため、「これは危険じゃないか」、「何か他の方法の方が良いのではないか」といった考えが頭の中で膨らみ続けてしまいます。

自分を過小評価しているため、なかなかアクションを起こす踏ん切りをつけられないのが習慣になっていることでしょう。


特徴5. 人に嫌われるのを恐れている

気持ちの切り替えが上手い人は、他人の目をある程度無視して、動くべき時は動ける力強さをもっています。

しかし、気にしすぎる性格の人にとって、自分の行動に対する他人からの評価は、どうやっても消しきれないポイント。

人に嫌われている自分という存在が許せないため、人に嫌われることを何よりも恐れている傾向にあります。


特徴6. 周囲の人に対していつも気を配っている

気にしすぎる性格の人は、一度自分の中で膨らませてしまった不安を無くす方法を知りません。

そのため、彼氏や彼女、友達などの言動に対しても、その心配性な性格が及ぶ状態になることもよくあります。

根本は優しさからくる発想ではありますが、過剰なほどに周囲の人に気を配ってしまって驚かれてしまうこともあるでしょう。


特徴7. 責任感が人一倍強い

周りをよく見て状況を把握できることは、立派な大人として大切な能力の一つ。

しかし、気にしすぎる性格の人は、たとえ自分が原因となっていないことでも、その問題を気にしすぎるあまり、自分の責任だったのではと考えてしまう一面も。

責任感が人一倍強いことが影響して、到底自分の実力が及ぶ範囲ではない出来事にまで考えが突飛し、悩むきっかけになります。


何事も気にしすぎてしまう主な原因とは

どうして自分がここまで気にしすぎてしまうのか、原因がよくわからない時もありますよね。

ここでは、考えが止まらなくなってしまう原因となる心理の中で、代表的なものを3つご紹介します。自分に当てはまるものがないかをチェックしてみましょう。


原因1. 失敗やミスをするのを過度に恐れているから

どれだけ多くの準備をしても、行動に移さない限り、結果が出ることはありません。

気にしすぎる性格の人は、失敗やミスをするのは怖がるのはもちろんのこと、結果が出ること自体を恐れていることが多いです。

そのため、実際に体と手を動かして見ればそれに集中して消えるはずの考えが、いつまでもなくならない状態になります。


原因2. 周囲からの評価を意識しすぎているから

どんなことでも、周りにいる人全員が100%納得して、全員が等しく嬉しい気持ちになるということはほぼありません。

しかし、気にしすぎる性格の人は、周りの評価を意識するあまり、そんな完璧な結果を出さなければと思ってしまいます。

それによって、身動きがとれなくなり、結局何も実現することができなかったということもあるでしょう。


原因3. 自己肯定感が低く、自分に自信がないから

気にしすぎる性格の人は、目標が異常に高いことが多いので、あまり成功体験と言える経験がありません。

そのため自己肯定感が低く、常に自分に自信を持てないままの状態でいることが多いです。

それが原因となり、消極的でいつも不安な考えや前向きな発想の切り替えをすることができないという悪循環が発生してしまいます。

【参考記事】はこちら▽


気にしすぎる性格な人の長所や短所は?

