彼氏と電話したい時に可愛く甘えるコツ│電話の頻度やおすすめの話題も解説

一人で寂しい時は、彼氏に電話したくなりますよね。彼氏に電話する頻度や時間帯はどのくらいが目安なのでしょうか。今回は、彼氏との電話で話す話題のおすすめや、電話したい時に上手に甘える方法をお教えします。また、彼氏が電話に出ない時の理由と心理も解説するのでチェックしてみてくださいね。

彼氏と電話したい時ってありますよね。

彼氏と電話したいときに甘えるコツ

ふと寂しい気持ちになって、彼氏に電話をかけたくなった経験はないでしょうか。好きな人の声は毎日聞きたいという人もいるかもしれませんね。

一体、彼氏に電話する頻度や時間帯はどのくらいがベストなのでしょうか。

今回は、彼氏との電話でおすすめ話題や上手に甘えるコツを完全レクチャー。また、彼氏が電話にでない時の理由と心理も解説するので、ぜひチェックしてみてくださいね。


彼氏と電話したい!理想的な頻度は?

彼氏との電話の理想的な頻度は、一体どれくらいなのでしょうか。

大体一般的には、週に2~3回が一番多いと言われています。

付き合いたてのカップルほど電話の回数が多く、それから徐々に電話の回数が減っていく傾向が見られますよ。付き合いが長くなるにつれて、お互いに最適な電話のペースが掴めてくるということなのでしょう。

平均を理解した上で、二人で話してベストな回数を決めるのが一番です。


彼氏に電話をかけるのに最適な時間帯は?

彼氏に電話をかけるときは、相手の生活リズムを考慮して、時間帯に気を配るといいでしょう。

例えば、急に彼氏の声が聞きたくなったからといって、朝のバタバタする時間帯や仕事中に電話をするのは、相手に迷惑をかけています。

理想としては、彼氏が仕事を終えて帰宅し、食事やお風呂を済ませてのんびりしている時間帯がベスト。気分的に余裕があるため、リラックスして電話に応じてくれるはずです。


彼氏との電話で無言は気まずい!会話に困らない話題とは?

「彼氏と電話を楽しみたいけど、どんな話題がいいのか分からない」と、緊張してしまう人は結構多いようです。

大好きな相手だからこそ、無言や沈黙が怖くなるものですよね。

ここでは、彼氏との電話で会話に困らない話題をいくつかご紹介していきます。


会話の話題1. その日にあった出来事を話す

その日にあった出来事を伝え合うことで、お互いの普段の生活スタイルや、興味がある物事などがより見えやすくなります。

「朝寝坊して急いでいたら駅の階段で転びそうになった」「駅前に新しいカフェがオープンしてるのを見つけた」など、些細な出来事から話は広がっていくものです。

何気ない笑える出来事や、ちょっとした嬉しい出来事など、その日にあった出来事をお互いに話すと和やかな会話が楽しめておすすめです。


会話の話題2. 最近あった楽しい出来事や嬉しい出来事を話す

楽しい出来事や嬉しい出来事の話題は、電話の雰囲気を明るくします。

「最近あった明るい出来事なんて思い当たらない」という人もいるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

例えば、「コンビニで新商品のアイスを買ったらすごく美味しかった」「通勤途中に桜が咲いているのを見つけた」など、日常生活の中でのちょっとした明るい話題で十分

「俺もそのアイス買ってみようかな」「今度お花見でも行こうか」と、そこからどんどん話が盛り上がっていくはずです。


会話の話題3. 次のデートや今後行きたい場所について話す

彼氏との次のデートを想像すると、わくわくした気分になりますよね。次のデートプランや今後行きたい場所についての話題は、カップルなら間違いなく盛り上がります。

デートしたい場所を挙げていったり、デートスポットの情報を調べたりしながら、具体的なデートプランを立てていくのがおすすめ。

次のデートや、その次のデートまで楽しみな行き先が見つかるかもしれません。

また、二人で協力して物事を決めて実行することは、愛情を深める効果が期待できると言われていますよ。


会話の話題4. 最近の悩みや落ち込んでいる事について相談してみる

悩み事や弱気な気持ちを素直に打ち明けられるのは、相手を信頼しているからこそできること。

相談された彼氏は、彼女から信頼され頼られていることを嬉しく感じ、親身になってアドバイスしてくれることでしょう。

相談事は二人の信頼関係を強くするものですが、頻繁に相談事を持ちかけると、ネガティブで頼ってばかりなイメージを持たれてしまう場合も。相談事はほどほどにしておくのがポイントです。


