“寡黙”の意味とは?寡黙な男性の特徴/喋らない人との上手な接し方を解説

無口でクールな寡黙な男性の特徴について知りたい女性へ。今記事では、寡黙な男性の心理や特徴から、女性にモテる理由や上手な付き合い方まで詳しくご紹介します。何を考えているのか読みにくいからこそ、しっかり理解を深めて円滑にコミュニケーションを図りましょう!

寡黙な男性ってクールなイメージがありますよね。

寡黙な男性の心理&特徴

あまり話さない寡黙な男性。「寡黙な男の人はかっこいい!」と思う女性は多く、一般に寡黙な男性はモテる傾向にあります。

しかし、寡黙な男性とは具体的にどんな人のことを指すのでしょうか。

この記事では、寡黙の意味や寡黙な男性の特徴、そして女性からモテる理由まで徹底解説します。

寡黙な男性との付き合い方も紹介していますので、気になっている男性が喋らない人という方は、ぜひ参考にしてくださいね。


そもそも「寡黙」の意味とは?

寡黙とは、口数が少なく、だまりがちなこと。そして、あまりおしゃべりではなく、必要以上に口を開かない人を「寡黙な人」と言います。

辞書においては、「寡黙」に「口数が少ない」「おしゃべりではない」以上の意味や特徴はありません。

そのため、無口であまり話さない人であれば、どんな人であっても「寡黙な人」だと言えるでしょう。


内心は何を考えているの?寡黙な男性の心理とは

無口であまり話さない男性は、クールでかっこよく見えるもの。しかし、その反面、何を考えているか分かららず不安になる時ってありませんか?

ここからは、寡黙な男性が抱く本当の心理について解説していくので、どんなことを考えているのか見ていきましょう。


男性心理1. 言動より行動が大事だと思っている

行動は、時に言葉よりその人の内面を表すもの。寡黙な男性は言動より行動を重視する性格なので、おしゃべりする必要性を感じず、無口になっているのです。

また、男性特有の心理として、「言葉でわざわざ言わなくても、行動で気持ちは伝わっているだろう」という思い込みがあります。

そのため寡黙な男性は、恋愛感情や友情を言動で表現することはしません。


男性心理2. 人と話すのがあまり好きじゃない

寡黙な男性と言うと、自分のプライドを持っていてかっこいいイメージですよね。しかし、人と話すのを避けた結果、寡黙になっている男性もいます。

「人と話すのが恥ずかしい」と思っていると、周りの人からなるべく話しかけられないように無口を貫いてしまいがち。

特に、「人と話すより自分一人の時間を大切にしたい」という性格の男性は、人との会話を避ける傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


男性心理3. 端的に受け答えするのを心がけている

無駄なおしゃべりや、無駄なお世辞が好きではなく、何事にも効率性を求めてしまう男性は多いもの。

会話においても、余計なことを言わずシンプルに済ませることを心がけている男性もいます。そのため端的に話すことを意識すると、言葉数が自然と減ってしまいがち。

寡黙になってしまうのは、無駄なことを話さないでいようと意識した結果なのです。


男性心理4. 人に本心を悟られたくない

ストイックでかっこいいイメージのある寡黙な男性ですが、「たくさん喋ることで人に弱みを握られたくない」という心理から無口になっている男性もいます。

また、自分に自信のない男性は「自分の本当の気持ちを人に知られるのが怖い」という心理から、人と話すことを避けるため寡黙になってしまいがち。

「自分の本心を知られたら嫌われるかも」という不安から、黙り込んでしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


男性心理5. 何を話せばいいのか分からない

本当は人と話したいのに、無口になっている男性も少なくありません。特に人見知りで人付き合いが苦手な男性は、初めて会った時どんなことを言えばいいか分からず、無口になってしまいがち。

「何を話すのが良いんだろう」「初対面の人に自分の話をしていいのかな」という不安から口数が減ってしまい、相手との会話を避けてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


どんな人が多い?寡黙な男性に見受けられる特徴

寡黙とは、言葉数が少なく無口なこと。しかし具体的に、寡黙な人にはどんな特徴や長所があるのでしょうか。

ここからは寡黙な男性の特徴について紹介していきますので、クールな男性と付き合いたい方はぜひ参考にしてください。


寡黙な男性の特徴1. 観察力や洞察力に長けている

寡黙な男性は、自分のことを語るのではなく、周りの人を観察し、いつも周囲の人のことを気にかけています。

特に人付き合いが苦手なせいで自然と寡黙になっている場合、人の顔色を伺っていることが多いので観察力や洞察力に長けていると言えるでしょう。

そして観察力に長けている分、空気を読む力もしっかり持っているので、自分から積極的に行動しなくても、上手くその場に溶け込むことができます。

【参考記事】はこちら▽


寡黙な男性の特徴2. 慎重な性格で思慮深い

人付き合いが苦手なことが原因で、無口になっている男性は少なくありません。しかし人と会話するのが苦手なぶん、何事にも警戒心と慎重さを持って行動するため、あまり大きなミスを起こしません。

