彼女の電話に対する彼氏の本音|男が喜ぶ電話の頻度や会話の話題とは

「彼氏と電話したい!」と思っても、相手が電話連絡をどう思うかわからなくてかけられない時ってありますよね。そこで今回は、彼女からの電話に対する男性心理から彼氏が喜ぶ電話の頻度や時間帯、会話の話題について徹底解説!さらに、彼氏が電話に出ない時の理由まで詳しく紹介していきます。

彼女からの電話を、彼氏はどう思ってる?

彼女の電話に対する彼氏の本音

彼氏と会えない時は、LINEやメールではなくできれば電話で声が聴きたいですよね。

でも相手の気持ちを考えて二の足を踏んでしまうことも。ここでは、男性が彼女から電話を受けた時の心理や、彼氏が電話を受けやすい頻度や話題、時間帯に関しても詳しく解説していきます

具体的な事例も交えてご説明していきますので、参考にしてみてくださいね。


彼氏と電話したい!恋人間での理想的な電話の頻度とは?

彼氏と電話をしたいと思っていても、頻繁に電話をしすぎて重いと思われたくないと二の足を踏んでいませんか。

以下では、どのくらいの頻度であれば恋人間の電話として理想的なのか詳しく解説していきます。参考にしてみてください。


電話の頻度1. 付き合いたてなら、毎日電話をするのもアリ!

恋人間の電話の頻度を考える上で大切なのは彼氏との関係性です。

例えば告白されて付き合ったばかり、外で手を継いだり、お互いに「好き」と言い合ったりするのが、まだ恥ずかしくないほどのアツアツな仲であれば、毎日電話をかけても問題ありません。

むしろ「かわいいな」と彼氏から喜ばれるでしょう。この時期は、逆にLINEなどのコミュニケーションではなく、できるだけ電話を使って直接会話した方が、関係性を維持することにも繋がるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


電話の頻度2. お互いにサバサバしたカップルなら、週1度くらいの頻度でもOK

お互いに相手のことをむやみやたらに気にしない、サバサバした関係性を築けている、というのであれば、それほど電話をしなくても良いでしょう。

さすがに週に1度も連絡がないというのは関係性に悪影響を与えますが、それ以上に頻繁にかけてしまうと、相手にわずらわしさを与えてしまう危険性もあります。

お互いに社会人というのであれば、相手の時間を奪うことにもつながりかねません。ですから、併せて、電話をする前に予定を確認しておく必要もあるでしょう。


電話の頻度3. カップルの電話頻度で数多く見受けられた意見が2,3日に一度

調査をしてみた中でカップルの電話頻度として最も一般的な意見も明らかになりました。2,3日に一度電話をかけるというものです。

「どうしても電話を掛けたいけど、かけすぎると相手に迷惑。でもちゃんと相手の声が聴きたい」

そんな気持ちを考えたときに、大体このくらいの頻度が理想的になります。

無理せずに相手とのコミュニケーションをできる機会を設けておくことが大切なのです。

場合によっては、彼氏としっかり相談をし、ルールを決めておいても良いかもしれませんよ。


電話の頻度4. 遠距離で滅多にデートできないカップルなら、2日に1度は電話するのもアリ

ここまではあくまでも、一般的なカップルの話でした。でも中には遠距離恋愛のように、そもそも彼氏と会う、デートをする機会がほとんどないというカップルもいますよね。

遠距離恋愛であれば、もう少し頻度を多く設けても良いでしょう。

1日に1回は場合によっては相手の迷惑にもなりますので、遠距離恋愛の場合、おすすめは2日に1度の頻度で連絡をすること。

この程度であれば、会話の話題も作りやすいですし、お互いに負担にも感じづらいですよ。何より彼氏、彼女との関係を感じられるのでおすすめ。

【参考記事】はこちら▽


電話の頻度5. どちらも電話が苦手なら、無理に電話をする必要もなし

今ではLINEやカカオ、フェイスブックのメッセンジャーなど便利なツールもあります。

特に若い人の中には日ごろからこうしたサービスに慣れ親しみ、電話はちょっと苦手、そもそも通話料がかかるから嫌だ、という方もいるでしょう。

であれば、別に無理に電話で連絡を取る必要はありません。例えば、本音で相談したいということでもなければ、わざわざ電話をかける必要もないでしょう。LINEでの連絡で十分だと思います。

電話することを義務のように感じるのではなく、彼氏と彼女、お互いが気楽に連絡を取れるようにすることが、何より大切なのです。

【参考記事】はこちら▽


彼氏と電話をするなら、どの時間帯がベストタイミングか?