会話の話題5. お互いの仕事について話してみる

職場恋愛の場合は別ですが、彼氏彼女の関係でも相手の職場の様子はよく分からないもの。仕事で褒められた話や職場の出来事など、仕事のことについて話してみると、お互いの理解がより深まります。

もし、仕事で行き詰まっていることがあれば、彼氏に軽く相談してみるのもおすすめです。彼女から頼りにされるのは、彼氏にとってはとても嬉しいもの。きっと素敵なアドバイスを考えてくれることでしょう。


会話の話題6. テーマは決めず、お互いに話したいことを話す

友達や家族と話す時、事前に話題を決めていなくても自然に楽しく会話できるものですよね。

それと同じように、あえてテーマを決めずに思いついたことをお互いに話すことで、リラックスした会話へと繋がっていきます。

とはいえ、電話中に話題が尽きて無言や沈黙が続いたらどうしよう、と緊張や不安を感じる人もいることでしょう。

もし、気まずい沈黙が訪れたら、「もっと話したいけど話題がつきちゃった」と正直に言うのがおすすめ。それを聞いた彼氏は、そのナチュラルな雰囲気にほっこり和むはずですよ。


彼氏がまた電話したがる!かわいい電話のコツやモテテク

彼氏にも同じように、電話の時間を楽しみに感じてもらいたいもの。

彼氏が電話を心待ちにするような、電話のコツやテクニックがあれば知りたいですよね。

ここでは、彼氏が電話好きになること間違いなしのかわいい電話のコツや、モテるテクニックをレクチャーします。


1. 少し声のトーンを高くすると、明るく印象を与えられる

電話を通した声は、普段よりこもった声に聞こえがち。

そのままだと声のトーンが低く聞こえ、テンションが下がった雰囲気に受け取られてしまうことがあります。

彼氏と電話をする時は、少し声のトーンを高くして、会話を楽しんでいる印象を与えることを心がけましょう。

電話では相手の表情が見えないぶん、感情が伝わりにくい面もあるため、嬉しい時や楽しい時は少しオーバーに表現するのもおすすめです。


2. 「話すと元気になるし、声を聞くと落ち着く」と彼氏を褒める

素直な言葉の愛情表現は、彼氏からするととても嬉しいものです。言う側としては恥ずかしい気持ちになりますが、二人の恋愛ムードをさらに盛り上げてくれることでしょう。

彼氏は「話すと元気になる」「声を聞くと落ち着く」と褒められることで、自分の存在意義を改めて認識し、彼女のことをもっと大切にしようという気持ちが生まれます。

彼女からの電話に好意的になるだけでなく、彼氏から電話をかけてくれるようになるかもしれませんよ。


3. 自分からかける場合は、「もしもし、今大丈夫?」とまずは配慮する

休日や仕事後の時間など、彼氏にとって余裕がありそうな時間帯であったとしても、実際はどんな状況か分からないものです。

急に予定が入って友人と食事をしていたり、遅い時間まで残業していたりすることもあるかもしれません。

自分から彼氏に電話をかける場合は、今電話をしても大丈夫な状況なのかどうかを、まずは確認することが大切。

電話をはじめ、様々な場面で気配りや配慮を見せることは、恋愛を長続きさせるコツでもあります。


【参考記事】はこちら▽


4. 切る時は「遅くまでありがとね!楽しかった」と感謝を伝える

電話を切る時の印象は、相手の中に強く残るもの。

どんなに楽しく長電話していたとしても、電話を切る時の印象が暗ければ、電話が楽しかったという印象がかき消されてしまう恐れがあるのです。

電話を切る時はどうしても寂しい気持ちになってしまいますが、明るくポジティブな言葉で終わらせることを心がけましょう。

彼氏と電話できて嬉しかった気持ちや、楽しい時間を過ごせたことへの感謝の言葉を明るいトーンで伝えると、次の電話に繋げやすくなります。


5. 「なんとなく声が聞きたくて」と彼氏に甘えてみる

大好きな彼女に甘えられると、男性はとても嬉しくなります。