また、無駄なおしゃべりをしないことで時間に余裕が生まれるため、物事を自分なりに深く考えてから行動を起こすことが出来ます。

【参考記事】はこちら▽


寡黙な男性の特徴3. 自分に自信が持てない

人と何を話せばいいか分からなくなると、ついつい無口になってしまうもの。寡黙な男性は、「自分が話をしてみんなが楽しんでくれるかな」と不安になり、積極的に会話をすることが出来ません。

また自分に自信を持てず、不安な気持ちが続くと「どうせ誰も自分に興味を持っていない」と思い込み、他の人と関係を深めることすら諦めてしまうことも多いです。

【参考記事】はこちら▽


寡黙な男性の特徴4. シャイな性格で感情表現をするのが苦手

「人と話すのが恥ずかしい」と考えているシャイな男性は、あまり自分のことを語りません。

また「人と話すことで自分の本心を知られるのが怖い」とも考えている男性の場合、自分の感情を表に出すのを避けるため、言葉でも表情でも、なるべく感情表現をしないよう心がけています。

そして感情表現を避けるうち、だんだん無口になっていくので周りからは「寡黙な人」だと言われることが多いです。

【参考記事】はこちら▽


寡黙な男性の特徴5. 人見知りで自分から話しかけられない

男性の場合、そもそも人と関わるのが得意でない人も多いです。

特に「小さい時から人見知りで、初対面の人と話せない」という男性の場合、自分から人に話しかけることはほとんどないでしょう。

「人と関わるのが怖い」という心理から口数が減り、特に初対面の人からは「人の顔を見ず、うつむいてばかりの人」だと言われることも多いです。

【参考記事】はこちら▽


寡黙な男性の特徴6. 周囲に流されない

寡黙な男性は基本的に無口なので、自分の意見を持っていないように見られることもあります。

しかし、寡黙な男性は人一倍自分なりのこだわりや考え方が強く、頑固だと言われることも少なくありません。

そのため仕事においても恋愛においても、寡黙な人は周囲の人に流されず、自分が正しいを思ったことだけを実行します。


寡黙な男性の特徴7. 真面目な性格で嘘をつかない

寡黙な男性が無口なのは、不用意な発言で周りに迷惑を掛けないようにするため。

寡黙な男性は人一倍真面目で優しいため、周りの人を不安にさせたり、傷つけたりする発言は絶対にしないよういつも意識しているのです。

また、人と話すのが得意ではなく不器用な男性は、恋愛においても無駄な駆け引きを避け、言いたいことだけを率直に伝える傾向があります。

【参考記事】はこちら▽


寡黙な男性の特徴8. 明るく社交的な人が得意じゃない

寡黙な人には自分なりのペースや考え方があるため、そのペースを乱してくる人に苦手意識を持ちやすいです。

特に明るく社交的で、無口な人に対しても「一緒に遊ぼう!」「たくさん喋ろうよ!」と誘う人に馴染めず、警戒心を抱いてしまいます。

寡黙な人にとって、人のペースに合わせて会話するのは大きな負担。ぐいぐい話に来る人がいると、寡黙な人はかなりのストレスを溜めてしまいます。


クールでかっこいい?寡黙な男性が女性にモテる理由

寡黙な男性は、周囲の人にクールで大人びた印象を与えるため、女性からは大人気です。

ここからは、寡黙な男性が女性にモテる理由について詳しく解説しますので、「無口でストイックな人が好き!」という方はぜひチェックしてください。


モテる理由1. 口より結果で示す行動力がかっこいいから

寡黙な人は、基本的に「自分でやると言ったことはきちんとやる」有言実行の性格。そのため、できもしないことばかり話す男性に比べ、寡黙な人は行動力があると言えるでしょう。

特に恋愛においては、彼女との約束をきちんと守るなどの真面目な姿勢が「誠実でかっこいい」と称賛されます。言葉ではなく行動で自分の意志を伝える男性に、惹かれる女性は少なく無いでしょう。


モテる理由2. 聞き上手で話をやさしく聞いてくれるから

寡黙な男性はあまり自分の話をしないので、会話においては聞き手に回ることが多いです。そのためおしゃべりをするのが好きな女性にとって、あまり自分から話さない男性はベストな会話相手。