頻度だけでなく、電話をするタイミングも彼氏と電話を気持ち良くするために考えなくてはいけない点です。

以下では具体的な場面を想定して、彼氏に電話するために、ベストな時間帯について解説していきます。


タイミング1. お互いに早起きなら朝一の「モーニングコール」が最適

大切なのは彼氏と自分の生活リズムを把握すること。例えばですが、お互い仕事や体内時計の関係で早起きであれば、朝一番に電話をかけることもおすすめ。

目覚まし代わりにもなりますし、社会人の方であれば「これから仕事頑張ろうね」とお互いを励ますこともできるので、話題づくりの面でも苦労しません。

併せて、どちらから電話をかけるかということを決めておくと、お互いにめんどくさくならないので、おすすめですよ。


タイミング2. 二人とも次の日が休みで、お互いに布団に入った後

ただ、朝だと、人によっては仕事の前で気持ちを作らなくてはいけないのに、連絡されると困るという場合もあるでしょう。

彼氏がそんな方だ、という場合は、お互いの休みの日の前に連絡するというタイミングがおすすめ。

とりわけ、お布団に入り、明日は楽しい休みだと前向きな気持ちになっているときに電話をかけると、彼氏も前向きに答えてくれるもの。

次の日にデートの予定があるのであれば、電話をかける理由にもなるので、なお良いでしょう。


タイミング3. 仕事帰りの最寄り駅から家までの帰り途中

彼氏に電話をかけるのであれば、連絡をした理由があることも大切。特に相手が社会人であれば、意味もなく電話で連絡されてし前ば少し面倒に感じるもの。

例えばですが、仕事帰りのちょっとした時間に電話をかけるのもありです。

仕事で悩みがあるなど、理由も作りやすいですし、場合によっては、彼氏を食事に誘うなど、単に電話だけでなく、先の行動に結びつけることもできるでしょう。


タイミング4. 夕飯やお風呂を済ませた、夜の22時〜23時頃のタイミング

やはりカップルという関係性であっても、なかなか電話での会話には気を使うもの。

用事が終わった、夜の22時ごろに電話をするのもおすすめです。

女性にも用事があるように、彼氏にも仕事、友達付き合い、家族との関係などいろいろ用事があります。

そんな一日の用事が終わって「ゆっくりしよう」と思った、そんな時間に電話をかけると、彼氏も面倒に思わずに電話を取ってくれますよ。

【参考記事】はこちら▽


彼氏との電話で話したい話題や内容は?

電話したい、という気持ちはありつつも、じゃあ何を話せば良いのか、そんな悩みもあるでしょう。

内容や話題によっては、面倒に思われてしまうこともありますからね。

そんなお悩みに応え、次には、彼氏との電話での話題や内容で、おすすめのものを解説していきます。


話題1. その日に起きた出来事について話す

一番話題作りがしやすいのは、その日に起きた出来事を話の内容にすること。

たまたま入ったお店のランチがおいしかった、仕事でこんなことがあった、といろいろ話を広げることができますよね。

彼氏の方も、こういった内容であれば気軽に話しやすいもの。相手の負担を減らすこともできます。

ただ、あまりにもどうでも良い内容というよりは、ランチの話やお店、スポットの話など、今後の彼氏との関係において何か利益となるような内容を、心がけることをおすすめします。