「甘えたい」と直接的なアピールをされるよりも、さりげない甘え方にキュンとするという意見も多いようです。

特に用事はないんだけど、なんとなく声が聞きたくて」と控えめに甘える彼女の姿は、彼氏を思わずドキッとさせることでしょう。

特に、普段から甘えたい雰囲気を出さないタイプの彼女なら、その効果は絶大。彼氏は内心デレデレしながら電話をしているはずですよ。


【参考記事】はこちら▽


6. 向こうが切りたい雰囲気を出していたら「そっか、明日もあるもんね」と寂しそうに言って切る

彼女から寂しそうな雰囲気を見せられたら、やっぱり彼氏は気になるものです。

寂しそうに電話を切った彼女の声を思い出し、「もっと話したかったんだろうな」「俺に気を遣って電話を切ったんだろうな」などと物思いに耽ることも。

大切な彼女にあまり寂しい思いをさせたくないと思うのは、彼氏なら当然です。

彼女に寂しい思いをさせないために、自分から積極的に電話をかけたり、忙しい時はLINEやメールをしたりするなど、マメに連絡を取ってくれるようになるかもしれません。


電話をかけるのは迷惑?彼氏と電話したいことを上手に伝える方法

普段からあまり電話しないカップルの場合、「彼氏に電話をかけたいけど迷惑と思われそうで不安」という女性もいるのではないでしょうか。

ここでは、彼氏と電話したいことを上手に伝える方法について、効果的なものをいくつかレクチャーしていきます。


1. LINEで電話したいなと可愛く伝えてみる

普段からあまり電話しない男性の場合、唐突に「電話したいな」と言われると、気持ちが引いてしまうことも。

電話に緊張してしまうなどの苦手意識があると、「ごめん、今ちょっと忙しい」と理由をつけて断られてしまう可能性もあります。

あまり電話しない彼氏なら、LINEの楽しいやり取りの中で「電話したいな」と明るく軽い雰囲気で伝えるのがおすすめ。可愛いLINEスタンプを添えるとさらに効果的です。

彼女とのLINEを楽しんでいる状況の彼氏なら、「たまには電話もいいか」と応じてくれる可能性が高くなります。


2. 自分の方が早起きなら、電話で起こしてあげようかと提案してみる

付き合っている相手の声はどこか安心感があるもの。毎朝彼女に電話で起こしてもらうことに、憧れを抱く男性も多いようです。

また、朝が苦手な男性からすると、毎朝きちんと起こしてもらえるのはとても助かるものです。

もし、「毎晩電話する」というルールを作れば義務に感じられて疲れてしまいますが、この方法なら自然に彼氏と毎日電話できるようになります。

もちろん、毎朝電話で彼氏を起こしたら、余計な話はせずにすぐに切るのが鉄則ですよ。


3. LINEより電話の方が好きと彼氏に言ってみる

「彼氏と電話したい」と強く思っていたとしても、口に出さなければ彼氏が気付くことはありません。

彼氏に電話することをためらったり、遠慮したりを続けていると、「あんまり電話しないタイプなんだろうな」と彼氏にいつの間にか誤解されてしまっている可能性もあります。

彼氏と電話したいことを口に出せずにいる人は、「LINEより電話の方が好き」と素直に伝えてみるのがおすすめです。

「そうだったんだ」と、意外とあっさり電話をかけてくれるようになるかもしれませんよ。


【参考記事】はこちら▽


4. 「面白いことがあって、LINEだと長くなるから電話できる?」と質問してみる

男性の中には、女性との電話が苦手という人も存在します。

その理由として、「愚痴ばかりで疲れる」「脈絡のない話をダラダラされる」というものが多く聞かれます。

裏を返せば、結末のハッキリした明るい話題であればOKということ。電話で面白い話題や楽しい出来事で盛り上がるのは嫌いではないのです。

この場合、電話で面白い話が盛り上がっても、一通り話が終わったら電話を切ることが重要なポイント。いつまでもダラダラ話して彼氏を疲れさせると、次回以降の電話に応じてもらいにくくなってしまいます。