無口な男性は基本的に相手の話を否定することもないので、「彼氏に愚痴を聞いてもらいたい」「彼氏にたくさん自分の話をしたい」という女性から信頼されやすいです。

【参考記事】はこちら▽


モテる理由3. ミステリアスな雰囲気に魅力を感じるから

無口な男性は、自分の感情をほとんど表に出しません。しかしそのミステリアスさが逆に魅力となり、周りの人は寡黙な男性に対し「クールでかっこいい」印象を持ちます。

また、何を考えているか分からない男性に対しては「自分だけに本心を見せて欲しい」という気持ちが働くため、女性の方から積極的にアプローチしたくなってしまうことも。

【参考記事】はこちら▽


モテる理由4. 常に冷静で頼りがいがあるから

寡黙な人は周囲に流されず、自分のペースを貫けるので常に冷静。そのため仕事でも恋愛でも、トラブルが起こった時焦らず対応できます。

また寡黙な人は観察力が高く、慎重なのでどんな状況でも冷静な判断と行動ができます

頼りがいのある男性が好みだという女性は多いため、常に落ち着いて行動できる寡黙な男性がモテるのは当然だと言えるでしょう。


人によってはモテない?寡黙な男性が苦手と答える女性の意見とは

必要以上に喋らない男性は、周りから「かっこいい人」「ストイックな人」だと思われ、女性からモテる傾向にあります。

一方、「寡黙な男性とは付き合いにくい」と感じる女性も少なくありません。

ここからは寡黙な男性が苦手な女性の意見を紹介していきますので、ぜひチェックしてください。


女性の意見1. 何を考えているか掴みにくい

寡黙な男性は自分の感情をほとんど表に出しません。そのためどんなことを考えているか分かりづらく、女性によっては「話しかけるタイミングが分からなくて怖い」と感じてしまうでしょう。

また、寡黙な男性は自分の愛情をあまり表現しないので、寡黙な彼氏を持つ女性は「本当に私のことが好きなの?」と不安を抱いてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


女性の意見2. リアクションが薄いため、話しいてつまらない

女性は会話に共感やリアクションをしてもらえると、とても嬉しく感じるもの。

しかし、寡黙な男性はリアクションが薄く、女性の話に対してコメントもほとんどしないので女性は「なんとなくつまらない」と感じてしまいます。

また、寡黙な男性は無表情になりがちなので、自分の話を楽しんでもらえているか分からず、不安を感じる女性も多いでしょう。


寡黙な男性との上手な付き合い方やコツを解説!

寡黙さは長所だと言われますが、「彼氏が寡黙であまり話さない」「意見をほとんど言わない男性が職場にいる」という場合、コミュニケーションに困ることもありますよね。

最後に、寡黙な性格の男性と上手く付き合うコツについて紹介していくので、ぜひ実践してみてくださいね。


寡黙な男性との付き合い方1. 女性から積極的にコミュニケーションを図る

寡黙な男性は必要以上に話すことを嫌うので、自ら女性に話しかけることはほとんどありません。

そのため、寡黙な男性と距離を縮めたい時は、女性の方から積極的にコミュニケーションを図るのがおすすめ。

会社の飲み会など、気になる男性と話せるチャンスを生かし「あなたに興味をもっています」とアピールすれば、寡黙な男性も心を開いてくれるはずです。


寡黙な男性との付き合い方2. 少しずつ信頼関係を築いて心を開いてもらう

人付き合いが苦手で、ついつい無口になってしまう男性は少なくありません。そんな男性に対しては、いきなり話しかけて一気に距離を詰めようとするのではなく、少しずつコミュニケーションを取り信頼関係を築きましょう。

特に人見知りの男性にとって、女性からの積極的すぎるアプローチは恐ろしいもの。焦らず、相手のペースに合わせて会話をするよう意識すれば、少しずつ関係は深まっていくはずです。


寡黙な男性との付き合い方3. 無理やり男性に話してもらおうとしない

寡黙な男性には、その人なりの心理や考え方があります。そのため「寡黙な男性に話をしてもらえば、お互い楽しく会話ができるはず」と考え、無口な男性に会話を強要するのはNG。

必要以上に話すのを嫌う男性は、会話を強いられただけで大きなストレスを感じてしまいます。

寡黙な男性と関係を深めたい場合、無理して会話をするのではなく、落ち着いて自分から話し始めるのが賢明です。


寡黙な男性とは、程よい距離感を掴んでくださいね

寡黙な男性には「クール」「かっこいい」といった良いイメージがありますが、何を考えているか分からず周りの人から怖がられることも少なくありません。

しかし、常に冷静で落ち着いた行動をとれる寡黙な男性は、多くの女性から人気です。

また、仕事においても、その思慮深さ、真面目さが役立つことも多いはず。寡黙な男性が周りにいるという場合、その人の長所や特徴をうまく活かして信頼関係を築いていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事