気にしすぎる性格な人には、ついついいつまでもウジウジ悩んでいるという嫌なイメージがつきがち。確かに短所もありますが、素晴らしい力を発揮する一面もあります

ここでは、気にしすぎる性格な人の長所と短所について解説します。


気にしすぎる性格な人の長所

ここでは、気にしすぎる性格な人が持つ、魅力的な長所を3種類ご紹介します。

性格を直したいと考えている人にとっては、自分のいいところを褒めることは非常に重要なプロセスですので、しっかりと確認してくださいね。


長所1. 仕事や作業が丁寧で確実に行える

一般的な人が気がつかないような細かいミスや異常に、とてもよく気がつくということは大きな長所の一つ。

気にしすぎる性格な人が持つ完璧主義と繊細さが、細かい仕事やルーチンワークのような作業の正確さに繋がります。

事務作業や大切な情報を管理するといったような仕事は、最適な職業となることもあるでしょう。


長所2. 人に対して気を配るのがうまい

周りの空気を読む能力が非常に高いので、おかしな発言をしたりして不快な気持ちにさせることは間違ってもありません。

人の感情や気持ちにも敏感に反応することができるので、気配りや配慮といった点ではこれ以上ないほど優れているといえます。

助けを必要としているような困っている人にとっては、とても嬉しい優しさとなることも多いです。


長所3. 仕事や恋愛において、大きな失敗やミスをしない

交友関係を広げたり、新たな仕事をどんどん増やすということはあまり向いていませんが、既存のものに関してはほぼ完璧にこなせるのも長所の一つ。

男性女性問わず、恋人や友達付き合いといった人間関係を大きく損なうことはありません。仕事においても、大きなトラブルに発展するような致命的なエラーはしないでしょう。


気にしすぎる性格な人の短所

あまり小さなことを気にしすぎると、最悪の場合体調を崩してしまったり、精神的に疲れてしまうこともあります。

くよくよする性格でいることは、どんな短所となりうるのかを知っておくべきでしょう。ここからは、代表的なものを3つご紹介します。


短所1. 失敗したり、怒られたりすると引きずりやすく疲れる

感情の切り替えや気分転換がとことん苦手であることは、時として短所になることも。

生きている以上嫌な気持ちになることは避けられないですが、少しのミスや他人の指摘があっただけで、悲しい気持ちが長く続いてしまいます。

なかなか忘れることができずに疲れるということも、頻繁にあるはずです。

気持ちを引きずっていると、次のステップに向かえないという副作用も発生してしまうでしょう。


短所2. 自分の本音を上手く伝えられない時がある

状況に合わせ、言いたいことを抑えて飲み込むことが必要な場面は確かに存在します。

しかし、気にしすぎる人は他人からの評価を気にするあまり、友達や恋人といったプライベートな関係においても、うまく発言できない時が多いです。

そういった我慢が積み重なっていくことで、さらに疲れやすく、最悪の場合は体を壊してしまう可能性もあります。


短所3. 考えすぎてネガティブな方向に陥ることが多い

彼氏や彼女との恋愛関係や仕事のプロジェクトなど、どんなことでも嫌なイメージが浮かべばそれを消すことができません。

ネガティブな方向の発想力や想像力は非常に豊かであるため、きっかけ一つでとてつもない不安に襲われることも。

癖がついてしまうと、ネガティブなことしか考えられなくなってしまう危険性もあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


気にしすぎる性格を直したい!改善する方法5選

現状の性格を無理やりポジティブなものにしようとしても、なかなかうまくいかないものです。いきなり改善しようとせず、色々な方法を少しずつ試すことが重要

ここでは、気にしすぎる性格を直したい人のための、おすすめの方法を5つ紹介します。


改善の仕方1. 何でも完璧にこなそうとせず、上手に手を抜くことを覚える

きっちりとこなすことは大切ですが、過剰な完璧主義はストレスばかりたまって、精神的によくありません。

この世に一人で何でもできる完璧な人は存在しないので、要所要所で手を抜くことを覚えることが大事。

まずはある程度納得がいった段階で、「これでいい」と嘘でも思ってみることで、自分の中の頑固さが消えていくでしょう。


改善の仕方2. 気にしすぎる性格を悪いことではないと認めてあげる

気にしすぎて答えが出せず、それが自己嫌悪になってしまうという循環は、なかなか止められないのでよくありません。

物事を慎重に考えるというのはいいことでもあって、長所にもなりうるので、それを認めて自分を褒めましょう。

自分を褒めた段階で、次のステップに向かうことができるので、嫌な気持ちを忘れることができるようになります。


改善の仕方3. 趣味に没頭するなど、無心になれる時間を意図的に設ける

小さなことを気にしながら頑張り続けるのではなく、悩みや考えが離れない分野とは全く無関係なところに逃げるのも有効な改善方法。

男性でも女性でも、視野を広げてみると、夢中になって取り組めそうな趣味が見つかるはず。

無心になれると、気持ちの切り替えがスムーズにいくので、また努力を開始するきっかけとなります。

【参考記事】はこちら▽


改善の仕方4. 自分が思っている以上に周囲は気にしていない事に気づく

気にしすぎな性格な人は、良くも悪くもあらゆることに関して思い込みが激しいです。

そのため、直したいと思っているその性格も人から見れば、全く気にしていないレベルのものである可能性も十分あります。

積極的にコミュニケーションを取ってみると、自分の評価が意外と高いことに気がつくというケースもよくあることです。

【参考記事】はこちら▽


改善の仕方5. 日頃から素直な意見を口にする習慣を身につける

周囲の目を気にして、周りに流されるような発言を続けていると、ストレスが溜まるもの。

自分の理想とすることがあるのであれば、思い切ってぶつけてみるのもいい方法です。

素直に意見を言って見れば、意外と周りからの効果的なサポートが得られたりしますよ。そこから交友関係を広げられるというメリットも実感できることでしょう。


気にしすぎる性格の人は、自分に合った改善方法を見つけてみて。

気にしすぎる性格な人の特徴や原因、改善方法までをご紹介しました。

慎重すぎるあまり細かいことに気がつき、気にしだすと止まらなくなるという状態は辛く、早く直したいと思う人も多いはず。

しかし、それは悪く考えているから短所になっているだけで、長所でもあるという風に考えてみてくださいね。

もし、どうしても性格を改善したいと思ったら、自分に合った改善方法を見つけてみて。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事