話題2. 仕事の悩みや相談

電話をする必然性、という点では彼氏に仕事の悩みや相談をするということもおすすめ。

どうでも良いことだったり、自分と関係のないことであれば、彼氏も電話に出ることを苦痛に感じます。ですが、相談であれば話は別。

女性のことが大切であれば相談には乗りたいですし、むしろそれを望んでいる人も。

ただ、あまりに重い内容だと、電話口で話すことがはばかられることもあります。話題には、電話で解決するようなものを選ぶのが良いですよ。


話題3. 次の会える日やデートプランのことを話す

お互いにデートや次に会う日を約束をしているのであれば、そのデートの計画を電話の内容に選ぶことも良いでしょう。

電話であれば、より細かい相談もできますし、話をやすいので、彼氏に電話をかける理由にもなります。

どこに行こうか、何を食べようか、と話題も広げやすいのでおすすめ。話したいことが他にもあれば、ちょっと計画の相談をした後に、しゃべってみるといったこともできますよ。


話題4. 今話題のドラマや映画について話す

お互いに共通の趣味がない、あるいは共通の予定がない、そんな場合でも使える電話の話題としておすすめなのが、話題のドラマや映画。

感想を聞いてみたり、自分はどうだったと話してみたり、話題を広げることができます。

彼氏が映画やドラマなどに詳しいのであれば、「今のおすすめは?」と聞いてみることで、彼氏のほうから積極的に話してもらうきっかけを作ることもできますよ。


話題5. 今後の目標やお互いの展望について話し合ってみる

カップルという関係性であれば、お互いの今後や、結婚はどうする、子供は、といった展望を本音で話し合ってみるのもおすすめです。

面と向かって、こうした今後の話を聞くとなると、少々重くなりがち。

特に男性の場合は、できるだけそういった話を避けたい、なんて方も少なくはありません。ですが、直接の会話では重くなりがちな内容でも電話であれば問題なく話せるものですよ。

こうした相談に電話を使ってみるのも実は効果的です。


彼女から電話が定期的にかかってくる男性側の心理や本音とは

ここまでは彼氏に電話をかける頻度、内容について解説してまいりました。

とはいえ、あくまでもこれは彼女の側から見た話。より効果的に電話を使うためには彼氏が彼女から電話がかかってきたときにどのような気持ちを抱いているのか、

その心理を理解することが大切になります。


男性心理1. LINEより楽だし、声が聞けるので嬉しい

彼女からの連絡が嫌な彼氏はあまりいません。どちらかといえば、彼氏の方もできるだけ連絡ができれば、と考えています。

彼氏は可愛い彼女から定期的に電話が来るのであれば、声も聴けるしLINEする手間もなくて良いので嬉しい、そう思っているものです。


男性心理2. 話せるのは嬉しいけど、時間帯が遅いのがキツい

「定期的に彼女から電話があるのは構わない、むしろ嬉しい」と思っている彼氏は少なくありません。

でも、時間帯について、電話をかける方は気にしているでしょうか。

電話を掛けるときは、いつも自分の都合に合わせて、彼氏を無視して遅い時間に電話をかけていませんか。

そんな場合、彼氏は電話をかけてくれるのは嬉しいけど、遅くまで起きて待っていなくてはいけないのが辛い、と思っている可能性もあります。

思い当たる方は今一度、気を付けてみてください。


男性心理3. 毎回愚痴ばかりで正直めんどくさい

彼女からの電話が楽しいというのであれば、大半の彼氏はわずらわしさを感じていません。でも、逆に仕事の愚痴や友達同士の愚痴、悪口、そんなことばかり聞かされると、たまったものではありません。

彼女が彼氏に頼りたいその気持ちはわかります。彼氏も1度や2度であれば、かわいい彼女の愚痴、問題はありません。

でも彼氏も一人の人間です。彼女が毎回電話で愚痴を言ってくると、いい加減面倒くさく感じてくるものなのです。内容には十分気を付けてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


男性心理4. 悩みを聞くのは構わないけど、泣くのは対応に困るからやめてほしい

彼氏に話したら、気持ちがあふれ出して泣くことが止められない、という方もいるのではないでしょうか。

でも、あんまりにそういったことが続くと、彼氏はどうして良いか対応に困ってしまうものですよ。

悩みには応えられるかもしれませんが、泣かれてしまっては何をすれば良いかわからなくなりますからね。

カップルといっても、あくまでそこは個人の人間同士の関係性。甘えすぎるのにも注意が必要です。

【参考記事】はこちら▽


彼氏が電話にでない時の主な理由とは

彼氏にせっかく電話を掛けたのに出てくれない。どうやら電話はつながっているらしい、なぜ電話に出ないのかとお悩みを抱えている方もいるでしょう。

以下ではなぜ彼が電話に出ないのかその理由、心理を解説していきます。


理由1. 次の日も仕事なので寝ている

時間帯を気にしないでかけると彼が寝ていることもあります。

社会人であれば、彼も仕事をしていますよね。疲れた体はしっかり眠って休めたいものです。女性の悩み、彼氏に話したいことも理解できますが、そもそも答えられない時間に電話をしては意味がありません。