【参考記事】はこちら▽


5. わざとワン切りをして、折り返しが来るのを待つ

着信履歴に彼女からのワン切りが残っていたら、「どうしたんだろう」と彼氏は気になるものです。「もしかしたら何かあったのかも」と、折り返し電話をかけてくることもあるでしょう。

わざとワン切りする手段は、彼氏と電話できる一つの方法ではありますが、何度も繰り返すと彼氏をうんざりさせてしまうことになります。

「間違ってかけてしまい慌てて切った」という言い訳は何度も使えませんよね。

わざとやっていることが知られてしまうと、彼氏によっては急激に冷められてしまう場合があるので要注意です。


嫌われた?彼氏が電話をかけても出てくれない時の心理や理由は

彼氏が電話にでないとき、「避けられてるのかな」「一体何をしているんだろう」などと色々不安になってしまいますよね。

ここでは、彼氏が電話をかけてもでない時の心理や理由について詳しくお伝えしていきたいと思います。


理由と心理1. 次の日も仕事なので単純に寝てる

毎日の仕事は心身ともに疲れるものです。特に仕事が忙しかった日は、家に帰るとそのまま寝落ちしてしまうこともあるのではないでしょうか。

彼氏が電話に出ないのは、ハードな仕事に疲れて単純に寝落ちしているだけの可能性もあります。

仕事に対して責任感が強い彼氏なら、翌日の仕事に備えて早めに寝ていることも考えられます。

また、マナーモードにしたまま寝落ちしてしまうと、そのまま朝起きるまで着信に気付かないこともあるでしょう。


理由と心理2. 電話よりLINEでのやり取りのほうが楽だから

何かをしながらでもできるLINEのやり取りは、とても便利。LINEなら、テレビを見ながらでも食事をしながらでも、片手間で返事ができますよね。

それに比べて電話は、電話中に他のことができず、会話に集中する必要があります。そのため、電話が面倒に感じられ、つい避けてしまう男性もいるようです。

もちろん、彼氏が電話に出ないのは電話自体が面倒なだけで、彼女のことを嫌いになったわけではありません。


理由と心理3. 疲れていて、話す気力がないから

仕事がとても忙しかった日や、落ち込むような出来事があった日は、まずは一人で落ち着く時間が必要。家に帰ってゆっくりと、心や体を休めたくなるのは自然なことです。

どっぷり疲れている時は、たとえ彼女からの電話であっても出たくないのが男性の本音。

こんな時に電話で話しても、彼女の話をきちんと聞いてあげられないと分かっているのでしょう。彼女に対して誠実に向き合っているからこそ、電話に出ない場合もあるということです。


理由と心理4. いつも愚痴ばかり聞かされてめんどくさいと感じているから

女性は長い時間話をすることで、ストレス解消をしている部分があると言われています。

それに対して男性は、長い時間話し続けることを苦手とする傾向があるようです。

特に、男性は愚痴やネガティブな話題を嫌い、愚痴ばかり話してくる相手との会話を、次第に避けるようになってしまいます。

つまり、「彼女の電話=長時間の愚痴」というイメージが一旦ついてしまうと、彼氏は電話に出たがらなくなるのです。


理由と心理5. 携帯の充電が無かったから

外出中に携帯の充電が少ないことに気付き、出来るだけ電池の消耗を抑えようとした経験はないでしょうか。

誰かと待ち合わせをしていたり、仕事の電話が入る予定があったりする場合は、携帯の充電が切れてしまうと大変ですよね。

大切な彼女からの電話であったとしても、充電が少ないのが理由で出たくても出られない場合もあるのです。

また、何度電話をかけても圏外アナウンスが流れる場合は、すでに彼氏の携帯の充電が切れていることも考えられます。

彼氏が電話に出ないからといって何度も電話をするのは避けた方がいいでしょう。


彼氏と電話したい時は工夫しておねだりしてみよう。

彼氏との電話の理想的な頻度や時間帯、上手に電話するコツや、彼氏が電話に出ない時の心理について詳しくお伝えしました。

彼女が彼氏に電話したがるのは、好きだからという理由はもちろん、甘えたい、もっと愛されたいという恋愛心理も隠されています。

電話したがる彼女の気持ちは、彼氏からすればとても嬉しいもの。今回ご紹介した彼氏と上手に電話するコツを参考に、電話で楽しい会話を楽しんでくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事