彼の生活リズムを把握し、「私のために」という自分本位な気持ちではなく、しっかりと彼のことを考えて電話をすることも大切ですよ。


理由2. 単純にめんどくさいから無視している

愚痴ばかり言ったり、マイナスなイメージを感じさせたり、彼氏の話を無視して自分ばかり話したりしていませんか。

そんな状況が続いて彼氏が電話に出ないのであれば、それは彼氏があなたのことをめんどくさい、と感じているからかもしれませんよ。

彼氏にだって、彼氏の時間や生活があります。そこをしっかり尊重しなければ、電話を無視するという行為に繋がりかねないのです。十分に注意してくださいね。

【参考記事】はこちら▽


理由3. お風呂や食事など、手元にスマホがないから出れない

彼氏が電話に出ない「嫌われたかなぁ」「浮気されたかなぁ」と不安になる前に、冷静に落ち着いて考えることも大切です。

食事中であったり、お風呂にはいったりしていれば、もちろん電話に出ることはできません。

ただ、どうしても不安だったり、電話で話したい用事があったりする場合であれば、改めてラインを送るなり、メールをするなりして、改めて電話をしたい旨を伝えるようにしましょう。


彼氏と電話する時に気をつけたいポイントは?

彼氏が電話に出ない、めんどくさいと思われ、電話を無視されてしまう。こういった悲しい事態を避けるために、以下では彼氏と電話をする上で注意していただきたいポイントを解説していきます。

当たり前な部分からちょっと使えるテクニックまであるので、参考にしてみてくださいね。


ポイント1. 周囲の騒がしいところからは電話をかけない

電話をかけるマナーでもあります。周囲の騒がしいところを避け、電話をかけましょう。

思わず話したいことがあって、電話をかけたい気持ちもわかります。ですが、相手が彼氏とはいえ、静かな場所で電話をかけることはマナー。

話が聞こえませんし、相手も何をすれば良いのかわかりませんからね。

しっかりとそこは礼節を守って、相手に気持ちよく電話に出てもらえるような環境での連絡を心がけるようにしましょう。


ポイント2. 相手の生活リズムに合わせて、最適な時間帯を考慮する

ついついカップルという関係性に甘えて彼氏の生活リズムを無視して、朝早くや夜遅くに電話してしまいがちになるもの。

でも、それではゆくゆくは彼氏が電話を無視する、そんな結果にもつながりかねません。

彼氏にだって生活があります。彼氏がどのように生活しているのか、いつご飯を食べていつ寝ているのか、最低限の生活リズムを把握し、彼氏の無理のない範囲で連絡してあげることが大切です。


ポイント3. 会話に明らかに集中できていない“ながら電話”は避ける

電話をかけるときは、ながら電話を避けるようにしましょう。電話は相手の時間を奪うことでもあります。どうしても話したい内容を話すようにしてください。

なんとなくの気持ちで電話をしてしまうと、彼氏にも、気付かれてしまいますよ。嫌な思いをさせてしまうこともあるでしょう。

そういった、とりあえずの連絡であれば、メールやLINEを活用してください。

どうしても連絡したい、本音で彼氏と話をしたい、そんな時に電話を使うことをおすすめいたします。


彼氏が電話に出たくなる工夫をしてみよう。

ここでは彼女が彼氏に電話をする際のコツや、おすすめの時間帯等について細かく解説していきました。大切なのは彼氏の生活リズムを考えて、自分本意ではなく相手のことをしっかり考えて電話をするということです。

電話には時間もお金も少なからずかかります。必要のないことは極力電話以外の手段で連絡するということも併せて理解してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事